ずくなし

「ずく」が無いので庭を走る長野電鉄、183・9系以外あまり出てこないらしい。

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

2015年あんなことこんなこと#4

10月
s-IMGP9553_20151228204755aa1.jpg
そういやろくもんが北しなの線に入ったなー。
当日妙高山は雲の中、久々に黒姫定番に降り立ってみた。
ろくもんを間近に見たり撮ったりするのも初めてなくらいで、
改めてホームから見てみると115系もいじるとここまでなるのかと感心。
内装はかなり良くても、乗るとあの音と揺れだよね…?

11月
s-IMGP1854.jpg
豊田公開。
もちろんメインはN102とM52の並びだったけれど、
ふと目をその横に向けると結構いい並びだったりする。
まあるい緑の山手線が黄色い帯の総武線になっていたけど、
山手線の車は総武線に流れるのだろうか。

12月
s-IMGP4246.jpg
日本海沿いにいると太陽が恋しくなる季節。
体は自然と長野に向かうわけですが。
12月の話題はN102編成の検査入場。
きっとこの記事が上がる頃にはN102が表に出てきて、
再び表舞台を駆け回っているはず。(12月23日予約投稿)

とまぁざっと今年1年を振り返ってみた。
大体被写体はここ何年間変わっていないので、
来年も今年と変わらず189系と長野電鉄をのんびり撮れれば不足はない。

また、6回に渡り続いた山線写真展を始め多くの人と出会えたのは
今年の大きな収穫だったと感じる。
いつもここを見ている方々、初めてお会いする鉄な方々、沿線にお住いの方など
各々の想い等を話をすることができたのが良かった。

そんな2015年も間もなく終わり。今年も1年間どうもありがとうございました。
スポンサーサイト

| Play back | 20:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2015年あんなことこんなこと#3

7月
s-IMGP6587_2015122723441501a.jpg
ごめん、我慢の限界。
夏臨で189系使用の臨時あずさが豊富に走るもんだから、
この辺りからブースト圧一気に立ち上がりドッカンターボの如く
そこらじゅうに出かけ始める。
県内で済ませようと出かけたつもりが、勢い有り余って車で富士急経由の豊田行、
徹夜でニンニク臭くなって帰ってきたり。
極め付きが塩山-長野間に設定の甲信エクスプレス。
「ちょっと出かけてくる、午前中で帰るよ」の範囲で走る189系は危ない。

8月
s-IMGP8308_2015122723441470b.jpg
ムーンライト信州やら甲信エクスプレスで篠ノ井線が熱い中、
月末の河口湖駅に歴代あずさが3色揃い、大いに湧いた1ヵ月。
その合間を縫って上田にちょっと浮気してみたり。
上田にはハマらないようにしたい、上田にはハマらないようにしたい、上田にh(ry
7月から8月お盆前までは安定した晴天に恵まれ、夏らしい光景を見ながら過ごしていたけど、
お盆から魔のクソ天気沼にはまり込んでしまう。
写真趣味に限らず日常生活でもイラッと来るしつこい曇天には参った。

9月
s-IMGP9997_20151227234413663.jpg
曇天続きでシャキッとしないまま季節は移ろい、結局晩夏と初秋は行方不明のまま
秋ばかりが深まっていった1ヵ月間。
そして碓氷峠に月2回も行ってしまう。1回目は嫁と、2回目はいつもの面々で。
久々にゆっくり散策すると面白いもんだけど、碓氷新線がかなり自然へと還りつつある
様子だったのに18年の歳月の長さを感じた。

| Play back | 20:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2015年あんなことこんなこと#2

4月
s-IMGP1617_201512272326589c2.jpg
山線ロスで表にあまり出ず嫁に心配されるの。
と言うより、3月までに出歩きすぎてちょっと充電期間をですね・・・
ちょいちょい貯めていた小遣い口座がえらい事になっていてひっくり返ってました。

長野電鉄ではゆけむりを用いた特に急がない特急、のんびり号運転開始。
初日に乗りに行って「はやい、よみよい」でお馴染のアレでとんだ晒し者になり
各所から何してんのと突っ込みを食らう。みんなよく見てるわ・・・

5月
s-IMGP4657.jpg
GWの189系あずさ、ムーンライト信州等の中央東線祭りや、
塗装したばかりでまだ安泰だと思っていたN101編成の電撃(?)引退もこの月。
月末ギリギリのところで長電で貸切もやったり。

6月
s-IMGP5547.jpg
身の回りで祝い事が続いたりしてほぼ鉄してないお利口な(?)1ヵ月間。
強いて挙げるなら「31年間生きて来て初めて旧客に乗る」くらいか。
ようやく時間が取れるようになった月末。
MV叩いたら指定が取れちゃってふと飛び乗ってみた。
窓を全開にしてトンネル内に響くEF64の音を楽しんだりとゆる鉄。

意外とおとなし過ごしていた2015年2/4期。

| Play back | 20:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2015年あんなことこんなこと#1

今年も残すところあと4日。
激動の1年、ざっと3ヵ月ずつ振り返って2015年を締めるの巻。
大体において挙がってくるのも189系か長野電鉄と、
例年通り変わり映えのない話題性の低い一年の中からざっくりと。

1月
s-IMGP6607.jpg
信越山線終焉の色がより濃くなってきた1月。
N101編成が突如入場し車体修繕、全般検査明けのような姿で戻ってくる。
この時はN101はこの先も残るものだと思っていたけれど・・・

2月
s-IMGP7930-2.jpg
N101に続きN102も入場。
こちらも美しいあさま色で出場。
そしてもう何度も騒いでいますが■ASAMA■ロゴの復活。嬉しいの一言に尽きる。
欲を言えばもう少し妙高山の麓を走ってほしかった。

3月
s-IMGP0202-1.jpg
13日 信越山線最後の日
14日 北陸新幹線金沢延伸、信越線の経営分離
2015年はこの3月を抜きには語れない。
あっという間にこの日を迎えてしまった気がする。

そして信越山線の写真展がスタート。
須坂で1回開催の予定がその後写真集出したり合計6回開催まで進み、
始めた当初はそうなるとは思ってもいなかった。
なぜか会社で写真展の存在がばれて

「お前は鉄かーーー!」

と社内で大炎上したのも今は笑い話。
その後有休がやけに取り易くなったので良い方に転んだと思っているw

前半は信越山線にこもりっぱなしでした。

| Play back | 20:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Play back 2014

Play back2014。

2014年何があったかなーと振り返ると、189系、189系、長野電鉄、189系、189系、長野電t(ry…
そんな調子で終わった1年、例年と何も変わらない1年でした。
と言うことで無いネタ絞りつつ年末回顧。

IMGP2913_201412291758207e0.jpg
1月
特雪が1回。
例年になく雪が少なかった今年の冬。
DE15は頻繁に飛んでいたけど雪壁もあまり高くならぬまま、ちょろちょろ特雪。
その分普段降らない関東方面が大雪で騒ぎになったのはまだ記憶に新しい。

IMGP7506.jpg
2月
最近隠居生活の長電オー2編成。
冬になると効きすぎなくらいの暖房ガンガン焚いて活発に動いていました。
神出鬼没な割に結構遭遇率高かった2月。

IMGP8145_201412291758191a8.jpg
3月
新たな旅立ち。
クハ183が1両解体を逃れ群馬県伊勢崎市へ。
陸送~お披露目とその姿を見てきました。
地味なくせに保存車両多いよね、183・9系って。

IMGP1288_20141229175818df3.jpg
4月
115系N9編成が湘南色に。
N101編成の国鉄色復活に続き115系も湘南色が復活。
初代信州色復活の淡い希望は見ごと砕かれそうです。

s-IMGP3273-1.jpg
5月
帰ってきたあずさ色あずさ!
5月3日運転のあずさ71号で10数年ぶりに再会。
この組み合わせに歓喜。
同日にN101があずさ81号に入りこれまた騒ぎに。

s-IMGP5847.jpg
6月
5月中旬~6月頭に良性腫瘍摘出のため人生初の入院。
お蔭で今日現在で今年の年休取得率65%。2014年の取得率会社一番と自負したくw
梅雨入り前半は比較天気が良く退院後も穏やかに過ごしていましたが、
6月後半からの悪天候がだらだら続く嫌な流れ。

IMGP6700.jpg
7月
長野支社の夏臨が例年になく凄い。
115系スカ色+クモユニ、湘南色+クモヤ、そして松本での183系同時発車。
松本駅で機敏な動きを見せるアルクマとの共演が良かった。

IMGP0007_2014122918203957a.jpg
8月
毎年恒例の信越山線代走。
きっと最後であろう代走は昼前から降り始め雨に悩まされ、
並ぶべき列車が遅延で並ばず涙目な展開ばかりだった・・・

s-IMGP9062.jpg
9月
カミさんとブルートレインに乗車。
長野支社怒涛の夏臨の最後を締めくくったブルートレイン信州。
松本-長野間ながら人生初の24系客車に乗り、夜行列車気分を味わう。

IMGP0810_20141229182038b4f.jpg
10月
脇野田駅切り替え。
新幹線延伸を前に脇野田駅が新駅へ移管。
旧駅は既に駅舎やホームが取り壊され、国道18号とつながる道路の
整備が急ピッチで進んでいます。

s-IMGP9960.jpg
11月
年休入れておはようライナー撮りに行ったらN103がぶっ壊れてN104登板。
長野転属後N104としては初のライナー登板。
グレードアップ車で篠ノ井線走破、かつての2532M・2535Mっぽい雰囲気味わえるか。

s-IMGP1429.jpg
12月
帰ってきた初代グレードアップあずさ色。
あずさ色あずさ幕に続き、今度は豊田のM52編成が検査で塗装を変更。
記憶にしか残っていなかったこの塗装を撮れる日が来るとは。
2014年最大のサプライズ。

年間通じて大したネタになるような物は撮ってないのでこんなもんです。
来年も今年同様に日常+α位の緩い感じで行こうかと思います。

| Play back | 20:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Play back 2013

適当に抽出した画像を1フレームに放り込む地味なお仕事で
一気に振り返る2013年。

s-IMGP9529.jpg
お庭その1。
黒姫山より妙高山派。

s-IMGP9178.jpg
並び。
山線に683系が来たり、あさまと妙高が並んだり、河口湖で3本並んだり。
何だかんだで並びは好きである。

s-IMGP5170.jpg
お庭その2。
今年の長電のハイライトは須坂で鯨5並び。

信越本線と長野電鉄で終わる1年。
端から見ればいつも同じ列車、同じ路線で面白みに欠けるのかもしれないけど、
遠征する「ずく」も無く地元に腰を据えた1年。多分来年も同じ。

| Play back | 23:29 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Play back~最後の離合~

早いもので先月末で屋代線廃線、2000系引退から丸1年。
徐々に当時の記憶でも掘り出してみようかと。

最後の離合

2012年3月31日。
IMGP8321_20130405224317.jpg
当日は屋代線の最後を見届けるべく綿内の変電所脇へ。
M30程度の遅れで綿内を出た432レを見送り、さらに待機。

待つのは2000系D編成最後の営業列車。2410X。

こちらも綿内駅にはかなりの遅れを引きずり、23:30頃の到着。

係員に見送られ発車かと思っていましたが発車せず。
5分ほど経ってから須坂方の高野宮踏切が動作し、
とうとう発車かと思っていたのですが、やって来たのは。
IMGP8327_20130405224318.jpg
オー1に連れられた2000系A編成。

オー1に連れられたA編成、床下機器をごっそり抜かれ、
生気のないその姿、葬列のよう。

最後の離合。
4本在籍していた2000系の内、最後まで残った2本が本線上最後、
いや、この世で本当に最後の顔合わせ。
片や本線と繋がった小布施、片や失われた鉄路のど真ん中、信濃川田。
近いようで遠いところへ離れ離れ。

IMGP8345.jpg
D編成が一足先に綿内を発ちA編成も終の棲家へ。
屋代線、2000系共に最期を迎えた瞬間。



IMGP1785_20130405232130.jpg
s-IMGP8346.jpg
当時はただただ無我夢中にシャッターを切るばかり。
感傷に浸っている余裕すらなく。

後々ゆっくり振り返ると安堵、寂しさ、後悔、充足、諸々湧き出てくるものです。

次にこんな気持ちになるのは2年後か。
その先はもうないかもしれない。

| Play back | 23:13 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Play back~東京駅2001~

しょーもない過去の写真をだらだらうpするコーナー。

今宵は東京駅新幹線ホーム2001春。
IMG_0001_20130321221409.jpg
200系K編成。
併結対応で団子っ鼻周辺がごつい感じになっていますが、
未リニューアル編成で割と原形を保っていた編成。
この時点で200系そのものが随分と少数派になっていましたが、
それから10年以上も現役で毎日東京駅に出入りするとは夢にも思わず。


200系H編成。
IMG_0003-1.jpg
個人的に新幹線最高傑作のこの顔。
すっきり癖のないシャークノーズ。
前にも書きましたが、とりわけこの200系H編成は特別な存在。
100系の二番煎じと言われてしまえばそれまでですが、
スノープラウ付きの200系の方がカッコよく見えたものです。

E1系MAX
IMG_0004_20130321221408.jpg
カシワモーチ!うしろ!うしろー!
※8時だョの要領で。

今となっては初代塗装はおろか、E1系自体が過去のものとなりましたが、
バックが東京駅乗り入れの189系あずさ。
当時すっかりあずさの時間を失念していて、新幹線ホームで頭抱えました。
「E1系撮っている場合じゃねえよ」と。
この辺りから詰めが甘いと言うか、そりゃピンボケもします。

IMG_0002_20130321221408.jpg
おまけ。
幸せの黄色い新幹線@長野駅
長野には週1回ペースで飛んできていたので、割と捕獲しやすかったです。
前日終車後追いで長野入りし翌日昼ごろに戻ってく流れでした。

在来線車両に比べ寿命が短い新幹線。
10年ひと昔とはよく言いますが、とりわけ新幹線はその気が強いと思うのであります。
「旬」なんてあっという間に過ぎていく、そんな感じ。

| Play back | 22:40 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Play back~長野オリンピックの頃

2013年2月。
うーん、何か節目の年だなぁとぼんやり考えてみれば、
15年前の今ごろ、長野県はとても熱い時でした。
そう、きっと生きているうちでは長野県最大であろうイベント、長野五輪とパラリンピック。

87450040.jpg
当時中学生。
学校行事の一環でオリンピック競技を見に行ったり、
親父が死に物狂いでジャンプ団体戦のチケット取ってきたりと、
ここまでオリンピックを身近に感じる事も後にも先にも1998年が唯一でしょう。

で、鉄道やバスもまた面白い時期でした。
87450027.jpg
200系あさま。
緑繋がりでこれこそ「あさま色新幹線」…なんて思ったものですがw
日本はおろか世界中の人が新幹線に乗って長野入りする訳で、
盆と正月とGWが数年分一気にやって来た勢いでした。
そりゃーE2系だけでは足りず、200系12連1本を長野新幹線対応にいじくり投入。

オリンピック終了後も多客時は長野入りするかな?と思っていましたが、
結局98年2月限りの緑色の新幹線あさま。
その後E4系なんかも来ましたが、結局は中途半端に終わってます。

使える車両は何でも使う。
87450032.jpg
今振り返ると追い切れないほどの臨時列車が設定され、
それこそ余っている車両まで総動員での対応でした。
写真は381系使用のオリンピック臨、横は485系の臨時。
飯山線では97年10月以降保留車で残っていたキハ52×4連臨時も。

87450033.jpg
115系4連。
高崎から115系を借りてきてローカル輸送。
信越線、篠ノ井線、しなの鉄道で飛んでいました。
ご丁寧に車内放送は英語放送も。
車掌氏が必死にカタコトながら英語放送していたのは鮮明に覚えています。

バス。

鉄道と合わせこれまた大活躍のバス。
競技会場へのダイレクトアクセスのほとんどをバスが担っていまして、
アルピコ、長電などでは足りず、記憶にある所では富山地鉄、富士急など
近隣県のバス会社も応援に駆け付けていました。
87450038.jpg
87450039.jpg
路線バスはスポンサーのラッピングバスが走り回り、
長野で本格的なラッピングバスが走り始めたのもこの時が初でしょうか。
アムウェイ、NTT DoCoMo、ゼロックス、コカコーラ、VISA・・・
思い浮かぶ所ではそんなところですが、全部撮れるわけも無く。

アムウェイのブースが長野駅前、今の仮設長野駅前交番の場所にあり、
そこでアムウェイの健康食品無料配布をやっていました。
無料をいい事に食いまくった人、俺以外にもいるはず・・・?w

今思えば、何で長野で開催だったんだろう?
とか野暮ったい事考えてしまいますが、
オリンピック・パラリンピックを境に長野が変わったもので、
随分と「長野」の名が世界中に知れ渡りましたし、
色々整備され住みやすい環境にもなりました。紛れもないオリンピック効果。

この先、これ程まで長野が盛り上がる事はあるのだろうか。

| Play back | 23:10 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Play back 京急2004

夜の暇つぶし。
過去に撮影した写真のCD-Rをただブン回しては眺めるだけ。

あの時あー撮れば、こー撮れば云々思いながら、
当時の背景を思い出してみるのもまた楽しいもので。

そんな中から2004年頃の京急を。
京急と言えば2000形2011編成がデビュー時の塗装となり、
今月末から走り回るそうで。画像を見ると3ドア改造を受けてはいますが、
当時のフラッグシップを思い出すには十分な姿かと。楽しみです。

閑話休題。

1000形1301編成。
86040007.jpg
2004~5年頃まで1000形も一部編成は貫通幌を付けていました。
4+4の8M、2+6の8Mなど自由に組んでいましたので、
そんな時でも編成間通り抜け可能でしたが、いつの間にかやらなくなり、
末期の2+2の4M普通でも通り抜け不可でした。

個人的視点としては貫通幌が付いた顔と言うのは惹かれるモノがあります。
115系とか211系とか特にね。

61940009.jpg
700形。
大師線に行けば必ずいたこの車両。
大師線で何ら苦労もせずに乗り撮りできた車両でしたが、
朝の12連快特で本線かっ飛んでいる姿を記録せずにいたのを猛烈後悔。

撮りに行かなかったのも
「登戸から川崎まで超満員の南武線が辛い・・」
なんてツマラナイ理由。
登戸始発乗れバカ、初電で行け、野宿しろなんて思うもあとの祭り。
こういう反省は他に活かせればいいな。うん。

76700005.jpg
未更新1500と1000の並走。
1500形も2004年は大多数が未更新車。
スカート無し、ローマ字併記無しの幕など今の更新車と随分顔立ちが違います。

質実剛健が売りの80年代車とでも言いましょうか。
同期の小田急8000など含め、この世代の車両はガッツリ更新され、
まだあと10~20年は使い込んでやる!との意気込みが感じられ、
私鉄車両が銀色だらけになる日はまだまだ遠いのかもしれない。

305e.jpg
文 庫
行き先駅名の省略表記も潔くて良し。

日常ユーザーもフルで金沢文庫やら京急川崎なんて呼ぶ人少ないですし、
なんとユーザー視点な幕なんでしょう!と思うも、
さすがに今の羽田空港を抱えた京急でローマ字無しの
駅名省略幕なんて旅客案内上できないかもしれません。
2000形復活塗装で昔の幕を放りこんで…なんてやらんかな。

2月初旬。
所用で上京するので2000形も眺めてこよう。

| Play back | 00:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT