ずくなし

「ずく」が無いので庭を走る長野電鉄、183・9系以外あまり出てこないらしい。

2009年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年01月

≫ EDIT

年末

この記事はブロとものみ閲覧できます
ブロとも申請

| 未分類 | 23:15 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

N'EX

落ち着いてきたし久々に長総へ。

先日成田エクスプレスの253系が9連ばかし長野送りにされたとのことで、
ちょいと午後に様子を見てきました。

IMGP4606.jpg
253系は成田空港へのアクセスに特化した車両。
飛行機をイメージした側面のロゴ、斬新な内外装、カラーリングを
ふんだんに取り入れた253系は数ある東日本の特急の中でも一際目立つ存在。
デビューから19年経つ今も色褪せた感はありません。

IMGP4607.jpg
先頭は貫通型となっていて最短3連、最大12連まで柔軟に組成可能。
柔軟さを十二分に発揮するよう首都圏の主要都市から列車が設定され、
東京で連結して成田へかっ飛ぶというダイヤはうまく定着したようです。

総武線では130km/hで警戒にかっ飛んでいたN'EXもスカ線上では鈍足ダイヤで、
しばしば京急の快特に軽々とぶち抜かれあれこれとネタにされることも…

IMGP4608_20091227201727.jpg
NRTへのアクセス改善の功労者とも言えそうな253系も、
後継車の登場によりこうして長野に送られてくる時代に。
JR化後にデビューした車両はある用途に特化した車両が多くなり、
後継車登場と共に他に転用されず引退するケースが目立ちます。
汎用性を持たせた国鉄型が長寿なのも納得です。

IMGP4631.jpg
ここは大船か、横浜か、品川か…?
千葉を追われた車両とこれから千葉に向かう車両たち、
縁もゆかりもない長野の地で何を思う。

209系は全車引退からのどんでん返しで113系の置き換えに回りました。
253系についてはこのまま引退して行くのか、はたまた209系のように
どこか第2の活躍の場を得る事が出来るのか気になるところです。

| 長野総合車両センター | 20:31 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

赤バス

来年2010年で創立90周年を迎える松本電気鉄道。
川バス80周年の時と同じように、松電でも90周年を記念して
何か起きるかなぁ~と思っていたら県内でも希少になってきた
モノコックボディの旧形バス(480号車)を過去の塗装に戻すとな!

数週間前から松本市内で走り始めていたようですが、
北営業所でお披露目会が模様されたので行ってみました。
…今日がお披露目会っての昼前まですっかり忘れていたわけですがw

暇してそうなゴリちゃんを車に乗せて一路松本へ。
この週末から年末にかけては高速道路がETC1000円適用外なので、
いつもより空いていて(と言うかこれが本来の長野道という説も)走りやすい。
小一時間ほどで田沢にある北営業所に到着。
現地ではすでに「いるだろうなぁ」と思っていた方々に遭遇w
皆様お疲れ様でした。

480号車はブルドックの愛称がついた1984年式の三菱MP118M。
bac4.jpg
アルピコグループで唯一の存在となったモノコックボディ車。
84年式と言うこともありいつ廃車になってもおかしくない1台でしたが、
予備的な存在で生き延びていました。

そして…
IMGP4589.jpgIMGP4593.jpg
IMGP4594.jpg
見事に赤バスが復活となりました。
ちなみに赤バスの現物を見るのは初めて。
フロントに付いた三菱ふそうのエンブレムがとても誇らしげ。
川バスの復活塗装の時もCQA500にはいすゞのエンブレムが取り付けられるなど、
細かいところまで手を入れてくれるアルピコはさすがです。

IMGP4598.jpg
よく似合っています。
赤バスもフロントの塗り分けが2種類あり、今回再現された金太郎塗りとは別に、
赤と紺のラインが横一直線になっている簡易塗装(?)もあったようです。
分かりやすく言うと80系と165系の違いみたいな…?

赤バス以外にも路線車が2代展示されていましたが、
赤バスになったMP118が三菱車なのでそれに合わせる形なのか他の2台も三菱車。
IMGP4587.jpg
元大阪市営の10540号車エアロスターK。
角形ライト、バンパーにフォグ無、ナンバー取り付け位置が独特な1台。
ナンバーとフォグ無のせいかどうも締りのない顔つきに見えてしまいます。

IMGP4600.jpg
川バスにもやってきた元横浜市営の新エアロスター。
三菱の路線車はこの形が一番整った顔つきで好きです。

IMGP4601.jpg
新旧三菱路線車の並び。

グッズや部品の販売もあり部品は灰皿から降車ボタン、
車内放送のテープが格安で多数出ていて、幕も1本1000円。
バカみたいに高騰してかつ殺伐としている鉄道関連とは大違い。
ほのぼのと参加できる環境はバスならではなのかな…?

90周年ということでこれからも様々なイベントがありそうですね。
他にもイベントがあればぜひ参加したいところ。 

| バス | 00:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

仙台に行ってきた

滞在時間約3時間w

19日土曜日、85分遅れの能登で上野に到着し、土日きっぷの活用法を探る。

既に7時半近くだったのでそのまま新宿に行けばホリデー快速河口湖に間に合う、
小田原での500系のぞみは余裕で間に合う…

さてどうしようかと東北新幹線の案内を見ると「はやて・こまち3号」の文字が。
試しにMVで指定席を叩いてみるとはやてもこまちも指定席には余裕あり。

気付いたらこまちの12号車指定券が吐き出されていました。

と言うことで、19年ぶりにかつて住んでいた仙台へ向かうことに。
はやて・こまちなので有無を言わさずE3系+E2系がやってくるわけですが、
やはり東北新幹線=緑色の200系のイメージが強く残っています。
那須塩原を越すと雪が舞い始め、郡山や福島では一面銀世界。
そんな中でもさすが東北最速コンビなだけあり1時間30分ほどで仙台到着。
さすがです。

…長町機関区が跡形もなくなっててまずそこでコケたぜ…

仙台に着いてまず目にしておきたかったのがこれ。
IMGP4511.jpg
伊達政宗のステンドグラス。
仙台駅で待ち合わせ場所と言ったらここにする人多いくらい目立ちます。
名物も変わることなく健在でなにより。

そして西口に出てみる。
IMGP4536.jpg
駅前の店はガラッと変わってしまい、鉄道模型のレイアウトがあったエンドーチェーンなどは
店の名前が変わっていてもう何がなんだかさっぱりw
でも、駅舎は大きく姿を変えることなく当時の記憶とどんぴしゃ。
SEIKOのでかい時計も健在でした。

西口は記憶の欠片と合致する部分が非常に多く、懐かしい気分になりましたが、
迷子になるかと思ったのが反対側の東口。
当時の東口と言えば仙石線のホームがあり、駅前広場は再開発の途中。
サシ581を再利用したレストランなんか立ち並ぶ長閑な雰囲気でした。
が、仙石線はどっか行っちゃうしサシ581のレストランなんか跡形もなし、
ヨドバシやら複合ビルやらもはや知っている仙台とは別世界w
IMGP4515.jpg
行方不明の仙石線はあおば通りまで路線が延長になり、陸前原ノ町までは地下になっていました。
そりゃ東口のどこを探しても、あのいかにも元私鉄と言った雰囲気の線路が見つからない訳です。
せっかくなのであおば通りから小鶴新田行きの各停に乗る。

IMGP4516.jpg
20年前は青い103系と派手な105系が行き来していた仙石線。
首都圏のお古であることは変わりないけど車両はトイレ付の205系に。
2wayシート車なんてのもあり、石巻方先頭はクロスとロング切替が可能。
ちなみに、当時は小鶴新田なんて駅は無く車庫も陸前原ノ町にありました。

IMGP4532.jpg
小鶴新田にて。
205系になっても基本的なラインカラーはブルー。
…先頭改造の205系、小田急3000形にそっくりだよなぁ~…

再び仙石線であおば通りに戻り、仙台市営地下鉄で勾当台公園へ。
市営地下鉄はホームドアが設置された以外は変わってなかったなぁ。
料金が高いのも相変わらずですw

IMGP4537.jpg
よく使ったバス停。
20年前までこの県庁に市役所と役所が密集したこの地に住んでいました。
仙台市営バスと宮城交通のバスがひっきりになしにやってきて、
今のバス好きはここから始まったんじゃないかとw
住んでいた家も外をリフォームしてまだ残っていて驚く。
…住んでいた当時ですでにぼろかったのにw

仙台駅までの帰りは仙台市営バスを利用。
今流行りの(?)中心市街地は運賃100円均一になっていて、
地下鉄より気軽に使えるようになっていました。
IMGP4523_20091223003058.jpg
仙台市営バス。バスの色は変わらず。

夕方に町田で忘年会があったので午前中で仙台を後にする。
昼飯は牛タン弁当の味噌味を買い込み、帰りもはやて・こまちの指定を確保。
はや・こまなら有無を言わさずこまち側の一点買いですよねw

新幹線ホームにて。
IMGP4542.jpg
色は変われど今も現役の200系。
既に400系の廃車が始まっているのに現役バリバリの200系。
新幹線の中では一番の長寿ではないでしょうか。

IMGP4549.jpg
まるで20年前の自分を見ているかのような光景。
親との散歩と言えば勾当台公園か一番町、そして仙台駅。
結果、20年後にはこんなダメな大人になってしまいました。

たった3時間の仙台旅行、懐かしさと新鮮さが入り乱れていて十分楽しめました。
次はゆっくりと気仙沼で海鮮を食べて松島でラッコを見たい!

| てつどう | 00:39 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

急行能登に乗ってきた

前回能登に乗ろうとしたのは今年2月のこの時
荒れ狂う日本海の強風で北陸本線~信越線の夜行が全滅してしまい、
189系C2編成最後の乗車チャンスを逃した時。

それから上京するにも長野から高速バスだったりマイカーだったりと、
能登に乗る機会はないまま時が過ぎていきました。
そんな折、神奈川の方から毎度お馴染み忘年会強制参加のお知らせが来たんで、
茄子もそこそこ出たことだし、能登に乗って上京することに。

金曜も雪が降り続き雷が鳴るわ風は強いわで、これじゃ能登もダメかと諦めつつも、
仕事上がりで土日きっぷを買いに直江津駅へ。

駅員に能登の事を問うと「今のところウヤではない、けど最悪の事態も…」とのこと。
とりあえず土日きっぷは金曜までしか購入できないので確保、
後は家に帰ってJRの運行情報と壺掲示板に張り付くw
23:30を回ってもウヤの情報が出てこなかったので家を出ると、
相変わらず強風で雪が暴れまわっている。。。

駅に着くと列車案内表示がおかしく、23:02発の舞浜行き団臨、
23:56の日本海がまだ到着すらしていない模様。
やはり荒れた天気のせいで夜行列車は軒並み大幅な遅延が出ているとのこと。

乗る予定の能登は70分遅れらしい。

遅れてはいるけどウヤではないのなら無問題。
待合室で駅員から「お詫び」ともらったお茶を飲みながら能登を待つ。
1:40頃、通常ダイヤなら能登の後追いになる北陸が直江津先着。
その後をぴったり追ううように1:50頃に能登が直江津に到着。
きれいに直江津で2列車が並んだもんで、どこからともなくカメラ抱えた人が来て、
雪が吹き付ける先頭部分は撮影会状態。
だけど、寒いし眠いわで写真なんぞ撮らず早々に車内へ逃げ込む。

眠れないどーしよーもない事態に備え半室がラウンジになっている6号車を選択。
10分ほど直江津で止まり北陸よりも先に発車して行きました。

空いているのでシートを回してボックス状態にして就寝体制確保。
向かいのシートに足を投げ出し、L字になって寝るパターン。
自由席かつ直江津を出ると高崎まで誰も乗り降りしない能登だから出来る技で、
全席指定のML信州だと使えないんだな、これが。

早々横になり、柿崎付近までは記憶があるけどいつの間にか落ちた模様。
ムーンライト信州は189系にサロ以外減光機能がなく、
いつまでたっても煌々と室内灯が灯っていましたが能登は減光状態。
やはり減光の有無と完全に横になれるのはでかい!

所々目を覚ますこともなく気付けば外は明るくさいたま新都心を通過する所。
夜行でここまで熟睡も珍しく余ほど疲れていたのか…?
目覚めもすっきりした目覚めじゃなく、寝返りも打てずL字でひたすら寝ていて、
ついに腰が悲鳴を上げたせいだと思う…やだね、もう。

結局、ラウンジに顔を出す事も夜の上越線を満喫することもなく
関東入りしてしまい、少々もったいない事をしたか・・・!?w

約80分遅れでしたが能登は無事に上野駅に到着。
IMGP4500.jpg
うっすら雪化粧した能登、いつもの16番線ではなく15番線着。
噂の定期撤退はJRより正式なアナウンスが出され、来春からは臨時列車化とのこと。
「臨時急行」として残るようなので、能登の名前は残るのかな。
車両はこのまま489系が残るのか新潟の485系6連を借りてくるのか…

IMGP4493.jpg
私鉄好きからすりゃ、「急行」って種別はごく当たり前の種別ですが、
有料急行として見ると全国でも数少ない存在に。
雨樋も赤くないと何となく締りが無いように見えるんだよな…

IMGP4508.jpg
この日の能登は結構人が乗っていたような気がする。
指定とレディース化ーが殆ど埋まっていたしね。
でもトータルで9両じゃオーバー気味な感じ。
実際に6号車は自分含め4人しか乗ってなかったし…

次回乗る機会があれば、寝ずに夜の上越国境を楽しんでみたいと思う。

| てつどう | 01:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

19年振り

20091219110456
19年振りにこの地にやってきました。

懐かしいと言うより新鮮。
変わってないのは駅舎とバスの色くらい。

| ネタ | 11:02 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

能登が来ない

悪天候で上野行き能登は70分延だとか。

運転してるだけありがたいけど、勢いで行こうとしていた仙台は無理だなぁ…

さて、昼間どうしようかな。
ホリデー快速河口湖に間に合うか、それもダメなら小田原で500系のぞみか。

| てつどう | 00:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

能登

今年の2月かね。
IMGP1524_20091216002714.jpg
土日きっぷ使って上京するのにわざわざ急行能登の指定席取ったら、
日本海側の強風で夜行が全滅したの。
あれからいつか能登に乗ろう乗ろう…と思っているうちに来年3月改正で定期廃止だとか…

KATOが能登を製品化したのは何かのフラグだったんじゃないかと?w

ということでこの週末は土日きっぷで直江津から能登に乗って上京。
能登で上野に到着後はどうしようか模索中。
せっかくの土日きっぷだし有効に使わねば。

・上野で北陸まで撮って高崎線に乗って赤羽でフェアーウェイに乗り換え、
黒磯まで485系でのんびり、その後は那須塩原辺りで東北新幹線でも撮影

・いっそのこと20年ぶりに仙台まで行ってその変貌っぷりに驚き卒倒して帰ってくる

・新宿からホリデー快速河口湖に乗って大月まで。後は適当に115系やらあずさやら撮影

・踊り子で小田原まで行き、小田原で500系のぞみ撮影

夕方は町田で予定があるので時間があるようで無い罠。

仙台に行っても午前中いっぱいは時間があるので、
昔住んでいた家辺りまでは散策できそうかもしれないけど、
どうせ行くのならゆっくり行きたいし…
というか、これから仙台まで行く機会が増えそうだし…w

とりあえずフェアーウェイかホリ快のどちらかで検討中。
東武直通の189系でもいいか!と思ったんだけど、
大宮の次の停車駅って既に東武線内に入ってるんだね。
改めて時刻表見て気付きましたわ~・・・

IMGP1526_20091216003441.jpg
正統派「サロ」をつなげた国鉄特急型もこの489系と185系位でしょうか。

IMGP1531_20091216003557.jpg
いっそのこと北陸っていう手もあったんだけどお金がないっていうね!
北陸も臨時化だとかで関東発着の夜行も年を追うごとに姿を消していきます。
夜行はもう流行らないのでしょうかね。
料金を考えればバスの方が絶対的に安いのでそちらに流れてしまうのもやむなしか。

| てつどう | 22:35 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

クリスマスラッピング

この週末。

上越線じゃ「とき」が走りましたが、気分的に遠出できる状況じゃないのと、
祖母宅で畑仕事の手伝いがありパス。
新前橋区公開で幕自体は絵に文字共に撮っているのでよし…

で、結局土曜は何もせず今日は近場でグダグダ。
駅前の本屋に立ち寄ったついでに久々にバスウォッチ。
先週あたりから川バス恒例のクリスマスラッピング車が走り始めました。

どの路線に入るか公開されていないので、ひたすら駅前で粘るしかないのです。
寒くて平安堂のデッキで突っ立っているのもつらくなってきたので、
もしや長野BTで昼寝しているかも…とバスターミナルへ歩いてみると…

IMGP4468.jpg
イター!!w
あっけなく(?)バスターミナルでクリスマスラッピング車を確保。
駅前で凍えながら30分待ったのは一体何だったんだw

13:00BT発の北屋島線運用で出庫して行きました。
IMGP4470.jpg
公式側、非公式側で異なったラッピングが施されているので、
駅前に先回りして再び平安堂のデッキへ。

IMGP4477.jpg
IMGP4481.jpg
今回ラッピングが施されたのは元都営の40290号車。
2002年ごろに40290~293の4台が都営からやってきましたが、
川バス初のAT車として注目されたバスでもありました。
ATと言っても機械式で車のATのようにスムーズに変速するものではなく、
体感的にはMT車のようにガチャガチャと変速していくAT。
加速と変速、音のすべてがシンクロしていないように感じてしまい、
乗っていて心地よい物ではなかったのが正直なところ…w

今回ラッピングされた40290号車はこのまま廃車となってしまうとのことです。

2000年前後に元都営のREや自社発注の非冷房車を次々と置き換えていった
80年代後半~90年代初期の車も置き替えの対象となる時期になったんですね。
新車かと思うほどきれいな姿で川バスにやってきたのも既に10年近く前の事か…

IMGP4466.jpg
なんとなく親近感が湧く40916号車(謎
次のバスコレでこいつがモデル化されますが、ラインナップがあまりにも…
相鉄やら横浜市営は堅いと思ってたんだけどなー…

IMGP4473.jpg
勢いに乗って今年も3台ハイブリッドを導入した長電バス。
都合6台のハイブリッドが長野市内線で活躍しています。
さすがに6台もいると乗るにも見るにも遭遇率が随分と上がり、
駅前ロータリーに2~3台いる様子も珍しくありません。

松電も同系のハイブリッドを松本市内に入れたようなので、
横展開で川バスも入れてこないかとちょいと期待b

| バス | 20:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

12月

気付いたら12月も10日目前だった罠。

先週は3日に京都出張、その足で4日東京出張。
日曜の夜に長野に戻る必要があったので、水曜の夜に長野へ移動し、
木曜の朝にしなの~東海道新幹線ルートで京都へ。
名古屋まで通しでしなのに乗るのは中学の修学旅行以来か。
「そのカーブにその速度で突っ込むの!?」といった
383系のアグレッシブな走りに改めて惚れた次第。

出張後はそのまま東京に残り週末遊び呆けてたもんで、
今週は昨日辺りまで疲労のせいで出だし不調w
普段回ってない頭がより一層回ってなくていけません。

これと言ってネタがあるわけじゃないんだけど、出張~東京滞在で
撮影したのをちょいと貼って寝ようかね。
P1000115.jpg
P1000112.jpg
帰り道、京都駅で時間が余ったので軽く見物。
485系改造の183系800番台。
基本的な顔つきは183系の0番台と共通だけど、
おでこのライトが残っていることや「クロハ」が存在するなど、
0番台や1000番台に慣れた者には183系というよりは485系。

P1000118.jpg
JR東日本管内からは仙石線を最後に消滅した103系。
西日本では奈良線から大阪環状線、阪和線などでまだまだ現役。
ドア閉まる時の「プシュッ!」って音久々に聞いたなぁ。

P1000126.jpg
顔が長すぎて撮れなかったN700系。
喫煙ルーム完備で非常に快適な新幹線。
小田原で降りる必要があったのでのぞみはパスし、
小田原停車のひかりをひたすら待った結果、来たのは300系。
偉く揺れて不安になったのは言うまでもなく…

P1000130.jpg
赤い小田急。
1000形4連のうち、何本かは新松田-箱根湯本間の区間運転用に封じ込められ、
登山線に合わせた赤いラッピングを纏っています。
人身などでダイヤがグダグダの時は何食わぬ顔して急行や快急の
新宿方にぶら下がってインター区間爆走しているようですが…

P1000129.jpg
4000形の急行新宿行き。
4060Fまで出そろったようで多摩急行などの千代直運用に加え、
快急や急行など地上線運用でもよく見るようになりました。

今回は実家のコンデジを強奪してきましたが、コンデジもなかなか使えますね。
走行する電車はコツがつかめず全く撮れませんでしたw

| 183・189系 | 23:31 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

2009年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年01月