ずくなし

「ずく」が無いので庭を走る長野電鉄、183・9系以外あまり出てこないらしい。

2011年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年03月

≫ EDIT

今日の長総

今日ではなく昨日。
そして3ヶ月ぶりに様子を見てみた長野総合車両センター。
顔ぶれは209系や203系とあまり変わっていませんが、
14系客車がEF62の後ろにくっついていたり(能登?w)、
EF63やED60が再び奥の方へ移動したりと保存車も動きがあるようです。

IMGP8283_20110228201403.jpg
E351系が1本入場中。
留置中よくあることですが中間車がかしがった状態。
右の京葉線205系は4連を組んでいたのでこれまたどこかへ疎開でしょうか?

IMGP8285.jpg
IMGP8286_20110228201401.jpg

奥の方。
253系Ne-01のクモハとクロのトップナンバーは解体されず残っています。
唯一原型を留める253系となりましたが、
意図がありそうな残し方しつつもある日突然解体されるので、
今後の動きは全く読めません。
過去に183系0番台のクハが1年以上残っていましたがある日突然解体された事も。

ってことで動いている比較的原型に近い元253系。
IMGP8291.jpg
電気連結器やジャンパ栓が撤去されるなどの変化が分かります。
他にも原型との差異を探すのも良いかもしれません。
外観では分かりにくいですが、2100系は貫通扉を裏側から
ボルト固定してあるので非貫通となりました。

5分程の滞在時間故、おおざっぱに現状把握のみで終了。
スポンサーサイト

| 長野総合車両センター | 20:25 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

一夜明けて

スノーモンキーも無事に初日の運行を終え一夜明けた今日。

午前中はさすがに疲れが出たのか9時過ぎにようやく起床するも、
縁側でハムスターと日向ぼっこしているうちにお昼寝開始。
安堵感?疲労感?色々なモノが混ざって一気にぐったりした感じです。

午後は買い物をするのに出かけたので、買い物後に少々沿線に寄り道。
まずは朝陽の定番カーブへ。
IMGP8257.jpg
214レ
214レと言えば改正前は午前中の2000系充当の各停の列番でしたが、
改正後は午後の8500系の運用に振られました。
それにしても朝陽の定番に来るのも久々です。
2000系の末期はカメラの列ができて近づく事も無かったのですが、
この時間帯は親子連れがスノーモンキーを見に来ていた程度。
早くも沿線風景はいつも通りの姿に戻りつつあります。

IMGP8267.jpg
10A
昨日に引き続きE1編成の登板。
10Aも外から見る限りはなかなかの乗車率のようで、
記念乗車組は今日も多かったようです。
そして上部識別灯点灯で長野へ向かって行きました。
JR時代この識別灯をつけて走ったのを見た記憶がありません…

IMGP8268.jpg
533レ
踏切事故でスカートを破損して取り外しているT6ですが、
スカートが再度取り付けられる気配が無いまま走り回っています。
いつ見ても本家の8000系の様な顔つき。
このままスカート無の顔も一つの個性としてこのままでも良いかも…?

IMGP8271.jpg
532レ
ダイヤ改正後、長野線長野-信州中野間から予想以上に姿を消した3500系。
多くが8500系で運用が回っているようで、捕鯨も過去よりやりくくなっています。

IMGP8275.jpg
IMGP8279.jpg
11A猿特急と12Aゆけむり。
村山橋も撮影者の姿は全く見えず、ただ強風だけが吹き付け寒い寒い・・・
元253系はゆけむり同様に静かに滑るように通過して行きます。
スノーモンキー就役後もゆけむりの人気は衰えず、
12Aの前展望、後展望は子ども連れで満席でした。
猿特急より人気あるかも?

午前中は差していた日差しも夕方には暑い雲に覆われ、
寒くなってきたので終了。
沿線の静けさ、2100系が旅客を乗せてすっ飛んでいる光景を見て、
ようやく2000系が引退したのだと実感。

でも2100系就航は嬉しい話題。今度はゆっくりと座って乗りたいもんです。

| 長野電鉄 | 20:59 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2000系離脱

25日。
大雪の妙高高原を越えて実家に到着すると長野も粉雪が舞っています。
春らしい天候が続いていましたがそれも急転して冬の気候。
昨日は2000系D編成が定期列車として走る最終日。
最終営業列車となる23Bを本郷で見送ろうと駅に行くと、
ホームには見覚えのある人が・・・あ、火ダルマ大師さん。笑
地元組集結(と言っても2人)で23Bで来るD編成を待ちます。

やがて鐘鋳川踏切から踏切が鳴り出し2000系D編成が接近。
IMGP8158.jpg
進入。

IMGP8160.jpg
停車。
金曜の深夜ですが飲み会組の帰宅には少々早い?時間だからでしょうか、
車内は座席が程良く埋まる程度で本郷下車も数人。
変に賑わっていない方がいつもの光景らしく良いです。

IMGP8161.jpg
発車。
30秒ほどの停車時間で本郷駅を定刻通り出て行きました。
この23Bでダイヤ改正後も続いたD編成の代走も終了。
D編成が通常の営業列車で走るのも25日が最後となる訳で、
地元本郷に止まるのもこれが最後かもしれません。

反目踏切の先へ消えていくまで見送りましたが、最期と言う実感も湧かず、
火ダルマ大師さんと26日に備え早めに引き上げます。

そして明けて本日26日。
長電のサイトにも掲載の通り1B→2B→3A須坂までの3本が2000系A編成での代走、
須坂で2100系にバトンタッチと言うイベントがありました。
須坂の中線で2週間程眠っていた体を叩き起こしての運用復帰です。
1Bは寝坊して挫けたので再び本郷で2Bを撮影。
IMGP8173.jpg
IMGP8182.jpg
2002号車はいつもの鹿ピョンマーク、2001号車は特製マーク。
2002号車を見ていると「いつもの当たり前」の光景にしか見えませんが、
これまた今日で見納めのワンシーンとなりそうです。

9時のバスで出かけるカミサンを長野駅まで送り、
3Aに乗車予定でしたが3A後の須坂入換えでも見ようと思い、
結局車で須坂まで移動。
村山橋では少し手前を3Aがすっ飛んで行きます。
改正後に村山橋での徐行が解除になったようで車より速い速い!

で、須坂に到着するとA編成は2番で動く気配が無く、車庫線にはD編成。
IMGP8188.jpg
オリジナル車3種類と新入りの猿特急。
D編成の幕は「回送」を出しており、もしかして…?と思い、
A編成の入換えは見ずに屋代線へ転戦。

IMGP8255.jpg
D編成が来ました。
トンネル突入前に軽快にダブルホーンを響かせ屋代線をすっ飛びます。
鹿ピョンマークも付いたままのいたって普通の姿。

最後は東屋代-屋代間で。
IMGP8253.jpg
松代-屋代間は屋代駅構内の関係で片パンになります。
今日も定例通り2007号車のパンタがお休み中。
その後D編成はアントに押され長テク工場に入場。

そしてA編成は須坂中線で再び眠りにつきました。
IMGP8226.jpg
前回よりちょっと停車位置が中野寄りに。

12日で離脱したA編成の一時復活、D編成の屋代線回送など
猿特急運行開始後も動きが見られた2000系。
今日で完全撤退ではありませんが、定期の「特急」として走るのは見納め。
地元新聞、テレビ、ラジオでも2000系引退が取り上げられ、
思っていたより賑やかなお見送りを受けて引退して行く形となりました。

ただ、まだ走る機会が残されているからでしょうか。
実感が全く湧いてきません。

| 長野電鉄 | 21:17 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

スノーモンキー運行開始

とまぁ今日で運行開始となりました。
長野電鉄2100系スノーモンキー。

初日は運用開始となる1B→2B→3A須坂までは2000系A編成が代走。
3A須坂以遠で2100系にバトンタッチとなりました。
2000系のはまた別途。

初列車となった3Aは須坂の踏切で見送り。
踏切待ちの所で3Aを見ましたが車内は満席、立ち客も見え滑り出し上々。
ただ、側面にドーンとラッピングらしきものが・・・

午前中は2000系D編成が屋代まで回送されたので撮影。
なので営業列車の初撮影は7Aからとなりました。
IMGP8223.jpg
外観は既にお伝えの通り殆どJR時代と変わらず。
撮影後はよっしぃさん、火ダルマ大師さんと須坂のかねきでオムライスでお昼。
その後は10Aで初乗車してきました。
IMGP8227.jpg
車内もJR時代と殆ど変らず、一部表記類が長電仕様に書き換えられている程度。
車内放送は自動放送が導入され、チャイムはJRと同じ、声の主は地元テレビ局のYアナウンサー。
CXの境アナに対抗?した雰囲気がまた何とも・・・w
英語放送まで入っているので、乗っている限りは長野電鉄線内とは思えないです。
乗り心地も上々でボルスタレス台車特有の蛇行動を除けば、
ゆけむりよりも揺れずにとても快適で、吊革が無くても立っていられます。
ヨーダンパ外して車庫線でユラユラ走っていたのがウソのよう。

IMGP8230.jpg
幕もまたNEXに似たようなデザイン。

IMGP8236_20110226185531.jpg
東京駅地下ホームではなく長野電鉄長野駅。
本郷の地下開口部を駆け抜けていくシーンは錦糸町辺りとダブります。

IMGP8232.jpg
ATS-Sna(w
ATS表記がさりげなく記されています。
他にも小ネタが満載でスノーモンキー祭りが落ち着いた頃に
色々と観察してみようと思います。

IMGP8239.jpg
IMGP8240.jpg
展望席がゆけむりのウリと来ればスノーモンキーのウリは個室。
「Spa猿~ん」なる愛称まで付いて今日の分は完売だとか。
+1000円で4人まで利用でき、いつか乗ってみたいものです。

IMGP8249.jpg
11Aで須坂まで戻ります。
車内はあっという間に満席。トイレや荷物スペースなどでかなりの
面積を取られているので着席定員はかなり少なくなっていますが、
デッキは広いので立ちでも何とかなりそうです。
須坂では3番線には12Aのゆけむり、そして奥には再び昼寝生活のA編成。
12月24日に甲種輸送で長野入りしてあっという間に運行開始を迎えました。
ゆけむりと共に長野電鉄の新しい顔として今後の活躍に期待です。

そして最初に触れた謎のラッピングは・・・
IMGP8222.jpg
IMGP8252.jpg
リアルモンキー。
何かラッピングしたとの話は聞いていたので、
まさか「楓の湯」広告カムバックかと思っていましたが、
それを上回るデカさで温泉に浸かっているお猿さんがドドーンと。

クハ2150の車端部に貼り付けられ4種類のお猿さんが見られます。
こりゃすげぇ・・・!

| 長野電鉄 | 20:23 | comments:12 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

A→E

休日出勤回避でドタバタの今週。
朝から胃液流出しそうな具合でフラフラになり、諦めて早く帰ってきたら…

参りました。
2000系から2100系へ須坂駅でバトンタッチを行うと発表。
先日12日で一旦本線上から退いたA編成が26日の1B→2B→3Aで走り、
須坂で2100系スノーモンキーに車交となるようです。

カミサンが9時の川バスで出かけるので3Aは長野から乗車して、
須坂でバトンタッチの光景は見られそう。
1Bと2Bは近場でちょいちょいと撮れるといいけど、起きられない気がする・・・w

まぁお財布の中身が2000円しかないので明日の昼飯はコンビニのおにぎりです。
朝一の缶コーヒーも明日は我慢です。
26日はフリー切符すら買えません!
・・・小遣い前払い要請でストでも起こすか。

IMGP8131.jpg
予想外の一時本線復帰。
胃液が出てでも休出蹴り飛ばして正解でした。
明日死ななければのお話。

| 長野電鉄 | 19:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

多忙

今週に入ってから何かと仕事が忙しく、頭が追い付かず眩暈が。
はくたかが昨日から今日の2号まで489系で代走で、
昨晩の1023M辺りはさっさと仕事切り上げられれば直江津で
撮影できたのですが、仕事を上がったのは1023Mの1時間後。

国鉄色ボンネットのはくたか代走は何度も見ましたが、
このまま撮ることなく終わりそう。
なので485系はくたかの画像でも投下しておきます。
b2e6.jpg
西日本と東日本両方が485系で飛ばしていた時期がありました。
この時期ならボンネット代走でもスジに乗れますが、
今681系のスジを代走すると確実に遅延かいな…?

んで今週末。
休日出勤が無くなりました。あったら死んでたので助かった次第。
土日はカミサンが長野から川バスに乗って東京へ遊び行くので、
25日の晩から長野入りしていますが、D編成最終は近場で見るだけかな。
本郷→長野→朝陽→本郷と市内でちょろちょろ出来ない事は無いけどね…

きっと本郷駅か桐原駅で見送って終わりになりそう。

| てつどう | 01:31 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2000

いつの間にかこの記事が2000ネタ目らしいです。
よくもまぁここまで駄文下記貫いたもんだ。

と言う訳で、2000ネタ目が2000系の記事になるとは何の偶然か。

今日。
先にスノーモンキー試乗関連で何枚か写真をUpしましたが、
他の写真も少々。

IMGP8017.jpg
先にも上げた3A。
バックには信濃吉田の再開発ビル「ノルテながの」がそびえ立ち、
吉田の変電所もあり何かとごちゃ~としたこの界隈ですが、
逆に都会的な雰囲気を出せるポイント。。
旧街道筋から市街地まで人口密集地を貫く長電らしい一面を描くにはよさげ。

場所は飛んで山ノ内。
昼食は夜間瀬駅前の「ぶっ飛んだ」食堂でネコ駅員表敬訪問兼ねて
食べようと向かいましたが、時間が14時半近く夜の部に備え準備中。
バイパスとの合流脇まで下った所にある「山路」と言う食堂で食しましたが、
親子丼の卵がふわふわで大当たり。
夜間瀬界隈で食事ポイント続々新規開拓中。他も探さねば。

IMGP8121.jpg
信濃竹原-夜間瀬間。
高社山、斑尾、妙高の頂上ちょびっと見えるロケーションでしたが、
あれこれしているうちに11Aが来てしまい、結局車両メインで。

山岳路線。
IMGP8117.jpg
カーブをグーッと曲がった先は夜間瀬駅。
ほんの数百メートル先の駅ですがこうしてみるとまだ上のイメージ。
慣れた40‰の連続勾配を足取りも軽く登って行きます。

IMGP8122.jpg
急勾配の終点湯田中駅。
駅改良後は長野方が若干下り勾配となっていますが、
最近の電車ならこれくらいの勾配なんて関係ないのでしょう。
2000系何度もここに止まっている姿を見てきましたが、これが最後になるのか。

IMGP8127.jpg
14A@上条駅。
ホリデー横浜さん一家が乗っていたようですがこのアングルじゃ分からずw
上条で一瞬勾配が緩むも駅先端から再び急勾配。
抑速制動を効かせて慎重に下っていく2000系。
このゆっくりさもあり、4Bの時なんかはこの界隈で撮影後、
普通に車を転がしていくと村山前後で追いつくのもざらw
山ノ内線内通過運転になった現行ダイヤではそれもさすがに厳しいか~?

IMGP8135.jpg
須坂。
一足先に休息体制に入ったA編成は中線でOS11と語らい中。
23年で現役引退と54年で現役引退同士の語らいです。
さてどんな言葉を交わしているのやら?

それにしてもOS11の退色具合が一気に進んで来た気がします。

IMGP8138.jpg
時たま通電したり早速幕がいじられて遊ばれていたり・・・w
一時離脱からまだ1週間しかたっていないのですが、
ひび割れた塗装もあってかドッと疲れが出たような顔に見えました。
現地や写真で皆さんにはどう映るのだろう?

Hometown Train
IMGP8145_20110220222936.jpg
夜の帳が落ち始めた頃、15BとしてD編成が下ってきました。
B特急が朝陽停車となりゆっくりと進入。
朝陽停車でより通勤特急の要素が強くなってきたB特急。
ゆけむりも運用に入るのできっと乗れば気分はホームウェイw

今後あるであろうイベントを除けば定期ダイヤで飛んでいる
2000系を見るのはこれが最後となりそうです。

幾度となく見てきた光景に車両もいずれ変化して行きます。
ここでまず車両が変わり、周りの景色も徐々に新しくなっていく事でしょう。
そして数十年後。
この場に立ってゆけむりや猿特急の末期を見ている時、
何を思い、どんな光景を見ているのだろうか?

何はともあれ、最後まで胸の鹿ピョンマークを誇らしげに掲げ、
無事に25日の最終運用を迎えるのを上越より祈るばかり。

| 長野電鉄 | 23:09 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

世代交代

本日は長野電鉄の2100系スノーモンキー一般試乗会の日。
当初の予定では休日出勤で行けないはずでしたが、
それが来週26日にずれたので懲りずに長野へ。(26日代打いるといいんだけど)

早朝から出かけて長電史上最短(?)の有料列車となっている1Bから
撮りに行こうと思うも、家を出たのが1B須坂発車の時間。
湯田中行きの3Aから撮影出来ればいいとのんびり国道18号を南下。
天気も良く妙高、黒姫、飯綱と各山々もくっきり。
そのままスルーも惜しいので牟礼で妙高1号を撮影。(これはまた別途)

3321Mで少々時間を食ったので3Aは信濃吉田の中電踏切で。
IMGP8021.jpg
ダイヤ改正前までは2B折り返しの1Bとして須坂まで2000系、
須坂より先は3Aに列番変更の上ゆけむりへ乗り換えとなっていたスジでしたが、
この改正で2B折り返しのスノーモンキー充当スジとなりました。
猿特急運行開始前なので25日までは2000系での代走。
イレギュラーとはいえ通常運用で飛ぶのも1週間を切りました。

その後は本郷へ。試乗会列車の送り込みを。
IMGP8031_20110220203711.jpg
いつもの正面ポジションですが、近寄ってくるのは…
253系Ne-107編成改め2100系E1編成となったお猿さん
助手席側にも専用ロゴが入り少し賑やかな顔つきに。
それにしても静かな電車です。ゆけむりより走行音が静か。
地下開口部から出てくる所を撮れば錦糸町や品川の雰囲気が出せそう…?

IMGP8040.jpg
返しの試乗列車は桐原で。
幾度となく長電の各列車をここで撮影してきましたが、
まだこの景色との組合せが新鮮過ぎて一瞬何を撮っているか忘れます。

朝陽で6Aを撮影後は須坂での長時間退避を利用して北須坂まで先行。
IMGP8060.jpg
鯨の524レと交換。
B特急が北須坂通過扱いとなったので特急車が退避側に入る事は通常無くなりました。
やはり253系は他の車両に比べると一回りでかいです。

その後は村山へ。
IMGP8073.jpg
IMGP8078.jpg
村山では長野行きの試乗列車がりんごの7Aと交換。
晴れてはいるものの飯綱の稜線はぼんやり。
村山橋前後は線路も新しく2100系は滑るように通過。
なお、甲種輸送~試運転時は外されていたヨーダンパが復活しています。

ここで知り合い2人と合流。この後同行にて延徳へ。
皆さん考える事は同じようで、約束せずとも自然と集まります。

午前と午後それぞれ1本ずつ設定された試乗列車も時刻表とにらめっこすると
上の村山始め延徳でも並ぶ可能性が高く、一発賭けて延徳へ。
3人で待っていると続々と撮影者登場。
長野方、信州中野方共に撮影者の列ができ、地元の見物含め大賑わい。
普段は閑散とした駅も一瞬の賑わいを見せます。
そして…
IMGP8096.jpg
済んだ音色のダブルフォーンを響かせてD編成が通過。
相変わらず直線区間でもゆ~らゆらと車体を揺らせていますが、
新入りを横目にトップスピードで通過して行く姿は貫禄充分。
ほんの一瞬の出来事でした。

その後は信州中野でちょっと2100系観察。
IMGP8102.jpg
東急、JR、小田急・・・
どの車両も関東を走っていましたが、各々本拠地では出会わない面々。
故郷を遠く離れた長野の地で顔合わせです。

IMGP8109.jpg
側面幕はオリジナルロゴの専用幕。
警笛もJR時代のミュージックホーンが復活していて、
発車時に1発「ぴぽーぴぽーぶー♪」と吹鳴して長野へと走り去って行きました。
良くも悪くもJR時代を色濃く残しています。

須坂にて。
IMGP8130.jpg
2100系に分散冷房増設に見えてしもうた。
部品取り8500系の冷房がうまく重なって見えただけでした。
E2編成の方も再塗装したのかと思っていましたが、
良く見ればナンバーや表記類周辺のみで他は磨いただけみたいです。
赤の色味がE1とE2で違うので、2種類の2100系を楽しめるようです。

以上、世代交代まで1週間を切った今日見られたワンシーンでした。

他にも山ノ内や朝陽でりんごを撮影してきましたが、それはまた別途。
同行の皆様、本日はありがとうございました。

| 長野電鉄 | 21:10 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

完治

お陰さまでインフルエンザも昨日の時点で完治。

5年ぶりの感染でしたがタミフルのお陰で前回と比較して
長く高熱に苦しむことなく完治し、タミフルの凄さを実感。

本来であれば明日の休日出勤から通常に戻る予定でしたが、
それが来週にずれ込んだのでこの週末を入れると実質6連休状態。
体が完全にマヒしています。。。

ってことで今日は一日体を休め、カミサンの買い物の付き合いなど。
明日はお出かけ許可貰えたので懲りずに長野へ。
りんご色が飛んでいる姿を見るのも明日が最後となりそうです。

| ネタ | 22:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

動画テスト(長電2000系)

FC2で動画も投稿できるようなのでテストうp。

PENTAX K-7にはおまけ程度で動画機能も付いていて、
ここ最近は「音」でも残しておきたいと思いちょこちょこと撮影してました。
が、いかんせん動画の撮り方についてはド素人なもんで、
撮り方の下手さ加減については・・・ごめんなさい。

[広告] VPS

215レ桐原発車。
D編成独特の起動音が踏切警報に搔き消され気味です…

[広告] VPS

5A桐原通過。
A編成が軽やかに桐原駅を通過して行きます。

[広告] VPS

21B@湯田中到着。
湯田中到着前、車掌より2000系引退に関するアナウンス付き。

インフルエンザも快方に向かい今週末またりんごでも撮りに行こうか…
と思うも、ちょいと自重した方がよさそうか。
ぬぅぅ・・・

| 長野電鉄 | 13:43 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ダウン

昼過ぎから具合悪くなり耐えられず帰宅したら発熱。
風邪でダウンしました。

2000系関連で皆様よりコメント頂いてますがさすがにパソコンには向かえず完治後に返信いたします。

しばしお待ち下され。

追記
病院行ったらインフルエンザでした。

| ネタ | 22:09 | comments:9 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2000系定期運用最終日2

続きの続き。

18B、19Bを見届け仕事上がりのゴリさんと合流したのが18時半。
その後どうするかも決めず彼にフリー切符を購入させ、
18:44長野発の21Bに飛び乗ります。

長野市街地も地下にもぐっている間に大粒の雪が降り始め、
駅前も長電の電車も顔が真っ白に。
21Bでどこまで行こうかうだうだ。夜間瀬で降りてまた駅前の
ぶっ飛んだ食堂で夕飯を食べるか、足湯に入るか、須坂で降りて帰るか…
結局降りられずに湯田中に到着。
到着時には車掌より2000系A編成離脱を伝えるアナウンスも。
2000系で湯田中に入るのもこれが最後かもしれません。

湯田中は昼間の穏やかな天気がウソのような猛吹雪。
軽く15cm程は積もっていたでしょうか。
IMGP7959.jpg
IMGP7961.jpg
三脚をおっ立てる気力も吹雪にブッ飛ばされ手持ちで。
旧駅舎側の電球の柔らかい光に包まれ良い雰囲気なのですが、
顔が痛い程の吹雪ではゆっくりする事も出来ません。

ゴリさんはタオルも無いのに足湯に入り、上がったと同時に
「タオルねーじゃん!」
と我に返ってました。バカですねー。
せっかく温まった足もあの吹雪じゃー入る前以上に冷えますわw

折り返しの22Bで再び長野へ。
要所要所でデジカメの動画機能を使ってみます。
小布施発車時、北須坂発着前後、須坂発車後等・・・

この改正でB特急が大きく姿を変えます。

20:51定刻通りに長野到着。
雪も降ってきたし帰りの道路状況も心配なので、
この22Bと折り返しの25B湯田中行きを見送って終わりにしようと、
じっくりとその姿を目に焼き付けます。
s-IMGP7977.jpg
定期運用で湯田中に入るのも特急がメインとして
使用していた2番ホームに入るのもこれが最後となります。
25Bも定刻通り静かに湯田中へと走り去って行きました。

気持ちも空っぽになれば腹も減る(!?)もんでゴリさんと駅前の松屋で夕飯。
食後は間髪入れず563レで須坂へ車を撮りに行き、
彼を家まで送って上越へ帰ろうと動きます。
朝陽でD編成の24Bとすれ違い。流石に乗る人も少ないのか車内は空いていました。

と、ここで夕方別れたホリデー横浜さんからメールが。
最終の112レ~237レと乗車しますと。
外を見れば雪も止んでいます。高速道路の通行止めも解除です。

よし、乗ろう(w

須坂でホリデー横浜さんと合流しA編成最後の運用に立ち会います。
s-IMGP7950.jpg
112レ長野到着直後。
床はベコベコ、座席はヘタリ、ドアは何か引っかかったような開閉方…
54年間の長きに渡る活躍の疲れがチラホラ見受けられます。

そして10分ほどで最終237レとして折り返し。
駅アナウンスも最終列車であると共にA編成最後である旨も伝えています。
s-IMGP7997.jpg
9Aの時点であった花束は巡り巡って237レまで乗り通してました。
定刻通りに長野駅を出て市役所前、権堂と多くの客を乗せ、
最終列車らしく香ばしい香りを漂わせ須坂に向かいますw
一般の酔客から「このポンコツも今日が最後かー!惜しいなぁ」
との声が。「ポンコツ」に悪意が感じられないのが良い所です。

IMGP7998.jpg
桐原駅に止まるのも昨日が最後。
車内よりサッと1枚。
ここでは火ダルマ大師さんのお見送り付き。
ボーっと乗り通しているとあっという間に須坂到着。
特に何か色のついた事がある訳でもなく、いつも通りの須坂到着。
IMGP8006.jpg
いつもとの違いのは隣にD編成がいたこと。
25Bで信州中野まで飛んだ後、回送で須坂に戻ってくるのが入庫する所でした(普段は駅留置)

今日以降も暫く残る同僚に迎えられA編成の定期運用は無事終了。
54年の長きに渡る現役生活に幕を下ろしました。
デビューから引退まで特別料金を要する特急として毎日走り続けたのは
後にも先にも長野電鉄2000系だけでしょうか!?

今日のダイヤ改正後もD編成が残りますが、それはあくまで暫定的な姿。
「いつもの姿」としては昨日が最後となります。
最後の日に立ち会う事ができてよかった。

車両自体、そして運行管理に携わった方々、長きに渡りお疲れ様でした。
そして昨日お会いしました皆様、ありがとうございました。

| 長野電鉄 | 20:29 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2000系定期運用最終日1

続き。

12日で定期運用から離脱する2000系A編成。
最後の花道としてA特急代走~最終須坂行きと回る運用に入りました。
ここ最近はA編成がほぼこの行路に入っていたようです。

午前中はD編成の区間運用含め撮影に回っていましたが、
午後の10Aから乗車開始。
須坂駅でフリー乗車券を購入し須坂駅構内へ。
ちょうど219レで到着したD編成が入庫入換え中でした。

それから程なくしてA編成の10A到着。
車内は一般客に含めかなりの惜別乗車組がいて混雑しています。
車内のグッズ販売も大盛況で売切れ多発…w
IMGP7803.jpg
須坂発車。7Aレ、219レと特急車が3つ並ぶ華やかな一時。

長野到着後は長野駅の立ち食いそばで軽く昼食を摂り、
13:41長野発の9Aに乗車します。
13:20頃にノコノコとホームへ入場すると知り合いが記念撮影中。
そこに混ぜてもらい9A発車までの時間を楽しみます。
IMGP7840.jpg
副標板の所に何か引っ掛けてあります…

IMGP7834_20110213171343.jpg
花束でした。
乗客からの進呈だそうです。
さすがに走行中は外しましたがホーム停車中は副標板掛につけたままだったので、
ちょっといい演出を撮影された方も多いはず。
…副標板掛を使っているのは用途違いですが初めて見ましたw

そして9A発車。
須坂から乗ってきた10Aより混んでいます。
ここでホリデー横浜さん一家も合流し、計9名の大所帯で
2002号車の運転台側ロングシート付近を占領w

沿線はやはり撮影者が多く、鉄以外にも学生からお年寄りまで幅広く、
ニュースにもなった2000系A編成のラストを一目見ようと繰り出してきていました。
IMGP7850.jpg
賑やかな車内はかつての温泉特急全盛期の再来か。

IMGP7854.jpg
車掌さんが車内巡回中にちょっと失礼して…
須坂-信州中野間は直線区間が続くのでスピードも高め。
甲高いモーター音を響かせて加速して行きますが、
普段より大幅に混んでいるので勾配で加速しなかったとか。
花束は運転台に。

湯田中は定時到着。
惜別乗車組は殆どが折り返しの14Aで戻り、それに加えスキーや温泉帰りの
観光客も乗車してきたので湯田中駅は大混乱。
改札にはバス営業所の窓口付近まで長蛇の列ができ、
98年長野五輪時の光景がシンクロ。

後撃ちになる9Aの時はそれほど撮影者がいなかった夜間瀬橋梁も、
14Aの時はかつて見た事無い人で、知り合いとざっと数えること約60名!
D編成最終日なんてどうなるやら…?

IMGP7874_20110213174018.jpg
14Aで長野に到着し、そのまま折り返しの13Aも乗車。
A編成がA特急に入るのもこれが最後になります。
9A-14Aに比べるとだいぶ車内は落ち着きを取り戻しました。

先頭の2001号車に乗車し…
IMGP7880.jpg
IMGP7884_20110213174015.jpg
ホームグラウンドの本郷、桐原通過シーンを1枚。
日が傾く中、須坂駅には定時到着。
ここから運転士も交代し列番も13Aから15Bへと変わります。
228レの出庫待機でD編成が既に出てきています。
並びを撮りたい人でホームはこれまたお祭り騒ぎで収拾がつかない状況。
交代した運転士によりホーム整理が行われ、15Bは出発して行きました。

道中車内や沿線で色々ありましたがA編成のA特急運用は無事終わりました。
あとはB特急と各停運用で幕を閉じるのみとなりました。

同行者のみなさんとは須坂でそれぞれ解散。
更に乗車を続けるのでD編成最後の各停運用となる228レで長野へ。
IMGP7911.jpg
いつもは大人気のD編成も今日ばかりはわき役?
一瞬顔を出した太陽に車体が照らされます。

IMGP7925.jpg
地下区間の権堂で。
以前より間合い運用で各停に入っていた2000系ですが、
その姿も昨日限りで見納めとなります。

長野駅で19B発車と18B到着を見届け、一旦駅を出場。
仕事を終えたゴリさんと合流しB特急乗車へ転戦します。

まだ続く。

| 長野電鉄 | 18:03 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

日常から非日常へ

2月12日は長野電鉄の白紙ダイヤ改正前日。

2000系A編成が離脱、残るD編成も2月25日までの運用となり、
2本の2000系が走る今までの流れは12日が最後となります。
猛烈に頼み込んで(w)丸一日時間をもらい朝からお出かけ。

前日夜更かししてしまったので予定より1時間遅れで出発、
2Bには間に合わず107レから撮影開始。
山ノ内町界隈は雪がボタボタと降り視界も悪く山はアウト。
なので竹原での並びを。
IMGP7692.jpg
106レの鯨と交換。
撮影後は夜間瀬に移動し夜間瀬川の堤防道路を抜けましたが。
橋梁で撮影する人の車でエライ事に。定番となるとやはり混むもんです。

IMGP7706_20110213021612.jpg
そして302レはいつもの夜間瀬駅。
先日の平日2B程ではないですが朝の時間帯はそこそこ駅が賑わい、
ちょうどホームにいるのは部活へ向かう学生でしょうか。
明日からは時刻も彼らの目に映る車両も変わります。

IMGP7726_20110213111924.jpg
301レはがけばた2号踏切で。
ここは荒屋10号から上条駅にかけてのストレートを見下ろす事が可能。
天気が良ければよませスキー場をバックに入れられるのですが、
当日は完全にホワイトアウトなので車両をドーンと。
勾配を駆け上がり上条で一息つき、再び勾配を駆け上がる光景は、
僅かな平坦区間に駅を設けるなど線路敷設の苦労も伺える場所です。

ここでは線路っぱたに住んでいるおっちゃんと2人で撮影。
長年湯田中の地に住み、2000系デビューから引退まで見送ったとのこと。
301レと4Bの合間に過去の写真を見せてくるとお宅へお邪魔しましたが、
どこかにしまって行方不明のためお茶だけ飲んで同一ポイントで4B撮影w
僅かな時間ですが地元の方と色々話せ有意義な時間でした。

4B撮影後は長野市へ。
ちんたら走るも村山で4Bに追いつき村山橋は並走。
IMGP7747.jpg
結局辿り着く場所はここ。
出札で入場券を買い駅構内で撮影することに。
6Aはホーム階段から軽く俯瞰気味に待合室を入れて。
この駅だけ時が止まったかのような雰囲気の中、A編成が通過。

程なくして215レが到着。
IMGP7752_20110213111923.jpg
ベタですが幾度となく見てきたこの組合せも間もなく見納め。
駅舎も車両も随分長生きですが、車両が先に落ちてしまいました。
ここでは2人で撮影。
長野市の方で、フリー切符で乗車中に降り立ち桐原駅の
雰囲気にはまったそうで、桐原駅好きが増えて嬉しくなります。
続行の5Aは動画モードで撮影のため割愛。

IMGP7767.jpg
214レも地元本郷にて。
本郷ステーションデパートの名を持つ本郷駅。
今流行りのエキナカの先祖的な存在(?)ですがその実態は…
また後日本郷駅の様子を上げてみようと思います。

いつも通りの姿を抑える事が出来ました。

返しの219レは須坂構内で済ませ、午後は10Aから乗車に回ります。
2000系がA特急で飛ぶのも昨日が最後。
本線を軽快に飛んでいく2000系をじっくりと味わいます。
フリー切符と特急券を片手に須坂駅に入ると大賑わい。
IMGP7781_20110213114819.jpg
OSカーの留置位置が屋代方へと動きました。
後ろにスペースが出来たので何か留置されるものと思いますが、
思い付くのも1つだけ…ですね。

乗車の部はまた別記事で。

| 長野電鉄 | 02:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

快走A編成

9日。
先にも書いたように2000系で代走となっているA特急のうち、
午後の9Aと14Aは須坂-湯田中間で乗車してきました。

須坂で9Aの入線を待っている間車庫を眺めてみると…
IMGP7581.jpg
長電特急3種並び。酷く無理矢理ですが…
ゆけむりは入場中、2100系は再塗装を終えた元Ne-107編成。
外観は赤の色味がゆけむり同様に変わった以外はJR時代を踏襲。
フロントには「NER」の文字が入りました。
IMGP7571.jpg
奥にはNe-108編成も入っており、須坂で運行開始に向け整備が進みます。

そんなこんなで定時にA編成が入線。
湯田中方の2001に乗り込んでいざ湯田中へ。
うす曇りの中須坂からの直線区間は気持ちよく飛ばして行きます。
須坂-信州中野間は直線区間が多く、以前より特急は気持ちよく飛ばす区間。
オリジナル台車のNA-4Pを履いたB/C編成はズドンズドン!と
飛びはねながらすっ飛ばしていた区間でもあります。

鯨譲りの空気ばね台車FS-510を履くA編成だと揺れもうまくいなされ、
台車一つでここま乗り心地が変わるものかと感心。

IMGP7617_20110211110847.jpg
夜間瀬橋梁から高社山を。
当日は天気が安定せず高社山も顔を出したり隠したり。

平日とはいえ9A車内は混雑していて温泉に行く人、地元客、鉄ヲタ…とそれぞれ。
30分弱で湯田中駅に到着。
到着と同時に鳴り響く「麗しの志賀高原」もすっかり定番に。
頭に刷り込まれた人も多い事でしょう。

IMGP7591.jpg
改札口では各旅館のお迎えがずらっと並び賑わいます。
列車で到着しお迎えの車で旅館までスイーッと移動。
長電の駅でも湯田中駅でしか見られない独特の後継の一つ。

20分程の折り返し時間の間に軽く撮影。
IMGP7606.jpg
流麗な曲線を描く2000系のおでこ。
54年間過酷な天候にも耐えてきた顔は少々疲れ気味。
最近は丸みを帯びたデザインもめっきり見なくなりましたが、
もう流行らないのでしょうか?

IMGP7599.jpg
信濃路を走ってきて54年…
特製ヘッドマークにはA編成に対する想いが簡潔にまとめられ、
「」は栗が使われちょっと洒落が効いたデザインになっています。

帰りの14Aは14:48湯田中発車。
こちらは往路とは異なり車内は空いていてのんびりと勾配を下ります。
IMGP7618.jpg
急勾配と曲線が続く山ノ内線を下ります。
先頭から最後尾まで見渡すと急勾配を走っているのが分かります。
整然と並ぶクロスシートも傷みが見られますが、
骨組みなどはオリジナルのまま。これまでに何人の人が座ってきたのか?

信州中野からは下校する学生等で再び賑やかに。
再び直線区間を軽やかにすっ飛ばし、時より聞こえてくるタイフォンの音、
CPの音などがあまりにも良く動画何ぞ回してみました。

「音」を残しておくといった点では完全にノーマークでした。

あれこれしているうちに須坂到着。
IMGP7629_20110209234152.jpg
丸い顔と変な顔ととんがった顔。

本線上を走るオリジナル車両は間もなく見納めとなりますが、
表情豊かな車両群がまた別の楽しみを提供してくれる気がします。

これで2000系最後の乗車…と〆たつもりでしたが、
明日の改正前日に再び長野へ。
混んでいるかと思いますが自分なりの最後の記録が出来ればいいな。

| 長野電鉄 | 11:43 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

雪にも負けず

今日は有休を取得して長電の撮影へ。

A編成が12日に、D編成が25日に運用離脱が決まった2000系。
「いつもの姿」で走るのも残り僅かとなり、平日の静かな時に撮影でも…
と思い、10年来の付き合いになる東京の知り合いと撮影に。

当日朝6時前に上越を出発し、粉雪舞う上信越道を南下。
途中除雪車の先導で徐行区間がありましたが、
いつもより+数分の小一時間ほどで山ノ内町到着。
山ノ内も積雪は大したことは無いですが雪が舞っています。

とまぁ定番となりました夜間瀬駅のネコ駅員訪問も兼ねて、
通勤通学客で混む夜間瀬駅で2Bから撮影開始。
IMGP7466_20110210201744.jpg
雪の中40‰の下り勾配を下ってきたのはA編成。
当日のA特急代走運用はA編成と言う事になります。
マークはいつもの鹿ピョンではなくさよならヘッドマーク。
最後が迫っていても黙々といつも通りの運用をこなしていきます。

107レ。
IMGP7520_20110210201743.jpg
知り合いが乗っているのでそのまま夜間瀬で撮影&お出迎え。
合流後は荒屋10号で302レを後撃ち。
この天気なので高社山は全く見えず、どうしても編成写真が主になります。

301レは湯田中入線を。
IMGP7513.jpg
スイッチバックも無くなり棒線化された湯田中駅ですが、
急勾配をえっちらおっちら登ってきてホームに滑り込むシーンは変わらず。
坂の下からひょこっと顔を出す瞬間が好きです。

IMGP7525.jpg
4Bは上条-夜間瀬間にて。
晴天時はド逆光になるポイントですが曇天なのでここで。
雪は舞っているものの路盤始め周辺の積雪はかなり少なく、
去年の今頃と比べると随分と過ごしやすい環境です。でも寒い…

3Aは夜間瀬橋梁で。
IMGP7533.jpg
薄日が差しますが全体的に霞んだ天気。
暖かい日々は当分先の事ですが、河川敷の桜はしっかりとつぼみを付けています。
桜が咲く頃、2000系はいません。
ゆけむりも1日に2度しか山ノ内線区間に来なくなります。

山ノ内に残留する予定でしたが天気もイマイチなので長野方面へ。
どこで撮ろうか悩んだ末、無難に村山橋の長野方アプローチで215レと5Aを。
IMGP7544.jpg
IMGP7554.jpg
2000系が続行で飛んでいきます。
平日中日だからでしょうか。人の姿は少なく思い思いのアングルで撮れました。
でも少々迷走気味か…

214レは村山発車を撮り219レは待たずに須坂駅前のレストラン「かねき」で昼食。
話には聞いていましたがなかなか訪問する機会が無かったお店。
オムライスが有名で普通のからカレー、味噌まで豊富なラインナップ。
初めてなので普通のを…とは行かず冒険してカレーオムライスを。
うめぇ!(・∀・)
参考:食べログ かねき
ボリュームも良く味も良し。須坂ではいつも食事に困っていましたが、
ようやくジャスコのフードコート以外のポイントが出来ましたw

その後は知り合い共々食欲を満たされ動けなくなり、
9A→14Aは須坂-湯田中間で乗車する事に。
A編成にゆっくりと乗れるのも昨日が最後かもしれません。
乗車記はまた別途。

最後の締めは228レ出庫と15B並び。
IMGP7648.jpg
一時期228レ出庫が遅くなり、もう並ばないかと思っていましたが、
再び元に戻ったとのことで行ってみるとばっちり。
2本の2000系がこうして通常運用で顔を合わせるのも今日を入れて3日。

当たり障り無い撮影になりましたが、ゆっくり定番をめぐれるのも
これが最後と思うと良かったのかもしれない。

つづく。

| 長野電鉄 | 23:44 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

模型いじり

この週末は休日出勤があったりしてどこも行かず。
しかも軽く左足を捻って痛いので尚更家を出る気になれずw

で、結局家でチマチマと模型いじり。
IMGP7462.jpg
買うだけ買って殆ど走らせる事も無く付属のパーツも付けずに
家の押し入れで眠っている鉄道模型。
最近小田急関係が続々と増えて収拾がついていません。
年末に5200形が来て新年に行きつけの模型屋で9000形の8連が
「モーター音がでかい」って理由だけで半額だったので飛びついたり。

IMGP7456_20110206214759.jpg
手始めに行き先と種別のシール貼り。
8連は「各停 本厚木」、6連は「急行 箱根湯本」を。
連結器はダミーカプラーからKATOカプラーに換装。
いつ見てもマイクロの小田急9000は良い顔をしています。
8連固定の中間に入るのっぺらぼうガイコツもまた良し。

IMGP7455.jpg
先頭の連結器は通常の運用で増結車と連結する新宿方の先頭のみ換装。
ここまで揃うとステンレスボディの1000形や3000形も欲しくなりますが、
グリーンマックスのキットを組み立てる「ずく」と時間が無く・・・
5200だけおにぎりマークが付いていて剥がしたいけど、
何か良い手は無いもんか…?
これから製品化される現行小田急製品は全ておにぎりマーク付きなのだろうか。
予約しているEXEにも印刷済みのようですし。

IMGP7457_20110206214759.jpg
IMGP7461.jpg
小田急と言えば異系列の併結。
KATOカプラーに換装しましたが連結面は思った以上に広く、
よりリアルな感覚を再現をしたいのであれば、
やはり金掛けてトミックスのボディマウントTNカプラーを付けるしかなさそう。

そして走らせる場所は相変わらず自宅のお座敷レイアウト。
片づけるのも大変だし長野界隈にも貸しレイアウトがあれば…と思う日々。

IMGP9665.jpg
実車。
10連固定運用が増え、同系列で10連組む事が増えてきていますが、
前後で車両が違うと言うのは小田急や京急の醍醐味。
車両同士の相性もあり乗っていて面白いなと思います。

| 模型 | 22:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

少し前の長野電鉄2000系

この一週間。
長野電鉄は2000系ラストが迫り、裏で屋代線廃線が決まったりと
何かと慌ただしい1週間となりました。

屋代線については「よくぞここまで走り続けた」と思うのが正直なところ。
先に廃線となった木島線以上に状況は悪かったはずで、
国鉄からの直通や貨物が廃止になった時点で役目は
終えていたと言っても過言ではない路線でした。

あそこまで通常の人の動線と外れた路線も珍しい。
長野市に住んでいても必要に迫られて乗った事が無いのですから。
鉄路が一つ消えゆくのは寂しい事ではありますが、
1枚1枚の切符に支えられなくなってしまった路線が消えゆくのは必然か…

さて、2000系の方はというと…
話を聞けば山ノ内線界隈を中心に連日お祭り騒ぎのようです。
猿特急デビューまでの代走期間を除くと、現行ダイヤでの運行もあと1週間。

今更飛んできて騒ぐ連中は何ぞ!?と思いますが、
無くなるとなれば何かしら形に残したいと思うのが人の常。
最後の最後で輸送障害とか起きないのを祈るばかり。

ってことで再掲もありますが過去の2000系でも。
d7c1.jpg
真夏の夜間瀬橋梁を駆け抜けていくA編成。
学生の頃は電車で現地に行って夏でも冬でも徒歩移動。
雲一つない炎天下の下、眩暈起こしながら撮影したりしましたが、
今それやれと言われたら耐えられるかや?w

301d.jpg
スイッチバック時代の湯田中。
手前の転轍をバックで越え長野へと出発する直前。

8eeb.jpg
踏切側から。C編成が停車中。
湯田中着の列車は一度ホームを通り過ぎてこの踏切をまたぐので、
何も知らなきゃオーバーランしてきたかと思った人もいるのでは?

IMG_0023.jpg
8500系入線の頃。
8500系2本導入と引き換えにB編成が2000系初の廃車となりましたが、
当時は特急をやめてしまうのかと一瞬焦りましたが、
その後HiSE導入が報じられ今に至る置き換え劇が始まります。

d4a4.jpg
須坂で並ぶC編成とD編成。
この新塗装は人気が無かったのか撮影者を見るのはホント稀でした。
古めの車体にちょっと斬新なストライプのミスマッチ感が良かったのですがw
りんごもマルーンも良いけど、またこの色を見たかった。

来週は平日に1発休みを取って撮影予定。
最後の記録となってしまうのかな…

| 長野電鉄 | 21:08 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

2011年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年03月