ずくなし

「ずく」が無いので庭を走る長野電鉄、183・9系以外あまり出てこないらしい。

2009年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年02月

≫ EDIT

パスネット

長野駅前の平安堂で鉄道フェアなんたるイベントをやっていて、
友達との約束の前に小一時間ほどのぞいてみる事に。

内容は各雑誌のバックナンバーが少々、記念きっぷ、カード類、
そして鉄道模型やら本物の制帽まで陳列されている内容。
記念切符やカードが相当数並んでいて長電からJR、そして国鉄長野局まで多種多様。
どっからかき集めて来たのか不思議になる位並べてあって、
全部片っ端から見ていたら他の客に舌打ちされるぜ、あれ。

買い損ねたり買いに行くずくが無く入手できなかった記念Suicaなんかもあり、
これはラッキーと値札を見りゃ諭吉さんが手招きしてる罠。
全部きれいにデポジットしか残っていないし指くわえて終わり。

結局買ってきたのがパスネット。
IMGP5297_20100131205212.jpg
ペンギンやらロボットの進出によりお役御免となったカード。
関東の私鉄はこれ1枚でスイスイ乗れ、きっとお世話になった人も多いはず。
京急と小田急の記念パスネットが数枚出ていたので購入。でも全部0券w
どうせ残額があっても今使えないし絵柄で集めるのもありかな、と。

…どのカードも窓口処理機で全額一括処理だったり、券売機で券購入だったりと、
無理矢理0券にした痕跡があってちょっと苦笑。

ついでに家にたまっているパスネットをうp
IMGP5298.jpg
小田急沿線に住んでいながらパスネット購入数がダントツ1位の京急。
定期的に新柄のパスネットが出ていましたが、IC切替が見えてきた頃から
新柄が全く出てこなくなったりするも、なぜか京急で買ってしまう性は変わらず。。。
くるりの「赤い電車」、長井秀和の「間違いない!」柄は記念品ながら、
貧困に負けて全額きれいに使い切ってしまった代物。

IMGP5299.jpg
小田急、東急、その他諸々。
小田急はフラッグシップのロマンスカーがデザインされることが多く、HiSEやVSEが主役。
四季折々の風景が使われていたので、それが好きで買っている人もいたなぁ。
04年12月ダイヤ改正のパスネットは駅のポスターにもなったデザインで、
1000形、2000形そして3000形が並んだ姿がやけにかっこよく見えたもんです。

IMGP5300.jpg
面白みがないようで奥が深い共通柄。
各社で加盟会社の電車がずらっと並んだ共通柄を売っていました。
一見面白くなさそうに見えますが、年によっては加盟会社が増えていたり、
書かれている電車の形式が最新型になっていたりと、
小変更を繰り返しながらパスネット終焉まで発売されていた長寿柄。
メトロの路線図柄は0券後も財布に入れて使える便利な柄でしたw

他にもオレンジカード、イオカードの0券がゴロゴロしているので、
一度整理しなくちゃなぁと思うけど腰が重い…
スポンサーサイト

| てつどう | 21:07 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ECO Hybrid

新年に突入しバスも今年1発目の新規導入車がぼちぼち稼動を始めました。
目玉は川バスのハイブリッド車!
松電にも路線車が導入されていたので、いつぞや川バスにも横展開が
あるであろうと思っていたらやはり。と言ったところ。

IMGP5263.jpg
と、その前に2000系のA特代走を一発。
金曜夜も上越からすっ飛んできて休む間もなく小学校の友人と飲みに行き、
1時過ぎまでカラオケ何ぞをやっていて大寝坊。
結局信濃吉田-朝陽のそば工場横で9Aのみ撮影して終了。
やはりというか、PENTAXのデジは青が偉く鮮やかに出て良いのか悪いのか…?

IMGP5267.jpg
んで、ちょいと長野駅前まで移動してバスウォッチ開始。
長野市内の路線用として合計6台稼動している長電のハイブリッド。
6台もいると目撃率も高く乗る機会もかなり増えました。

IMGP5268.jpg
985号車が信号待ちしていると長野大通りを南下してくるアルピコカラーが1台…
屋根にはでかい箱を載せ、真っ白なボディが眩しいバスが。
…川バスのハイブリッドバスでした。
駅前の交差点で長電バスと一瞬並び、バスターミナル方面へ消えて行きました。
こう見ると長電も川バスも同形車を導入したように見えますな。

IMGP5274.jpg
41007号車がバスターミナル方面に消えていったので、
しばしバスターミナルで休憩かと思い徒歩で追跡。
まずは川バス初のハイブリッド車40186号車から。
上の41007号車とは同じ日のブルーリボンシティですが年式の違いで
細部が異なっています(空調、窓などなど…)

IMGP5285.jpg
んで、バスターミナルで昼寝をしている41007号車。
横には川バスの路線車では初採用となったノンステップのエルガ40900号車。
ノンステップ車なので車高が低くとてもかっこいいねw

IMGP5291.jpg
IMGP5293_20100130180517.jpg
公式側、真横から。
ハイブリッド車を示す表示は40186号車の「低公害車両」表示から変わり、
先に導入された松電のセレガハイブリッド等と同じECO Hybrid表示に。
乗車口にデカデカと書かれているのでアピール性も抜群!?

IMGP5290.jpg
元川崎鶴見臨港軍団。
最近川バスにこの形の中古入ってこなくなったなぁ…

で、夜はチョメチョメ会?ナンチャラ回(?)の新年会。
楽しい飲み会も時はあっという間に過ぎ1時半に帰宅。
参加した皆様お疲れ様でした、ありがとうございました。

| バス | 18:07 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今日の長総

昨日ゴリさんと松本行った帰り道は何を思ったか三才山と地蔵峠と
山を2つ越えて長野まで帰ってきたせいか、一日遠出する気力もなくグダグダと。

午前中はマイクロの小田急8000形のカプラーをKATOカプラー密連型に換装。
マイクロ製品は簡単に標準のアーノルドからKATOカプラーに換装が可能なので、
手元にある189系しおさい、183系M8あずさ辺りも順次手をつけていこうかな、と。

昼飯を食べて午後は車があまりにも汚いので近所のGSで
1ヵ月ぶりに洗車機にぶち込んできたわけですが、混んでいて洗車機30分待ち。
冬場はすぐドロドロになるし塩カルでシャシーやられちまうので、
誰もが晴れの休日に一気に洗車しにくるので大変ですわ…

で、GSからの帰り道。ちょっと長総だけ見てきたので数枚。
IMGP5248.jpg
先週に253系3連3本が追加で送り込まれてきたため、
今日現在で計5本の253系が長総で並んでいます。
中間に挟まれていたMcの貫通扉はやはり開いたまま。
まぁわざわざ貫通扉を閉める必要もないのでしょうか

IMGP5253.jpg
左側の253系には赤いほっぺたが…
遠くから撮影した時は気付きませんでしたが、近くに来て見て何ぞこれ?…と。
後部標識灯だと思うのですがシールを張り付けたパターンは初めて見たなぁ。

IMGP5251.jpg
207系900番台は解体線で解体作業の真っ最中。
日曜なので作業自体はお休み。

IMGP5256.jpg
京浜東北線の209系も今日がラストラン。
よく世話になった車両がまた一つ消えて行きました。

| 長野総合車両センター | 20:57 | comments:0 | trackbacks:1 | TOP↑

≫ EDIT

信州まつもと空港

今日は天気もよかったのでゴリさんの我儘に付き合って松本へ。
なんでも信州まつもと空港で飛行機を見たいとか!

そんなこんなで給油して一路松本へ向かう訳ですが、
ETCカードを持ってくるのを忘れ久々に料金所で通行券を受け取って高速へ。
料金所で一旦停止するの何年振りだろう…w

長野からノンストップで行けば約1時間ちょっとで信州まつもと空港に到着。
93年に信州博を行ったやまびこドームの真横にあります。
IMGP5148.jpg
信州まつもと空港のターミナルビル。
松電の路線バスも設定されていて、ちょうどHIMRの10776号車が発車待ち。
…空港と言うよりどこかの私鉄の駅みたいな佇まい

早速展望デッキに向かうと2000mの滑走路が1本。
滑走路は2000mの有効長があるものの標高やターニングパッドの関係で
飛べる機種もだいぶ制限されているんだとか(ゴリさん談)
IMGP5165.jpg
福岡発の便を待つまでの間、セスナ1機と長野県の防災ヘリが着陸。
今まで慌ただしく離着陸する羽田や成田でしか飛行機を見たことが無かったので、
この長閑さは物足りないというよりもなんだかとても心地よい。

IMGP5183.jpg
定刻なら14:55着の便が少々遅れてやってきました。
機材はダーボプロップのボンバルディアQ400。
MD-87がブンブン飛んでいた時は相当な騒音がしていた記憶がありますが、
静かに滑るような感覚でやってきたのは意外。

IMGP5206.jpg
ボンバルディア機っていうとややネガティブなイメージがあったりしますが、
スラッとしたデザインはとてもカッコいいなと。

IMGP5214.jpg
IMGP5216.jpg
よく見るとフロントが新幹線100系にも見えると言ってみたら、
ゴリさんに「ねぇよ!」と一蹴(´・ω・)
結構な乗客と貨物扱いで長閑な空港も賑わっていました。

IMGP5243.jpg
15:35松本発伊丹行きとして慌ただしく折り返していきました。
松本平は快晴でも山は曇ってしまいアルプスをバックに撮影は出来ず…
離陸もホントに静かで、Q400のQ=Quietであることを実感。

IMGP5245.jpg
今はJALの路線が飛んでいますが、来年よりFDAが担当することになりました。
どんな形であれ路線が維持されたのはうれしい事。
いまだこの空港を使う機会には恵まれずにいますが、
北海道や九州まで自宅から3時間以内で向えるのでいずれ使ってみようかな。
ただ、料金が高いのがちょっとネックだけど…

IMGP5246.jpg
オッと思ったあなたはバスマニアw
かつて信州まつもと空港まで長野や松本からアクセスバスが運行されていて、
側面のロゴも通常のHighland Expressから写真のAirport Shuttleになった
専用車両が投入されていました。
いつの間にかバス路線も廃止になり側面ロゴも消滅…
と思ったらパンフレットのラックで今も健在でした。

次はアルプスバックでQ400を狙いに行こうと思う。

| 飛行機 | 00:54 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

車内散策3~長野電鉄2000系~

さて、今更どんな車両云々説明するまでもない存在になってきた長電2000系。

昭和32年にA・Bの2編成を皮切りに昭和39年にD編成まで計4本が製造されました。
抑速制動に大出力モーター搭載で山ノ内線の勾配にも強く、
内外装共に特急として全く見劣りしない作りは、
当時の地方私鉄としてはとても画期的な車両であったかと思います。
ゆけむり投入後の今はすっかり裏方に回った感が強い同車ですが、
愛くるしい丸い顔、湘南スタイルの2枚窓などがウケて根強い人気車種となりました。

IMGP5147.jpg
長電特急の主役からは一歩退いた2000系ですが、今もAとDの2本が現役で活躍中。

車内は冷房化、窓のユニットサッシ化、壁の張り替えが行われていて、
ぱっと見た感じでは50年前の車両とは思えない作り。
IMGP5139.jpg
シートはNEXや京急2000形2ドア時代でもお馴染み集団見合式に配置。
ワンマン化まではシートの回転も可能でしたが、今はその機能は完全に殺された状態。
ドーム状になっている天井は極めて高くとても開放的。
小田急のVSEがドーム状の天井形態を採用したのも納得です。

IMGP5140.jpg
IMGP5141.jpg
シートは恐らくデビュー時のモノを手入れしながら使っていると思われます。
さすがに50年近く毎日のように利用されているもので、
座面はバネが完全にヘタってしまっている個体もあるなど経年を感じます。
今でこそ特急=リクライニングシートの時代となりましたが、
国鉄183系以前の特急は非リクライニングシートの所謂回転クロス装備。
それを思うと2000系は国鉄特急型に劣らぬ装備…と思っていいのかな。

IMGP5142.jpg
戸袋前の区画はロングシートになっていてざっと大人3人が座れる長さ。
かつて長電の特急も座席指定制を取っていたことがあり、
いざ窓口で指定された座席に向かったらロングシート区画だった…!
なんて事が日々繰り返されてたと思うと…迂闊にお弁当も買えません。

車内につり革はないものの、扉付近をロング配置にして朝夕のラッシュ時も
考慮した配置と考えれば妥当なのかもしれません。

運転台直後のシートは現在ボックスで固定されていますが、
元々は回転可能だったので京急2100形のように運転台側に向けて、
大きな2枚窓から前面展望を楽しむことも可能でした。

IMGP5145.jpg
最近の車両とは異なり各パーツは丸みを帯びていて、
網棚末端部ひとつとってもとてもオシャレな仕上げになっています。
シートのアームレスト部分も然り。
こういった細かい所に「美」を感じる車両、最近見なくなりましたよね。

特急としての必要十分な装備を設け、かつ通勤通学輸送にもある程度
威力を発揮できるいわばマルチな対応ができる車両として、
2000系は長野電鉄の持つ性格にマッチした車両であることは間違いないようです。

しかし残った2編成も製造から50年が経ち不具合もちらほら。
そろそろ後継車両が出てきてもおかしくない時期になりました。
乗るのも撮るのも今のうち…とあと何回言えるかな。

| 車内散策 | 22:03 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

連接車ダウン

6bc9.jpg
LSEの7002FがMSE増備と検査切れで廃車になったわけですが、
この解体が始まって間もなく不具合により残った3本のLSEが急遽使用停止に。
LSEだけかと思ったらHiSEまで使用停止…(VSEは別の不具合で50001Fが大野に臨入)

どうしたもんかと様子をうかがっていたら、連接台車に傷が発生したと。

足回りとか機器関係にはめっぽう弱いのですが、
台車に傷だと最悪の事態に繋がりかねんので暫く使用停止もやむを得ずか。

小田急がLとHiの運転を取りやめるとなると元HiSEの長電ゆけむりも
臨時入場せざるを得なくなってしまい、重検中のS1に加えてS2も入場した模様。
本家の特急は運用に余裕を持たせていますが、さすがにLとHi全て落ちると
運用が厳しくなり、VSEが初のホームウェイ運用に入ったりしているそうな。
…しかもRSEが所定の唐木田ホームウェイって言うね。

4906.jpg
長電もこのままだと暫くは2000系2本ともにA特運用返り咲き、
時たま鯨特急が飛ぶことになりそうですね。

| 小田急 | 22:08 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

りんごA特急その2

快晴だった土曜日は既報の通りA特代走はD編成。
順当に行けば日曜日はA編成。
前日の疲れとここ最近の体調不良もあり午前中は大寝坊。
長野線の複線区間辺りでA編成を撮ればいいやとゆる~く飯を食べていると
日曜日もD編成がA特に入っているとな!

のこのこと9Aから撮影開始。
場所も近場で信濃吉田-朝陽間のそば屋横の踏切で。
IMGP5102.jpg
2日連続でD編成が来るとは思わなかったなぁ。
直前に信濃竹原で信号故障があったようですが、
9Aまでには復旧したようでダイヤ通り湯田中行きで快走。

14Aは妙高に浮気してパス。

13Aは土曜日に撮影中話題に出てきた開口部俯瞰ができそうな城山公園へ。
テニスコート横の駐車場に車を放り投げ、城山公園をウロウロ。
ガスタンク横を突っ走るのを撮れそうな場所を見つけるも木の枝が入りまくり…
そんなこんなしているうちに13A権堂発車の時間になり、無理矢理撮ったのが↓
IMGP5120.jpg
ピントあってないわ寒さで震えているわでどうしようもない1枚。
至る所に出ている影みたいなのは木の枝ね。
この後は寒いしなんか目が回るわで帰宅。

今週末のA特代走はどうしようかなぁ…

おまけ。
14Aパスして北長野-長野間で撮影した妙高6号。
IMGP5106.jpg
屋根がエライ事になっていますが定時で飛んできました。
当日は新潟県内の区間が除雪でウヤ掛っていたので、果たしてどの駅から来たかは不明。
それにしてもこんな雪を屋根に乗っけたまま飛んでいるってことは、
このN103は夜間どこで留置していたんだか…?

返しの所定7号は北長野-三才で。
幕は普通のまま、7号として走っているかどうかも不明…
IMGP5115_20100118203824.jpg
8号も撮ろうかと思ったけどN102が長総の留置線で昼寝していたので、
115系で代走となったようです。
それにしても屋根の雪すげぇ…
このまま篠ノ井線行ったら冠着で擦るよーな?

| 長野電鉄 | 20:41 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

りんごA特急

1000系ゆけむりのS1編成が定期検査で長期入場したため、
A特急は一部が一か月近く2000系による運転となっています。

長期代走初日の昨日はA編成が担当していたので順当に行けば今日はD編成。
今週初めから長らく降り続いた雪も今日でとりあえずひと段落し、
今日は晴れ間が出る予報だったので久々に山ノ内まで行ってみる事に。

まずは須坂発の6Aを附中-朝陽間の定番で後撃ち。
IMGP5054.jpg
山が近い自宅は4~5cm程の積雪があり、車がガチガチに凍って大変だったのに、
朝陽周辺はうっすら積もっている程度でした。
直線距離でたったの3~4kmしか離れていない場所なのに、
20mの標高差でこうも天気が大きく変わるとはね…

その後は18号線を北上して湯田中方面へ。
さすがに千曲川を渡り中野に入ると一面真っ白になり、道路も完全に圧雪のツルツル状態。
国道292号線旧木島線のガード下では上り坂で動けなくなった
トラックが数台立ち往生、自分の前にいた車も坂道発進できなくなり、
道路整理していた警官に後押しされ何とか脱出。
こういう時、ATでも2速ホールドで発進できると便利です。

湯田中行き一発目の5Aは夜間瀬-上条間の農免踏切。
10月にArcana birdさんとりんごと絡めて撮影したポイントへ。
IMGP5059.jpg
雪を巻き上げながら快走する6A。
上条付近はすっきり晴れてきたけど高社山は雲の中…と言うことで車両メインで撮影。
中野地区は大雪警報が出ていた位なのでMCR出動があるかと期待するも、
MCRの出動はなく始発電車が雪をふっ飛ばしっていった模様。

IMGP5061.jpg
後撃ちするもこんな状態。

IMGP5070_20100116194441.jpg
折り返しの長野行10Aの時間は少し下った夜間瀬-信濃竹原間で。
MCRで除雪していないので床下機器スレスレまで雪が積もってます。

IMGP5075.jpg
10Aと信濃竹原で交換した305レ。
巻き上げられた雪でホワイトアウトして捕鯨失敗w

10Aの後は湯田中駅前の食堂で暖かい天ぷらそばをすすり、
食後は楓の湯でひと風呂浴びてきました。
冷え切った体を温めようと長風呂してしまい、逆上せてロビーで軽く昼寝w

その後は知り合いと合流して上条で9Aを。
IMGP5088.jpg
午後には高社山もくっきりと見えてきました。
その分冷たく乾いた風が吹き付けてきて顔や指の感覚が無くなる寸前…

IMGP5093.jpg
夜に湯田中でバルブでもしようかと思っていたけど、あまりの冷え込みに負けて
10Aと同じ場所で14Aまで撮って帰宅。
バックの山まで入れたつもりでシャッター切ったけど切れてるって言うね…

久々に真昼間の山ノ内を駆け抜ける2000系を撮る事が出来満足。
次はA編成+雪晴れを狙ってみるか。

| 長野電鉄 | 20:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

続行便には福がある?

こないだの3連休。
少しでも交通費を浮かせるために往復共に川バス新宿線を利用。

行きは土曜日の長野駅13:00発の6016便。
担当は川バス。毎度ながら平安堂の裏から来るバスが何かワクワクしてしまいますw
当日はセレガR FDの40535号車。
この前後のセレガR FDはシートピッチが広く前後間隔はとても快適。
でも!フットレストが付いていないんですわ。
乗車時間が長いバスではフットレストの有無は大きいなぁと…

高速の渋滞もなく10分ほど早着で新宿に向かうも、西口の渋滞にはまり結局定着。
新宿西口が目の前に見えるのに一向に動かないバスには参ったw

で、帰りは新宿西口14:40発の6015便。
ハイウェイバスドットコムで最初の予約を入れた時点では1号車のみ。
後日改めて自分の乗る便を見てみると2号車続行便アリの表示が!
しかもシート配列が3列独立になっている!

こりゃ予約を変更しない訳にはいきませんよね?

1号車から2号車に予約変更し、3列独立シートの1Aを確保。
どうやら1番乗りで続行便に飛びついたようです。

乗車当日、西口バス停で待っていると1号車の新型セレガ40593号車が滑り込み、
続行でエアロクイーンⅠの42159号車が。
ハイウェイ~の予約画面と差異なく大阪線で使用している3列シート車が来ました。
通常なら大当たりの新型セレガもこの時ばかりはハズレでしょうか!?

夜行仕様らしく大型の1人掛けシートが3列並び、フットレストにレッグレストが付き、
シートヒーターにオーディオ(←動作するかは不明)まで付いていて、
JRならグリーン車に匹敵する装備です。

シートヒーターを入れてぬくぬくと前面展望を満喫。
IMGP4943.jpg
高速バスでは初めて最前列を取る事が出来ました。
電車もバスも最前列は楽しい・・・ですよねw
1A席からは運転席のメーター類もよく見え、
どんな道路状況でも速度を一定に保って走行する運転士に感心。
見習いたい運転技術です。

IMGP4944.jpg
横川SAにて。
新型セレガ(右)とエアロクイーンⅠ(左)の並び。
続行と言うトイレ無の貸切車が使用されることもあり、
すぐお腹を下す自分はあまり予約を取りたくないバスでしたが、
今はネットでトイレの有無、シート配列まで見られるので便利になりました。
…ちなみにいつでもトイレにいけるよう4列車の場合は通路側指定買い。

通常の4列シート車でも十分快適な高速バスですが、
やはり3列の快適さには敵いませんでした。
次乗る機会も3列車続行便が出るのを期待…w

おまけ
IMGP4749.jpg
やっと捕獲。
リニューアルを受けた自社発注生え抜きの41845号車。
ベースカラーがクリームからホワイトになり、幕もLEDに換装されたので新車のようです。

| バス | 22:39 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

京急大師線

3連休は先に軽く触れたように神奈川でウロウロしていました。
神奈川を離れてからは成田臨や高尾臨と言った各初詣臨も撮る機会が無く、
この3連休でどこかに撮りに行こうかなと思っていたけど、
やれ敷地内乱入だ、人大杉だの聞こえてきてげんなりして結局行かず。

3連休は専ら私鉄メインで撮影してきました。
言うまでも行きつく場所は京急大師線。
川崎大師の初詣で賑わう大師線は毎年干支のヘッドマークを掲出。
今年も立派な絵柄のマークが大師線を行き来する全編成に取り付けられていました。
IMGP4794.jpg
大師線の鉄板撮影地、京急川崎-港町間のカーブへ。
700形や1000形と言った古豪が行き来していた大師線も今は1500形が主力。
120km/h対応ではない編成を中心に使用されています。

IMGP4824.jpg
IMGP4829.jpg
N1000形の増備が進み年々姿を減らしていく1000形。
数を減らしたので1500形のみが動いているかと思っていましたが、
当日の大師線はラスト2本となった4Mの1305Fと1351Fのが活躍。
毎年2種類のマークが用意されていましたが今年は1種類の模様。

ちなみに、撮影した10日の関東地方は快晴。
毎日氷粒が吹き荒れる新潟の天気に気が滅入っていたので、
久々の青空がいつも以上に心地よい。

IMGP4853.jpg
子安に侵入する1345F
大師線に加え本線でも普通でバンバン6Mが飛んでいました。

N1000の増備次第では今年中に全車引退も可能な両数まで減った1000形。
数年前までいた分散冷房車や2Mに8Mが姿を消し寂しくなりました。
2011年も干支のマークを掲げて初詣客輸送に励む姿を見られるといいのですが…果たして!?

| 京浜急行 | 19:34 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

253系NEX解体線入り

今週は都合により明日以外会社を休んでいるので、用事の合間に長総を見てきました。

IMGP4994-1.jpg
去年長野に送り込まれてきた253系3連×3本ですが、
長総構内での移動はたまにあった以外は動きなしでした。
が、よく見てみれば今日の昼前時点で1本が解体線に移動していました。
この位置に持ってきたとなるとこのまま解体されると思われます。
※激しくトリミング画像です。

IMGP4993.jpg
207系900番台も編成を2分割にされて留置。
千代田線でよく遭遇した207系900番台もとうとう引退。
207系より古い203系やメトロ6000系は現役で走り回っていますが、
1本しかない試作車と言う事もあるのか早期の引退となりました。

以下は先週土曜日時点での様子。
IMGP4743.jpg
NEX、209系、207系900番台と今まで見られなかったであろう並び。
先週の時点では113系が解体作業中。

IMGP4746.jpg
NEXとEF62の並び。

IMGP4744.jpg
4連に組成され改造の時を待つウラ70編成。
間もなく京浜東北線から209系が消滅となります。
長らく長野で京浜東北線の209系を見る事が出来ましたが、
その姿を見られるのもあと僅かでしょうか。

| 長野総合車両センター | 13:37 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

カメラ買い換えた

この3連休は大学の友人と久々に会うことになりまたまた上京。
今回は時間に余裕があったので往復共にバスを利用。
いろいろな事は後々にうpするとして、とりあえずカメラを買い換えました。

相変わらずメーカーはPENTAX。機種はK-7。
フィルムのMZ-5から4年前に買ったK100D、そして今回のK-7とペンタ3機目。
新旧レンズをそのまま使えるのが強みですね。

ヨドバシの13%ポイント還元、今月購入でメーカーから1万のキャッシュバックがあるので、
実質店頭価格より25,000円ほど安く買えました。
同じメーカーでもK100Dとは操作性から性能まで全く別物。
この3連休各地で私鉄を撮り歩いていましたが、慣れるまで時間がかかりそう…

初撮りは東急。
今回は田園都市線沿線に住む親戚の家に泊まっていたので、自動的に東急にw
IMGP4774.jpg
8500系8619F@溝の口
AF精度は他メーカーに比べると相変わらずな面が否めませんが、
PENTAX機の中では精度もだいぶ向上しました。

IMGP4897.jpg
3社直通運転のうち東武は30000形を使用していましたが、
10連固定編成の50000形に順次置換え、田園都市線内では殆どその姿を見なくなりました。
…気のせいか田園都市線に乗るとT運用がやたら多い気がする。

とりあえずじっくり使いこなしていこうと思うよ。
なんだか具合悪いのでこの辺で…

| てつどう | 22:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

車内散策~489系金沢車~

はい、車内散策第2弾として先日乗った489系能登行ってみよう。
36f0.jpg
能登の489系は元を辿れば特急白山や間合いであさま1往復に入るなど、
信越線沿線にはなじみ深い車両。
白山時代はホワイトをベースにピンクとブルーと言う派手な出で立ちで、
シックなグリーンをまとった189系とはまた違った良さがありました。
あの白山色、あまり人気なかったようですが雪山バックだとよく映えるので好きでした。


さて、車内と言えば東日本の189系よりも2~3年先に
西日本が489系のリニューアルに着手したので、
一見489系の方が乗り得に感じた時期もありましたが…
IMGP4488.jpg
なんてことはない、国鉄特急型の鉄板R51のリニューアル版。
背ずりとクッションを肉厚にしセミバケットに仕上げてあるので、
居住性は原型シートに比べると格段に良くなっています。
リクライニングはベース同様に1段のみでロック可能。
張りのある座面の座り心地はなかなかよく、手入れの差か充当列車の違いか、
ヘタリにヘタっている189系のR51は何事かと…思う程良いです、これ。

IMGP4489.jpg
背面にはテーブルが埋め込まれていてお弁当もお茶もへっちゃら…
なんですが、経年劣化のせいかテーブルが水平に展開しない代物。
飲み物用に穴が開いていますがペットボトルは入りませんでしたw
ピッチは910mmのままで窓ピッチとのズレはなし。
ちなみに、レディースカーとなる1号車と自由席の9号車、つまり両先頭は
このシートではなくR55系列と思われる「良いシート」が設置されているので、
男は黙って9号車自由席一点買いが良いのでしょうか。

IMGP4485.jpg
IMGP4486.jpg
能登編成の醍醐味と言えば白山時代から続く6号車のラウンジスペース。
白山時代は時刻表に「ラウンジ&コンビニエンスカー連結」と注釈が入っていたように、
このスペースでちょっとした軽食を摂る事が出来ました。
今では自販機のみが稼動し完全にフリースペースと化しています。
189系には「無い設備」と言う事で、ちょっとした憧れのスペースでしたが、
はやりグレードアップ編成充当のあさまを選んでいた当時が惜しい。

夜行で寝付けない人、真夜中の日本海を眺めたい人…
各々気分転換にはもってこいのスペース。
全席禁煙になった今、せめてここだけでもタバコが吸えれば長い夜もへっちゃら…
なんて思ってはいけません(謎

IMGP4491.jpg
グリーン車はいかにも「国鉄」と言った空気が漂っています。
普通車同様に原型R27系のシートを肉厚、セミバケット化、モケットの変更と
小改良を施したのみの。
前回の185系G車のシートより原型を色濃く残していて、
背面テーブル追加はなく、アームレストに申し訳程度についている小テーブルのみ。

外見も内装も「国鉄」を色濃く残している489系能登編成も、この3月改正の能登臨時格下げで
その処遇が気になる頃会いになってきました。
横軽を挟んで首都圏と北陸を結ぶ本来の姿が遠い過去になりつつある今も、
毎晩首都圏と北陸を結ぶ役目を担っていること自体奇跡なのかもしれません。

信越本線特急全盛期を築いた老兵の運命やいかに。

| 車内散策 | 21:46 | comments:7 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

EF64×4

今日で冬休みも終わり。
明日から仕事かと思うと憂鬱。
なんせ年末の爆弾が不発で残っているんだからね!w

まぁそれは明日以降なんとかなるといいなぁ…程度で置いておき、
昼飯のピザを祖母宅でペロッと食べ、食休みを入れた後に車で篠ノ井へ。
毎年年始には貨物が運休になり、南松本で遊んでいるEF64が4連連なって
篠ノ井総合鉄道部までやってくる回送があります。
毎年何かと予定が入っていて撮る事が出来ずにいたのですが、
今日は午後フリーだったので出かけてきました。

まずは篠ノ井区の様子。
IMGP4698.jpg
動く気配のないDD16含め各種機関車が正月を過ごしています。
めっきり数が減った64-0もこの時ばかりは8両が留置してあり、
篠ノ井区にこれだけの64-0がいるのも久々の光景。

IMGP4703.jpg
広島更新の面影を残す唯一の64-0となった67号機の姿も。

IMGP4705.jpg
0と1000が並ぶ。
去年より中央西線にも1000番台が入るようになり、このような光景もいつまで見られるのかな。

IMGP4713.jpg
ロクヨンの合間に1枚。
2両増結の8連しなの。増結しても自由席が2両のままなのはどうにかならんかね…

IMGP4731.jpg
IMGP4733.jpg
南松本へ向かうEF64×4。先頭から60号機、51号機、70号機、47号機。
いずれも篠ノ井にいた車両で、束の間に帰省と言ったところか。
機関車が4つも連なって本線をかっ飛んでいく光景を最後に見たのは碓氷のEF63。
電車とは違った重厚な雰囲気は機関車ならではですね。

写真を見ても変わるように撮影中は日が完全に陰ってしまい、
やはりじっとして被写体を待っていると凍えてしまいます。
帰りは車の暖房を最大温度に設定して帰宅。

本日お会いした皆様、寒い中お疲れ様でした。

| てつどう | 20:58 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

また雪降り

昨晩は中学時代の友人と飲み会。
最終の須坂行きで帰るつもりがタッチの差で逃してしまったので、
長野駅から新田町まで歩いてタクシーを拾って帰宅。
少しでもタクシー代を節約するために歩いたけど、
長野駅から乗った時の料金と大して変わらなかったっていうね。

そんなこんなを夜中にしている最中も粉雪が舞っていたのですが、
舞っている程度だったので大して積もらないだろうと思っていたのですが…

で、今朝起きたら15cm近く積もってるんですわ。

こりゃ参ったな…とか思いつつ浮かれ気分で車の雪を下ろして長電沿線へ。
朝陽-信濃吉田間の信越線交差付近でで4Bから撮影開始するも、
シャッター切れたのに画像が記録されていないいつもの症状。
折り返しの215レを待つ。
IMGP4681.jpg
雪が降ると何となく撮影に出かけたくなりますよね?
215レは定番の朝陽インカーブで。
積雪はそこそこあるけど、今日のは湿っぽい雪だったので舞わず。

214レは信濃吉田-桐原間で。
IMGP4693.jpg
214レが来るころには日が差してきました。

その後は祖母宅で昼飯。
伯父がおせちに飽きたからピザ買ってこいとか言い出したので、
近くのピザ屋でお持ち帰り。
30分ほど待ったけど宅配だと1時間くらいかかった模様。

おせちに飽きるとピザとかマックとか食いたくなるのは我が家だけではない模様w

| 長野電鉄 | 20:12 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

初乗りは長電

20100102175459
20100102175436
これから飲み会なんで長野駅へ。2010初乗りは長電です。

桐原で待ってたら来たのはまさかの鯨L2。
で、長野駅にはD編成。

今年も長電にはお世話になります。

| 長野電鉄 | 17:52 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

初撮り

今年は喪中のため新年のあいさつは省略にて。
とまぁ、堅い事は言わずどうぞ本年もよろしくお願いいたします。

昨日は祖母宅で鼻水たらしてボーっとお笑い番組見ていたら終わったので、
今日は少し早起きして祖母宅から姨捨までお出かけ。

昨年の初撮りは意外な(?)所で大糸線のキハ52からスタートしましたが、
今年は落ち着いて189系長野車からスタート。
初撮りは長電2000系にしようか189系にしようかで悩んだのですが、
朝から綺麗に晴れていたのでこりゃ善光寺平バックに撮影するしかないと思い、
かいじ180号の送り込みを姨捨にて撮影してきました。

祖母宅の大町から姨捨までは五輪道路→19号→県道70号で稲荷山まで
抜けるのが最速ルートになるわけですが、県道がまた面白い事に。
細い道なので除雪も十分に行われているわけもなく、日蔭は雪が残った状態。
そこを車で突っ走るわけですから気分はラリー車ですw
FF車は一度スタックすると脱出に手間取るので慎重に進み、
12時ジャストに姨捨到着。

山は雲が出ていて飯縄をはじめとする山々は見えないけれど、
平地は遠くまで見渡せ気持ちいい光景。
定刻通り189系が雪化粧した善光寺平を眼下に上ってきました。
IMGP4651.jpg
今日はN102編成。適度に雪化粧した姿がまたいい感じです。
このカットの後に1枚本命ポジションでシャッターを切っているのですが、
SDカードに記録されていなくてがっかりしたけど、この絶景を見れたので概ね満足…かな。

どうも最近カメラの調子がおかしく、勝手に電源が落ちるわ今回みたいに
シャッター切れても画像自体が記録されてない、その他色々不調が出てきていて、
本格的に一度入院させるかPENTAXのK-7に乗り換えるか検討するかなぁ…

姨捨で10分ほど停車するので、駅でゆっくり189系を眺める。
IMGP4664.jpg
山間の小さな無人駅も新年の装い。
今年は信州DCの年と言うこともあり、ここ姨捨も観光地の一つとして賑わうのかな。

IMGP4667.jpg
この着雪具合から信越山線ではもっと積もったんだろうなぁ。
雪をしこたまくっ付けてる姿が似合う。

IMGP4672.jpg
IMGP4676.jpg
名古屋行きのしなのを先行させ回送も発車。
関東にたどりつく頃には前面に付いた雪も解けてしまうかな。

昨年はC編成消滅と183・9系にとっては変化の大きい1年でしたが、
今年はどうなるのでしょうかね。MLえちごを183系が受け持つらしいし
明るい話題の多い1年でありますように。

今年も変わらず183系と長電をメインに時々小田急と京急でやってこうと思いますよ。

| 183・189系 | 15:09 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

2009年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年02月