ずくなし

「ずく」が無いので庭を走る長野電鉄、183・9系以外あまり出てこないらしい。

2009年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年07月

≫ EDIT

新幹線

珍しく新幹線ネタ。

先日長野駅で189系を撮影し、7番線の立ち食いそばで腹を満たしたあと、
時間があったので新幹線ホームへ。

IMGP2203.jpg
時が経つの早いもので長野新幹線開業から今年で12年。
E2系は試作車が登場してから14年が経つんですね。

IMGP2206.jpg
で、E2系。
この真横からノーズを見た姿が良いんですわ。
空気抵抗低減を狙ってN700やE5は随分と間延びしたノーズですが、
これくらいのノーズがちょうどいい按排。
腰のラインがせくしぃ~w

IMGP2207.jpg
正直言うと189系あさまを追い出した「敵」として見ていた時期もありましてね。
それでも長野から東京まで約1時間半だし、あさま時代よりも本数が増えて
便利になったので世話になることが多くなりました。
新幹線の速さはやはり魅力的。
旅情もクソも無いけど、新幹線車内で峠の釜めしさえ食えれば幸せ感じてるくらいなので、
新幹線を敵視してたのもただの悪あがきだったんだと思う。

追い出された189系も、追い出したE2系も新幹線長野以北延伸の頃には
きっと大きな転機を迎えているはず。
s-IMGP2211.jpg
スポンサーサイト

| てつどう | 00:19 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

村山橋

午後は村山橋近辺へ。
IMGP2282.jpg
現ルートの内側に姿を現した新村山橋へのアプローチ部分。
ロングレール(?)に小田急の登戸‐遊園3線化でも使われた道床(なんて言うの?w)を用い、
立派な線路となっています。きっと滑るように通過するんだろうなぁ。

IMGP2285.jpg
暫くすると8500系T6編成が通過。
長電入線後しばらくはT5編成と共に限定運用が組まれていましたが、
限定解除されたのかT5.6共に運用に入っていました。
久々にT6見たけど、やっぱなんか間抜け…w

IMGP2288.jpg
そういや、中古でレンズを1本買いましてね。
PENTAX純正smc PENTAX-DA 18-55mm F3.5-5.6ALを。
今までフィルム用のPENTAX純正28-70mmを使っていたのですが、
やはり広角側がもう少し欲しくなり安かったこともあり衝動買いw
軽いし使い勝手もよくいい買い物でした。

いったん家に帰り、夕方再び長電沿線へ。
IMGP2314.jpg
青い空!りんご!
新レンズも装着したことだし、前々から撮りたかった構図で。
顔の右半分に電柱の陰が掛ったのが残念。まだ日も長いので来週以降リベンジ。

IMGP2317.jpg
先に書いた通り通常運用復帰のT5編成。
やっぱT5とT6は足が速い…田園都市線ばりの爆音も健在。

IMGP2318.jpg
鯨クン。
ステンレス車体は周りの色が写りこむので、晴れの日に撮ると綺麗ですよね。
ステンレス車を嫌う人多いけど、俺は悪くないと思う。

| 長野電鉄 | 20:16 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

N102

昨日は運用に入っていなかった検査明け間もないN102編成。

午前中買い物ついでに長総の留置線を見るとN103が留置。
3323M送り込みがN101だったので、3324Mで長野にやってくる…と。
IMGP2262.jpg
午前中の長野は雨降り。
ちょうど3323M送り込みが長総を出庫した頃が降りのピーク。
その後昼前にはやんだので、チャリンコで長野駅へ。

IMGP2281.jpg
IMGP2276.jpg
N102キター!!!
天気が良くなったので沿線で撮っても良かったけど、
検査明けのきれいな姿を撮りたいのと、7番線のそば(昨日も食った)が食べたくて長野駅へw
塗装面が艶々で輝いとります。

IMGP2278.jpg
Tc189-9が全検、残り5両は18-3に全検通しているので要検のみ。
長野車は走行を重ねるうちに妻面や車体側面がえらく汚れてくるので、
検査表記を見るのも今のうちw

IMGP2279.jpg
ナンバーも磨かれ輝くクハ189-9の文字。
14年全検の車が立て続けに入場しているので、N103も年内に入場か…?

新幹線開業までは現状維持なのかどうなるのかは分かりませんが、
しばらくは189系あさま色の活躍が見られそうです。

| 183・189系 | 19:59 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

非冷房の旅

ちょいと遠出出来ない状況なもんで、今日は近場をウロウロ。
車は一切使わず炎天下チャリンコで移動。
久々に長野市街地を自転車で悠々と走ってきたけど、
高校の時みたく路線バス軽々ぶち抜くような走りは出来なくなったぜ…w

午前中は先日ネタに挙げた模型屋へ。
やっぱKATOのストラクチャーは長野の東京堂がモデルとの事。
製品化させてくれと許可受けにやって来たとか>中の人
店のおじさんと話しこんで、気づいたらワム80000の2両セット買ってしもうたw

その後は長野駅で汗ダラダラかきながら(w)7番線の天ぷらそばをすすり、
13:17分のしな鉄小諸行に乗って屋代へ。
IMGP2215.jpg
存続問題が浮上してきた長電屋代線。
東屋代から先、須坂までの区間が未乗のままだったので乗ってきました。
屋代線に乗るのは何年振りだろうか、しな鉄の屋代高校前ができる前、
東屋代に委託のおばちゃん駅員がいた頃だから10年近く前か…

IMGP2216.jpg
木造の屋根に待合室。同じ屋代でもしな鉄とは全く別世界のような雰囲気。
そこで発車を待つのは3500系O5編成。
乗り換え時間4分しかなかったのでJR→しな鉄の切符のまま乗車。

冷房化が進んだ長野電鉄ですが、屋代線のワンマン仕様O編成は非冷房のまま。
車内は営団のSマークがついたままのファンデリアがブンブン回っているけど、
熱風が噴き出しているだけで余計暑い罠w
IMGP2222.jpg

列車は定時に屋代発車。乗客は自分を入れて5名。
下段が5cm位しか開かない窓をあけると走行中は風が入ってきて少しだけ涼しい。
乗降0の駅もあれば、1人2人と乗り込んでくる駅もある。
メインはやはり高校生かお年寄り。よくあるローカル線の光景そのまま。
この屋代線、ローカル線とは程遠いぶっ飛ばし方(70km位は出てるか)するんで、
激しい揺れと短尺レールの小刻みなジョイント音もあり体感速度倍増w
景色は単調、むしろ高速道路に沿って線路が伸びているので、
高速から見える光景と何ら変わらないのですが、電車から見るとちょっと新鮮か・・・な。

最終的には20名ほどの乗客を乗せて終点須坂に到着。
屋代から約40分。最初は茹だる暑さだった車内も須坂に着く頃には体も慣れた。
須坂から乗った3500系N編成の貧弱冷房でも十分冷えてると感じる位だしねw

JR長野駅からノーラッチで長電長野駅まで戻ってきたので、
屋代からの料金1130円を長野駅で精算。
屋代からの料金を精算する人なんかいないだろうなぁ…

長野駅発長野駅着の旅、接続さえよければ1時間半ほどで1周できるのでおススメです。

| 長野電鉄 | 21:38 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

半休取った

もうなんか嫌んなって今日は急きょ午後に半休取得。
ちょうどアパートのガス点検立ち会いもあったし、荷物も届く予定だったし。

13時半には全ての予定が終わったので、長野に戻りがてら信越線で妙高を撮影。
荷物をまとめて14時に上越を出発。
この時間だと二本木界隈で短時間で妙高7号と8号が撮れるので、
これと言って撮影場所も決めずに適当に二本木方面へ。

ぼんやり頭に浮かんだ場所へ。
IMGP2133.jpg
二本木-関山間を快走して行くN103編成の妙高8号。
地形図や航空写真を見て何となく撮れそうだなぁと思っていた場所ですが、
良い具合に撮影出来て一安心。まだ地図読み取り能力に衰えなし…とww

IMGP2138.jpg
緑の中を走り抜けゆく緑の妙高♪w

8号撮影後は7号を撮影するために更に長野方面へ。
片貝辺りで撮影しようかなと思っていたけど道1本逃してしまい、
Uターンがめんどくさくなってそのまま関山方面へ。
IMGP2146.jpg
適当に走っていても撮れる場所が見つかるもんですね。
ここで直江津行の8号をお迎え。
列車が接近し、ファインダー越しにきれいな車体の189系が見えたので、
N101かなぁと思ってたら検査出場間もないN102編成。
随分と塗装が荒れていたN102ですが見違えるほどきれいになって出場。
Tc189-9が全検、残り5両は要検の模様。

撮影後は妙高にある祖父のお墓参りをして長野へ。
N102が折り返してくる妙高9号が19:22長野着なので、
軽く夕飯を食べて夜の長野駅へ。
IMGP2153.jpg
5番に入るのできれいにバルブできるかと思いきや、しなのの存在をど忘れしていた件。

IMGP2157.jpg
妙高10号は編成の差し替えなくN103続投。
この時間帯の長野駅は189系が2本いるので楽しいね。

さて、明日もN102は運用に入るのかね。

| 183・189系 | 23:13 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

模型屋

別に欲しいものがあるわけじゃないのに模型屋に顔を出すことがあるのですが、
そこでKATOの新しいストラクチャーが目につく。

kanban_bldg_m_2_ori.jpg
看板建築商店シリーズの1つ。
モルタルのちょっと洒落た外見の模型屋という設定。


長野市界隈に住んでいて模型やってる人なら見覚えあるよね、この佇まい。

IMGP2097.jpg
長野市後町にある東京堂模型店。
どう見てもモデルになったのはこの店だよね??

KATOのストラクチャーではバスの車庫が川バスの新町営業所だったりと、
長野の物件がモデルになっているのは2つ目。
もしかしたら他のストラクチャーでも長野の物件があるかも…??
模型のストラクチャーと言うと、「いかにもありそう」な汎用的なデザインのモノが多いですが、
最近のモノは実物をモデルに緻密に作りこんでくるので驚きます。

模型を始めた頃は親父に連れられて何度も行ったこの模型屋だけど、
やはり定価売りだと足が遠のいてしまい、ここ何年も行ってないなぁ…
一見無口そうだけどよくしゃべる明るい爺さんは今も健在だろうか。

| てつどう | 22:49 | comments:11 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

209系房総仕様回送

昨日長総の留置線で転がっていた209系房総仕様。
早くも本日早朝に長野を発ち津田沼へ運ばれて行きました。

まぁ深夜までベッドで横になってラジオなんか聞いて爆笑こいてたもんで、
目覚めたら6時半過ぎ。
半ばどうでもよくなってゆっくり朝飯のカレーなんか頬張ってたけど、
途中で長時間停車が多くあるのを思い出して7時半出発。
ガソリンを入れて篠ノ井線の田沢まで行くことに。

田沢には8時半過ぎに到着。
側線にいました。
IMGP2098.jpg
青と黄色の帯を巻いた209系。
スカートは小田急3000形に匹敵するごっついモノを取り付け。
こうして見る限り、方向幕はLEDに換装してあるようです。
フルカラーか3色LEDかは不明。
113系は方向別に幕のベース色が異なっていましたが、
209系はどうやって表示するのかな?

IMGP2105.jpg
先頭はこの手の回送で鉄板の双頭連結器搭載のEF64-1030。
EF63を彷彿させる複雑な連結器周りに思わず萌えてしまう訳で…w

んでは各車両を。
IMGP2099.jpg
クハ209-2141
運転台は時刻表挿しが追加されていますね。
車内はセミクロスシート。窓1枚に対し1組のクロスシートが並んでます。

IMGP2100.jpg
モハ209-2169
車内はロングシート。パンタグラフは従来のモノと変わりない…と思う。

IMGP2101.jpg
モハ208-2169
モハ209と同じく車内はロングシートで、車内はトイレが新設されています。
床下機器も更新で別モノが搭載されているようですが、機械は弱いのでパスw

IMGP2103.jpg
クハ208-2141
言うまでもなく保安装置はATCからATS-P,Snに。

IMGP2110.jpg
115系と並んで。
さて、この209系で113系が次々と置き換えられていくわけですが、
長野の115系はどうなるのか気になるところです。
房総の211系がやってくるなんて話もありますしね。

| てつどう | 20:23 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

続・209系房総仕様

1244939407-MA350066.jpg
1244939405-MA350064.jpg
先ほど津田沼に向けて田沢発車。

クハはセミクロス、モハはロング。トイレはモハに設置

| ネタ | 09:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

209系房総仕様

今日の午前中、ちょいと買い物しに長総近くのホームセンターへ。
ついでに陸橋から留置線を見てみると…
IMGP2074.jpg
お・・・?

IMGP2078.jpg
209系だけど強化型の厳ついスカートに分割併合を考慮してか電連設置。

IMGP2077.jpg
千葉の211系と同じ黄色と青のラインカラー。
近々出場するとか噂されている209系房総仕様が出場していました。
構内にEF64-0の姿は見えたけど、廃車回送等で使われるEF64-1000の
姿は見えなかったので、来週あたりに関東方面へ回送されるのかな。
209系に黄と青の帯、結構似合ってるなぁ。

IMGP2076.jpg
洗車中。

| 長野総合車両センター | 18:58 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今日の長総

ここ最近サボり気味だった長総レポート。
近くまで行ったのでちょいと様子を見てきました。

IMGP2060.jpg
IMGP2064.jpg
IMGP2065.jpg
相変わらず209系のクハだらけの廃車置場。
最近は10連で送り込まれてきた209系のモハと編成を組んで、
関東や東北へ運ばれていく車両があり、転属に向けて着々と準備は進んでいる模様。
クハやモハは再利用されるけど、サハや6ダァ車は解体されているようです。
解体線には6ダァ車がスタンバイ中。

209系のクハに混ざって205系のモハユニットが放置されていましたが、
さてコイツは廃車なのかね?武蔵野線のモハですが車番は不明。

オマケ
IMGP2061.jpg
今日の3328MはN101。
ここ最近は連続して運用についています。

IMGP2067.jpg
オマケのおまけ。
228レは2000系D編成。
ちょっと傾き始めた太陽に照らされたリンゴ色が綺麗。

はぁ、週末ってあっという間に終わるなぁ…

| 長野総合車両センター | 20:43 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

秩父鉄道2

昨日の続き。

前回は通勤形をメインにうpしたので、今回は貨物やSLを。

秩父鉄道と言えば私鉄では珍しくなった貨物列車が多数走っています。
山から熊谷のセメント工場まで石灰岩を輸送するのがメインで、
秩父に詳しいバイト先の先輩曰く、営業列車より貨物の方が多い時間もあるとかないとか・・・
IMGP2032.jpg
デキ500型505号機先頭の貨物。
黒いホッパー車ヲキ100を20両も連ねている姿は圧巻。
秩父の山から下りてきた貨物は写真のように石灰岩満載。

IMGP2035.jpg
[。 ̄ □  ̄。]
最後尾には妙な顔つきのヲキフ100が。
JRで言うコキフ等と同じく車掌車付きの貨車。

IMGP2044.jpg
秩父鉄道は貨物以外にもSLが走っている地方私鉄で有名。
都心から一番近い定期的に乗れるSL場所でもあります。
全国でもC58を見られるのは秩父鉄道だけで、深緑に塗られた12系4連を連ねています。
平坦区間かつ副本線を通過する大麻生駅で撮影したので、煙はゼロw
どうせなら煙を吐いてこう配を登って行く午前中の便を撮影したいなぁ。

では、長総レポートならぬ、秩鉄広瀬川原車庫レポートw
IMGP2036.jpg
構内で休憩中のデキ300型。
2年くらい前にマイクロエースでモデル化された秩父鉄道のデキはこいつ。
モデル化間もないころに関東圏じゃ品切れだから長野で探してきて、
と勤務駅の主任に言われて探したけど、結局長野も瞬殺だったなぁ…。

IMGP2037.jpg
太平洋セメントのホキ10000と東急8500系部品取り車。
ホキ10000は武蔵野線で浜川崎方面へ向かう貨物で何度も見たなぁ。
部品取りは長電と同じく中間車2両。
長電のように妙な仮台車に履き替えられたりはしていませんでしたw

IMGP2038.jpg
貨車と腐りかけた12系、そして元都営6000系。
12系に元都営いずれも部品取りの模様。
工場の無架線地帯ってのはちょっと見てみると楽しいもんです。

行き当たりばったりで短時間訪問をしてきた秩父鉄道ですが、
非常に興味深い私鉄で近々再訪したいと思います。
元101系、貨物にSL、1日じっくりかけて撮影したら楽しいだろうね。

| 地方私鉄 | 20:34 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

秩父鉄道

土曜日は何の計画もなく埼玉県方面へドライブ。

とりあえず入間にあるアウトレットに行こうと言う話になり、
それならついでに秩父鉄道を見ていくことに。
(随分と遠回りしながら入間へ向かったよなぁ…w)

関越道を花園ICで降り、それなりに電車がいそうという理由だけで寄居駅へ。
寄居は東武東上線、秩父鉄道、八高線の3路線が通っている駅で、比較的規模の大きい駅。
駅周辺で撮影できそうなポイントを探したけど、これと言っていい場所がないので、
寄居駅の熊谷寄りにあるオーバーパスから無理矢理撮影開始。
IMGP2021.jpg
IMGP2022_20090607011231.jpg
架線がかかっているけど気にしない。
元国鉄101系の1000系。
JRからは南武支線を最後に引退した101系ですが、秩父鉄道ではまだ主役。
1枚目のオリジナル塗装がメインですが、一部は国鉄時代の塗装に戻されています。
2枚目はリバイバル塗装の1つ、総武線や鶴見線で見られたカナリアイエロー。
2パン改造、冷房設置はされているけど雰囲気は鶴見線w

ちょっと移動して大前田駅へ。
IMGP2024.jpg
こちらは中央線や武蔵野線で見られたオレンジバーミリオン。
言うまでもなく中央線や武蔵野線で101系が現役だった頃は知りませんw

IMGP2028_20090607011716.jpg
先頭は冷房改造を受けていますが中間車は非冷房のまま。
夏場は真ん中の車両避けて乗る人が多そうです。

さらに熊谷方面へ向かい広瀬川原にある車庫を眺めつつ大麻生駅へ。
IMGP2051.jpg
なんか見慣れない塗装の1000系が…
国鉄時代のカラーリングではなく秩父鉄道オリジナル塗装。
これはこれで似合っているね。
これ以外にも、スカイブルー、ウグイス&黄帯(関西仕様)もいるので、
いずれ全色撮影しに再度訪問してみようかな。
仙石線で見慣れたスカイブルーはぜひじっくり撮影したいところです。
…仙石線で101系は走っていなかったけどね。

1000系の他にも元都営三田線の5000系もいます。
IMGP2058.jpg
長電と同じく都市型ワンマンで運行している秩父鉄道。
運転士がドアを開け閉めし切符は駅員が回収。

長電と同じく東急8500系を導入した秩父鉄道ですが、今日は巡り合えず。
長電のT6編成よりおかしな顔した8500系を見てみたかったのに…w

次回、貨物やSL、広瀬川原の様子でもうpします。

| 地方私鉄 | 01:26 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Play back2003~御開帳~

DSC00095.jpg
HDDひっくり返してたら6年前の御開帳時の写真が出てきたのでうp。

6年前、2003年って言ったら受かった大学蹴っ飛ばして、
予備校行くフリして模型屋巡りしてた年だっけw
前回の御開帳は新幹線開業後初の御開帳と言う事で、
過去最高の628万人が善光寺までやって来た回でもあります。
今年はそれを軽く凌ぐ673万人だって言うから驚きです。

6年前も御開帳輸送の主役を担っていたのは各バス会社。
DSC00063.jpg
今年ほどではないけどシャトルバスの運行、路線バス増便などで対応。
インフィオラータラッピングもつい最近のような気がしていたけど、既に6年も前のラッピング。

DSC00088.jpg
しな鉄も特製ヘッドマークを取りつけて運行。
今年も臨時快速を走らせましたが撮影はできず。

DSC00102.jpg
急行赤倉の再来かと思わせる新潟‐長野間の臨時快速とがくし。
引退迫ったカヌの165系が使用されました。
その後、中越沖地震で新潟‐長野直通の臨時快速が運転されたりしましたが、
この先長野から新潟へ直通する列車が運行される日は来るかね…?

fd27.jpg
ムーンライト信州97号送り込み回送。
新宿-長野間ではML信州97号が運転されました。
それなりの需要はあったかと思いますが、長野直通のML信州はこの時限り。
今年は高速1,000円の影響もあってか臨時列車が少なかったですね。

18d0.jpg
長電は2000系に特製HMを掲げて運行。
今年はHMを付ける車両はなく、ゆけむりが善光寺下臨停しました。
うん、塗装が懐かしいw

a1cd.jpg
善光寺さんは変わらず堂々とした佇まい。
前回は回向柱に触れるのもそう苦にならなかったような気がするけど、
今年の回向柱待ちの列はびっくらこいたわ…
予備校抜け出して触れに行ったっけなぁ
「さっさと予備校行かない日が来ますように!」って何度も何度もw

6年後、また今回の御開帳を振り返る機会があればやろうかね。
6年後もここやってるか知らんけどw

| Play back | 23:11 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

2009年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年07月