ずくなし

「ずく」が無いので庭を走る長野電鉄、183・9系以外あまり出てこないらしい。

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

片貝から見えるアレ

小間切れ連休の前半。

嫁が実家に帰省し祭りな後半4連休に備えてちょっとブレイク。

さて、信越線で撮っていたり乗っていて妙高山を眺めていると、
ふと山麓にそびえ立つ観覧車に気付く方も多いかと思いますが。
IMGP2974.jpg
ちょうどクハの屋根上に見えるあれです。

妙高サンシャインランド。

ゴルフ場やスキー場なんかのリゾート開発のついでに作りましたけど、何か?
の典型的な小規模遊園地なんですが、
地元長野では遊園地は無く、CMもバカスカ流していた時期もあり、
ちょっとした憧れの地だったりするんですが。

え?長野に遊園地たくさんあるよ?と言いますが、
DSC_1123.jpg
こう言うのはノーカウントですぜ。
・・・ちょっとした公園でも「遊園地」と名乗るのは地元長野市だけなんだろうか。

IMGP3014_20140507201053f76.jpg
IMGP3015.jpg
さて、カミサンと昼過ぎに入場。
入場券と2,000円分の乗り物券が付いた2600円のパスで入場。
乗り物は大体が乗り物券3枚(300円)で乗れますので、
一日で乗り物に全部のってやるぜ!って人は3600円だかのフリーパス買った方が吉。

富士急や夢の国のような乗り物1時間待ち上等な大混雑は無く、
じゃあ閑散としているか?と言われたらそうでもない。
小中学生位を引き連れた家族連れで程良いに賑わい。
長岡ナンバー3割、長野・松本ナンバー7割で察するに、やはり長野からの客多し。

IMGP3024_201405072010514da.jpg
耕運機と同じ「ぶべべべべべべ」とだるく吹け上がる4ストエンジンの音色を奏で、
園内を走りまわるのはこども電車。
ご丁寧にカラーリングは城山のモノレールと同じくE2系あさまカラー。
上越への新幹線延伸に大いなる期待を抱きこの色にしたのかもしれないが、
やってくる新幹線はこれまた新型で色違い。塗り直しましょう?

IMGP3026_20140507201050340.jpg
カミサンが勤め先の塾で教え子にサンシャインランドのインプレッションを
事前に取って来たのだけど、一言で言うと

「とにかく回っている」

とな。

IMGP3027_20140507202844dd8.jpg
あぁ、確かにグルグル回る乗り物率高し。
と言うか、ほとんど回っている。
穏やかな雰囲気に似合わず相当な勢いで回される乗り物もあり、
回転系が好きな人は楽しいかもしれない。

IMGP3013.jpg
で、ジェットコースターが老朽化で無くなってしまったこの遊園地、
おそらくこの乗り物が一番の絶叫系?
振り子でブンブン振られた揚句360度大回転を5回。
おまけにてっぺんで一旦停止するオマケつき。
完全に頭は下を向き逆さまになっています。

DSC_1126.jpg
背後には迫りくる妙高連山。
人生で初めて妙高山のてっぺんが下を向く。
油圧のバーで固定されているとはいえ、一時停止には参った。結構怖いw

とまぁ程良く目が回った所で片貝から見えるアレに潜入。
大体半周に掛る時間を計測し、なからの所かと13:33過ぎにレッツゴー!

片貝から見えると言う事はですねぇ・・・
IMGP3030_2014050720284395c.jpg
逆から攻めるのもありだと思うのです。
午後から巡行になる西側を観覧車より俯瞰w

135mmはやっぱ短い。ぜひサンニッパでも担いでどうぞ。
ちょっと高さが1歩足りず、時間としては13:32頃に乗るのが良さげ。
この時期、既に気温も高く陽炎にやられるので寒い時期が良いでしょう。
真冬は閉園してしまいますので、秋深まりし頃か。

向かいの席でカミサン呆れ顔。慣れたもんです。

IMGP3028_201405072028435cf.jpg
桜が満開の時期ならお弁当を持って芝生でノンビリも良さそう。
絶叫系ガチ勢には物足りない妙高サンシャインランドですが、
ちょっと肩の力を抜いて遊園地で遊びたい人には楽しいかもしれない。

カミサンはまた連れて行けとノリノリですので、次は秋に行ってこようと思います。
スポンサーサイト

| ネタ | 20:48 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

完治

お陰さまでインフルエンザも昨日の時点で完治。

5年ぶりの感染でしたがタミフルのお陰で前回と比較して
長く高熱に苦しむことなく完治し、タミフルの凄さを実感。

本来であれば明日の休日出勤から通常に戻る予定でしたが、
それが来週にずれ込んだのでこの週末を入れると実質6連休状態。
体が完全にマヒしています。。。

ってことで今日は一日体を休め、カミサンの買い物の付き合いなど。
明日はお出かけ許可貰えたので懲りずに長野へ。
りんご色が飛んでいる姿を見るのも明日が最後となりそうです。

| ネタ | 22:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ダウン

昼過ぎから具合悪くなり耐えられず帰宅したら発熱。
風邪でダウンしました。

2000系関連で皆様よりコメント頂いてますがさすがにパソコンには向かえず完治後に返信いたします。

しばしお待ち下され。

追記
病院行ったらインフルエンザでした。

| ネタ | 22:09 | comments:9 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

年賀状

今日は一日非鉄。
祖母宅で野沢菜を漬ける要員として駆り出されたので、
流石に沿線に繰り出す事も出来ず悶々w

北信はこの時期に野沢菜を漬けないと年を越せないらしい。
あたしゃ苦手で食べられないんですがね。

さーて、そんなこんなで年末年始が刻々と近づいていますが、
なんも準備していませんw
今年は31日にまさかの休日出勤で実質3連休。
年内に有休取る暇なさそうだし、時間感覚失いつつある昨今。

今頃年賀状が全くの手つかずだってことに気付く始末w

毎年市販のを年末ぎりぎりに買い込んできて宛名とメッセージを
まとめてドーンと書いて投函していたのですが、
親戚や会社関係と友人関係は作り分けたいので(図柄的にw)
余裕持って早めに準備に取り掛からんとなぁ。

今年はmixiの年賀状サービスを使ってみるのも手かもしれない。

IMGP1734.jpg
だるまさんを絵柄に使うと縁起が良さそう・・・かも?

| ネタ | 00:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

避暑2

昨日の続き。

くそあっつい中、「冷房中」の文字につられ元くつろぎの車内で
釜めしを食べようと車内に入るとどうも暑い。外よりやや涼しい程度。。。
何事ぞと天井を見れば冷房として稼働しているのは1ヶ所だけでした。
20m級の車体で冷房1ヶ所稼動は屁のツッパリにもならん訳ですが、
動くのもめんどくさくなり2人で黙々と釜めしを食べて退散。

これまた横川に来たのだから軽井沢までは18号の旧道経由だとごねちらし、
ゴリちゃんの車で183か所のカーブをうねうねと軽井沢へ。
IMGP9834.jpg
坂本宿を通過。
この辺りはまだまだ平らだけど、既に入口付近のカーブで
ダルいだカーブめんどくさいと吠えるゴリ様。
そんなんで峠を越えられるのか不安を抱きつつ、助手席で真夏の碓氷を楽しむ俺。

IMGP9836.jpg
めがね橋こと碓氷第3橋梁。
めがね橋の橋脚間から見えた信越線新線の橋梁は生い茂った木々で
完全に遮られ、旧道からはその姿が見えなくなりました。
このまま自然へと還って行くのでしょうか。。。

IMGP9842.jpg
更に登っていくと眼前には木々の中そびえ立つ白い建物が・・・
熊ノ平の変電所です。
ひょこっと姿を見せるこの建物、いつ見ても一瞬背筋がゾクッとします。

IMGP9843_20100829195601.jpg
今もぽっかり口を開けたままの熊ノ平入口。
治山工事とかで群馬県が何やら工事をやっている模様。
トンネルの横に見えた信越線下り線はやはり木々の陰に。

IMGP9845.jpg
ちょっとハイペースで攻めたくなる旧道ですが、
ゴリリン坊やの車は30km/hを維持したままひたすら峠を登ります。
途中野生のニホンザル集団に遭遇、車のクラクションにびっくりして
山へと散って行ってしまったので写真は撮れず。

無事碓氷峠を越え軽井沢へ到着。
車の窓を開ければ涼しい。灼熱地獄だった横川とは大違い。
ほんの10数キロの距離でここまで体感温度が違うとは、
改めて碓氷峠が大きな壁であったのかが分かります。

混雑したアウトレットは後回しにし、白糸の滝へ。
IMGP9849_20100829200700.jpg
落差3m程度ながら、横幅が70m近い弧を書いた滝。

IMGP9854.jpg
地下水を通す通す層と通さない層の境目から地下水が湧き出す潜流瀑と呼ばれる滝で、
地層の境目から水が湧き出ているのが良く分かります。
地理的には非常に興味深い構造の滝なのですが、
涼しさに癒され地理的興味もどこへやらw

IMGP9865.jpg
火照った体を自然のクーラーで冷ました後は岩魚で腹を満たす。
炭火で焼いた塩焼きが1本700円。どう見ても観光地価格なのですが、
香ばしいにおいにやられ1本お買い上げ。美味いのでお勧めですw

その後は再び軽井沢駅まで下り、アウトレットをグルグル回り、
最後はパターゴルフで良い汗を流して終了。
パターゴルフでいつぞやのBIG3のゴルフを真似して、
英語禁止ホールとかやってたのはうちら2人だけでした。

次は紅葉の時期にでも行きたいなぁ、軽井沢。

| ネタ | 20:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

盆休み

昨日より16日まで盆休み。

初日は台風通過の影響で天気も悪く買い物に出ただけ。
これから長野に帰りますが長野でも大して撮影とかはできないだろうなぁ。

来週は急遽神奈川まで行く事になったので、以前のように川崎到着前に
中央東線に寄ってホリデー快速辺りを撮影してこようか。
IMGP9332.jpg

| ネタ | 09:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

試験設置

掲示板なるモノを試験設置してみました。

掲示板 http://rara.jp/zze123g/
上のリンクからも飛べます。
話題は何でもおk、画像添付も可能ですしご自由にお使いくださいませ。

需要が無ければ…やめますw

| ネタ | 23:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

いざ宮城へ

この3連休は宮城に行ってきました。
宮城は20年ほど前まで仙台市に住んでいた馴染みの土地ですが、
カミさんの祖父母宅が宮城にあり、挨拶を兼ねて行ってきました。

土曜日。
朝8時に上越を出発して北陸道→磐越道→東北道で古川まで一直線。
420km程の道のりで途中3回休憩を入れて約6時間。
走行時間自体は4時間半程度で思っていたより近い印象。
鉄道で直通ルートが無い新潟からは高速道路利用の方が間違いなく便利ですわ…
初日は親戚巡りをして松島でお泊り。
ぐったりして気づけば座敷で大の字で寝ていると言うね。

日曜日。
昨年12月に3時間ほど滞在した仙台市ですが、今度こそゆっくり巡ろうと言う事で、
10時頃に東北本線品井沼から701系に揺られて仙台駅へ。
今やステンレス車両ばかりになった東北本線の普通列車群ですが、
仙台在住時は455系を中心に417系、715系など濃い車両が多数。
なので、701系がホームに滑り込んできてもピンとこない訳で…

仙台到着後は歩いて一番町へ。
IMGP8424.jpg
仙台で一番の繁華街。
七夕で賑わうのもこの一番町のアーケード。
梅雨明けして日差しが突き刺さる暑さもアーケードの屋根のお陰で少しは軽減か…?

IMGP8425.jpg
20数年前、親父に連れられて初めて食べた豚骨ラーメンはこの天下一品。
ドロッとした濃いスープは今も昔も変わらず。
淡い記憶を頼りに一番町をふらついたら店は今も健在で一安心。
仙台に行った際にはぜひ食してみると良いかと!

IMGP8430.jpg
IMGP8435.jpg
さすが東北唯一の政令指定都市。
西口は記憶以上に発展していて立ち並ぶ店舗も随分と様変わり。
エンドーチェーンはE beansとなり、オシャレなエンドウ豆に変身w

IMGP8440.jpg
IMGP8444.jpg
昨年の記事でも書きましたが、東口はまるで別世界。
仙石線が地下化され、区画整理が完了した事もあり当時の面影はゼロ。
20数年前、西口に発展ぶりとは正反対の雰囲気を漂わせていた東口も今では
商業施設が立ち並び、人の集う空間に大変身。

仙台市街地散策の後は仙石線快速に乗って松島海岸へ。
…仙石線の快速と言えば「うみかぜ」の愛称付きでしたが今ではただの快速に。
今では停車駅の違いでA快速とB快速に分けられていて、まるで長野電鉄の特急w

IMGP8449.jpg
ここは何も変わっていなかった!松島海岸。
海を見渡せるホーム、マリンピア松島水族館、お土産店の列…
松島に降り立つのは20年ぶりながら、記憶と変わらぬ光景ににんまりw

IMGP8491.jpg
水族館より。
小ぶりながら展示は充実している松島水族館は今も健在。
ただ、名物だったラッコは姿を消してしまったようで、そこが唯一残念…
IMGP8471.jpg
イロワケイルカは1ヵ月前に赤ちゃんが生まれ、母親は育児真っ最中。
見学後は高城町まで1区間仙石線に乗り、再び松島でお泊り。

で、最終日の今日は渋滞を避けるために午前中に宮城を出発。
ひたすら行きの逆ルートで上越に向かい、夕方に無事上越到着。
帰りも行き同様にほぼ6時間で走破。

20数年前は親父の仕事の関係で一時的に宮城に住んでいて、
長野に戻ってきた今、宮城は縁遠い地の一つになるかと思っていました。
再び縁のある地になるとは世の中不思議なモノです。

| ネタ | 20:10 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

三連休




今ここ

三連休は仙台、松島と懐かしの地をゆっくりと。

| ネタ | 18:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

19年振り

20091219110456
19年振りにこの地にやってきました。

懐かしいと言うより新鮮。
変わってないのは駅舎とバスの色くらい。

| ネタ | 11:02 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT