ずくなし

「ずく」が無いので庭を走る長野電鉄、183・9系以外あまり出てこないらしい。

2011年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年10月

≫ EDIT

9/30

今年もあの日から14回目の9月30日がやってきました。

IMGP0155.jpg
あさま廃止から14年目。
今では全く意味をなさなくなってしまった末尾「9」ですが、
そんな事関係なく今日も定期運用でかっ飛ぶ長野車。

当初の予定では10月より松本への転勤予定だったので、
今日明日と引越の予定でしたが、それも無くなったので例年通り
会社上がりに妙高に乗って小旅行。
毎度毎度バカだなぁとは思うのですが、9月30日と言う日付は意識してしまいます。
IMGP1227.jpg
一旦家で軽く夕飯を食べ358Mで二本木まで移動。
そこからは3329Mで直江津まで約30分の小旅行。
今宵の妙高9号はN101編成。
ここぞとばかりに出てくる両端183系の編成ですが、
狙ってくるようにも感じる憎めない編成です。
モハ188-28に身を委ね、当時の記憶を辿りつつ土砂降りの信越線を北上。
開閉可能だった頃の名残りが今も残っています。

新井、高田と主要駅で会社や飲み会帰りの人々を乗せ、
閑散としていた車内は大賑わい。
「血圧がさぁ~」とか「人間ドックでね~」と他愛も無い会話しつつ
189系で通勤できるなんて羨ましい方々です。

IMGP1235.jpg
直江津到着。
3329M以降は直江津で停泊し翌日の3322Mで上るので、
直江津では車内整備が入ります。
リズムよくシートを回転させつつ掃除機で掃除する様子を
見ていると「やはり特急車だな」と思います。

IMGP1237.jpg
14年前の今日。
「あさま」や「白山」を見送る人できっとにぎわったであろう直江津駅。
当時と変わらず今も毎日あさま色が滑り込んできますが、
それは「日常の光景」でもあり、なんだか「特別な光景」でもあり。

IMG_0019.jpg
当時と変わらずあさまの残党たちは今日も元気でした。
来年も再来年もその先も。毎年この日は同じような事してるんだろうなぁ。
スポンサーサイト

| 183・189系 | 23:15 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

秋深まる

台風が過ぎ去り一気に秋になりましたね。

IMGP0965.jpg
朝晩はすっかり冷え込みますね。

車に乗るようになったからかもしれませんが、
ここ最近めっきり寒さに弱くなってきました。
風が吹こうが雪が降ろうがどこへでもチャリンコで出かけていた
数十年前が信じられない日々。

季節の変わり目。皆様お体壊さぬよう。

| 雑記 | 23:59 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

車内散策11~485系新潟車T編成~

11回目のこのコーナー。
最近ゆっくり車内を撮影できる機会(時間的にも周りの視線的にも)に恵まれずにいましたが、
昨日今日のくびき野乗車で軽く撮影出来ましたので何枚か。
IMGP1148.jpg
と言う事で今回は485系新潟車T編成。
485系と言えば全国津々浦々、そこらじゅうで走っている万能特急車で、
数ある国鉄特急型の中でも抜群に知名度と人気度の高い車種ではないでしょうか。
そんな485系も定期運用が残るのは新潟地区だけとなり、
現在の新潟には485系が111両在籍(今月DJ誌より)しているようです。

ここの485系も生え抜き車もいれば各地から転属してきた車両もいることから、
183系列以上に車内のバリエーションが多岐に渡り、
編成はおろか、同じ編成でもユニット毎にシートが違うのはもう当たり前。
全て把握するには結構な時間がかかりそうです。

まずはクロハ481から。IMGP1156.jpg
ロザは半室になっていて、2&2の4列配置。
かつて新潟雷鳥用にGU3列G車が存在し、一部は3000番台にも編入されましたが、
今ではサロ481は形式消滅し、クロハだけに。

IMGP1157.jpg
T-16編成のクロハ481-1010は秋田から転属してきた車両のようで、
シートはオーディオユニット付きで、青森のはつかり等で使用されていたものと同一。
JR初期に発刊された車両カタログに乗っている写真と比べ、
シートモケットが新潟仕様になっているので別物のような雰囲気に。
オーディオユニットは金属製のプレートで埋没処理済み。
ピッチは一般G車の1140mmより広く見えますが、実際どんなもんでしょう?

仕切り板1枚を挟んでハザ部
IMGP1155_20110925230352.jpg
3000番台と同一の座面スライド付きシートになっています。
くびき野では指定席区画として販売されているので、
いつも自由席しか使わない自分にとっては縁の無い区画。

IMGP1154.jpg
ピッチは910mmのまま。
3000番台も910mmのままいじくっていないので、居住性は3000番台とイコールか。
このシート、スライド機構も含めなかなか座り心地が良く、
やや硬めのクッションと合わせ長距離乗るには個人的に◎
スライド機構があるだけで910mmのピッチでも余裕が感じられ、
何だかとっても不思議な感覚です。
そして、通常時は背ずりが直角なのは仕様ですね。
この状態で乗り通す漢はおらぬものかw

IMGP1158.jpg
商店街の床屋さんの入り口みたいな自動ドアを抜けると…

散髪台ではなくモハユニット
IMGP1160.jpg
R55系列とはちょっと違うように見えるシート。
形式は不明ですが新潟車では比較的多くの車両に見られ、
T編成に乗ってこのシートに当たった方も多いのではないでしょうか。

IMGP1161_20110925231918.jpg
センターアームレストは無く落ち着きません。
京都の出張帰りに北越で金沢-直江津を何度もこのシートで乗りましたが、
ちょいと柔らかめのクッションにズボッとケツが沈み込むので、
何度も着座位置を直す羽目になり、個人的には避けたいシート。
でも、乗ると大抵こいつなんだよなぁw
なお、背ずりはR51系列に負けず限りなく薄っぺらいですが、
お弁当が乗る位の背面テーブルはしっかりあります。

で、また別のユニットに移れば…
IMGP1128_20110925231917.jpg
今度はグレードアップ車。
1編成でシートが4種類もあるとかまぁカオスです。
くびき野に乗り慣れた人はGU車が組まれている4・5号車狙いする人もいるかも。
ベースとしては183系あずさとほぼ同等の設備になっていて、
天井はルーバー仕上げ、ハイデッカーも170mmの圧迫仕様。

IMGP1179_20110925231917.jpg
シートはGU車お馴染みのR55系列ですが、背ずりが薄っぺらく
ヘッドレストの張り出しが少ないので、あさまやあずさのとはまた違った趣。
ひとつ◎をあげたいのがさりげなく設置された鉄パイプのフットレスト。
足を延ばせないのが難点ですが、あると無いとではやはり違うものです。
さすがに170mmのハイデッカーは視点が高くなり、
一般車との眺望性の違いは目に見えて分かります。

かつて新潟雷鳥用に9連オールGU車の編成がいましたが、
真っ先に淘汰された辺りを見ると、バリアフリーが叫ばれるこのご時世、
このハイデッカーが仇では?と勘繰ってしまいます。
まぁ1500番台や初期車メインだったからだとは思うのですが。

今回はT-16編成から抽出しましたが、知っている限りではまだ数種類シートがあり、
完全には捕え切れていないのが現状です。
全国で最後の定期運用に入る485系。
ぜひカオスな車内を求めつつ、荒ぶる日本海を眺め直江津の
かに寿司でも頬張る旅に出てはいかがでしょうか。

| 車内散策 | 07:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

快速くびき野と妙高

昨日と今日。
初日に長野でブッ飛ばし過ぎたので新潟でおとなしくしていました。
今日は長野にでもすっ飛んで行きたかったのですが、
両親が祖母連れて新潟まで来るのでは留守にする訳にも行かず…

両日とも夕方に時間ができたので直江津-新井間でふとくびき野に乗車。
IMGP1116_20110925192315.jpg
やって来たのはカミヌターリ色のT-16編成。
昨日はもう1本のくびき野運用に四つ目のT-18編成が入っていたようですね。
5号車のGU車に実を委ね新井まで約20分の小旅行。

IMGP1125.jpg
沿線は稲刈りの真っ最中。
今年も新米がウマい時期が間もなくやってきます。食欲の秋ですよ!!

IMGP1138.jpg
ダイセル新井工場を右目に鉄道唱歌が流れれば終点新井。
16:23新井定着です。
程なくして妙高7号が新井駅に滑り込み…

IMGP1142.jpg
新井駅で並ぶ特急車。
直江津駅のMVで往復の切符を買ってあったので、
すぐに妙高に飛び乗っても良かったのですが今日はここで見送り。
車内を撮影したかったので。笑
そして17:01新井発のくびき野で再び直江津へ。
夕日に照らされ沿線で走りを撮っても良かったともいつつ、
久々に485系に乗れ満足な午後の一時。

そして今日25日。
両親と祖母も長野に帰り、買い物も終わったので昨日と同じ時間に直江津駅へ。
そのままT-18編成が流れてくるかなぁと思いましたが、
今日は昨日と同じカミヌターリ色のT-17編成。いつも定番の編成ですな。
小銭がちょうど直江津-北新井往復の料金(460円)ぴったりだったので、
北新井までの乗車。
IMGP1183.jpg
何もない北新井駅で下車。
天気は晴れでしたが急に悪化し小雨が降る中、
何にも無い北新井に降りるのは切ないもんが…

10分ほど田んぼの中の無人駅で時間をつぶして
IMGP1188.jpg
N102編成の妙高7号で直江津へ。
妙高も早いもので運転開始から間もなく14年目に突入。

IMGP1194.jpg
直江津に着くとホームで駅弁の立ち売り中。
ちょうど北越とはくたかが立て続けにやってくる時間なので、
駅弁屋さんも改札とホームの2ヶ所で立ち売り。
直江津駅の駅弁はなかなか美味いので是非一度ご賞味あれ。

思い立ったら189系や485系に飛び乗れる環境の上越。
そこは住んでて良かったと思う点の一つです。

| 183・189系 | 19:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

青ガエル観察

IMGP0056.jpg
ケロケロ。
昨晩は2発目の記事を書いて意識もどっかに飛んでしまったので、
日付を跨ぎ、実家の庭に棲みついているアマガエル…ではなく、
やっとこさアルピコ交通の5000系青ガエル撮影会の様子を。


当日は10時から撮影会開始なので7時半前に上越を出て、
高速で一気に松本へ。新潟は土砂降りですが妙高を越えると雨もやみ、
聖高原を越えたら青空が広がるいい天気♪
車は波田駅脇にある松本市役所波田支所に暫しの間おかせてもらい、
波田から新村までは松電に久々に乗車。
IMGP0969.jpg
波田駅に進入する3000系。
松電は電鐘式の踏切がいくつか残っており、波田駅の波田踏切もそれ。
カンカン♪と軽快な鐘の音が心地よく感じます。

波田駅に9時半過ぎに到着し駅前で時間をつぶし入場。
今回の撮影会は電車利用者は無料、その他は170円の入場券が必要。
目玉を設けて増収に繋げようという姿勢は良い事です。

IMGP0992.jpg
まずはED301
やや塗装が荒れ気味ですが今にも走り出しそうね。
前後に付けた大きなスノープラウがまたいい雰囲気出しています。

巨大ガエルvs人間
IMGP1004_20110924095054.jpg
巨大ガエルが新村の地を攻めてきた…!ではなく、
手歯止めを外すのにちょっと人力でカエルを動かしている図。

そして…
IMGP0984_20110924095054.jpg
見事な東急5000系です。
5000系引退後も松電カラーで新村車庫で眠っていた編成を、
緑1色に塗り替えて見事に東急時代を再現。
ヘッドライトも外部電源を引っ張ってきて点灯可能にしてあるので、
今にも走り出しそうな雰囲気です。

東急線内での活躍は1986年までで、当時生まれてはいるものの
幼少期故実車を見た記憶も無く青ガエルは今回が初。
渋谷駅前のリアルBトレインもカウントすると2度目か…w

幕は板のスライド。
レプリカながら実際の物に近いフォントで書かれているので雰囲気は◎
IMGP1012.jpg
急行元住吉行き。
元住吉駅が地上時代は検車区へダイレクトに入出庫ができたので、
多数設定されていた列車ですね。
川崎在住時に武蔵小杉駅で何度か遭遇し、
横浜に行きたいのに「使えない」と一蹴したもんです。
そんな元住吉駅も高架化で検車区へ入出庫できなくなり、
この元住吉行きも過去の行き先となってしまいました。

IMGP1026.jpg
急行サボのデザイン違い&桜木町行。
東急の桜木町もみなとみらい線元町・中華街駅開業に伴い過去の物に。

IMGP1031.jpg
カエルさんを正面から。
下膨れのプクッとした顔が可愛らしくも見え、
半筋がスーッと通ったイケメンにも見え。色々な表情が楽しめます。
幕は田園都市線のつきみ野。
現在の終着駅中央林間に辿り着くまで、徐々に区間延伸して行った田園都市線。
つきみ野止まりは76年~84年までの8年間見られました。
が、その時にカエルさんが田園都市線を飛んでいたかは…どうなんだろ?

11:03の新島々行きで波田まで戻るので会場を後に。
IMGP1036_20110924101943.jpg
3000系と5000系。
1時間ほどの滞在時間でしたがじっくりと5000系を眺められ満足。
松電の青ガエル、上田の湯たんぽ、長野の赤ガエルと3つのカエルが存在する長野。
一堂に集う機会があれば最高ですがそれは無理は話。

ED301と共に松電の目玉としてこれからも大事にされそうです。

最後になりましたが、改めて昨日お会いした皆様ありがとうございました。

| 地方私鉄 | 10:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

とりあえず朝陽で

23日3部構成の中盤。午後の長野電鉄撮影分。
今回は気まぐれですが時系列は新しいのから順に。

長電の撮影と言うと、飲み屋1発目オーダーの「とりあえず生で」みたいな
ノリで「とりあえず桐原で」とか「とりあえず朝陽で」と毎度行くパターンも
たまには変えないとなぁ…とぼんやり思いつつ、
午後も到着したのは結局朝陽-附属中学前間のいつもの田んぼ…(進化しねぇな)

今日のスタートは213レから。
IMGP1044_20110923231611.jpg
そろそろ稲刈りが始まるかと思い現地に行ってみましたが、
一部の田んぼは既に刈り取り済みですが、線路に沿った田んぼは未実施。
台風接近で随分と稲が倒れてしまいましたが、
色の付き方はより一層深くなり来週あたりには稲刈りでしょうか。

IMGP1050.jpg
秋の交通安全週間実施中なので、春の時と同様に8500系には
安全週間を伝えるエプロンが装着されています。
春は撮れなかったのでこの組合せは今回が自身初でござんす。

軽く牛丼屋で昼飯を済ませ再び附中の田んぼへ。
少し離れているうちに定番ポイントは大混雑しており、
その中に先週お会いしたzukkyさんの姿も。
ちょっと横の隙間から失礼して214レ。曇りました…
IMGP1053.jpg
今日の長野は昨日のラジオで聞いた天気予報では、
気持ちいい秋晴れと予報していたので、
もう新潟で仕事してる最中も身に入らずwktkしっぱなし。

で、天気予報を信じ期待して来てみるものの天気は微妙('A`)
昼も長野到着前は通り雨に打たれるわ、カメラ構えれば曇るわ・・・
予報とは異なる天候に右往左往。

zukkyさん、ありがとうございました。色々大変ですが頑張って下され!

IMGP1059.jpg
今日のお猿特急は久々の撮影となるお猿1号。
2100系は変なニックネーム付けてしまったばかりに、
E1編成、E2編成と正式な編成番号で呼んだ試しが無いな…ww

IMGP1062_20110923231608.jpg
鯨も黄金色の絨毯の上を快走~
分厚い雲もこの辺りから抜け始め一安心するも、

214レ折り返しの535レは晴れてしまうとド逆光…参った。
IMGP1068.jpg
そんなこんなで535レの朝陽場面では気持ちよく晴れたので後撃ちで1枚。
田んぼのあぜ道に咲いていたヒマワリは完全に終わり、
その横ではコスモスが咲き乱れていました。
が、この写真じゃよー分からんよねぇ…w

535レ以降は538レと217レの一往復が残っていましたが、
本格的な雨に振られてしまい撮影は断念。
時間をつぶしつつ先に記事をあげた189系10連回送へと流れた訳です。

9月分の撮影も今日がラストの予定。
10月も走るのであれば稲刈り後のハサ掛け、紅葉、リンゴと
晩秋の装いの中を走る姿を再び収めたいですな。

| 長野電鉄 | 23:41 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

長総周辺で。

9月2発目の3連休初日の今日。
一日時間を貰い朝から久々に激しく移動しつつ撮影してきました。
流れとしては松電→長電→長総。
記事として3発書けるのですがまずは最後の長総関係からうp。

IMGP1094.jpg
今日の残念賞(受賞者2名)
きっと同じ残念な1枚がウェブ上のどこかにあるはず(期間限定?)
詳細は改めて。

3連休初日と言う事もあり中央東線では下りの臨時特急が数本走り、
183・9系も2本ばかしが臨時便の運用に参戦。
そのうち、あずさ77号でかっ飛んできたH101編成が一旦長総へ入庫すると聞き、
長電撮影を早めに切り上げてポンちゃんラーメンでおなじみの踏切へ。
IMGP1093.jpg
これを数分前にお知り合いにメールし、ここで合流。
しばらくすると4丁パンタも誇らしげにH101編成が登場。
H101は大窓車以外はオリジナルの幅の赤帯を巻いているので、
シンボルマークがあれば国鉄~JR初期の頃の雰囲気が良く出るのですが、
マークが無くても長い編成はやはり貫禄があります。

時計を見ると3328Mとすれ違いがあるかなぁと北長野方を見ると、
あさま色がジワジワと接近してきています。
と2人でワクワクしながら構えるも、40km/h程度で流す10連が
目の前を抜けていくのは時間がかかります。
やっと抜けたと思った瞬間に3328Mがガーッと通過。

共に何の手ごたえも無くプレビューで撮影した画像を確認したところ…

爆笑!

まぁ似たような残念なタイミングでシャッターを切っており、
数打ちゃ当たるどころか売っても当たらない状態。
トップに上げた画像の経緯はそんな所。
189系が並んだぞ!と言う雰囲気だけは出せたでしょうか。

火ダルマ大師さん、楽しい一時ありがとうございました。

その後は長野総合車両センターの端っこで並ぶ面々を撮影。
IMGP1098.jpg
夕日に照らされる面々。
秋田から遥々長野まで最期の地を求めやって来た583系の姿が。
まさか583系が長野で最期を迎えるとは思いもよらず。
113系ももう間もなく見納めですね。

IMGP1100_20110923213939.jpg
113系の幕は「須賀線⇔武線」
隣の彩野はここ最近で動きが出てきたようで、
編成自体はTc+MM'+TcとMM'に分割されているようです。
特製のヘッドマークはおろか、装置自体が抜き取られているという事は…

IMGP1109_20110923213938.jpg
夕日に照らされるEF62-3
EF62+DD16+お猿になれなかったNEXの珍編成。
狭い敷地に189系、583系、そしてEF62とかつて上野駅全盛期の
1シーンを飾ってきた車両たちが一堂に会し、最後の同窓会と言ったとこでしょうか。

IMGP1106.jpg
EF62だけはこのまま仙人にでもなってしまいそうな?

そして…
IMGP1082.jpg
様々な復活説など噂が絶えなかった彩野ですが、
幕どころか運転台機器やワイパー一式まで撤去されています。
抜かれた部品は残った仲間へ残されるのでしょうか。
再起を願う人が多い中これが現実です。復活は厳しそう。

| 183・189系 | 22:08 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

長電バスの新車

そういやぁ9月20日はバスの日でしたね。
と言う事で、せっかく長電バスに新車が入った事ですしバスネタで1発。

先日、ホリデー横浜さんと長電2000系を追いかけている道中、
須坂駅前で一際輝くレインボーが1台。
IMGP0764.jpg
日野レインボーⅡの1103号車。
路線車は日野で統一している(一部例外アリ)長電バスですが、
今年も新規導入車はその信念を曲げずレインボーです。
いすゞエルガミオのOEMなので昔ながらの日野の雰囲気は皆無ですが…
須坂市民バスと合わせ、須坂駅に顔を出す長電バスは新車率が高くなり、
かつて長野市内から追い出されたお古がメインだった頃が嘘のよう。

6974.jpg
日野レインボーと言うと、丸目2灯のこいつを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。
昭和末期~平成初期に丸目2灯からMC版の角目4灯まで含めると、
かなりの数のレインボーが新車で導入されいた長電バス。
しかも冷房付き!
フロントに「冷房車」の札を誇らしげに掲げていましたね。

ec66.jpg
41218号車(写真はたぶん再掲)
対する川バスも新車でブルーリボンやエアロスターを導入していましたが、
非冷房で投入していたため車齢の割に短命な車両が多く、
もし冷房付きで導入されていたとしたら、41844や41845のように
今もリニューアルされ生き延びていたかもしれません。

見た目新しいのに非冷房と言うギャップに心折れた犀北団地在住時。
今だったら「萌え」みたいな対象だったのでしょうが(しょうもない奴です)

| バス | 23:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

T6編成8516号車スカート復活

昨年の11月中旬より少し前位の頃だったでしょうか。
8500系T6編成が車と衝撃する事故が起きたの。

IMGP1635.jpg
昨年11月21日撮影。
運用に復帰するも車との衝撃でフロント部分を損傷してしまい、
スカートとアンチクライマーが外された状態に。
他の8500系に比べると先頭改造で元々変な顔つきなのに、
更に変な顔つきになって出てきました。
この顔も部品調達とか壊れたスカートの修理が済めばすぐに見納めだ、
と思っていましたがなかなか直らないまま月日は流れ…

IMGP7628.jpg
A編成を見送りお猿特急を迎え入れ…

IMGP0958_20110920002250.jpg
一昨日撮影。
東急8000系のバッタもんみたいな顔つきも良かったのですが、
約10ヵ月ぶりに本来の顔つきに戻り、締りの良い表情が戻りました。
スカート一つでここまで表情が変わるか…!

そう言えば、新塗装時代のD編成も事故でスカートを外している時期がありましたね。
当時はごく僅かな期間だけだったような記憶がありますし、
川崎にいたので画像はありません。

| 長野電鉄 | 12:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

新駅名板

3連休最終日。
前半2日間で良い具合に暴走した疲れが出たのでしょう、
10時半までぐっすり爆睡し、お昼寝もしました(赤ちゃんか)
新潟は天気が悪く強風に霧雨と言う訳のわからん天気だったので、
昼寝で終わらしておいてもよかったかな。

IMGP8522_20110919232323.jpg
さて、9月11日の記事で桐原駅の琺瑯製の駅名板が消滅したと書きましたが、
消滅したのは長電の各駅で広まりつつある新駅名板への更新のためのようです。

IMGP0845.jpg
新しい駅名板のデザインはこんな感じ。
最近流行りのナンバリングも始めたようで、
長野線は長野を起点にN○~と振られています。
りんごの絵が長野電鉄らしくそして可愛らしいですね。

IMGP0847.jpg
駅舎側。
柱ごとにあった琺瑯製の駅名板も辛うじて1枚残存を確認。
新駅名板でも柱ごとに設置して、新「きりはらきりはらきりはら…」
なんてのも期待していたのですが、それは叶わずw

IMGP0857.jpg
分かりにくいですが上りホーム待合室にある琺瑯看板はそのまま。
ナンバリング対応の駅名板は須坂駅などでも確認しており、
これから徐々に拡大して行くかと思われます。
屋代線自体も屋代起点でY○で番号が振られていますが、
来春の廃線を控え駅名板が更新される事は無さそうかね。

| 長野電鉄 | 23:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2000系D編成@屋代線団臨

連休中日の日曜日。

昨日は中学の連中と日付が変わるまでカラオケ。
フリータイムで早朝5時までいられるプランだったのですが、
さすがに20代後半までいくと徹夜とか出来ませんね。
大学の頃は終電まで勤務→徹夜でカラオケ→朝勤とか
何の問題もなく平気でやってたのですがw

さて、昨晩のカラオケの余波で今朝は起きられないかなと思ってましたが、
7時半頃にすんなりとおきれてしまったので203レを撮影に朝陽へ。
今日は長電バス主催の屋代線ツアーが組まれていた関係で朝の1往復のみ。

毎度お馴染み朝陽。
IMGP0866.jpg
天気は昨日と打って変り気持ちの良い晴天。
203レの時点で朝陽-附中間は日がほぼ正面に向いてしまうので、
光線状態はあまり良いとは言えませんが、黄金色の稲+青空の組み合わせで
D編成を今年も抑える事ができ概ね満足。

少し待ってお猿特急。
IMGP0871.jpg
昨日に引き続き今日もお猿2号の登場。
NEX時代もモノサク辺りで田園風景の中を突っ走っていたので、
こんな写真を撮っても違和感が無い…とでも言いましょうか。
なかなか風景に溶け込んでいます。

で、この後は長電バスの団臨が走るであろうと踏んで屋代線へ。
初回の設定は催行中止になったようなので2回目も正直なところ
催行されるか不透明な面もあり、一か八かで向かいます。

飲料水も調達したかったのでまず信濃川田に寄り道。
IMGP0877.jpg
410レのO2と411レのO6。
川田で並ぶ鯨を撮れたのでD編成が来ないとしても結果オーライ。
駅で鯨同士が並ぶ姿も久々に見たなぁ。
天気も良く夏のような天気だったので非冷房の鯨は窓全開!

そんで少し屋代方面へ進んでトンネルの先で待つ事数十分。
踏切が鳴り出し遠くからダブルフォーンの音色が。
IMGP0879.jpg
おおお。

IMGP0887_20110918173639.jpg
回送でD編成が屋代方面へ向かったので、団臨は催行となったようです。
松代で定期列車と交換で長時間停車があるはずなので、
更に屋代方面へと進み・・・

IMGP0898.jpg
空が青くて気持ちよいね。
澄んだ秋空の下D編成は屋代方面へと駆け抜けていきました。
この時点で車載の外気温計は30℃…真夏かい!

返しの団体列車は俯瞰で。
IMGP0905.jpg
松代界隈は長芋の名産地。
この界隈は地質が千曲川が運んできた砂が堆積してできた平地なので、
稲作や果樹よりイモ類の栽培に適した地区となっています。
屋代線沿線、特に松代以南で田んぼをあまり見かけないのはそのため。
すくすく育った長いも畑を入れて気持ち良く俯瞰できるはずが、
通過直前になって見下ろしている界隈だけ雲が…!
1つだけポツンと流れていた雲が恨めしいw

そして最後は昼食の時間帯ですし入換でも見ようと須坂駅へ。
その前に1本列車が来たのですが…
IMGP0942_20110918175506.jpg
あぁ、8500系T4編成ね…って、あれ?
5両編成。
後ろに鯨がぶら下がっています。

IMGP0948.jpg
どうやら3500系N3編成が調子崩して救援となった模様。
「湯田中」幕を出しているので山ノ内封じ込めの1本でしょうか。
8500系の方は長野行きの営業列車で5連のまま2番入線、
3番へ据え付けされていた鯨が須坂から先を継走していきました。
小田急や京急で異系列併結は腐るほど見てきたので、
全然違う形式が連結していても何ら違和感はないのですが、
流石に8500系+3500系は驚いた。

IMGP0962_20110918175504.jpg
救援編成の驚きの余韻冷めぬうちにD編成の入換え開始。
本日の運用はこれにて終了です。

週間予報ではイマイチパッとしない予報だった今日ですが、
朝から気持ちよく晴れ運を使い果たした予感。
そして、長野から上越への帰り道。新井付近でゲリラ豪雨に見舞われ、
大渋滞の18号線でぐったり。
全てがウマくはいかないもんですねぇ。

| 長野電鉄 | 18:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今日もリンゴ狩り

3連休初日。
今日は中学の仲良い連中と集まろうって話になったもんで、
出撃許可貰って長野へ。
集まるの自体は夜ですが、昼間っから向かってしまうのはもはや定番。
土砂降りの上越を9時過ぎに出発し、天気は期待できないなぁと思いつつ、
今日のスタートは朝陽の田んぼから。
ここでホリデー横浜さんと遭遇、その後一緒に移動します。

IMGP0755.jpg
1発目は209レ。
先週よりも心なしか稲の色づきが良くなった気がしますが、
天気には恵まれずどんよりとした曇り空…
雨に振られないだけましだろうか。

お次の213レは村山橋の須坂方へ。
IMGP0762_20110917183012.jpg
そういやぁ210レって久々に撮影します。
大抵お昼時に引っかかる210レ→213レってお昼食べに出かけるか、
知り合いと雑談に花が咲き過ぎて忘れ去られる1往復でしたので…w
少し青空も見えてきて日も差してくるタイミングもあり、
天候回復の兆しが見えてきました。

IMGP0765.jpg
が、213レの頃には再び空はどんより。
213レの前に2人で昼飯を摂ったのですが、須坂駅1階のラーメン屋が臨時休業。
そのため、久々にジャスコ内のフードコートで昼飯。
毎度ながら安い割に十分うまいので重宝しますw
ちなみに、車庫で寝ているT6編成。
事故で長野方の8516号車のスカートは長らく外された状態でしたが、
久々にスカートが復活して元の顔つきに戻っています。
それでもやっぱり変なお顔ですよね。

IMGP0801_20110917183011.jpg
214レを須坂駅でお見送り。
213レ→214レ折り返しまで30分近く時間があるので、
久々にD編成の細部を観察する事が出来ました。

お次の535レは山登り。
IMGP0817.jpg
黄金色に色づいた田んぼをバックに俯瞰。
天気が良ければ山も入れて撮影できる場所ですが、
今日は山が雲に隠れてしまったので入れずに1発。
朝陽の田んぼも含め早いところですと稲刈りの準備が始まり、
タイミングが合えば稲刈りのシーンと合わせてD編成を撮りたいもんです。

IMGP0823.jpg
カメラを振って桜沢場内信号手前を行くD編成。
撮影中、農家のおじさんが軽トラで横を通過してきましたが、
急に車を止め何かと思えば・・
「良い写真撮れたかい?梨をあげるし食べて!」
ともぎたて新鮮の梨を1個頂きました。
美味そうな梨をありがとうございます!

IMGP0829_20110917185031.jpg
桜沢ではゆけむりと交換。
田んぼに囲まれた小さな駅で特急車同士が交換。
上にいても連接台車の独特なジョイント音がクリアに聞こえてきます。
停止位置の関係でD編成に電柱が突き刺さっていますが気にしないw

IMGP0839.jpg
538レは松川橋梁の小布施方で。
遠くからダブルフォーンが聞こえ気持ちよい速さで目の前を通過。
露出が無い時にこの区間で走りを撮るのは大変です。

〆の217レは桐原で。
駅舎の柱から姿を消した「きりはらきりはらきりはら…」はナンバリングされた
新しい駅名板に代わりましたが、以前のように柱には取り付けられておらず、
しつこい位の「きりはら」は完全に過去の物となりました。

流しリンゴ
IMGP0854.jpg
明日も走りますが朝の1往復だけですね。
予報を見ると明日は天気が良いようで惜しい…

新名物?
IMGP0859.jpg
あたしゃクリーニング屋の回し者ではございませんが、
こんな看板が設置されていたので鯨と一緒に1枚。
たまたま電車を見に来ていた親子は鯨を見て大喜び。
お子さんの将来が楽しみです(?)

今日も皆様ありがとうございました。

| 長野電鉄 | 19:02 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

113系回送@直江津

会社帰り。
千葉の113系が長野へ向かっていると聞き直江津駅へ。
9番線には113系8連が停車中。
入場券を購入してササッと撮影してきました。

IMGP0728.jpg
停止位置は元々入線する位置が撮りにくい事に加え、
今日はケツが電柱に引っかかってます。
辛うじて合間から顔がこんにちは。

IMGP0734_20110915223209.jpg
クハ111-1443
タイフォンが下に位置しているのが特徴の1000番台。
この特長ある顔をアップで撮れれば満足満足。
スカ色の113系と言えば、この1000番台顔を思い浮かべる人の方が多いかも?
JR東日本管内から113系が消滅しても、西日本に多数の車両が在籍しているので、
113系自体が消滅するのはもう少し先でしょうが、
この独特な顔つきが見られるのあと僅か…と思っていた矢先、
上田の夢ハウスがカットボディながら1000番台の顔を保存するそうです。
クハ183-21とまさか上田の地で久々の再会ですね。

fb9e.jpg
これを撮影したのいつ頃だろうか。
たぶんまだ房総特急で183系が現役だった頃だと思いますが、
沿線で待っている間に来る列車も撮影地への移動も113系ばかりで、
神奈川に住んでいながら東海道の113系よりも世話になった回数が多いかも>マリ113系
当時は「良くも悪くも国鉄形ばかり」と思っていた千葉も、
一気に世代交代が進みベテラン勢の113系も間もなく終焉。
209系の転用がなかったら今も113系が現役バリバリだった…かね?

しばらくして長野へ向けて暗闇へ消えて行きました。

ちょっと長居して北越7号もおまけに。
IMGP0741.jpg
運用も何も知らず待っていたら4つ目のT-18編成。
4つ目良いですね。

IMGP0743_20110915223207.jpg
直江津定時発車!
…と思ったら直後に非常引いて緊急停車。
10分ほど停車していましたが何事でしょうかね。

日付がかなり戻りますが先週金曜日の1枚。
IMGP0550_20110915225212.jpg
日本海。
ローズピンクのEF81に続く青い客車。
昔ながらのブルートレインの姿を今に伝える貴重な1本。

って事で直江津でお待ちしております(笑

| てつどう | 22:54 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

過去の写真から~115系~

9月になると何だか無性に過去の写真を漁りたくなるもので、
昨日も実家で何枚か古い写真を発掘してきたので数枚スキャン。

その中から今宵は115系とか169系などを簡単に。
IMG_0001_20110912233945.jpg
長野の4連169系と飯山線のキハ110。
撮影が98年12月なので169系が定期運用から撤退する直前に1発撮ったもの。
飯山線は新幹線開業と同時にキハ110に置き換えられているのですが、
当初は2両「ふるさと」と名乗る眺望車が存在していました。
越後川口へ向かい右側の座席を窓側に配置し、
千曲川沿岸の景色を見てもらおうという企画の車両でした。
が、正直ラッシュ時は詰め込みが効かず乗りにくいなぁと思っていたら、
いつの間にか一般使用に戻されていました。。。

んで、169系自体は98年12月改正で定期離脱となったのですが、
一部は115系リニューアルによる車両不足代走で2000年代前半まで
快速中心に運用に入っていました。

IMG_20110912233945.jpg
JRのようでしなの鉄道な115系。
97年のしなの鉄道開業に伴い松本区の115系がしな鉄へ譲渡されたのは
もう今更説明するまでもない事ですね。
開業から数年は今の赤いしな鉄カラーへの変更が全く間に合わず、
169系3本と115系1本以外は長野色にしな鉄のコーポレートマークを
貼り付けただけの簡易的措置で走っていました。

色はJR時代と変わらないのにJRマークに上貼りされたしな鉄マークを見て、
信越線の一部がJRではなくなったんだと見る度に思っていたもんです。

IMG_0002_20110912233944.jpg
屋代にいた長野色の169系。
先に触れた98年12月改正での169系離脱。
それに伴いしなの鉄道は2本の169系をJRから譲り受けることになり、
1本はS54編成として、もう1本はS55…とはならず部品供出用として
長らく屋代駅にて留置されていました。
元松本区のA6編成で、クモハ169-17+モハ168-17+クハ169-7の3連。
解体直前は貫通扉はしな鉄カラー、クーラーやライト類が外されるなど、
無残な姿をさらしていました。
外されたA6編成の部品は今も残る4編成のどこかで生きているのかね?

不定期で過去の写真を上げていきますが、写りはよくないので悪しからず。。。

| Play back | 23:55 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

初秋のリンゴ狩り2

さて、午後の部。

雑談会も14時でいったん切り上げ535レの撮影へと向かいます。
せっかくの信州中野行きですし須坂より先で撮ろうと思い、
一気に信州中野方面までひとっ飛び。

どこに行っても光線状態はうまくないので中野界隈で。
IMGP0688_20110911195102.jpg
ゆけむり通過。
本家では10041Fが運用離脱し早々と解体されてしまったそうで、
4本いたHiSEも10001FとここのS1、S2の3本に。
80年代後半に颯爽とデビューしたHiSEも当時流行りのハイデッカーが
後々に仇となるとは思いもしなかった事でしょう。

IMGP0700_20110911195101.jpg
535レ通過。
線路際に何か咲いていますがいつもの事ながら「何かの花」で片付け。
とりあえず「なかの何かの花まつり」

ちょっと戻って返しの538レは高社山を入れて。
IMGP0706.jpg
この辺りから雲行きが怪しくなり日が出たり入ったり。
定番と言うか何と言うか、通過時は曇り直後に太陽さんこんちは~
いつも思いますがここに来る時に限っては鼻炎に掛っていたいものですw

IMGP0715.jpg
所変わって朝陽の田んぼ。
ねこが姿を消し普段の姿に戻ったお猿2号が通過。
側面はラッピングをはがした跡がチラホラ。
そして田んぼも稲穂が頭を垂れ実りの秋も間近です。

IMGP0719.jpg
本日最終運用の217レはどんより~
空は積乱雲がチラホラ見えるなどまだまだ夏のよう。
まだどっちつかずな天気で撮影には一苦労。
また今月末辺りに来ればより一層稲も周りの景色も秋色が濃くなっているかな。

IMGP0724.jpg
犬と少年が空へ…と言ったシーンではなく。
不思議な天気です。

IMGP0725.jpg
夕方にある程度顔を出してくる3500系。
これから日も短くなりますし日中は1~2本しか飛んでいないので、
暫しの間捕鯨しにくくなりますね。

久々の長電撮影もここまで。
更に秋色が深まった頃に再訪したいものです。

お会いした皆様ありがとうございました。

| 長野電鉄 | 20:08 | comments:7 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

初秋のリンゴ狩り1

ふと振り返るとお盆以来約1ヵ月ぶりの長電撮影。

季節は巡り9月になりました。
朝晩もすっかり秋らしい気候となりまして、
さぞかし沿線も秋らしい風景が垣間見られるかなと思う日々。
と言う事で毎度お馴染み長野電鉄の撮影です。

カミサンは朝一の川バスで上京し友人と温泉旅行へ箱根行き。
RSEのスーパーシートに乗り、ギャーギャーはしゃいでいる
裏で旦那は長電沿線でリンゴ狩り。平和な夫婦です、色んな意味でw

さて、今朝は2往復目になる208レから撮影開始。
スタートは毎度懲りずに桐原から。
IMGP0657_20110911175211.jpg
ヒッチハイク?
T5編成の接近にテンションの上がる子を眺めつつ、
視線を右に向けると何か物足りない…

IMGP0661.jpg
「きりはらきりはらきりはら」が消滅!
勝手に「桐原名物」としてここでも何度か取り上げてきた駅名板、
きれいさっぱり撤去されていました。
あららぁ~・・・
1ヵ月来ないとこう言う小さな変化もあるんですねぇ。

IMGP0664_20110911175210.jpg
で、208レ到着。
広角で着々と新築物件が姿を現した桐原牧の里を横目に1枚。
D編成も当初の予定で行けば先月でさようならとなっていましたが、
延命によりこのニュータウン完成も見送る事ができそうかね。
何よりもこの土地を買って住まう方々が羨ましいw

IMGP0665.jpg
1輪でも桐原コスモスまつり。
まーた勝手に花があれば祭りとかやっていますが、
花々も徐々に秋の花が咲くようになりました。
もう少しすればコスモスも多くの花を咲かせているでしょうかね。

IMGP0682_20110911175209.jpg
返しの209レはこれまた定番の鐘鋳川踏切。
お前は桐原→鐘鋳川の動きしかできんのかと問われれば、
「はい」と言わざるを得ません。
が、定点観測として色々押さえておきたい2ヶ所ではあります。
今日も蔵春閣は静かに善光寺平を見守ります。

IMGP0684.jpg
引いて4点セット。
毎月のように各停代走に入るかは分かりませんが、
今後も週末を中心にD編成が運用に入るようであれば、
また城山の紅葉や雪化粧した城山と各シーズンの姿と合わせて
撮影する事ができそうです。

ここで一旦知り合いと合流しいつもの場所で昼食兼雑談会。
話は弾み3往復目はパスして14時頃まで雑談。
その後は535レを撮影しに遠方へ。

以降は午後の部へ続く~。

| 長野電鉄 | 18:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

二本木駅

今日。
休日出勤もないしカミサンも午後は仕事で家にいないので、
一人で車を洗うついでにちょっと撮影に。
(ついでの方がメインだったりするような、そうでもないような?)

ちょうど3325Mと3326Mがお昼過ぎに二本木駅で交換するので、
いつもの構内長野方、スノーシェード脇から望遠で撮るかと思い現地へ。
IMGP0570.jpg
時間があったので二本木駅に寄り道。
青い屋根が立派な木造駅舎。
そのまま駅周辺を散策していると移動する時間も無くなったので、
窓口で入場券を購入して駅構内で撮影する事に。

IMGP0628_20110910175626.jpg
出札さんに入場券を発券してもらうついでに、
スイッチバックの簡単な説明をしてもらいました。
構内の簡略図まで頂き予想外のイベントに思わずニヤリ♪

IMGP0579_20110910175442.jpg
まずは3326Mが先に姿を現し折り返し線に突っ込んでいきます。
ここからこうしてみると二本木を通過してく特急「あさま」そのもの。

IMGP0629.jpg
進路が開通し3326Mがバックを始める間際に長野方から3325Mの姿も。
タイミングによっては189系同士がきれいに顔を並べて入線!
なんてすばらしい光景が見られるかもしれません。
下り列車は二本木場内がYY現示なので非常にゆっくり入線。

IMGP0597.jpg
特急時代は定期で入線する事のなかったスイッチバックの二本木駅で並ぶあさま色。
一日に一度だけの大イベント(?)
乗降客自体は片手で足りるほどではあるのですが、
それまで静かだった駅構内が一瞬賑わいます。
ちなみに今日の3325MはN101、3326MはN102編成でした。

IMGP0608_20110910175440.jpg
IMGP0613_20110910180251.jpg
長野行きの3326Mを先に出し、3325Mがバックで構内を抜け再び下って行きます。
二本木駅も数年間に日本曹達への貨物列車が廃止となり、
スイッチバック駅である意味の大半を失ってしまったのですが、
ご覧のとおり前後を急勾配に挟まれている関係から、三セク移行後もこのままでしょうか。
今更更地を作って新駅設置と言うのも現実味のない話ですし。

IMGP0623.jpg
貨物扱いが無くなり、広大な留置線群は雑草が生え放題。
日本曹達の工場内への専用線は完全に線路がはがされてしまいましたが、
駅構内の留置線は一応生きているようで、信号も機能しています。
が、レールは完全に錆び列車が入線した形跡はなく…

IMGP0621_20110910180524.jpg
二本木駅が過去に貨物輸送を行っていたのをそっと語り継ぐかのように、
関連会社の建屋に掲げられた「保線」の文字入り看板。
国鉄職員だった祖父も二本木駅で貨車の入換をやったそうです。
当時は何度も死ぬ思いをする過酷な現場だったようで、
最盛期は相当な数の貨車を捌いていた駅のようです。

かつての賑わいとは程遠い様になってしまった二本木駅ですが、
最近はスイッチバックを見に遠方から来る人も多く、
信越山線の「名物」として新たな賑わいが起きているようです。

| 183・189系 | 18:22 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

秋の気配

ここ数日で一気に秋らしくなりましたなぁ。
会社や自宅、車でも毎日フル稼働だったエアコンも使わない日が出てきました。

珍しく仕事も定時に上がる事ができ外に出ると夕日がとてもきれい。
これは一発妙高10号をどこかで撮らねばならんと思い、
春日山まで車を走らせ会社帰りに1枚。
IMGP0538.jpg
黄金色に色づいた田んぼのあぜ道で待つ事数分。
直前までいい感じで夕日が辺り一帯を照らしていたのですが、
通過直前に太陽は雲の中へ…
「夕日+稲+夕日に照らされ側面ギラリな189系」
なんて構図を狙っていたのに。

今の時点で3330M迄なら日も沈んでいないので明日以降もチャレンジできそうですが、
如何せん仕事が定時に終わらない確率の方が高い罠付き。
とことん天気には振られる性格のようです。

| 183・189系 | 23:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

なーんにもない一日

日曜日。

天気が良ければカミサンと富山方面へドライブしに行き、
そのついでに富山地方鉄道も撮影してやろうなんて悪い事考えていたら、
台風の影響が残ってしまい富山は終日雨…
良からぬ事を考えるものじゃありませんね。

ってことで一日上越で何をするでもなくぼんやりしていました。
まあたまにはそんな日曜日も良いか。

何も写真が無いのも面白くない(いつもそんなに面白くないのですが)ので、
模型並べて妄想に耽っていたついで1枚。
IMGP0519.jpg
うちにいる183・9系たち。
可能であれば実車でこんな並びを見てみたいですね。
こんなの実車で目にした日には輸血が必要になりそうですが。

| 模型 | 23:38 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

オールM

今日は危険物乙4の試験日。
さりげなーく勉強をしていたのですが撃沈間違いなし。
免許の問題以上に言葉で引っ掛けてくるんで参りますわ。
日本語難しいね!

その帰り道。
ちょっと信越本線で撮影。
くびき野でも撮ろうかと高田-春日山間へ。
最初に飛んできたのは349M。
通常は115系6連の運用ですが、ファインダー越しに見る姿がどうもいつもより短い。
IMGP0458.jpg
あらまぁ、2+2の4連じゃないですか。オールM車の強力編成。
すっかり忘れていましたが今日は諏訪湖の新作花火大会開催で、
運用が一部変わっていたんですね。
349Mは直江津到着後に編成を分割して352M、354Mとして折り返すので、
4連が見られるのもこの349Mだけ。

IMGP0465_20110903224311.jpg
くびき野2号。
こちらは昨晩475系と並んで直江津留置だったT17編成。
今や貴重になった485系のGU車を2両含んでいる編成なので、
一度乗車して車内観察をしたいのですが、くびき野に乗る用事も特になく…

IMGP0474.jpg
直江津駅に戻り留置線で354M折り返し待ちのN58編成を。
短くて可愛らしい編成。模型でクモハ115+クモハ114なんて製品化しないかしら。

IMGP0481_20110903224310.jpg
はくたか16号が通過。
今日は前6連が北越急行車、ケツ3連が西日本車。
最近はくたかを摂るとかなりの確率で混色。
組成パターンが多すぎて大変です。

IMGP0483.jpg
352M
16時半だって言うのに太陽は暑い雲に覆われ露出が厳しい。
天候も回復する気配が無かったのでここで帰宅。
太陽が出てくれば3330Mまで粘ろうかと思ったのですが、
心折れました。

そして半月近く長野電鉄に足を運んでないのに気付く。
来週は時間が撮れそうなので日曜辺りに長電に行こうかな。
9月も土休日中心にD編成が走るようですし。

| 115系 | 22:55 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

夜の直江津にて

以前ちょっと記事に上げて今非公開にしてある転勤のお話。
正式に日程まで決まった段階でトケになりました。
色々な事情がありまたまた新潟残留となりました。
こう言う事もあるんですねぇ。
毎朝気持ちよくアルプスを眺めて深呼吸ができると思ったのにw

お騒がせいたしました。

で、昨日。
転勤がトケとなり夢を打ち砕かれたかのような(?)気分のまま、
会社帰りに直江津駅に寄ってみるとホームにカボチャ色の電車が。
カメラと壊れかけの三脚を持ちホームに行くといましたよ。
IMGP0423.jpg
突然湘南色へと戻された新潟の115系N2編成。
転勤前に1度だけでもその姿を見られたらいいなぁと思っていたのですが、
トケになった途端にこうして出会えるんだから不思議なもんです。
JRマークの貼り付けもなく国鉄時代の雰囲気は抜群。
パンタとかHゴムの色とか気にしちゃあダメです。

あぁ、新潟車だけど「エコー」とか「あずみのエコー」のHM付けてみたいw

IMGP0424.jpg
そんでも、なぜ湘南色復活なんだろうか?
碓氷峠を越えて群馬に行けば「また来たよ」の勢いで
湘南色の115系は走っているのですが、新潟界隈で見られるとまた一味違うかね。
4連口のL6編成も湘南色になり3連1本、4連1本の2本が走っていますが、
新潟の115系も長野に負けじと運用範囲がだだっ広く、
遭遇するのも、日々の地道な運用調査か運任せ。
L編成は直江津まで来ないしねぇ。

IMGP0425.jpg
千葉では間もなく113系が姿を消そうとしている中、
115系は勢いも衰えることなく第一線で活躍中。
113系の置き換えがひと段落するとお次は115系に着手となるのかな。

日付は変わって本日。
資格試験の勉強をしに近所のマックでしばし缶詰。
半ば諦めモードで帰宅するついでに再び直江津駅へ。
IMGP0439.jpg
翌朝の妙高2号に備えていったん火を落として休息するN101編成。
冬場は常時電源入れたままのようですがこの時期は落とすようで。

IMGP0447_20110903013053.jpg
デカ目と485系。
留置線やホームで一晩越す車両が全て国鉄形。
そんな駅もだいぶ減りましたよね。

IMGP0451.jpg
台風の影響で日本海やきたぐにが軒並みウヤになる中、
能登だけは予定通り運行。台風の影響、あまり無いと良いんだけど。

近々お別れかなと思った直江津界隈の車両群ですが、
残留となり今後もこのブログに出てくる機会は定期的にありそうです。

| 115系 | 01:48 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

てっぱくですが、メインはランチトレインです

とまぁやっとこさ日曜日の鉄道博物館の記事に辿り着く訳で。

万世橋の交通博物館時代もそうでしたが、
この類の博物館はふと何度も足を運んでしまう訳で、
てっぱくも開館からかれこれ4回目の訪問。
ちょいちょいと展示物が追加されたりイベントがあったりと、
飽きない工夫がなされている点はさすが鉄道博物館ですね。

Suicaでてっぱくへ入場です。
s-IMGP0300.jpg
0系は当初万世橋でD51と並んで屋外に展示してあったカットモデルのみでしたが、
大阪から先頭車を1両丸ごと持ってきて展示。
光前頭も再現されています。
団子っ鼻が光る0系もプラレールでしか見た事ありません。

IMGP0305_20110901211603.jpg
車内。
2&3で転換クロスシートがズラリと並んでいます。
このシートも座ってみると意外と座り心地が良いもんで、
短距離であれば十分なシートですが、これで東京-博多を乗り通せと
言われた日には湿布でも用意しないといけないかも。
ちなみに、このシートに座った事があるのですが、
0系じゃなくて169系長野車の快速みすずっていうオチ。

s-IMGP0298.jpg
資料コーナーで発見、長野電鉄。
2002年に廃線になった木島線の四ヶ郷駅の駅舎にくっついていた駅名板。
廃線後しばらく駅舎は残るも駅名板は早々と撤去されていましたが、
廃棄される事無く遠い埼玉の地で余生を過ごしていました。

IMGP0297_20110901211602.jpg
この並びは東横線でもあり長野電鉄でもあり。
8500系のデハ8501は同番号のまま長野電鉄で活躍中ですが、
鯨の3029は長野電鉄には譲渡されていない車両ですね。
6角形ベンチレータが美しい。

IMGP0273.jpg
そして183系0番台に搭載されていたLEDヘッドマークも収蔵されました。
しかも自分で指令機いじって好きな表示を出せるおまけ付き。
回送からホームタウン成田まで片っ端から表示させて
写真を撮るのも楽な事じゃないのですが楽しい。
房総特急で現役時は写真写りがあまり良くなく苦労したものですが、
こうして見ると幕の絵柄を可能な限りLEDで再現している力作揃い。
E257系もこれくらい表示してくれても良かったかもね。

そしてお外に出ると…
s-IMGP0270.jpg
鼻血モノ
設置当初は1両ずつ横1列に並べ、しかもクハの顔が拝めなかったランチトレイン。
てっぱく広場の開設に伴い配置が変更されました。
クハ+モハの2連を組み顔もしっかり拝める形となり、
もうこれだけを見にてっぱくに来たんだと言っても過言ではなく。
そしてC4の特徴だった塗り眉も健在w

s-IMGP0325.jpg
C4編成の編成札を掛けたまま「あずさ」幕を出しているので、
C編成使用の臨時あずさそのままです。
大学時代の2008年2月11日。
C編成の定期撤退が決まりあずさへの充当も最後かもと噂が流れ、
松本まであずさ76号を撮影に行きましたが、その時の編成がこのC4編成。
結局はC1とC2が残ったので最後ではなかったのですが、
勢いで川崎から松本まで飛ぶとは当時は若かった…w

s-IMGP0266.jpg
お隣は「さざなみ」
こちらも新宿さざなみでC編成の末期まで見る事が出来ました。
シンボルマークがないせいか、グリーン車付きの9連を組んでいながら
末期にならないと見向きもされなかったC編成。
貫禄はあれど地味だった編成がこうして余生を過ごすとは思いもよらず。
あくまで「飲食可能な休憩施設」と言った扱いになっているでしょうから、
館内の車両のように永久保存扱いにはならないのかもしれないけど、
いつまでも置いてあると良いなと思う一つ。

開館から3年以上が経過する鉄道博物館ですが、
今も親子連れで大賑わい。やはり休日はゆっくり展示物を見て回れず、
結局ランチトレインの183・9系を眺めて満足して終わり。

いや、ランチトレインが主の目的だったからこれでいいのだ。

| 183・189系 | 21:50 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

2011年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年10月