ずくなし

「ずく」が無いので庭を走る長野電鉄、183・9系以外あまり出てこないらしい。

2013年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年05月

≫ EDIT

直流急行型最後の力走#4

このタイトルも先週のチャーター運転の#3で締めたはずですが。

さて、3連休最終日。
文化むらなんぞに行ってみましたが、その辺はまた後ほど。

さて、本題。
先週さよならした169系ですが、本当のさよならはこの3連休。
文化むらを出て軽井沢まで登り切ったタイミングでちょうど撮影会の真っ最中。

少し寄り道をして・・・
IMGP9186.jpg
「後部の機関車切り離しのため4分少々停車します」ではなく

IMGP9198_20130430202918.jpg
後部、上野方では最後の並び撮影会。
ちょっくら覗いて現地にいた知り合いと挨拶を交わしつつ先回り。
アウトレット以上に駅が混む軽井沢ってのも97年の秋以来だよ、ほんと。

IMGP9212_20130430202917.jpg
テクノ田んぼで最後の走りを見送り。
日曜日が一番条件が良い中での通過だったようですが。

IMGP9226_20130430202917.jpg
長野方からS53+S52+S51の9連。
JR時代含め、ちょっと沿線に行けば目の前を走っていた直流急行型ですが、
この日を以って本当に最後。

26060016_20130430203720.jpg
JR線内から撤退した10年前。最後の自力回送も9連でした。

IMGP9233_20130430202916.jpg
屋代駅。中線で最後のひと時。
とにかく最後を一目見ようと言う人で大賑わい。

IMGP9261_20130430202915.jpg
構内へ。
湘南色側がえらく静まり返っているなと思ったら、
ホーム長野方で最後のさよならセレモニー。
御神酒で長年の活躍を労うはイベント参加のチアガールとしな鉄社長氏。

IMGP9270_20130430203720.jpg
蛍の光が流れる中、社長の合図ととともに警笛を吹いて入換開始。
蛍の光+警笛吹鳴とか97年9月30日の長野駅と被って涙腺緩む寸前。
いけないパターンです。

IMGP9282_20130430204753.jpg

2番→長野方下り本線→上1と転線。

IMGP9285_20130430204754.jpg
撤去が進む屋代線ホーム、木造跨線橋を背に走る姿、
きっとこのシーンが動いている169系を見るのも最後になるでしょう。
あとはパンタを降ろす時を残すのみ。

IMGP9357_20130430205031.jpg
規則正しく並ぶユニット窓だけを浮かび上がらせ夜行急行風。
盛大にブン回る主抵抗器のブロア音も高らかに、今にも出発しそうですが。

IMGP9364_20130430205032.jpg
2本ほど定期列車をパスした19時過ぎ。
カウントダウンを経てパンタ降下。

IMGP9367.jpg
電源が切られ長きにわたる営業運転に終止符。
信越に生まれ、信越に終わる瞬間。

世代的に169系は「快速型」電車。
普通以上特急未満。乗ればちょっと贅沢な国鉄の置き土産。
妙にカッコイイNストライプを初めて目にしてから20ん年。

随分と世話になり、楽しませてもらいました。

国鉄~JR~しなの鉄道と会社は移ろえど、
「信越本線」から離れることなく長きに渡る活躍、お疲れさん。
スポンサーサイト

| 地方私鉄 | 21:37 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

連休前半戦

さて、今年のゴールデンウィーク。

うちの会社はカレンダー通りの営業になるもんで、3連休、3連勤、4連休の流れ。
と言う事で前半戦の3連休はカミサンの実家神奈川へ。
最初楽してバスで行こうと思ってたのですが、
うだうだしているうちにチケットを取り損ねて結局マイカー。

初日は急ぐ度でもないので大学生活を過ごした向ヶ丘遊園に寄り道。
IMGP9006_20130429234803.jpg
昼飯は大学時代に良く世話になった定食屋で。
遊園逆1号踏切のすぐ脇にあるので、飯を食いながら小田急を眺める。
ってことは撮りたくなるのが性ってもんでして。
「大学への通学路を久々に辿ってみよう」名目で遊園大カーブへ。
実際、ここの通りは大学への通学路でしたので間違いではない。
8000+1000の10R急行。
ここ最近、1000と8000は同系列で10連を組んでいるようですので、
この色違い10連もあまり見かけなくなりました。
編成美を取るか、それとも混在を取るか・・・難しい選択ですw

IMGP8986_20130429234802.jpg
開かずの踏切遊園逆1号(登戸1号)踏切。
飯食ってるような日中でもずっと鳴りっぱなし。
脳裏に焼きつく小田急特有の踏切警報音。

IMGP9019.jpg
そしてさらに開かない遊園1号踏切。
あまりにも開かないもんだから踏切鳴動中は癒しの音楽が流れているようですが、
警報音がでか過ぎて曲なんか聞けたもんじゃない。

さて、ようやく地下通路の工事に取り掛かりましたので、
あと数年でこの厄介な遊園1号踏切も役目を終えることとなりました。
ホームで立っていて通過列車接近しているのに、踏切警示灯が点滅繰り返すので、
何度も冷や汗をかいた事や、実際に直前立ち入りで列停操作した事も
後の笑い話になりますでしょうか。

2日目。
カミサン方の家族と金沢動物園へ。
IMGP9075_20130429234801.jpg
釜利谷から遠く房総半島まで良く見えました。
見下ろせば東急車輛が見え、レンズ越しにみると仙石線205系が?
見間違えか・・・?

IMGP9036.jpg
ペリカン便

IMGP9070.jpg
カンガルー便

IMGP9043.jpg
キリン生

IMGP9059.jpg
コアラのマーチ

IMGP9089_20130429235710.jpg
IMGP9090.jpg
ひつじビフォーアフター。
子どもはフワフワして可愛らしいのに大人になるとなんだろう、
このふてぶてしい顔と言い、ゴワゴワ感と言い・・・
とても同じ動物とは思えない差に思わず食いつく始末。

動物園、水族館系は一日時間潰せるくらい好きです。
次はシーパラダイスとかズーラシアに行きたいね。

3日目
カミサンを神奈川に置いて単独帰省。
IMGP9170_20130430000119.jpg
久々に訪問。

3日目は後ほど詳細版でも。

さて、明日から仕事ですか。お客休みで暇なんだけどなー。

| 小田急 | 00:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

直流急行型最後の力走#3

ゆるゆると169系チャーター運転参加の巻、その3。

車内。
IMGP8916_20130425214215.jpg
最後に座ったシート。
この新幹線からもぎ取って来たシート。
東北新幹線200系から幾度となく腰をおろしてきたこのシートも
これでおさらばか・・・と思って降りようと思ったのですが、
まだまだ機会があった。富山地鉄の14760系がこれ積んでました。
ではまた富山でお世話になりましょうw

IMGP8919.jpg
昭和43年製造、46年に長野工場で冷房化改造、
61年には新急行仕様への改造。
製造から50年目には届きませんでしたが、しなの鉄道譲渡な無ければ
とっくにこの世から消えていた事でしょう。

屋代駅。
IMGP8928.jpg
ここでケツの信州を切り離し、さぁ一路湯田中へ!
と出来れば最高だと誰もが思った事でしょう。
上野はおろか湯田中への鉄路も断たれてしまい、
どちらにも行けない急行志賀。鉄路繁栄の時は遠い過去の事。

IMGP8938.jpg
出来るものなら行ってみたい昭和40年代。

IMGP8947_20130425214217.jpg
ホームでの撮影会もほどほどに先に外に出て最後の本線走行。
屋代中線から上り方へ出ていく姿。
生まれる数年前までこんな様子が日常だったのですね。
列番もいつの間にか4308Mと志賀仕様。にくい演出です。
長野電鉄直通、連絡急行よ永遠に。

戸倉で入庫を見送り終わり。
IMGP8961.jpg
急行幕のまま戸倉駅裏の旧砕石場にある留置線へ向かう169系。
本線より規格の低い線路、そして単線。
その姿を長野電鉄線を行く姿に置き換えて。

IMGP8973.jpg
最後の最後で薄日に照らされ入庫。山桜もちょうど見頃でした。

今日の時点で残された運行日はあと3日。
信越線近代化の立役者が無事最後の花道を飾れますように。

おわり。

毎度末筆での御礼となり恐縮ですが。

主催者の皆さま、しなの鉄道の皆さま、参加された皆様。
169系については俄かに毛が生えた程度の自分ではありますが、
そんな自分に素晴らしい機会をいただきありがとうございました。

FH030005.jpg
さようなら169系。

| 地方私鉄 | 22:20 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

直流急行型最後の力走#2

169系チャーター運転会参加の巻 続き。

釜めし3つ(同行者分含む)も担いで向かうは169系最後の乗車。
IMGP8805.jpg
軽井沢からの復路は屋代まで急行信州・志賀59号と銘打ち、
多客時に定期列車の合間を縫って無理矢理ねじ込んだ鈍足急行との設定。

「鈍足」の意味も乗ってなるほどと頷く凝った設定。

さて、乗車の前に釜めし買ったのにあまりにも腹が減ったと
おぎのやの立ち食いそば屋へ同行の皆さんで突撃。
別腹恐るべし。
カミサンが「別腹開通しました♪」とか訳の分からぬ事
言って食後に甘いのニコニコしながら食っててるのをもうバカにできない勢い。

あ、おぎのやのそば美味いですね。
いつも釜めしに目がくらんでしまい、最後に食べたのは
味も忘れるほど過去のお話。

軽く腹を満たしたところで169系に乗車。
IMGP8800.jpg
モハ168-1のMG直上席を3名で陣取る。音で楽しむのもまた良し。
って昨年12月の臨時快速の時も同じ事やってました。

さて、そうこうしているうちに列車は軽井沢を発車。
あまりにも起動時に衝撃が無くて動いたの気付かないほど。
とにかく当日の運転士は衝撃の無いスムーズな運転をする方でして、
停車毎、起動毎に感嘆の声。

車内放送も急行を意識。
鉄道唱歌を鳴らし、浅間山の観光案内も有り(山は見えずw)気分は急行信州そのもの。
30数年前はこんなのが当たり前だったのか。。。

IMGP8887_20130424222536.jpg
デッキに鎮座する名物。

小諸到着。ここでは22分の停車。
設定上は3011M(あさま11号)を退避のため。
IMGP8834_20130424220407.jpg
IMGP8853_20130424220406.jpg
さて、復路(個人的)ハイライトの189系N102編成とS51・52編成共演。
いずれも信州、信越本線を離れることなく走り続ける面々。

26060062.jpg
97年までは毎日こんな光景が見られたのです。
・・・6番から広角で並べて撮れ、当時の俺。
ロクな記録が無いもんで、当時の記憶を今可能な限り
再現すべくついつい躍起になってしまいます。

IMGP8832_20130424222539.jpg
新幹線開業直前の長野駅を見ているかのよう1シーン。

IMGP8856_20130424220405.jpg
さすがに別腹2号は開通しなかった。
と言うか、このタイミングでそばを食うと被写体にされるオチ。
カボチャと蕎麦食うマニアの図!みたいな。

いつの間にか3011Mが発車したようで信州・志賀59号も小諸発車。
IMGP8874_20130424222538.jpg
午前中の荒天もウソのような晴れの下、快走する169系。
90km/h台を維持しながらの走行は心地よい。

IMGP8907.jpg
あ、増えた。笑

上田到着。
ここでは3043M待避の設定で17分の停車。
IMGP8906_20130424222537.jpg
素ッピン急行。
小諸、上田の長時間停車を特急退避との設定、本当に鈍足急行でした。
狭い日本そんなに急いでどこへ行く。
主要駅ごとにゆっくりできる列車が定期であっても良いなと思う今日この頃。

が、そんな鈍足急行も乗ってしまえばあっという間でして、
終点屋代には定刻通り14:56に到着。
IMGP8927_20130424222534.jpg
169系3本共演。
最終日は9連ですっ飛ぶようですね。
3連休は関東に出ていますので169系に乗るのも撮るのも
きっとこの21日が最後。

赤い169系が出てきたのは開業の数ヶ月前、97年の夏。
長総から戸倉への回送を安茂里で見送ったのもつい最近のようですが、
とうとう最後を見届けるようなタイミング。
時代の流れとは遅いようで早い。

さて、お次は戸倉までの回送。
一足早く屋代駅を離脱し沿線へ最後のお見送りへ。

続く。

| 地方私鉄 | 22:42 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

直流急行型最後の力走#1

さて、ダイジェスト版で簡単に触れました21日のしなの鉄道。

毎度お世話になっている方々のお誘いを受けまして、
最終運行を目前に控えた169系のチャーター運転に参加してまいりました。

当日。
前日は夕方から雪でしたが翌日はどうってことねぇ!と寝て起きて仰天。

窓の外が白いw

4月も後半戦突入だと言うのにお天気は雪。
やはりというかなんと言うか、長野市で観測史上最も遅い積雪だそうで。
そんな中ヒ・ダルーマ氏を拾って一路しなの鉄道沿線へ。

当日は戸倉-軽井沢間を撮影列車、往路軽井沢-屋代間を乗車可能な団臨として仕立て、
一日で撮りと乗り両方楽しめる素晴らしい構成。

戸倉-西上田間。
IMGP8691_20130421222351.jpg
この区間は4308M 急行志賀1号としての運転。
志賀ですと屋代で信州のケツにぶら下がる形になります。
が、長野電鉄線内鹿ピョン直前横断による列車障害のため遅延、
屋代で置いてきぼりを食らい追いかけるの図w

じゃあ後ろ3両は何だって?
夢の長野電鉄線内6連運転とか?(全駅はみ出る)
屋代で2台目の信州をケツにぶら下げてきたとか?(大遅延)

IMGP8704_20130423211054.jpg
坂城の運転停車時間で先回りしてもう1発。
さて、日付は4月21日ですが3月、いや2月のような光景。

西上田中線で待避兼撮影会。
IMGP8717.jpg
ここからは306M、急行信州との設定。
上田中線に旅客列車が入線する絵は初めて見ました。

IMGP8716.jpg
各停に追い越される急行w
天気は相変わらず雪。寒くて撮影もそこそこに上田方の踏切へ移動。

IMGP8737_20130423211053.jpg
西上田中線からクネクネと発車。
信越山線が軒並み中線撤去で寂しくなりつつある昨今ですが、
しな鉄はだいぶ残っているので信越線時代の面影たっぷり。

お次は田中駅。
IMGP8769.jpg
こちらも中線で待避。
田中駅は駅そのものが初利用。
昔、EF64が石油タキぶら下げて田中まで来ていたのを、
あさまの車内から眺めた記憶がある駅ですが、
今では石油備蓄設備があった面影も全く無く。

IMGP8767_20130423211049.jpg
海野宿と急行志賀。

IMGP8763.jpg
当日の(個人的)ハイライトその1、回3620M待避。
急行信州、最後の特急退避。
当日の小諸昼寝がN101であればもっと画になったかもしれませんが、
昭和50年代後半生まれには、この国鉄とJRの中途半端な折衷がたまらんのです。
ヘッドマークなしの素ッピン急行なのもたまりません。

さて、走行シーンとしては最後になる田中-軽井沢間ですが、
誰もが恐れたであろう濃霧に見舞われ視界悪し。
線路にへばりつく程度でないと被写体も霧に包まれてしまうので、
妥協の末(?)信濃追分駅で駅撮り。
IMGP8791.jpg
濃霧を貫く急行信州が信濃追分駅通過。
視界は悪いがこの画も悪くない。

特急あさまに乗っていて、横川までは晴天でウキウキで釜めしを頬張り、
矢ヶ崎に辿り着くと濃霧で何も見えない衝撃をよく味わいました。
いや、衝撃と言うより、不気味というか不思議な感覚。
車両は変われどこの濃霧だけはいつまでも変わらない、
軽井沢周辺らしい光景とでも言いましょうか。

撮影列車はここまで。
IMGP8794_20130423215141.jpg
もう動けないのと間もなく動けなくなるの。

レンタカーを返却し軽井沢から乗車へ。
釜めし担いでその2に続く。

| 地方私鉄 | 21:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

急行信州・志賀

本日しなの鉄道線内にてチャーター運転会が実施され、
お誘いを頂き参加してきました。

169系にゆっくり触れる機会も恐らく今日が最後。

取り急ぎダイジェスト版で。

IMGP8691_20130421222351.jpg
急行志賀1号

IMGP8717.jpg
急行信州3号。
西上田中線待避

IMGP8763.jpg
急行信州6号
田中中線、回3620M待避。

IMGP8792.jpg
濃霧の長野局・高崎局境。

IMGP8890_20130421222514.jpg
IMGP8925.jpg
急行志賀・信州59号(前3志賀湯田中行き、後3信州長野行きの設定)

後日ゆっくりと続く。

| 地方私鉄 | 22:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

花冷え土曜日

えーと、4月も20日と後半戦に突入の今週末。

今日は長野で用事があるので午前中から軽く撮影しながら移動。
先週末に里の方で桜が見ごろを迎え、その1週間遅れで
桜前線も信越国境に向けて…と期待していたのですが、
まぁー昨日から寒いこと。

天気も悪く朝からストーブで暖をとる始末。

お蔭で里の桜は早々に散り始めたのに山の方は桜が咲くわけもなく。
IMGP8674-1.jpg
ちょいちょい咲いている程度。
うーん、これは来週末までお預けか。
連休前半の3連休は神奈川にいるので山線の桜もまた来年。

夕方。
地元テレビ局主催の団臨が黒姫まで入線。
で、黒姫に来てみれば・・・
IMGP8667-1.jpg
えー、繰り返しますが4月の20日です。
奥にいる怖い顔は高田公園の観桜会臨時です。
でも景色は冬です。雪が舞う黒姫に唖然。。。

車のタイヤ、すでにノーマルですが路面凍結までは至らずセーフ。

今年の春はどうも天候がおかしい。
晴れの日も長く続かないしおまけに寒暖の差が激しい。

この寒さに耐えかねて退散。
黒姫駅の蕎麦屋も17時頃までやっていれば暖をとれたのですが、
あそこの閉店は16時。もう少しやっていればなぁ。

| 183・189系 | 23:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

高田城観桜会

信越山線の観桜祭に続き、本物の(?)観桜会の様子。

今更ウダウダ概要を書くまでも無い、日本三大夜桜の一つに数えられる
高田公園の桜も先週末にちょうど満開となりました。
休日なのをいい事に早朝、日中、夜とたっぷり桜を愛でる。
なんて幸せな事なんでしょう。

早朝
IMGP8274.jpg
土曜の3322M撮影後にフラッと寄ってみたところ、
満開の桜並木、残雪の妙高山、そして水鏡。
上越に住んで今年で5年目、今更住んでいて良かったとか
ボンヤリ思い浮かべてしまうほど桜の放つ魅力とは恐ろしいもので。

高田城のお濠周辺、高田公園に植えられたソメイヨシノの本数、約4000本。
長野に生まれ育ち城山、臥竜公園、松本城の桜も立派と思っていますが、
それも霞む勢い。とにかく淡いピンクに吸い込まれる。

日中。
IMGP8341_20130415211735.jpg
高田の桜と長野の名物がコラボw
昼間になると一気に花見客が増え屋台も活況。
粉モノが多い屋台ですが、最近ではスイーツやらおやきやら
どれを食えばいいんだと悩ますほどの充実ぶり。

ただ、おやき1個200円は高いっすよ。

IMGP8345_20130415212253.jpg
長野からやって来たヒ・ダルーマ氏とお好み焼きとタコ焼きを
頬張りながら桜を愛でる昼下がり。
よくよく考えると線路沿い以外で氏とゆっくりするのもあまり無い機会。

夜の部
IMGP8449_20130415211734.jpg
高田城の桜のハイライトってーと夜になるのでしょうか。
ライトアップされた桜が昼間とはまた一味違うのが良い。
風もあまり吹かない穏やかな夜。
夜桜に酔いしれるもよし、花より団子、飲んだくれて日頃の鬱憤を吹き飛ばすもよし。
花見ってある意味麻薬のようなもの。

IMGP8429.jpg
とにかく花見客の数が半端ではない高田。
確実に上越市民の総人口のはるか上、いや万の値で人を集める勢い。
電車は超満員、あの信越線でドア煽り操作が発生するわ、
高速の上越インターから駐車場までR18上新バイパスが大渋滞とか、
頚城自動車のバスが立ち客続出…年1回の異常事態。

それだけ上越がこの花見に全力で取り組んでいるかが分かるもんで。

IMGP8444_20130415211732.jpg
毎年恒例「お笑いお化け大会」
そこはかとなく漂う8時だョ!全員集合臭w
お笑いと銘打っているだけあり子どもの悲鳴ではなく、
笑い声がこだまするお化け屋敷。もはやコント「お化け屋敷」状態。

「おいっすー!」「志村!うしろー!うしろー!!」とか聞こえてきそう、そんな感じ。

よし、誰か来年タブー流せw

IMGP8453.jpg
早いもので今日の時点で散り始めとなった高田の桜。

美人薄命、最大瞬間風速的に花を開いてはすぐ散る。
その儚さにがっかりするか、魅力を感じるか・・・
長く辛い冬が明け、光射す春到来にちょっと浮かれるには
その儚さが絶妙な心地よさだと思ったこの週末。

ではまた来年。

| 雑記 | 21:48 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

山線観桜祭#2

日曜日。

どうせ起きられないだろうと思いつつ、床についたのが1時過ぎのため、
最悪3322Mは逃しても・・・と少し余裕を持たせ4時半に目覚ましをセット。

4時に起床。

目覚まし+30分の余裕セット虚しく体が先に目覚める。
異常起床。

確保した午前中のひと時を満喫すべく3322Mから。
18号線を南下していると東の空が明るみを帯び、
昨日と同じポイントについた頃にはちょうど日の出のタイミング。
今日は稜線に雲の張り付きも無くいい塩梅。
IMGP8466.jpg
3322MはN103。
昨日に引き続きスッキリ晴れているのですが風が強い。
桜散らしの嫌な吹き方ですが、今晩から明日の雨予報を見ると
里の桜も本当に今日が今シーズン最後か。

そのまま黒姫へ。
IMGP8480.jpg
幕張のあずさ色183系が飛んでくると聞き、
側面陰りますが妙高山が良く見えここで。
「これはよい183系列3色団子だ」とワクワクしながら現地で待機。
信越山線であさま、あずさ、国鉄特急の各色を一気に見られる機会も
今後そうある事ではないかと思いますので。
で、ファインダー越しに見えたのが水色じゃなく赤いのw

        ∧∧
       ヽ(・ω・)/   ズコー
      \(.\ ノ
    、ハ,,、  ̄

大宮のOM102編成での運転でした。
3色団子の期待は外れてしまいましたが、これもまたよし。
183系列であれば何でもOK、ウヤ食らうより良いのです。

長野への回送まで見届け再び観桜祭。
IMGP8512.jpg
相変わらず強風が吹き付け見事散っていく桜。
あぁなんと儚い事よ。

IMGP8521_20130414224333.jpg
3321Mは新井の工業団地から。
以前まであった倉庫が撤去され見通しが良くなったので、
桜、妙高号、ダイセルと入れて。

IMGP8528_20130414224332.jpg
午前中の〆はやはりここ。
くびき野が通過。
国鉄特急形が連続で行き交う9時台。山線のハイライト。

IMGP8546.jpg
3324M
「初物」という単語に弱いもので、国鉄特急色に戻った
N101と桜は押さえておきたかったこの春。
課題は無事クリア。

よく会う面々が揃い3324Mを見送り、山線里の観桜祭はこれにて終了。
来週にはすっかり散って葉桜になっている事でしょう。
と書いているそばから雨の降りだす上越。桜散らしの雨。うー・・・

皆さん午後の部に備え思いの場所へ向かいますがこちらは帰宅。
さすがに2日連続4時起きは体に負担がかかったか、
買物や用事を済ませ倒れるように昼寝。
知人からの電話で飛び起きる始末w明日に引きずりそうな予感・・・

IMGP8507_20130414230832.jpg
妙高山(正確には外輪山の神奈山)もはね馬模様が浮かび上がり、
桜の時期から新緑の時期へと季節は移ろいます。

IMGP8550.jpg
また来年もゆっくり桜を愛でる事ができればこれ幸い。
もちろん189系と一緒に。
2日に渡りお会いした方々、どうもありがとうございました。

| 183・189系 | 23:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

山線観桜祭#1

さてさて、全国的に穏やかな天気だったこの週末。
いつも全国とは並外れて悪天候の新潟も流れに乗って晴天。
※天気予報で新潟だけ「暴風雨」とか平気で出ちゃう光景、あれ辛いのよ。

せっかく満開を迎えた桜だ、晴天で愛でたいものです。
と言う事で土日全力で観桜祭実施。

土曜日。
前日遅かったので起きられないと思いつつ4時に目覚ましをセット。
割とスッキリ起床w

いそいそと準備をして5:15に沿線へ向けレッツゴー。
空は青く妙高山~飯綱山の連山もご機嫌良好、
東の山の稜線に雲が張り付いていますが3322M通過の頃合いには
うっすら太陽も出そうな様子。
IMGP8282.jpg
寝ぼけ眼で3322M。
築堤を駆け抜ける妙高、バックに桜と残雪抱く妙高山。
抜けると見込んだ太陽も薄雲に巻かれうっすら具合。

一旦帰宅、車洗車、地元の売れっ子パン屋で朝食を確保し一旦帰宅。

休む間もなく再出庫。
IMGP8304_20130414213356.jpg
3321M
土曜の日中妙高はN103編成。
N102が先日の脱線で入場したままなのでN101とN103の連日交互運用。
申し分ない晴天と桜の満開が土曜に重なり、平日のモヤモヤもすっ飛ぶ勢い。

IMGP8318.jpg
3324M
毎年押さえているここの桜もちょうど見頃を迎えました。
山線沿線の桜もここまでが今週のピーク。
徐々に桜前線も山登りを始める頃合い。
長野側からの桜前線と交差するタイミングはいつ頃になるだろうか。

ここで再び離脱。細々と所用を済ませ再び沿線。
休む間もねぇw

IMGP8379.jpg
高田公園へのお花見臨時快速。
いつもよりちょっと長い魔改造の485系も車内を見ればなかなかの混雑。
昨年は臨時快速のタイミングで高田公園の桜が未開でしたが、
今年は満開のタイミングとバッチリ。

IMGP8358_20130414214814.jpg
3323M
IMGP8548_20130414213353.jpg
3326M
午後になっても崩れることなくひたすら安定の天気。

ここで土曜はおしまい。夜は夜とて所用でお出かけ。
朝から晩まで出っぱなしの土曜ですが、
天気予報を見れば日曜も夕方までは天気が良いらしい。
そして黒姫まで早朝に水色の珍客登場予定。

午前中の出撃許可も取り付けた(ここ大事)

早めに寝るべく準備するも結局寝たのは1時頃。
さ、どうなる日曜日。#2に続く。

| 183・189系 | 22:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

花見の季節#2

桜が咲いたと聞けばフラッと出かけてしまうもので。
今宵も食後のお散歩。

夕方から風が強くなり雨も降り出す悪天候ですが、
桜の花が美しいのも僅かな期間。突撃です。

昨晩と同一ポイント。
IMGP8226_20130409222214.jpg
3325Mは日中に続きN103編成。
今日の日中は暖かい晴天でしたので一気に満開に。
脇野田辺りまでは今日で満開に近いところまで来ましたが、
昨年よりちょうど1週間早い流れです。

うーん、明日から天気が悪いですが週末までもつかや?

| 183・189系 | 22:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

花見の季節

さて、大荒れの週末が明けた月曜日。

低気圧が過ぎ去り朝からきれいに晴れ渡りまして、
視界もクリアで遠く飯綱山まで見渡せる天気。
この天気が週末に当たれば・・・と思うのは自分だけではないはず(?)

上越も連日の暖かさで直江津界隈から桜が咲き始め、
直江津運輸区脇の桜並木も7~8分咲き。
昼休みにちょいと覗いてみると・・・
IMGP8158_20130408225206.jpg
桜並木とあさま色。
通常であれば日中の直江津運輸区には姿が無い189系。
こちら、土曜の3325Mで土砂に乗り上げ脱線したN102編成。
昨日は妙高高原-関山間で終日運休となった信越山線ですが、
復旧作業も終わり本日AMに無事開通したとのことで、
当該のN102は長野ではなく直江津へ引き上げてきました。

いつ長野に帰るか分かりませんが大きな損傷も無く、
信越山線も通常営業に戻り一安心。

夜の部。
春日山の並木もいい具合、ほぼ満開か。
IMGP8179.jpg
3325MはN101編成。

手持ちのレンズで一番の広角はDA17-70mm F4 AL[IF]SDMになるのですが、
もう一歩広角のレンズが欲しくなります。
DA12-24mmF4 ED AL[IF]とかDA FISH-EYE 10-17mmF3.5-4.5ED[IF]とか・・・
先立つもの全くないのに物欲だけは年がら年中衰えぬわw

直江津駅。
IMGP8196.jpg
N102編成含め長野車2編成留置の直江津駅。

さて、この調子ですと信越山線一部区間や長野方面も
今週末が桜の見ごろを迎える所が多そうです。
土曜は長野で用事がありますので、山線と長電掛け持ちか?
どうか散らないでおくれ・・・

| 183・189系 | 23:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

上田千本桜と急行信州

日曜日。

頭の中ではあさま運転日2日目ってことで上越に残留、
悪天候でも妙高6号とあさまの並びでも眺めに行こうと思っていましたが、
もう皆さんご存じの通り昨晩の3325Mが土砂崩れに乗り上げ脱線。
今も復旧作業が続いている状況で、当然ながらあさまはおろか山線は区間運休。

こればかりはどうしようもありません。

天気予報を見ているとどうも長野方面は回復傾向らしい。
じゃあ桜でも見に行くかと昼前にカミサンと長野方面へ。

上田城の千本桜が咲き始めたとのことで上田まで行くと、
晴れたり曇ったり雨降ったりと落ち着かない天気。
169系撮りに行った方は秒単位で変わる天気にさぞヤキモキした事でしょう。

IMGP8043.jpg
IMGP8045.jpg
上田城のお堀周辺。
しだれ桜にソメイヨシノ共になかなか良い咲き具合です。
昨日時点で6分咲きだそうですが、満開までもう一歩と言ったところでしょうか。

お花見と言ったら屋台。
IMGP8071.jpg
べっこう飴。
いつも思いますが飴細工は食べるのが惜しいほど職人技。
牛とかパンダ、キウイ等絵柄が可愛い。

IMGP8093_20130407224302.jpg
お猿。
特急じゃないお猿も久々に見ました。
あ、城山のお猿さんも久々に眺めに行ってみないと。

IMGP8103.jpg
真田傍陽線の廃線跡。
今は遊歩道、その前は鉄路、さらに遡ればお濠の一部だとか。
現在もここをトコトコと列車が走っていれば一大撮影スポットか?

今年1回目の花見を終え、さて湘南色6連の信州でも眺めて・・・
と時計を見ると上田初の時間を過ぎていましたので断念。
諦めて帰るのも手ですが、どうせ18号で戸倉を通るので寄り道。

もう完全におまけ記録程度。
IMGP8128.jpg
さよならまであと1ヶ月も無い段階でS51編成が湘南色化。
引退後は坂城駅に保存されるとかで、その下準備兼最後の一華。
最後に湘南色6連見たのも10年前、JRからの引退興行の時。
シールドビームの湘南色6連急行、思い浮かべるのは三鷹の車で飛んでいた
アルプス91・92号とかその辺り。
ちくま81・82号は宮原の167系4連から日根野の165系3連でした。

IMGP8125_20130407225617.jpg
ここが大事。

IMGP8132.jpg
最後の最後で湘南色6連。
昭和50年代後半生まれ、特急全盛期世代ゆえ「急行」というより、
「快速」のイメージが植え付けられてるせいか、
今回の運転もヘッドマークなしの「快速」とかだったら猛烈に食いついていたかもw

IMGP8145_20130407225614.jpg
祖父が駅長を務めた戸倉に僅かな期間ながら帰って来た湘南色6連。
今度仏前でご報告。ただ、「短い!」と言われそうですが。

IMGP8121_20130407230648.jpg
後ろに目をやればしな鉄色と長野色の115系がお休み。
湘南色と言い混色と言い10数年前にタイムスリップしたかのような感覚。

話のタネ程度ですが、最後に6連湘南色を見れて満足。
29日のさよならには行けないのでこれにてさようなら。

| 地方私鉄 | 23:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

特急あさま復活2013春#2

さて、その2。

妙高高原駅前の市営駐車場に車を放り込み、
直江津まで妙高3号に乗車。
今現在直江津に住んでいながら、妙高高原に車を置いて
電車で直江津へ向かうってのも不思議な感覚でして。

3323Mは定時。さすが長野折り返し1時間あるだけあります。
IMGP8019.jpg
今にも雨が降り出しそうな中、信越山線を北上。
さすがに4時起きで無理が祟ったか関山から記憶が無く、
気付けば直江津到着のアナウンスが流れる頃。
寝ぼけ眼で窓の外に目をやると1番線の脇にN101が待機。

IMGP7932_20130406224332.jpg
直江津着後は#1脇の留置線でしばし時間を潰すようで。
サービスなのか幕は「あさま 直江津」のまま。

一旦改札を出て妙高高原までの乗車券を買い再入場。
IMGP7940.jpg
本来並ぶ事のないこの列車。
3326Mはいつも通り5番、あさまは4番。さて、これはもしかして・・・?
IMGP7945_20130406224330.jpg
あさまの入線時間の案内がなかったので淡い期待に終わるか、
それとも良い並びを拝めるかの一発大勝負(大げさなw)
4番は在線なし、いつでもカモーン。

結果。
IMGP7960.jpg
IMGP7967.jpg
見事あさま、妙高の共演。
今日はあさまが14:45頃入線してきましたので5分程度の共演。
※前回は往路が牟礼、復路が高田で一瞬の並びでした
特急あさま、そしてあさまの一部を今に継ぐ妙高、
本来出会う事のない新旧並び、いい演出です。

IMGP7964_20130406230035.jpg
絵幕もばっちり。
Lマークが無いとか言い出したらキリがありませんが、
青空の部分が広いL無しあさまもなかなか良くてよ。

IMGP7978.jpg
乗車。
不織布タイプのカバーながらしっかり枕カバー装備。
枕カバーがあるとないとでは格が違うと言ったら大げさですが、
特急である以上必須アイテム。雰囲気も一味違います。

直江津を定刻通り発車。
9042Mは直江津-妙高高原間を38分で走破。
あさま時代も同区間37~40分程度でしたので、
なかなかの乗り応えです。妙高が50分程度なので尚更。

そして、硬券タイプの乗車証明書をもらえるとは思いもせず。(配布あること見落としていた)

あっと言う間に妙高高原に到着。
雨の中長野へと向かうあさまを見送り今日は終わり。

残り3回も楽しみです。
(が、今晩気掛かりなニュースも入ってきてますが…)

| 183・189系 | 23:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

特急あさま復活2013春#1

新年度最初の土日。

昨年10月に約10年ぶりに復活運転を遂げた特急あさま。
前回の運転時に「また走るとイイねぇ」なーんて話していたのですが、
そこから半年で再び信越山線に舞い戻ってきました。

前回の約10年の空白は一体何なんだの勢いで復活。
もういつでも走ってください、もう毎日でも。笑

そんなこんなで今朝は4時起き。
年を重ねるにつれ朝が強くなっていきます、良いのか悪いのか?
せっかく早朝に起床しましたので3322Mからスタート。

天気は快晴。
徐々に顔を出す朝日を左頬に受けながら国道18号線を南下。
以前タッチの差で日の出に届かなかった古間のポイントで待機。
IMGP7864.jpg
3322MはN103。
やはりN103だと晴れの引きが良い。
今日の予報は全国震撼の台風並みの低気圧接近による大荒れ予報。
そんなの嘘っぱちだと言わんばかりの気持ち良い朝を迎え、
この勢いで3321Mも・・・と片貝へリターン。

その前に関山で341M
IMGP7846.jpg
つい2週間ほど前まで真っ白だったこの界隈もすっかり雪解け。
春真っ盛りも目前に控えてきた感じ。
辛うじて青空ですが、どうも雲行きが怪しい。

3321M
IMGP7861.jpg
( ゚д゚)・・・
3322Mと比べまるで別の日に撮ったかのような天気の変わりっぷり。
まだ山が見えているので、せめてあさまの時間までもてば…
と淡い期待を抱きつつ撮影ポイント探しで近辺をうろうろ。

IMGP7865.jpg
妙高雲隠れの巻。
あぁぁあ。
前回は晴天なのに陰った妙高山、今回は然るべき流れか・・・
どうもN101が山線を飛ぶ日は晴れてくれません。祟りじゃ!

山を入れてのカットは諦め無難に軽く俯瞰で編成メイン。
さて、今回のあさまは妙高高原で3324Mと交換と言う事で、
僅か数分で2本一気の押さえられる場所へ。

本来3324Mが先に来るべきなのですが、不意打ち、あさまが先に通過。
IMGP7890.jpg
IMGP7891_20130406211244.jpg
しっかりあさま幕を掲出し直江津に向かう9041M。
今回4月6・7、5月3・4の計4回も運転され嬉しい限り。
4回も運転あればあさま色登板も期待しましたが、今回も全列車N101充当か。

さて、先に来るべき3324Mは直江津接続のはくたかが遅れたのでしょうか。
時間的に関山交換と思われるタイミングで通過。
M20ほど引きずってますでしょうか、でかく遅れてきました。
IMGP7901.jpg
今日はN102編成。
夏以降でまたあさまが走る機会があるのであれば、
今いる3本全てに晴れ舞台が回ってくる事を期待。
緑の「あさま」ももう一度目に焼き付けたいものです。

その後天気の回復なんか見込めるはずもなく、
午後の部は乗車する事に。
黒姫駅で駅そばを食べ窓口で指定席を確保。

時間の都合で直江津-妙高高原間ですが、いざあさま小旅行へ。
#2へ。

| 183・189系 | 21:53 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Play back~最後の離合~

早いもので先月末で屋代線廃線、2000系引退から丸1年。
徐々に当時の記憶でも掘り出してみようかと。

最後の離合

2012年3月31日。
IMGP8321_20130405224317.jpg
当日は屋代線の最後を見届けるべく綿内の変電所脇へ。
M30程度の遅れで綿内を出た432レを見送り、さらに待機。

待つのは2000系D編成最後の営業列車。2410X。

こちらも綿内駅にはかなりの遅れを引きずり、23:30頃の到着。

係員に見送られ発車かと思っていましたが発車せず。
5分ほど経ってから須坂方の高野宮踏切が動作し、
とうとう発車かと思っていたのですが、やって来たのは。
IMGP8327_20130405224318.jpg
オー1に連れられた2000系A編成。

オー1に連れられたA編成、床下機器をごっそり抜かれ、
生気のないその姿、葬列のよう。

最後の離合。
4本在籍していた2000系の内、最後まで残った2本が本線上最後、
いや、この世で本当に最後の顔合わせ。
片や本線と繋がった小布施、片や失われた鉄路のど真ん中、信濃川田。
近いようで遠いところへ離れ離れ。

IMGP8345.jpg
D編成が一足先に綿内を発ちA編成も終の棲家へ。
屋代線、2000系共に最期を迎えた瞬間。



IMGP1785_20130405232130.jpg
s-IMGP8346.jpg
当時はただただ無我夢中にシャッターを切るばかり。
感傷に浸っている余裕すらなく。

後々ゆっくり振り返ると安堵、寂しさ、後悔、充足、諸々湧き出てくるものです。

次にこんな気持ちになるのは2年後か。
その先はもうないかもしれない。

| Play back | 23:13 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

あれから1年#2

3/31続き。

綿内を出る頃からぽつぽつと当たっていた雨が強くなり、
信濃川田についた頃には結構いい降りになり、風も強く荒れた天気。

あれ、こんな天気どこかで・・・?

そう、昨年の3月31日も雨、しかも強風で荒れていました。

信濃川田。
IMGP7768_20130401233146.jpg
駅車自体はバスの待合室として開放されていますので、
列車運行時とほとんど変わらぬ姿で佇んでいます。
変わったのはトイレが仮設になったり、点かなくなった電灯がある位か。

IMGP7766.jpg
ブルーシートも劣化が進み徐々に顔を出すA編成。
摩耗して線維化したブルーシートがワイパーアームに引っ掛かり、
運転台側はあらぬ方向を向いてしまいへし折れそう。
川田電車の墓場から広場になるのはいつの日か。

IMGP7771.jpg
金井山。
架線は撤去されましたがやはり軌道上は除草され、
パッと見現役時のまま…と言ったら失礼か。
トイレ脇の「オハー」も今のところ健在。

この先松代方面へ向かうのですが、本格的な雨降りになってしまい、
ずくなし本領発揮。写真ございませんw

なお、松代街道踏切を先頭に清野第51号線踏切近辺まで
一気にレールの撤去が行われています。
松代構内なんてホームや一部の電柱ははまだ残るも、
レールが無いだけで広々し過ぎて唖然。

屋代。
IMGP7777.jpg
ここはどこ?part2
屋代駅前で待機する上電バスと巣に帰るJRバス。

ちょうど旧屋代線の5番ホームが物販で開放されているので、
入場券を買い突撃1年ぶりの5番線ホーム。
IMGP7791.jpg
ほぼ現役時のまま。
しかし点灯しない出発信号機が虚しい。

IMGP7812.jpg
さりげなく復活掲示。

IMGP7800.jpg
あら、ホーロー板も。
長電ブースの裏にさり気なく掲げられていました。
屋代線が去ったかと思えば後ろに写り込む169系も間もなくさよなら。

IMGP7818_20130401234447.jpg
屋代線ホームから眺める115系2M。
日中多くの列車が2連ワンマン運転となったしなの鉄道線。
1年前、こうなるなんて思いもしませんでした。
それにしても115系2Mの加速は速い速いw
物販で軽く買物をし振る舞いの味噌汁で体を温めつつ、
あの日から1年目の2000系と屋代線巡りは終わり。

廃線からあまり動きの無かった1年。
今の所、その面影の多さに「寂しさ」が薄らなのは正直な所で、
ここから一気に消え、ようやく実感が湧くのだろうか。

線路跡の活用、川田の整備などどうなるか右往左往していますが、
沿線の記憶から消え去る前に何らかの形になればと思います。

須坂。
IMGP7820.jpg
点くべき物が点き、光ったレールに安堵。

| 長野電鉄 | 23:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2013年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年05月