ずくなし

「ずく」が無いので庭を走る長野電鉄、183・9系以外あまり出てこないらしい。

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

LSE

神奈川県内を片っ端から突っ走るM51を追う合間で小田急。
せっかく小田原界隈にいるんだからと寄り道。
毎度毎度西湘方面へ行く際にお付き合いいただく知り合いに感謝。

寄ったのは栢山-富水間の直線。
s-IMGP7143.jpg
小田急線を走り続けて40年を目前に控えたこの車。
お馴染みLSEですがついに新型ロマンスカーデビューの公式発表が。
後継は連接構造こそ無くなれどしっかり前展望を備えた車とのことで、
自然とLSEの後継車両となりそうな様子。

知らぬ間に千代直がJR-メトロ-小田急の3直になっていたり、
来年度以降は下北地下の複々線完成、
そして新型ロマンスカーデビューと話題が続き、
自分がよく見てきた小田急の光景は遠い過去の事に。
スポンサーサイト

| 小田急 | 00:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

伝統のアイボリー

オッサン大好き8000形。

お子さんの「おじさん好きな8000来たよおお!」の声が渋沢の谷間に響く。笑

小田急の中でも乗降客が減る末端区間とはいえ、
10分間隔で10連の急行や快速急行が飛ぶこの界隈。

撮る方も眺める方も飽きずに渋沢5号張り付き。
s-IMGP6913.jpg
お待ちかね、オール8000形10連の急行。
少し雲多めながら出続ける大山を背に。
LSEと共にかつての小田急の色を残すこの車、
入念な更新工事を経てあと10数年は使うんじゃないかの勢い。

s-IMGP6923.jpg
同型式の併結は統一感がありスマートで良い。

けれど、やっぱこれ。
s-IMGP6862.jpg
異種併結10連。
ステンレス+アイボリー、小田急らしくて好きな光景。
かつての3000+9000とか2形式間の協調が上手く取れないのか、
異種併結は押すわ押されるわの酷い乗り心地だったけど、
8000も制御装置がインバータになった今ではそんなガタガタなことも無くなったのかな。

短時間集中でLSEと8000を楽しめたのでよかった。
お子さん連れで出向いていただいたlonely blueskyさんには感謝申し上げます。

| 小田急 | 22:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

オレンジバーミリオンのカッコいい横顔

ってことで小田急。

日野から多摩都市モノレール、小田急多摩線と乗り継ぎ海老名へ。
懇意にして頂いている先輩に声をかけた所、
お子さん連れて出て来ていただけるとのことでちゃっかり便乗し渋沢へ。

目指すは渋沢5号踏切。
この界隈は小田急公式の画像でもよく使われたり、フォトコンでもよく出てくる区間。
小田急屈指の山岳風景を行く区間故、人気も高い。
s-IMGP6865.jpg
現地に着いて一発目はMSEのはこね。
07年に試運転開始、翌年より地下直ロマンスカーとして出て来たと思えば、
着々とその数を増やし地上線単独運用にもデカく進出してくるわ、
分割もできて御殿場まで乗り入れちゃうわでどこでも走れちゃうもんで、
HiSE、LSE、RSEに371と4形式潰しに掛かったとんでもない車。

2600、旧4000、5000、9000と通勤型4形式潰した3000形と同じ
在来型キラー特急版である。

が・・・
s-IMGP7026.jpg
ちくしょう、良い青してやがるぜ!
光の当たり加減で青が綺麗なグラデーション描くとかやりよるわ。

s-IMGP6933_20160202220317f83.jpg
EXE。
ファインダー越しでも後で写真で見ても運転台直後に座る金髪美女に視線が・・・w

さ、車セ長、真打登場ですぞ!w
s-IMGP6877.jpg
秦野の大カーブは行けなかったので大山を背に箱根へ向かうLSEを。
辛うじてMSE大増備の波に飲まれず2本残った古参。
小田急としても展望室がVSE2本だけという過度なプレミアを避けたか、
LSEが残り今日も迫力ある展望シーンを提供していますが、
そろそろ製造から40年も迫り後継車が気になる頃。

s-IMGP7020.jpg
初代NSEの流れを汲みつつ80年代のスマートさを加えたこの横顔がそそる。
新旧折衷、イイトコ取りのデザイン。
潰した2本、もしも長電にいれば…(ゴクリ

s-IMGP7555.jpg
HiSE(・∀・)イイヨイイヨー!

とこの勢い盛大に盛り上がりたいところですが、
既に本家からは去ってしまい寂しいので嫁いだのを載せておく。
今は喜多見で長電よりも短い3連で保存されている模様。

次回、通勤型。
lonely blueskyさんのお子さんに

「おじちゃーーーーーーん!好きな8000きたよおおおおおおお!」

と叫ばれるの巻。
オッサンは喜んでますぞ!

| 小田急 | 22:52 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

御殿場新幹線、信濃路を駆ける

31日。

そろそろ189系長野車唯一の定期運用となったおはようライナーが
撮りたい頃だと前日までに仕事を全力で片付け年休取得。
天気予報もタイミングよく快晴、アルプスも見える環境に恵まれる。
s-IMGP0519-1.jpg
平日に年休の時は2373M幕大回転ばかり足を運んでいたので、
やっとこさ常念を背景におはようライナーを。
4月はムーンライト信州の運転もないんで、
ゴールデンウィークまで走っている189系を見られないのか・・・
信じられん。

ライナーの後は冠着駅で勤務しているねこ駅長を表敬訪問。
委託の駅員さんとねこ談義をしていると知り合いも到着。

さて、今日は富士急に譲渡される371系が長野県を縦断する日。
遊園の駅で何度も見送った「御殿場新幹線」が信濃路を駆けるという
想像もつかない光景を目にしてみたかった、と言うのもある。

しばし雑談の後に御殿場新幹線を見に向かう。
s-IMGP0627.jpg
姨捨の棚田を見下ろす場所から。
EF64に牽引された御殿場新幹線・・・その組成順もありとってもシュール。

s-IMGP0630.jpg
1編成しかいない371系の戦闘が頭合わせ…
HiSEの長電譲渡時よりもインパクト大。
いっそこのまま長野電鉄に来てくれ(笑)

姨捨でスイッチバックするので一旦下山して定番で。
s-IMGP0642.jpg
飯綱から妙高まで見える晴天ながら春霞で高社山は見渡せず。
善光寺平をバックに御殿場新幹線が行く・・・
2階建てグリーン車のパノラミックウィンドウから見る善光寺平、
きっとワイドビューしなのやリゾートハイブリッドも敵わぬ大パノラマに違いない。

s-IMGP0652.jpg
更に下山して稲荷山。
遠目に見るとユーロライナー?
牽引機も青ではなくて更新色だった方が良かったような。

s-IMGP0681.jpg
SSEの5連×2のあさぎりの現代版?
SSEから二十数年経た今にこんな形であさぎりの顔合わせが見られるとは・・・

暫く篠ノ井で留置になるようで駅裏からのんびり眺める。
s-IMGP0716.jpg
s-IMGP0740.jpg
御殿場新幹線と長野新幹線。
なんちゃって新幹線と本物の新幹線、僅か一瞬の出会い。
改めて篠ノ井界隈を抜けていく新幹線が速いんだと気付く。

s-IMGP0779.jpg
篠ノ井で東海車同士の離合。
名古屋に371系が入場した時はこんな光景が見られたんでしょう。

s-IMGP0791.jpg
何も知らずに駅に来た人も足を止める。
ほとんどの人が「新幹線がいる!」と口走るのが面白い。
「新幹線=白と青」の公式が浸透しているのがよく分かった。

御殿場新幹線、もとい371系あさぎりの姿を見るのもこれが最後。
次目にするときは富士急線内ですんごい姿になって飛んでいるんでしょうね。

| 小田急 | 23:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

連休前半戦

さて、今年のゴールデンウィーク。

うちの会社はカレンダー通りの営業になるもんで、3連休、3連勤、4連休の流れ。
と言う事で前半戦の3連休はカミサンの実家神奈川へ。
最初楽してバスで行こうと思ってたのですが、
うだうだしているうちにチケットを取り損ねて結局マイカー。

初日は急ぐ度でもないので大学生活を過ごした向ヶ丘遊園に寄り道。
IMGP9006_20130429234803.jpg
昼飯は大学時代に良く世話になった定食屋で。
遊園逆1号踏切のすぐ脇にあるので、飯を食いながら小田急を眺める。
ってことは撮りたくなるのが性ってもんでして。
「大学への通学路を久々に辿ってみよう」名目で遊園大カーブへ。
実際、ここの通りは大学への通学路でしたので間違いではない。
8000+1000の10R急行。
ここ最近、1000と8000は同系列で10連を組んでいるようですので、
この色違い10連もあまり見かけなくなりました。
編成美を取るか、それとも混在を取るか・・・難しい選択ですw

IMGP8986_20130429234802.jpg
開かずの踏切遊園逆1号(登戸1号)踏切。
飯食ってるような日中でもずっと鳴りっぱなし。
脳裏に焼きつく小田急特有の踏切警報音。

IMGP9019.jpg
そしてさらに開かない遊園1号踏切。
あまりにも開かないもんだから踏切鳴動中は癒しの音楽が流れているようですが、
警報音がでか過ぎて曲なんか聞けたもんじゃない。

さて、ようやく地下通路の工事に取り掛かりましたので、
あと数年でこの厄介な遊園1号踏切も役目を終えることとなりました。
ホームで立っていて通過列車接近しているのに、踏切警示灯が点滅繰り返すので、
何度も冷や汗をかいた事や、実際に直前立ち入りで列停操作した事も
後の笑い話になりますでしょうか。

2日目。
カミサン方の家族と金沢動物園へ。
IMGP9075_20130429234801.jpg
釜利谷から遠く房総半島まで良く見えました。
見下ろせば東急車輛が見え、レンズ越しにみると仙石線205系が?
見間違えか・・・?

IMGP9036.jpg
ペリカン便

IMGP9070.jpg
カンガルー便

IMGP9043.jpg
キリン生

IMGP9059.jpg
コアラのマーチ

IMGP9089_20130429235710.jpg
IMGP9090.jpg
ひつじビフォーアフター。
子どもはフワフワして可愛らしいのに大人になるとなんだろう、
このふてぶてしい顔と言い、ゴワゴワ感と言い・・・
とても同じ動物とは思えない差に思わず食いつく始末。

動物園、水族館系は一日時間潰せるくらい好きです。
次はシーパラダイスとかズーラシアに行きたいね。

3日目
カミサンを神奈川に置いて単独帰省。
IMGP9170_20130430000119.jpg
久々に訪問。

3日目は後ほど詳細版でも。

さて、明日から仕事ですか。お客休みで暇なんだけどなー。

| 小田急 | 00:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

帰省と言う名のレンズ探しの旅#1

早いもんで9連休だった年末年始休暇も明日で終わり。

さて、後半3日間。
3日に送り出したカミサンの後追いで4日に長野から神奈川へ。
なぜか途中バイト時代の後輩のイモを上田で拾って。

長野でしなのサンライズ、おはようライナーを軽く撮ってから高速に乗り、
東部湯の丸でイモを積載。
カレンダー上は平日とあってか高速もスイスイ。
圏央道からは富士山も見え始め長野からジャスト3時間で川崎到着。

向ヶ丘遊園に車を置いて小田急に乗って新宿へ。
目的はレンズ探し。
PENTAXのDA★50‐135mmF2.8ED AL[IF]SDMの中古を確保すべく、
マップから始まり、新宿界隈、中野とあるったけの中古屋巡り。

結果、どこにもねぇw

同行していたイモの日頃の行いが悪いせいだ、イモがふくれてるからだと
プンスカ人のせいにしながら失意のまま帰宅。
新品がヨドバシで9.3万、中古なら大抵6.5万・・・自棄で新品買うか?
翌日の横浜での買い物にかけて帰宅。

帰り際に久々に小田急を撮影。2010年11月以来ですから、実に1年2ヶ月ぶり。
当時はHiSEもRSEも5000形も現役でした。
まずは豪徳寺。
IMGP4099.jpg
この1発以外全部緩行に被られる急行線。
そうだよね、代田までチンタラ緩行のケツ追っかけて、
梅ヶ丘から一気にぶち抜いていくよね、忘れていた・・・
こういうところで随分な感覚の鈍りを感じます。

IMGP4123.jpg
無難に祖師谷大蔵直線。
あさぎりなのに飛んでくるのがMSE6。
車型変更になってから初めて見ましたが、メトロはこねの前面誤表示にしか見えん!w

IMGP4133.jpg
喜多見入庫で緩行線を飛ぶLSE。
で、待っていた8000形の急行はこのLSEに被られ撮れずじまい。
ダメだ、最初から大人しく喜多見に行っておけばよかった。
不完全燃焼、小田急はまた日を改めて訪問したく。

向ヶ丘遊園#2新宿方。
IMGP4159.jpg
複々線の醍醐味、並走。

IMGP4164-1.jpg
良く見た光景。
当時駅にいた社員さんが車掌になっていたり。

IMGP4169_20130105232847.jpg
小田急線内でも遊園北口が最後でしたっけ、このタイプの駅舎。
走る車両、駅設備は変われど、この駅舎だけは変わる気配なし。
足早ですが久々に懐かしの地を巡り、この時ばかりは
お目当てのレンズが買えなかった事も度忘れ。

イモを生田で解放してカミサンの実家へ。
東名が混んでいると聞いて第三京浜へ逃げたら羽沢で事故で大渋滞。

#2に続く。

| 小田急 | 23:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

輝く瞬間

HDDの画像を整理していたら出てきた写真から。
2007年撮影。かれこれ5年前、気楽な大学生時代だ。

冬の夕暮れ前、西日に照らされたEXE。
IMGP7657.jpg
ロマンスカーの中でも大量輸送に特化して地味~な存在のEXE。

世のお父さんの味方も展望席が無く観光客からはちょっと不評。
カラーリングも他車に比べると落ち着き過ぎているのですが、
そんな地味な子も、ここぞとばかりに輝く瞬間があります。

それは夕陽を浴びた時。
夕陽に照らされた時の輝きはロマンスカーの中で一番。

ブロンズがゴールドになるなんて素敵でしょう?

| 小田急 | 00:17 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

遊園大カーブ

小田急好きなら一度は行った事があるであろう撮影地の一つ。

遊園大カーブ。

向ヶ丘遊園~生田間、ちょうど遊園のY線終端部あたりがちょうどいい撮影ポイントで、
川崎に住んでいる頃は家からチャリンコで3分だったので、
手軽にぱぱっと撮りたい時は良く行ったものです。

大学の通学路で、いつ何時友人に会うかびくびくしながらの撮影で、
端から見たらきっと挙動不審な奴だった事でしょう。

そんな遊園大カーブから1枚。
IMG_0012_20120829213410.jpg
スキャンフォルダより9000形の区間準急。
数ある小田急通勤車両の中でも、8000形と1位2位を争う格好よさ(個人的)で、
バイト中もこいつがくるとニヤリとしたものです。

で、この9000形のガイコツ面。
元々は東急8000系向けとしてデザインされたのは有名な話で、
何年か前、ギンギラギンに輝くそのモックアップガイコツ画像を見て、
言葉にできぬ驚きを感じたものです。

さて、もし小田急9000形ではなく東急8000系列にこの顔が採用されていたら・・・

今頃、長野電鉄線上をギンギラギンガイコツがぶっ飛んでいた??
鐘鋳川を行くガイコツ、桐原駅とガイコツ、お猿とガイコツ・・・
今のT6ポジションには「変なガイコツ」がいるとか?

妄想は尽きません、熱すぎますw

先頭Mcだけ見ると地方私鉄向けも行けそうな車両ではありましたが、
回生発電併用の複雑なブレーキシステム、車体腐食の進行が仇となり、
どこにも譲渡されぬまま6年前に引退していったのでした。

9000形はおろか、5000形もHiSEもいなくなってしまいましたが、
当時を思い出しながら、新しい面々が行き交う遊園大カーブで
一日ガチで撮影してもいいかな?と思う日々。

10月辺り行こうか、どうしようか。

| 小田急 | 21:51 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

8000形

IMGP5279.jpg
インター区間6連急行@向ヶ丘遊園

小田急8000形をじーっくり撮りたい今日この頃。
たまにはインター区間から抜けてサバー区間、特に秦野~渋沢~新松田。
開成のストレートでも良い。

ただそれだけ。

| 小田急 | 00:29 | comments:2 | trackbacks:1 | TOP↑

≫ EDIT

あなたは今、どの星を見ているの

3月16日。
既に営業運転を終え、各々車庫で休んでいる事でしょう。

改めて。
1ed1.jpg
10000形HiSE
SEから続く歴代ロマンスカー。様々な車型はあれど、
LSEはちょっと古めかしい?VSEは何だか別次元の空間すぎる??
と思うと、個人的HiSEが一番しっくりくるのでした。

本家と長電の両方で走っている…と言う状況がたまらなく好きだったのですが、
堂々11連を連ねた本家では見納めとなりました。

IMGP3298.jpg
20000形RSE
HiSEや183系GUあずさなど80年代後半のハイデッカーブームの波に乗り、
ダブルデッカー車までぶち込んだ異端児。
爽やかな色使いや整ったデザインは然ることながら、
やたら国鉄チックな音をたてて突っ走る姿に心惹かれたものです。
あのブロア起動音とかね。
バイト時代、唐木田ホームウェイ後の喜多見回送が4番で退避だったのですが、
ついつい耳を澄ませて下りホームからその音を聞いたものです。笑

IMGP3295.jpg
御殿場新幹線JR東海371系
大型窓のダブルデッカー車を連結し、2Fのグリーン席や階下の普通席は
RSE共々特別空間として人気がありました。
新幹線をイメージさせる塗装や前面スタイル。そりゃ御殿場新幹線とか呼んでしまいますw

御殿場新幹線も明日からメタリックブルーの車両が走るとは、
にわかに想像がつかないのですが、晴れた日の富士山バックなんかは似合うかもしれません。

5059F.jpg
意外とこいつが一番冷暖房効くんだ、5000形。
ドアも空気式でラッシュ時に片手でこじ開けたり、
蹴り一発で物挟み対応取れたし、
貫通扉がない通り抜け車体だったので、止まりの車内点検も清掃もラクラク。
9000が特殊装備でなければもっと早くにいなくなっていたかもしれません。

多種多様が魅力の私鉄。
4車種整理で随分とすっきりしてしまう小田急ではありますが、
明日からの新しい姿もまた楽しみではあります。

引退の4車種、お疲れ様でした。

| 小田急 | 23:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT