ずくなし

「ずく」が無いので庭を走る長野電鉄、183・9系以外あまり出てこないらしい。

2012年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年05月

≫ EDIT

189系回送2本

連休前半最終日の今日。
朝は7時に起きるつもりががっつり寝坊w
8時半ころに目覚め10時に家を出て久々に篠ノ井線方面へ。

3連休最終日ゆえ上りの臨時特急の設定が多く、
かいじ180号送り込みの長野車、あずさ56号送り込み田町車が
それぞれ午前中に篠ノ井線を上って行きました。

天気は曇り、姨捨の桜も昨日の風に吹かれいい具合に散り始め。
んまぁ季節には逆らえませんので姨捨公園定番で待機。
IMGP9299.jpg
と、その前に姨捨駅に到着すると彩が停車中。
前面ディスプレイの表示を見ると駅ビルMIDORI主催の電車で合コンとな。
最近はいろいろな合コンや婚活が流行っているようですが、
電車で婚活とは目新しい。鉄道好き向けかや?

IMGP9305_20120430203841.jpg
そして姨捨公園。1008Mしなの8号が通過。
線路脇の桜は散り始めてしまい今日明日が見おさめか?

IMGP9312_20120430203841.jpg
かいじ180号送り込み回送。
今日はN101編成。
N103は妙高運用、N102はしなの鉄道運用で本日フル稼働。
長野から甲府まで回送で向かいかいじ180号で新塾着後、
再び長野まで回送で戻ってくるので、回送行路の方が長い運用は相変わらず。

IMGP9325_20120430203840.jpg
姨捨で特急形同士の交換。1005Mは軽快に下って行きました。
なお、姨捨の上りホームは駅舎改修に合わせ、
ホームに展望デッキが作られました。
観光資源としての有効活用が着々と進んでいます。

IMGP9335.jpg
再び姨捨公園に戻り天竜峡行の快速みすずを。
3524Mの通過駅は安茂里、今井、みどり湖の3駅。
天竜峡まで乗り通すと約5時間。考えただけで腰が痛くなる。笑

IMGP9345.jpg
あずさ52号送り込のH101編成。
かつてあさまやあずさで9連、11連が当たり前だった183系列も、
特急運用を外れて以降6連を目にする機会が日常となり、
改めて10連を見るとかなり長く感じます。

その後は桜がイイ咲き具合の冠着駅へ。
姨捨SAのスマートインターから入り麻績ICの1区間を高速でワープ、
冠着駅に着くとちょうど冠着駅構内に滑り込んでくるところ。
姨捨SAにスマートインターが設置されて移動の自由度はぐーんと良くなりました。

IMGP9370_20120430205817.jpg
冠着で1007Mと交換し松本へ発車。
冠着の桜はちょうど見ごろ。撮影するのも4年ぶりか…
この咲き方であれば先行のN101編成もここで撮っておけばよかったかや。
と思ってもあとの祭り。
恐らく今シーズンの桜も冠着の桜が最後になることでしょう。

IMGP9376.jpg
1229M
篠ノ井線の日中各停に2連がぶち込まれる日が来ました。
長野‐松本間の旅客流動を見ていると、アルピコの高速バスが早々と
土休日の松本‐長野線ウヤで白旗を上げ、各停も間引きや両数減。
どうも公共交通機関ではしなのが独り勝ちの模様。
特急回数券を使えば+500円で済みますし、早くて快適を求めると、
多くの人はしなのに流れていくのでしょう。

IMGP9379_20120430205816.jpg
貨物はすっかり疎くなってしまいいけません。
列番不明、EH200が22番までいることすらびっくりレベル。

IMGP9384_20120430205816.jpg
1009Mは10連。
10連になっても自由席はケツ2両。毎度のことながら松本‐長野間の
区間利用客も多いので自由席だけ活況。
回数券利用であれば空席の指定席があれば座ることができるのですが、
知らない人は結構多いかもね?

撮影はここまで。
この後は知り合いY氏と筑北村の山奥にある安宮神社へ。
ここには石仏がずらーっと並んでいるので有名ですが、
その中に「猫神」が存在しています。

いった目的はもちろんその猫神様を拝みに。笑

夜間瀬の子猫駅員がすくすくと育ちますように。

そんなこんなで連休前半おわり。
スポンサーサイト

| 183・189系 | 21:16 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

長野電鉄沿線花めぐり#2

前回の続き。

桜沢俯瞰から転戦し、7Aのお猿の後を追う形で一気に信濃竹原へ。
夜間瀬川の堤防道路を回ってみましたが、
堤防の桜並木はほとんどが葉桜になってしまいましたが、
辛うじて一番線路側の山桜だけは花を残していたので一安心。
IMGP9202.jpg
お猿飛びだし。
あいにくこの時間帯から曇り始めてしまいました。

IMGP9207_20120429224503.jpg
315レの鯨。
この時点で車の車載温度計読みで気温26度。
どおりで暑いわけです。鯨も冷房装置を稼働させての運行でした。

IMGP9230_20120429224502.jpg
続いて毎度お馴染み夜間瀬駅。
318レ。
上の方では花が咲いていますがリンゴではなく梨でしょうか。
あ、夜間瀬駅では一つおめでたいことがありました。
それはまた別記事で。

IMGP9240_20120429224502.jpg
9Aゆけむり。
インカーブ側の梨畑は花が満開。
高社山の山裾はちらほらと満開の桜の木々が見られ、
すでに桜のピークは標高が高いところまで行ってしまいました。

IMGP9248.jpg
その後は大関踏切まで登って10Aゆけむり。
こちらも恐らく梨と思われる花が満開。
ざっと沿線をめぐってみたところ、桃と梨は花がちょうど見ごろで、
リンゴの花はまだこれから咲き始めといったところ。
山々の残雪量も随分と少なくなりましたが、まだキャリアにスキー板を
積んだ車が見られたので、志賀高原は春スキーシーズン真っただ中かね。

IMGP9255_20120429224500.jpg
しばらくして竹原で交換してきた317レも同じ場所で。
こちら側は桃の花。
ここに来る各停は3500系鯨ばかり。
長野線区間で鯨が恋しくなったら山ノ内まで来ればいいわけだw

IMGP9263.jpg
11Aお猿。曇ってはいれど高社山くっきり。
結局3列車同じ場所のアングル違いで済ませましたが、
疲れて車内でぐったりしていた結果です。
眠かったのでコンビニで軽く仮眠。
眠い時、疲れた時は無理せず休憩。鉄則です。

山ノ内線区間での撮影はここまで。
次来る時はリンゴの花が満開のタイミングを狙いたいものです。

帰り道、昼間に寄った桜沢へ再び。
IMGP9278_20120429230134.jpg
平地や山裾で見事なくらいに花が咲き乱れていたので、
真横からの光線状態が良くなる夕方に再び訪問。
中野止まりの13Bが通過。

一旦須坂駅により今更ながら買いそびれた記念切符を買い、
実家へ帰る途中で朝陽定番に寄り道。
IMGP9286_20120429230133.jpg
16Bまで陽が陰っていても余裕で撮影できる時期になりました。
本当に陽が伸びましたねぇ。
そして、毎年必ずこの場所に僅かながらも花を咲かす菜の花。
場所が場所なだけに誰かが種を撒いて育てている…というわけでなく、
どこからともなく飛んできた種子が花をつけて、
それ以来完全にここに根付いたのでしょう。

と、今日の撮影はここまで。
明日は午前中だけどこかに出かけてみるかね。

| 長野電鉄 | 23:15 | comments:7 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

長野電鉄沿線花めぐり#1

連休前半2日目。

今日から連休後半までカミサンが神奈川の実家へ帰省したので、
前半はフリーとなりました。
会社がカレンダー通り5/1・2は出勤日なので、先に帰省しててもらう形。

朝9時の川バスで新宿へと向かい、こちらはその足で長電沿線をふらふら。
長野市街地では先週の時点で桜は見ごろを迎えていましたが、「
これからの季節、桜が終われば果実の花の季節です。

そんなこんなでまずは旧屋代線信濃川田駅。
IMGP9115.jpg
川田の桜は9割方散ってしまいましたが、まだ少しは花が残っています。
桜の老木と第一線から退いたA編成の組み合わせ。
来年もこの組み合わせは見られるのでしょうか。

IMGP9107_20120429212554.jpg
オー1編成の脇では桃の花が見ごろ。
桜よりも濃い色合いで好きです。
外部からこう抜くと営業列車に見えなくもないのですが、
よく見りゃパン下げ、ヘッドライト未点灯、錆の浮いたレールで
廃線後の姿と分かります。早いもので廃線から1カ月が経過しようとしています。

そのまま車を北上させまずは松川橋梁手前の築堤。
昨年は逃した桜はどんなもんかと寄り道してみればイイ咲きっぷり。
IMGP9136.jpg
IMGP9155.jpg
5Aゆけむりと526レ
周辺のソメイヨシノが軒並み散った後なので、
築堤脇のこの桜の大木は種類が異なるのでしょう。
近寄って見られないので種類までは分かりませんが・・・

さらに北上して桜沢駅構内で525レ。
IMGP9154_20120429212553.jpg
あー、今年も間に合わなかった。
ホームに降り立てば風に吹かれ、桜ヒラヒラ舞い降りて落ちて。
桜も満開の姿を撮影できるに越したことはないのですが、
葉桜になりかけの姿も嫌いじゃないよ。

その後は山登りして桜沢俯瞰。
IMGP9157_20120429214519.jpg
上から見下ろせば沿線は桜、桃、梨、りんご、菜の花など一気に花が咲き乱れ、
やや霞んではいたものの黒姫や妙高も見通せました。
思わず息をのむ絶景。何度見てもいい光景。

IMGP9166_20120429214714.jpg
遠くから連接台車のジョイント音が聞こえ始め、しばらくすると8Aゆけむりが通過。
俯瞰ポイントまで登ればまだ桜の花もいい付き方していますが、
撮影時点で桜吹雪を喰らいながらの撮影でした。
そりゃバカみたいに口あけてぽカーンとしてりゃ、
口内に花弁が入ってむせますわ。

IMGP9187.jpg
530レ
手前に1輪ぽつんと咲いてる花にフォーカスし1枚。
新規導入のDA17-70SDMのボケ味は従来所有のレンズより良く、
構図うんぬんより新レンズの写りに満足。自己満足もたまにはいいよね。

で、去年から騒いでいた植物図鑑はまだ買っていませんので、
前での黄色い花は何かよくわからぬまま。
図鑑っていざ買おうとするといい値段するのよね…笑

IMGP9188.jpg
7Aお猿特急。
デビューから2度目の春。もうすっかり長野の電車です。
ゆけむり同様赤と白の配色は俯瞰でも視認性抜群。

桜沢俯瞰はここまで。
さらに進み山ノ内線区間まで突入します。
#2に続いてみます。

| 長野電鉄 | 22:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

夜の直江津

単語の上に「夜の」をつけると…なんてしょーもないネタがありますが、
タイトルのように直江津の上に夜をつけたところで、
寂れた飲み屋街しか思い浮かばない訳ですが。

と、のっけから脱線していますが、GWを明日に控えた今晩。
会社がない、連休、寝坊できるの3条件が揃いましたし、
久々に直江津駅で撮影なんぞしてきました。

まずは3325M。(やはり無意識に3329Mと書いてしまいますが…)
IMGP9021.jpg
今宵はN101。
日中の妙高もN101が飛んでいましたので、
3326Mで長総入庫後に車両差し替えなく続行で入ってきました。

IMGP9049_20120428020543.jpg
入庫。
普通転轍標識と一緒に。

IMGP9029.jpg
デカ目475系。
蛍光灯の光が鈍く光る車体。
汚れていると言う事もありますが、ボコボコの車体表面などを見ると、
貫禄とかそんなのを通り越して哀愁が漂っています。
IMGP9028_20120428021456.jpg
全国的に見て純粋な国鉄形のデカ目が見られるのも北陸だけになったかや。
デザイン的にはシールドビーム派ではありますが、
ロービームのボンヤリ点灯は好きです。

ここでいいったん家に戻り再び日付が変わるころに直江津駅へ。
ちょうど秋田から485系の団臨があるとDJに記載されていて、
もしかしたら4番で停泊している485系と並ぶかな…と期待していくも、
定刻になっても10分経っても来やしない
後々に分かったことですが新402は設定取消となったそうで、
そりゃいつまで待ってても来る訳がねぇ。

485系が来ないならそのまま急行きたぐにまで待機。
IMGP9060.jpg
3月改正で臨時便格下げになった急行きたぐに。
編成は7両編成まで短縮されましたが、583系は健在。
直江津から乗る人も多く需要はあるようで。

また、4番にはライナー運用の485系が。入庫せずホームで停泊。

IMGP9051.jpg
きたぐにより先に直江津に滑り込んできた24系6連の団臨。
帯色がチグハグな青森車。2年前に落ちた北陸を見ているよう。

IMGP9075.jpg
ニコニコ超会議号。
DJ見て「なんぞ?」と思いその団臨の趣旨をカミサンから教えられるあたし。

幕張メッセだかでニコニコ動画のイベントがあるそうで、
関西からそのイベント参加する者用の団臨だと。

先頭EF81-108には特製ヘッドマーク取り付け。
HM無ければ天理臨とかその類とそうそう変わらないのですが、
今回はHMが付いたもんだから直江津駅激パ。
ヘッドマークの威力恐るべし。

IMGP9076_20120428021456.jpg
久々に「キワモノ」を撮りに行ってみましたが、しばらくはお腹いっぱいです。

そんなこんなで久々に夜の直江津駅ネタでした。

| てつどう | 02:38 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

長野電鉄点景#44

忘れた頃にふと立ち上げるこのコーナー。
いくつまでやったか記憶も定かではないほど穴をあけていました。

ってことでゆるく#44

2000系新塗装と銀鯨。
IMGP6112.jpg
長野駅の支柱に掲げられている非常時の避難誘導掲示。
列車からの脱出方法に描かれた電車は帯ナシ3500系と2000系の新塗装。
随分と前から掲示がありますので、オー6というよりは、
赤帯幕前に運用に入ったL3編成・・・いや、須坂の部品取り鯨か?w

イラストで見てもやはり赤帯があった方が締まりある顔つきだな、と思う。

| 長野電鉄点景 | 22:42 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

信越山線も桜が見ごろ

前回は長野電鉄の長野市街地で満喫した桜ですが、
続いて信越本線直江津界隈もちょうど見ごろを迎えました。

直江津界隈も桜の咲きが遅く、夜桜で有名な高田公園も先週末に
ようやく開花、観桜会も期間が1週間伸びるほど。

ってこたぁちょうど今が見ごろだって張り切り、
昨晩カミサンと高田公園まで見に行ってみるも、すでに葉桜だったんですがね…
どうも今年の桜は咲くのが遅い割にピークが短いのが惜しい。

そんなこんなで沿線の桜を。
IMGP8946.jpg
公園の桜並木を横目に駆け抜ける妙高。
N102編成も出場から2ヶ月が経ちますがまだまだきれい。
昨秋のN101編成を皮切りに、3編成がこの半年で一気に入場。
ちょうど桜の時期に3編成ともきれいな姿という点では、
今年の春はちょっと気合いが入ってしまいます。笑

IMGP8962_20120425230630.jpg
昨年は花の付きがイマイチだったダイセル脇。
今年はお見事!
新井から先、標高の高いところまで来ると開花もまだなところが多く、
もう少し先まで桜を楽しむことができそうです。

ところ変わって北陸本線谷浜。
IMGP8968.jpg
こちらも線路脇の桜並木が満開。
そんななかやってきたはくたかは北越急行車9連。
赤い681系に桜の組み合わせはよく合いますね。

IMGP8980.jpg
北越。
相変わらずやってくる編成が運だめしの北越。
T編成が来るか、K編成が来るか、R編成が来るか…?
この日は3000番台のR‐22編成。
撮ると3000番台、乗るとT編成、K編成はどうも巡りあわせが良くない。

IMGP8978.jpg
413系。
ウテと添乗(新人の指導?)のびしっと決まった指差し確認と桜。
先日久々に関西へ出張に出かけ、延々と直江津から北陸本線を
列車に揺られてきましたが、随分と減りましたね急行形。
521系も徐々に増えてきているようですし、国鉄形ローカルもいつまで見られるか。

ま、正直なところ乗るのであれば2両だろうがトイレが綺麗な521系の方がいいのですが。笑
(2両すし詰めよりトイレを取るほどお腹弱いので尚更)

さ、話がずれましたが。
今週末、信越山線の桜前線はどこまで進むか。
連休前半の楽しみの一つ。

| 183・189系 | 23:30 | comments:2 | trackbacks:1 | TOP↑

≫ EDIT

2000系と桜

日曜日。

昨晩は城山公園へ夜桜を見に行ってきたわけでうすが、
前回記事に記載の通り天候が崩れる予兆なのか強風に吹かれての夜桜。
日中との気温差にやられたのか今日は昼過ぎまで実家でぐったり。
暖かい布団から抜け出せないという日も久々。

昨晩のデータから1枚。
IMGP8908.jpg
夜空に浮かび上がる蔵春閣。
なんとかっこいいんでしょう。
夜桜より蔵春閣を見ていたほうが楽しかったかも…
なんてぬかしカミサンを怒らせたのはここだけのお話。笑

いえいえ、桜も大変きれいでした。

が、日曜日は引き続き強風でかつ雨が降る悪天候。
昼過ぎにのこのこと出かけるも、昨日満開だった桜の木々からは
花弁がビュービュー飛ばされていくようなありさま。
花弁もヒラヒラ舞うなら絵になるのですが・・・

IMGP8916.jpg
須坂車庫脇にある桜の老木と2000系D編成。
去年に続き花のつき方は悪いのですが、なんとか花をつけてれました。
2000系と桜を一緒に見られるのも今年が最後かな・・・。

D編成は先週から大きな変化はないのですが、幕は白コマに回されました。

IMGP8926.jpg
オー編成も相変わらず隅っこで動かず。
OS11も車体の退色がだいぶ進みましたね。

今日はここまで。
今年の桜は一気に満開になり、一気に散っていく。
とても慌ただしいったらありゃしない。

| 長野電鉄 | 23:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

桜満開

晴天に恵まれた土曜日。

今日はマイカーのリアディスクブレーキ補修作業のため、
朝から長野へひとっ飛び。
車も総走行距離13万キロも越えてくると、
6ヶ月ごとの点検でボロばかり出てきてもうらしい・・・

入庫前にちょっと寄り道。
まずは村山橋の千曲川右岸側。
IMGP8730_20120421234110.jpg
お猿特急2B。
バックにうっすら飯縄山、百々川沿いの桜は5~7分咲き程度?
とまぁ右岸側は今朝の時点ではまだ満開になってはいなかったのですが、
今日の暖かさで一気に開花したかもしれません。

長野市街地。
IMGP8747.jpg
眼科前の1本桜。
長野市内まで入るとほとんどの桜が満開。
どうやらおとといあたりから咲き始め一気に開花したとかで、
今年の桜は開花時期を焦らす割に咲き始めからピークが早いですね。

IMGP8757_20120421234109.jpg
本郷駅停車中の( ゚∀゚)o彡゜鯨・各・停!( ゚∀゚)o彡゜L2・各・停!
ダイヤ改正後も206~203レの運用はL2が入る模様。
民家の軒先にある小さな桜、今年もしっかりと開花。
木は小さいけど花のつき方はボリューム満点。

それよりなにより鯨の姿を長野口でほとんど見なくなりました。
8500系が天下を取る日もそう遠くないのか!?

IMGP8774.jpg
毎度お馴染み鐘鋳川踏切より。
城山公園界隈の桜も開花、そして満開へ。
朝時点では蔵春閣周辺の桜もまだ咲き方が弱いように見えましたが、
こちらも昼間の暖かさで一気に開花したかや。

ここで車をディーラーに預けいったん離脱。
5Aと6A@信濃吉田より沿線へ復帰。
IMGP8812_20120422000056.jpg
Theド定番、第22号踏切側。
信濃吉田の変電所脇も見事な満開。

IMGP8833.jpg
Theド定番、中電踏切側。
正午も近付くとだいぶ気温も跳ね上がってきて汗ばむほど。
今日は車がないのでこの後は沿線を徒歩で散歩。
長らく慣れ親しんだ街も久々に歩くとなんだかとても新鮮。

IMGP8846.jpg
T4と桜。
桜に限らずタンポポ、オオイヌノフグリ、姫踊子草など小さな植物も咲き乱れ、
今年も無事に春がやってきて一安心。
明日は天気が崩れるようなので、この満開の桜も長くは続かない…
かもしれない。

IMGP8857.jpg
午後はお知り合いとお昼。
久々にアゲイン行ったり平安堂で本を眺めつつ、
リアディスクブレーキがピカピカになって戻ってきた車を受け取り。
その足で信濃川田に行ってみるとホーム脇もいい具合。
列車は来なくても桜は変わらず。

IMGP8906_20120422000054.jpg
仕事を終えたカミサンが信越線で長野に来たので、
駅で拾った足で城山公園で夜桜観賞。
風が強くて夜桜の写真なんか撮れたもんじゃない…
たまにはカメラを置いてゆっくり目で楽しめ、ということでしょうか??w

さぁ、桜前線の更なる北上が楽しみです。

| 長野電鉄 | 00:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

桜前線北上中

相変わらず上越でSBCラジオを聴取しているわけですが、
ようやく長野県も松本以北の各地で桜の開花宣言が聞こえるようになりました。

新潟もようやく咲き始めでようやく待ちに待った春が来た気分。
長野の見ごろは来週中旬あたりかな。
IMGP6668.jpg

| 長野電鉄 | 22:01 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

屋代線代替バス

4月1日より屋代線の生まれ変わりとして走り始めた長電バス。

屋代須坂線。

旧屋代線に沿う一般道を須坂からひたすら屋代まで走る路線で、
バス停の数は50か所近く、全線通しで乗ると1時間20分かかるなど
乗り応えは長野市界隈の路線バスではピカイチ。

簡単ですがバスの様子をば。
IMGP8569.jpg
松代駅前に進入する1138号車。
窓枠銀サッシのニューエアロスター。ワンステ車でござんす。
木島の326号車以来久々の三菱車。

余談ながら、看板だけ残る「ラーメン2000」。
店が健在であれば屋代線撮影の時に、あまり昼飯に困らなかったのですが…笑

IMGP8572.jpg
ざっとシート等を見る限り川崎市営からの移籍車でしょう。
ちなみにこの便は屋代発松代止まり。
松代駅でいったん乗客を降ろし、松代発須坂行の便に乗り換えになります。

IMGP8579.jpg
1138号車が回送で出ていくとちょうど1131号車が回送で松代駅へ。
IMGP8584.jpg
駅前でぐるっと方向転換をして松代発須坂行の便に。
こちらもニューエアロスターの1131号車ですが、
こちらはノンステップで、どうも出所は小田急バス。
2000年代新車登録の中古車が出てくる時代になりました。

松代駅舎脇には1138号車が休憩中。
運用の都合かと思いますが、松代で分断は何かと大変そう。(乗客も運行上も)

IMGP8631_20120416221155.jpg
信濃川田駅前で客扱いする1122号車。
こちらは元川崎市営の日野ブルーリボン。
鷲ヶ峰営業所や井田営業所の所属車でよく見た形態です。

大学生時代に住んでいた地域を走っていたバスたちが、
第二の車生を送るべく着々と長野に集まり、
中には一度乗った事がある個体もいるかもしれない。

IMGP8643.jpg
須坂屋代線とは別に、屋島線の一部が綿内駅まで延長され、
長野駅発綿内駅行きの便が新設されました。
1135号車は新車導入の日野レインボーⅡ。

屋代線代替絡みで新車4台、中古4台の計8台が配備されたことになります。

さて、マスコミやネットでバス代替の不便さが前面に出され、
どうもいただけない面はあるのですが、まずは順調に走り始めた屋代須坂線。
鉄道が存続できれば一番なのは間違いないのですが、
こうなってしまった以上、後を継ぐバス路線の末永い運行を願うばかり。

さ、天気も良くなってきましたし路線バス1時間20分の旅にでも出ますか。

| バス | 22:43 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

近場で

今日日曜日は上越でぐだぐだと。
予定なら花見でも・・・と思いましたが、今年の桜は咲き始めが遅く、
夜桜で有名な高田公園もまだつぼみのまま。

うーん、長野も上越も来週末が見ごろか。また天気悪いんだけど…

そんなこんなで今日は一日買い物。

ついに買い換えました、2年半使っていた携帯電話。
とうとうスマートホンになりました。
10数年来使ってきたガラケーと呼ばれるモノからスマホへの進化。
慣れないタッチパネルと現在進行形で格闘しています。

そしてカメラのレンズも1本新品を買い増ししてしまいました。
PENTAX純正のDA17-70mmF4 AL IF SDM
メーカーオンラインショップで安く手に入りました。
17-70の標準ズームで絞りは全域F4通しなので何かと重宝しそうです。

と一気に散在した感が漂っていますが、
金を動かさないと日本の経済は良くならんのですよ!
と言うことにしておいてくださいw

んでは今週末記録分から妙高やら長電の写真を。
IMGP8711.jpg
IMGP8710.jpg
本日の3328・・・じゃない、3326MはN102。
減便で1段落ちているのを忘れていました。

3月改正で妙高減便となり、2本使用1本予備の運用になるも、
うち1本は朝のしなの鉄道運用をこなし、日中は小諸で昼寝していると。
随分とせわしない運用から一転、余裕綽々の流れとなりました。
妙高も3往復で実質走りを撮影できるのは5本。
随分とさびしくなりましたが、走り回っているだけ良しとしましょう。

IMGP8665.jpg
こちらも改正で活躍の場が大幅縮小となった長電3500系。
長野-信州中野間の各停運用は8500系で回していて、
長野口で鯨に出会えるのも一日に数回。

IMGP8670_20120415222136.jpg
春の全国交通安全運動実施中。
昨秋に続き今春も8500系にエプロンが取り付けられました。
黄色と黄緑の2バージョンあります。

と、今週のお鉄は薄味程度に終わりました。

| 183・189系 | 22:39 | comments:0 | trackbacks:1 | TOP↑

≫ EDIT

屋代線その後#2 4/14 信濃川田・綿内

屋代線廃線後の様子。続いては信濃川田と綿内。

信濃川田は廃線初日4/1の時点で簡単に記事にしましたが、
2週間たったところで改めて。

IMGP8637_20120414225724.jpg
駅舎は松代同様に最終日のまま。
沿線住民の作品も掲示されたまま、ホームには2000系据え付けと
廃線の実感がわかない光景ではありますが、一種の放置か…?

IMGP8628.jpg
駅舎内はバス待合室として利用。
ホームへの扉は開いていますが、「私有地により立入禁止」の貼り紙が貼られ、
実質ホームへの出入りはできなくなりました。

IMGP8600.jpg
相変わらず。

IMGP8617.jpg
旧学校近道踏切より。
デハニ201や羊羹電機502号機にもブルーシートがかけられました。
川田から逃げることのできないA編成、鯨オー1、旧型4両。
運命や如何に。

IMGP8638.jpg
綿内駅。
こちらの何ら変化なし。
元々駅事務室が公文の教室に使われているので、
綿内駅はしばらく現状維持かと思っていていいのかな。

IMGP8645_20120414225721.jpg
構内踏切が駅の東西を結ぶ通路役も果たしているため、
駅構内への立ち入りは見た範囲では禁止されていません。
パッと見で現役時のような光景ではありますが、
出発信号は滅灯、遮断かんは外されてます。
変電所は言うまでもなく物音一つ立てず。
ビーッと機器が鳴り続ける特異な雰囲気はどこへやら…

IMGP8657.jpg
IMGP8656.jpg
2000系D編成は変わらず車庫の脇でお昼寝。
今日は通電していませんでした。

主要駅のみしか回れませんでしたが、駅周辺はとにかく静かです。
が、それがいつもの光景なんですよね。
末期の賑わいは特需。

| 長野電鉄 | 23:15 | comments:0 | trackbacks:1 | TOP↑

≫ EDIT

屋代線その後#2 4/14松代駅

朝から雨ふりの土曜日。
今日はマイカーの6ヶ月点検でディーラーに車を預け、
午前中は駅前でぶらぶらし、昼飯はいむらやの焼きそば。
地味~に値上げしましたね>いむらやの焼きそば。

午後は車を受け取り廃線から2週間がたった屋代線の様子を。

まずは松代。
IMGP8558.jpg
駅舎は全く変わっていません。
駅舎の中はバスの待合室として使われているので入れる状態。

IMGP8564.jpg
最終日、長蛇の列を作った出札口は閉ざされています。

IMGP8560_20120414192440.jpg
ホームでは看板類の撤去作業中。
廃線から2週間しか経っていないので、鉄路の面影はとても濃く残るも、
看板類など細かいものから徐々に撤去されていくのを見ると、
ようやく実感が湧いてくるものです。

IMGP8586.jpg
きゃんきゃん甲高い構内踏切が鳴りだしそうな雰囲気ですが。
綿内変電所も稼働停止となりましたので全電力停止。
出発信号もただの飾りです。

IMGP8585.jpg
トロッコは健在。
隣の転轍標識はカンテラだけ抜かれました。
なんだか花が咲き終わった後、花弁が落っこちたのチューリップみたい…

IMGP8588_20120414192438.jpg
旧城裏町第1号踏切より。
踏切毎に立ち入り禁止のロープが張り巡らされ、
10年前に見た木島線と同じ光景が広がっています。

IMGP8589.jpg
IMGP8591.jpg
踏切は遮断かんや閃光灯など踏切と認識されるモノは外され、
ポールは黄色部分が黒く塗りつぶされています。
とはいえ、体に染みついたモノはなかなか落とせないものでして、
今日も屋代線の旧踏切道で止ろうとしてしまったり。

他にも一時停止する車が多かったのですが、
それも無くなった時、屋代線の記憶が飛んだ時になるのでしょうか。

IMGP8590_20120414193343.jpg
線路内に入っちゃやーよ。
スタンドバイミーごっこはできません。
(C)TEZUKA PRODUCTIONが気になったり。漫画の神様で有名なあの手塚・・・?

IMGP8576.jpg
廃止代替バスと川バス松代線。
松代駅前で川バスと長電バスの共演がみられるとは…

代替バス、信濃川田・綿内編へ続く。

| 長野電鉄 | 19:52 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Play back~木島線~

知り合いと国鉄線から木島直通の列車があったとか、
長野駅の連絡線をキハ58が云々盛り上がったのをきっかけに、
ハードディスクやCD-Rを暇つぶしにあさってみたところ、
比較的まとまった数の木島線のデータが出てきましたので、ドドンと。

長電関連ばっか続いていますが、どうぞお付き合いくださいまし。
(JRも乗り撮りしていないわけではないのですが…)

s-FH050007.jpg
信州中野駅1番線で待機するオー1編成。
1番線も木島線廃線とともに使用停止になったまま現在に至ります。
ホームも比較的きれいでもったいない気もしますが、
1番を閉鎖しても残りの3線で十分に列車を捌けるんだから仕方ない。

s-FH050017.jpg
信濃安田を出てすぐのところ。
当時高校生。徒歩で撮影地を探しているうちに列車が来てしまい、
もう何でもいいからシャッター切ってしまえと切った1枚。
この後木島駅まで炎天下の中歩いて死にかけたのまでは覚えている。

s-FH050008.jpg
木島駅のスノーシェード。
雪よけであれば信州中野駅の側線にもパンタ部分のみ覆うモノがありますが、
編成全体をすっぽり入れられるのは木島駅だけでした。
過去の写真を見ると冬はまぁ大層な雪の降り方をしていて、
このスノーシェードも随分と役立ったのではないでしょうか。

s-FH050015.jpg
木島の田圃を突っ走るオー編成。
この写真のちょっと左に行った先に電鐘式の第3種踏切がありました。
長電最後の電鐘式踏切。

s-FH050012.jpg
遥か昔。
この場に長野駅や屋代駅から直通してきた旧客や165系が
佇んでいた時期があったのだからすごい。
あぁ、腹のポケットから色々道具を出す青いネコ型ロボットが欲しい今日この頃。

s-87450130.jpg
s-87450112.jpg
s-87450113.jpg
木島線最終日。
日中の定期列車はOS11が走り、臨時で2000系C編成が2往復。
オー6編成は休憩所代用で木島駅でお昼寝でした。
夜の最終列車は確かL編成だったかな。
先月の屋代線に比べると天候も沿線も穏やかな最終日でした。
オー6もこの日からちょうど10年後、屋代線のラストまで飾るは当時想像もつかず。

2000系C編成、OS11、オー6編成。
今はそれぞれ役目を終えて第一線から退いてしまいました。
この10年。
廃線に車両入換えに激動の期間だったと今更ながらに実感。

たった10年、されど10年。

| Play back | 22:37 | comments:0 | trackbacks:1 | TOP↑

≫ EDIT

早春賦

久々に暖かく、ようやく春らしい一日。
とはいえまだ終日やたら寒い日もあれば、
朝晩冷え込みストーブで暖をとってしまう日も多いわけで、
どうも今年は目まぐるしく変わる気候に体も追いつかず…

早春賦。今年ほど春が遠いと思った4月初旬もありません。

ってことで、春が待ち遠しいので春の画像でも貼り付け。
気分だけでもお花見。

IMGP6645.jpg
桜が咲いて浮かれポンチで朝目覚めると、
雪が積っていてずっこけた年もありましたが。@2010年17日

IMGP6688_20120409222310.jpg
信濃吉田の変電所脇の並木は毎年盛大に咲いてくれるので、
今年もどんなものか楽しみです。

IMGP1431.jpg
IMGP6923.jpg
村山橋の千曲川右岸側。
左岸は殺風景な割に右岸は百々川の桜並木に始まり、
季節を追うごとにモモにリンゴに菜の花も咲くので、
旧長野線区間のハイライトとでも言いましょうか。
天気が良ければおにぎりでも持って行ってボーっするのもよさげ。

IMGP6829.jpg
毎年連休後半には桜が満開になる山ノ内も今年はいつになるやら?
2000系も去ってしまい、この春の長電沿線は静かな予感。

IMGP8590.jpg
ソメイヨシノよりも八重桜派。

IMGP8557.jpg
花街道山ノ内線。

過去の画像の撮影日を見ると、今年はまだ春が遠いなと改めて思った次第。

| 長野電鉄 | 22:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

長野電鉄点景#43

小物。

権堂駅ラッチに置いてある特急車の切り絵灯篭。
IMGP6401.jpg
2000系やゆけむりが描かれた手作りの灯篭。
傘の部分は使用済みの着札。
実に特徴を捉え、かつ可愛らしく仕上げてあります。
(グッズで売ってくれたら買ってしまいそうw)

権堂駅に限らず、過去には長野駅などいろいろな駅で
駅員お手製のポップや小物が置かれていました。

列車を待つちょっとした暇な時間も楽しませてくれる、
そんな心遣いについ見入ってしまうものです。

| 長野電鉄点景 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

長野電鉄点景#42

屋代線廃線から早1週間。
ちょうど先週の今頃は星空の綿内で2000系最後の力走を
凍えながら見送っていた頃。

1週間あっという間。

そんな屋代線から1つ。

屋根付きトロッコ
IMGP7518_20120407234253.jpg
小物の資材でも運んでコロコロしていたのかもしれませんが、
かなり前から松代駅1番と2番の間で転がったままのトロッコ。
同形のが1番線の脇にもう1個転がっていたので合計2個。

屋根付きで猫が住み着くにはちょうどよさげw

これをえっちらおっちら湯田中駅まで転がしていき、
駅に到着したら「麗しの志賀高原」が鳴るのか試してみたいものです。
(架線点検用の台車付き梯子とかもw)

で、帰りはそのまま下りこう配を自然に身を任せガーッと。
上条ストレートで猛烈にスピードに乗った結果、荒屋10号の先で…
えらいこっちゃ。

そんな忘れ去られたトロッコもふと気付くと姿を消していそうです。

| 長野電鉄点景 | 23:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

頸南バスの元アルピコ車

久々に上越で過ごす週末。おとなしくしていますw

昼間はカミサンも仕事でいないのでフラフラとお出かけ。
中古カメラ店巡って三脚を買おうかと思うも、
ガチでバルブすることもあまり無いだろうと思い、うーん。
で、レンズを探せばどこもペンタックスなんて相手にしてなくて、うーーーーーん。

結局流れに流れ新井駅前まで来てしまいましたので、
ちょっと頸南バスの車庫を外から眺めて終わり。

で、その頚南バス。
仕事中にちょいちょいとその姿を見るのですが、
おそらく松電辺りから流れてきた中古車を目撃したもんで、
現物が見られれば…と思いまして。

で、さっそく。
IMGP8416.jpg
IMGP8417_20120407184349.jpg
いましたいました。
が、3台揃って全部ケツ向けちゃってどうしようもない罠。
長岡200か664、665、666のナンバーを振られたのが元松電。
リアウインドに松電特有のバーが残っていること、
右下に松電時代の社番下3ケタの札が残っているので間違いはなさそうです。
664は10150、665は10154、666は10155。
いずれも1991年式のいすゞLV-318の7E車体です。
20年選手の7Eがまさか新潟の地で第2の車生を送るとは、
よほど状態が良かったのか・・・?

妙高市役所側に回って見れるかなぁと思えば…
IMGP8410.jpg
IMGP8411.jpg
ダメだこりゃ!
どうもスクールバスを兼ねた平日運行の便で飛んでいるようで、
土曜日の今日は動く気配すらなく…
顔はきれいに拝むことができませんでした。また来よう・・・

IMGP8413.jpg
長岡22か12-22
日産ディーゼルの8E車体か?

IMGP8414.jpg
長岡22か13-08
キュービック。文献もなく詳細なデータは不明。
上越地区のバスは物持ちがいいのか長野と比較すると、
ずいぶんと経年を積んだ車両が多く残っています。
いまだに富士重工5Eがボディから錆び垂らしながら走り回っていますから。

IMGP8427.jpg
おまけ。
くびき野2号は国鉄特急色のK1編成。
能登が無くなったと思いきやMLえちごに返り咲いたようで。

今日はこんなところ。

| バス | 19:01 | comments:0 | trackbacks:1 | TOP↑

≫ EDIT

3600系L2の小変化

先代ダイヤでは朝の206~203レでラッシュ輸送をこなし、
昼間は大抵寝ていた3600系L2編成。

屋代線も末期になると自慢の輸送力をフルに活用して飛び回り、
ワイン列車なんぞにも使われ久々に大活躍の月でした。

そんなL2。
ワイン列車の時に軽く触れたとおり、シートがきれいに張り替えられました。
ようやく撮影する機会を得られましたので簡単に。
IMGP8113.jpg
青系のシートに貼り替え。
元々は茶金系のシックな色合いで纏めたシートでしたが、
座面が長い感じも含め、小田急9000形にも通ずるものがあり、
妙な所で小田急ガイコツを思い出してしまいました。
営団時代のシートは臙脂系統だった…かや?

IMGP8114_20120405223748.jpg
中間の3602号車の塗りドアも健在。
シートを張り替えられた所を見ると、もう少し活躍してくれそうです。
願わくばもう一度
( ゚∀゚)o彡゜鯨・特・急!( ゚∀゚)o彡゜鯨・特・急!
を見たいものですがw

IMGP7631.jpg
さよなら屋代線の垂れ幕を出したまま長野線をぶっ飛ぶL2。

8500系だけでは足りない部分を陰ながらサポートする長い鯨。
地味だけどいざという時に役立つ存在として、
注目を浴びる…事はないのかもしれん。
だが、それがいい。

| 長野電鉄 | 22:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

屋代線その後

強風土砂降り、おまけにコタツはぶっ壊れて寒い。
とんだ4月初旬を過ごしております。

さて、2~3日経っただけで鮮度落ちと感じてしまいますが、
廃線となった屋代線のその後。
4月1日にちょっとだけ沿線を見てきましたのでその様子を。

IMGP8395.jpg
信濃川田駅前。
特に前日と大きく様子は変わっていません。
列車代替バスはブルーリボンⅡの新車とエアロスターの中古は確認。
当日の代替バスは座席が埋まるほどの乗車率に見えましたが、
記念乗車組みらしき姿もあり落ち着いた頃どんなもんか。

IMGP8385.jpg
駅待合室。
開放されているのでそのままバス待合室にでもなるのか?
こちらも前日と大きく変わらず子どもたちの絵画もそのまま。
そしてホームには…

IMGP8355.jpg
最終のD編成団臨が須坂を目指す頃、A編成は長年住み慣れた須坂を発ち信濃川田へ。
上りホームに据え付けられ現役のよう…ではありますが、
パンタはもちろん下がっていますし、床下機器がごっそり抜かれています。

IMGP8358.jpg
A編成を連れてきたオー1編成も須坂に戻らず、
信濃川田で屋代線最後の時を迎えました。

IMGP8360.jpg
小布施の保存車と肩を並べ川田電車の広場と言ったところ。
自治体が車両を集会所として使う構想が云々と過去に新聞報道は出ましたが、
ここに集結した車両の処遇は不明です。
全部が何かしらの形で有効活用されればいいのですが。

IMGP8361.jpg
まだ出発信号機は点灯。
木島線の時は4月中旬頃まで信号が点灯していましたが、
屋代線は翌2日には電源を断たれたようで、
鉄路に少し遅れ綿内変電所も無事にその役目を終えた模様。

IMGP8371_20120403231635.jpg
当然ながら1日しか経っていないのでレールは艶々。
雨でレールが一気に錆び、徐々に廃線の様が濃くなっていくのでしょう。

IMGP8375.jpg
踏切は遮断竿は抜き取られ一部のポールは真っ黒に塗られるなど、
交通に支障が出ないよう一斉に停止措置が取られました。

IMGP8397.jpg
IMGP8401.jpg
所変わって須坂駅。
オー編成はオー2とオー6並んでお休み中。
オー6は垂れ幕を付けたままだが幕は長野を掲示。
D編成はヘッドマークを外し車庫脇でお昼寝中。
オー編成にD編成もこの先の処遇は不明。
A編成のように須坂8番に放り込まれ余生を過ごすのか…?

廃線跡巡りはもう少し暖かくなった頃にゆっくりと行いたいと思います。

| 長野電鉄 | 23:44 | comments:7 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

春は別れの季節~惜別 長野電鉄2000系~

屋代線廃線と2000系引退の3月31日も迫った3月某日。

快晴の予報に釣られ長電沿線へ。
久々に208レ出庫の217レ入庫運用で2000系D編成が最後の力走を披露。

まずは村山橋メモリアルパークから。
当日は北アルプス、北信五岳がくっきり見える晴天
IMGP7658.jpg
春の訪れを告げるかのような穏やかな天気の中、
飯綱、戸隠をバックに208レが通過。
ヘッドマークは白地の惜別鹿とシンプルなヘッドマーク。

IMGP7709.jpg
返しの209レは村山駅構内。
ここも山が良く見える駅の一つで、構図次第で戸隠、飯綱、黒姫、妙高と
北信五岳のうち4山一気に入れる事も可能な駅です。
進入一発目はオーソドックスに飯綱バックで。

IMGP7736_20120402210313.jpg
須坂で発車を待つ210レ。
屋代線廃線で発条転轍が姿を消した長野電鉄ですが、
焦ることなかれ、標識だけは須坂駅に1本健在です。(光らないけどね)
その構造上、他の転轍標識よりも背が高く立派に見えます。

IMGP7775.jpg
213レは早津にて。
ド逆光覚悟でアルプスバック。覚悟もクソも容赦ない逆光でした。
これがA編成だったらお話にならないのですが、
明るい色調のD編成だからこそ辛うじて行けるのであって、
過去からAに泣きDで笑いの繰り返しでした。

IMGP7818.jpg
214レは村山橋長野方アプローチ。
遠目に笠岳、横手山を綺麗に一望できる絶好アングル。
2000系に揺られ、湯田中からバスに乗り横手山を目指した人も多い事でしょう。
志賀高原への道先案内人、特急車2000系。

IMGP7822.jpg
ただし、出遅れたので2発目の本命アングルは・・・
笠岳、横手山バックアングルは満員御礼のため1枚に収められず。
感謝マーク付けて快晴の正面ドカーンで結果はオーライ。

時間は飛んで538レ。
最後の217レは乗車に回したかったので朝陽ド定番で。
IMGP7895.jpg
傾きかけた西日に照らされ長野へ向けてスパート。
目新しいアングルで撮れば良かったかと思いつつも、
結局過去に何度も何枚も撮っているカットの焼き直しで終わり。

あえて鐘鋳川と桐原は外しました。
あの2ヶ所、最後に収めようと思うも足が向きませんでした。
好きな光景は胸の内に秘めておくので良いのかもしれません。

IMGP7917.jpg
図太いユニットサッシ越しに高社山。
217レは朝陽から乗車。2000系に乗れるのも本当に最後。
2000系も昨年夏のさよならが徐々に伸びて2012年3月末まで延ばし延ばし、
それに釣られるかのように撮影も乗車も最後が延ばし延ばし。
そんないたちごっこが延々と続けば良かったのですが…

IMGP7938.jpg
須坂到着、入庫。
高社山バックは山ノ内線が有名ですが、
須坂車庫だって立派な高社山バック。
この日は入庫を見送って帰宅。まだこの時点では引退する実感など無く。

3月31日
IMGP8271_20120402214313.jpg
昼寝から覚めて夜に最後の運行。
団臨として屋代線の最後、そして自身の最後として屋代線を全線走破。
最後の雄姿は綿内駅でお見送り。
一旦運転停車の後、ダブルフォーン1発吹鳴し屋代へ。
泣いても笑ってもあと屋代発須坂行きの1本を残すのみ。

s-IMGP8314.jpg
1つ目玉のヘッドライト、急行灯・・・
30分近く遅れて通過する頃、昼間の荒天がウソのような星空。
星空の下、ダブルフォーンと予備警笛の二重奏を奏で目前を通過。
綿内構内須坂方の発条転轍が最後の仕事を終えたと同時に、
高野宮踏切先の右カーブへふっと消えて行った2000系。

「あぁ、いろいろ終わった」

寂しいような、ホッとしたような。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

長野電鉄、2000系を通じて多くの方と出会いお世話になりました。
沿線、オフ会、こんな雑ブログ上・・・
誰に、どの車両にどれ程感謝しても足りない位ですが、
不器用なので月並みの言葉しか言えません。

ありがとう。

別れのさよならではなく、ありがとうで見送りたいと思います。
IMGP9775_20120402215629.jpg
後継の特急車も立派な車両が用意され、
2000系の意志は受け継がれていくのだと思いたいものです。

2000系はとうとう4本全てが現役を退きましたが、
鉄道趣味二本柱の1本(もう1本は183・9系)、長野電鉄は健在。
どうぞ引き続きよろしくお願いいたします。

| 長野電鉄 | 22:28 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

春は別れの季節~さよなら屋代線#2~

続き。

ゆけむりの車内でマツヤで買ったおやきでおやつ。
発車1時間前だって言うのに既に車内は前展は荷物置かれ席取り。
他の座席も続々と埋まっていきます。
皆さん臨時急行は2000系が来ると思っていたようですが、
最初で最後の屋代線営業運転のゆけむりと言うのもまたいいものです。

そうこうしてるうちにホリデー横浜さん到着。2名で須坂へ向かいます。
短尺レール&連接台車のリズミカルなジョイント音。あぁいい音だ。

IMGP8184.jpg
屋代線での運行を終え入庫するゆけむり。
臨時各停も終わりオー2は一足早く屋代線から離脱。
前掛けの車両は1500系モハ1502かと思いきや、
よく見たら車番は改番前の1052号車。

IMGP8198.jpg
大荒れだった天気も夕方には回復。一瞬ではありますが日も差す瞬間も。
車庫線では夜に備え準備中のD編成とA編成が最後の語らい。
A編成はこの晩に信濃川田へと運ばれて行きましたので、
2000系4兄弟の長男と末っ子が須坂で方を並べるシーンも過去帳入り。

日は射すも風が冷たく寒いので、暖をとるのを兼ねて542レで朝陽へ向かい、
返しはお猿特急の15Bで信州中野へ。ちょいと屋代線から離脱。
IMGP8229_20120401232503.jpg
狙うは湯田中幕を出した鯨の並び。
長野から直通の105レと山ノ内区間運用の鯨が夕方に一瞬だけ並びます。
今日からの新ダイヤでは105レがなくなりましたので、
この並びも昨日までの旧ダイヤ限り。

IMGP8231.jpg
N3とN5の並びでした。
夕方以降の長野-中野間の各停は3連での運用になりますので、
3500系は顔を出さなくなるようです。
お猿18Bで再び須坂へ戻り最後の屋代線全線走破へ。
IMGP8240_20120401232500.jpg
仕事を終えた友人のゴリさんも合流し、
屋代行き最終の1本前になる427~428レに乗り込みます。
誰かのフラッシュを綺麗に拾いギンギラ銀鯨。

最終ではないので車内も座席はすべて埋まるも、
昼間のようなラッシュ並みの混雑は見られず。

IMGP8246_20120401232500.jpg
屋代。
既に最終列車を待つ列ができていました。
かつてここから信越本線より急行志賀や貨物列車が屋代線へ続々と
流れ込んで行ったのですが、それも断たれ、信越本線はしなの鉄道となり…
そして屋代線廃線。
時代は廻りに廻り屋代駅はしなの鉄道単独の駅となります。

428レに揺られ最後の屋代線走破。
IMGP8257_20120401234657.jpg
ドリフのコントセットだとかしょーもないこと言ってた東屋代駅。
駅舎事務室は久々に明かりが灯り、改札から係員が顔を出して見送り。
この駅舎もいずれは取り壊されてしまうんだろうなぁ…
綺麗にガシャーンと横倒しとかやめてよね

車内はやはり席が埋まる程度の乗車。
屋代線ラベルが貼られた酒とお猪口で一杯ひっかける人、
思い出を語る老夫婦、疲れて眠る人…
ゆるく時間が流れていきます。

若穂でじゅげむ9007さんと遭遇。まさか若穂で乗ってくるとは…笑

428レは須坂まで行かず車を置いてある綿内駅で下車。
最終まで綿内駅にとどまる事に。

IMGP8266.jpg
なんだか世代交代を思い知らされた組合せ。
偶然ですが記念撮影用の顔出し、顔を出す部分から見えるのは
1日より電車にとって代わる長電バス。
屋代線の新しい顔はバスだ任せろって事か?

最終の松代行きや2000系ラストランを見送ろうと駅は続々と人が。
最終日らしい賑わい方。賑わっていた方がいいじゃない。

2000系のラストラン団臨を見送り(写真は別記事で)
IMGP8288.jpg
最終松代行きは3500系2本繋げた4連。
N8+N7が定期列車最終を担います。
一昨年のびんずる臨以来久々の鯨4頭列車ですが、
車内は想像していたより余裕がありそうな様子。鯨4頭の輸送力は絶大?

IMGP8295.jpg
最終屋代発の430レと最後の鯨同士の交換。
ありがとう、さようなら、拍手…思い思いの見送りを受け2列車発車。
残す営業列車は須坂行きと団臨の2本。

変電所脇からズドーンと。300mmじゃきっついけど度雰囲気だけでも。
IMGP8308_20120401234655.jpg
寒い寒いと震えながら待てど一向に姿を見せない432レ。
すると須坂待機中の火ダルマ大師さんより26分延の連絡。

おいおい、M26とか小田急の大野終でも滅多に経験ないぞ…

途中駅で増延し30分近い遅れをもって最終須坂行き432レが綿内到着。
ホームは沿線住民で埋め尽くされ盛大な見送り。
警笛を一発吹いて最終列車は須坂へ。
あっけないほどあっという間に目の前を最終列車が通過。

IMGP8311.jpg
そして誰もいなくなった。
432レ発車後、お見送り組は駅構外へ。(残す2000系はまた別記事で)

10年前の木島線廃線、この屋代線廃線と長野電鉄も随分とスリムになり、
かつての営業路線キロから見ると寂しくなってしまいました。
あまり利用できずごめんなさい。
さようなら屋代線。楽しい思い出もできました、ありがとう。

2000系版へ続く。

| 長野電鉄 | 00:14 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

春は別れの季節~さよなら屋代線#1 ~

昨日3/31。

長野電鉄では2つの大きなさよならを控えた朝。
4時に目覚ましをセットして始発から行ってみようかと構えるも、
結局起きたのは5時過ぎ。
朝の須坂→松代の回401Xを見たかったんだけどね。

結局6時半頃にゆっくりと家を出て須坂には1時間後到着。
どんより天気。雨はまだ降ってないものの風が強く嫌な予感…
車を駅前の市営駐車場にぶち込んでフリー切符購入。
IMGP8007.jpg
夜の最終運行まで須坂の車庫でお休みのD編成。
ヘッドマークは外されのっぺらぼー。

IMGP8033.jpg
406レはオー1編成。
屋代線末期は予備扱いになっていたのか殆ど表に出てこなかったオー1。
突如長野線の運用で地下に来たり、山ノ内で飛んだり神出鬼没でしたが、
最終日はN編成が入っていた405~406レの1往復で走り、
この後は早々と須坂入庫。

IMGP8070.jpg
で、その後はなぜか「屋代線に乗せろ」と騒いできた妹と須坂で合流し、
屋代線で最初で最後の営業運転となるゆけむり充当の臨時急行で松代へ。
妹の行く末を心配しつつ(あたしゃもう手遅れ)松代での物販等を覗いてきました。
海津城側での記念切符販売などの物販は長蛇の列。
10時前で何人くらい並んだかや、海津城の入り口くらいまで列が…

IMGP8097.jpg
411レからはL2登場。
人出も多くなり沿線、駅前と賑わっています。
出札が1ヶ所しかない松代駅は硬券購入の客で長蛇の列。
松代→信濃川田・東屋代の320円区間券を買っておしまい。


この辺りから雨足も風も強くなりはじめ須坂へ2人でターン。
IMGP8106.jpg
412レは屋代から相当数の旅客を乗せ松代に到着。
松代で殆ど降りて行ったので物販やイベントがお目当てかな。
L2編成に乗るのも久々。
ようやく張り替えられたL2のシートを記録。笑

須坂着後に妹は帰宅。
とにかく天気が酷くもう台風並み。心折れて早々11時頃から須坂のジャスコで昼飯。

食後は一旦駐車場から車を出して綿内へ。
IMGP8119.jpg
式典が行われる2402レを見に行ったのですが、
ちょっと出遅れ到着時点では既に式典は終わり。
鯨が報道陣の熱い視線を受けるのもきっと最後か。
土砂降りの綿内でしばし時間をつぶし415レで東屋代へ。
車内でホリデー横浜さんと遭遇。しばし同行します。

IMGP8134.jpg
東屋代。
ここの駅に降り立つのも十数年ぶり。
元出札口にはさりげなく感謝の言葉が。

IMGP8140.jpg
おいおい、雪が降ってきたぞ。どうなってるんだ・・・・
屋代で折り返してきたL2の416レでお次は象山口へ。
東屋代を始め、当日の屋代線各駅は2~3名の駅員が待機。
精算業務や沿線警備にあたっていましたがこの天気で皆様ぐったり…

IMGP8148.jpg
象山口で下車し、臨時便の2407レで雨宮へ。
臨時便のお陰で乗降した事無い駅を効率よく回れました。
列車は軒並み5~10分程度の遅延。

IMGP8155.jpg
かつては有人駅で交換設備を持っていた雨宮。
今では棒線になりましたが急ホームは残存。
2406レで松代へ。

松代で一旦ホリデーさんとは別行動。
早くも疲れ切って1番線で展示されていたゆけむり車内で昼寝開始。
暖房が良く効いていて大変心地よい空間でした。

#2へ続く。

| 長野電鉄 | 22:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2012年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年05月