ずくなし

「ずく」が無いので庭を走る長野電鉄、183・9系以外あまり出てこないらしい。

2013年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2014年02月

≫ EDIT

赤いロータリー出動

火曜日。
全く非鉄の用事で午前中に半休。
寝坊できる!と気楽に構えるも今シーズン1回目の特雪が出るそうで、
結局寝坊なんかしていられず5時半前に直江津駅へ。

寒さに負け5時25分直江津着。
ホームに視線をやってがっかり、妙高2号はショボーン、おはよう信越は四つ目。
ああああっ。
またも国鉄特急色並び逃す。あと10分も早ければ…

で、留置線にはDD14が待機中。
国道では黄色いロータリーがしょっちゅう出動していますが、
鉄道の方の赤いロータリーは今シーズン初出動。
IMGP2769.jpg
直江津駅構内の積雪具合はレールと同じくらい。
さて、昨日沿線を見た限りでは関山手前までは積雪少なめ。
ザリガニと並走し南下開始。

IMGP2778.jpg
リスカーブ手前。
ここの区間はまだ回送。ウイングも閉じたまま軽快に通過。
ちょうど夜が明け空が明るみ始める頃。
放射冷却で冷え込みましたが、妙高山も顔を出す好天。

IMGP2790_20140128235958c02.jpg
二本木でしばし待機。
大体この辺りでいつもお会いする面々と「おはようございます」

二本木での小休憩の合間に一歩手前へ。
IMGP2916_201401282359578fd.jpg
@宮野原
集落に陽が当たりた頃にゆっくりと接近。
片貝あたりでウイング開いて進む姿は見えるのですが、
完全に空回りでウイングに雪すら当たらずスルー。

走って追っかけ妙高山バック。
IMGP2914.jpg
少し風が強く白みがかった空だけど山は良く見える。
雪が少ない分天気が良い、そんな冬もたまにはいい。
が、今日沿線に集まった方々から聞こえるのは

「雪が少なく物足りない」

との声。
確かにそうかもしれない。せっかくDD14が飛んでもこれじゃ試雪だと。

と言う事でもう一足先回り。
IMGP2911.jpg
S字俯瞰。
雪の中突っ込み通過5分前に到達。
かすかに聞こえる「バタバタ」と言うの独特な音に皆高まる期待。
ってことで、ようやく今シーズン初の特雪らしい姿。

IMGP2913.jpg
IMGP2903.jpg
積雪は少ないけどウイングでかき集めればそれなりの量。
これから2月に入りもう少し雪も積もるでしょうから、
迫力ある特雪はその時までお預けか?

皆さん更に妙高高原方面へ追尾するようですが、ここで一旦離脱。
下りで作業しそうな感じ&妙高4号が完全に捨てになるので惜しいのですが、
元々非鉄で休み取っていたんだからやむを得ず離脱。

IMGP2946-1.jpg
でも妙高1号だけは。
5分程度の遅れ。予定に間に合わなくなりそうでヤキモキ。
最近いつ眺めても妙高1号は5分~10分程度遅れ気味。

・・・2時間後。

ササっと用事を済ませ二本木の先から再び沿線。
IMGP2952_201401290012485f5.jpg
直江津へ帰宅するザリガニ。
下りも妙高高原出た辺りで雪ぶっ飛ばしてあとはお散歩状態。
二本木‐新井は超低速、徒歩くらいの速度で下る。

IMGP3006.jpg
再びリスカーブ先。
ディーゼル機関車重連で屋根から噴き出す排気熱が良い。

最後は矢代川橋梁。
IMGP3021.jpg
少し足りない望遠レンズで新幹線高架を抜くとこんな構図。
先日の妙高高原に続き、ここもガーター側面にJRマーク入り。

これにて離脱。
次ザリガニさんが散歩するのはいつになるか。
今日と正反対、大雪の中での出動になるかもしれない?
しばし様子見です。

当日朝からお会いした皆様、どうもありがとうございました。
スポンサーサイト

| てつどう | 00:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ザ・山

妙高連山。
IMGP2448-1.jpg
五反田集落から眺めると前山、妙高山、神奈山の3つのピークが立ちあがり、
よく見りゃその形は見事な「山」の字。
山の漢字の成り立ちはここからの眺めと言わんばかりの3連山。

二重式火山で周囲を外輪山で囲まれた妙高山。
見る場所、角度で異なる表情を見せ興味は尽きず。

さて、妙高号のヘッドマークはどこから眺めた妙高山だろうか。
信濃町からと思っていたが、いもり池も候補。
次晴れたらいもり池行ってみよう。


タイトルすみませんw>某ダルマ様

| 183・189系 | 22:42 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

どっちつかずな曇天

土曜日。

前日金曜の晴天から一転、予報は曇り時々晴れ。

この「時々晴れ」ほど期待の出来ない予報も無いのですが、
何かの手違いで天気予報大ハズレ、朝から晴天!
みたいな都合の良い事を考え眠りに着き、軽く寝坊気味で起きると曇天。

それでも家から妙高連山の稜線は見えるので沿線へ。

IMGP2599_20140126131947e26.jpg
344M
妙高から飯綱まで見渡せる視界クリアな曇天。
雲が抜けつつあり、このまま昼前に回復も僅かに期待できそうな空模様。
が、そううまくはいかない。

IMGP2614.jpg
妙高1号。
火打に陽が当たりはじめ、下界にも陽が射し始めるも列車通過が先。
もう1分も通過が遅ければ。
今日の妙高はN103。

IMGP2667.jpg
妙高4号。
完全曇り。でも山は見えている。
来年の春には会社が変わっているこの路線。
3セク移行後も橋梁に描かれたJRマークは忘れ去られ、
静かに元はJRの路線だと言う事を語りかける存在になるかも?

IMGP2685.jpg
妙高3号。
うーん、つくづく天気だけが惜しい。

マイカーのオイル交換で長野市内へ。
ディーラーはお客様感謝デーでイベント開催中。
オイル交換&点検を済ませ6号は長野市内。
IMGP2717_2014012613194494d.jpg
入庫。
ようやく3色並びだと期待していましたが、OM102は残念ながら解体線へ。
反対側から見る限り残す所2~3両程度まで解体が終わっていそう。

IMGP2697_20140126131942c3d.jpg
OM102が終わればあずさ色の解体に着手か。

IMGP2688_20140126133110ceb.jpg
マリ31。
顔見られるかと思えば埼京線のおまけつき。
マリ32は6連のまま留置。
マリ31は3連に分割され留置。
OM101はTc182‐101が工場手前、MM'ユニットは廃車置場留置。Tc183-1529は姿見えず。

伊勢崎で復活したC61の後釜として183系が保存されるそうで。
この調子ですとOM101のTc183-1529が候補だろうか。
これで183系列の保存車は9.5両目。
全国区で人気も抜群に高いであろう485系をも軽く凌ぐ保存車両数。
廃車解体が続く中、明るい話題。

| 183・189系 | 13:37 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

貴重な晴天

昼過ぎに通院、本日有休。
完全に頭も体も週末モードなので丸1日取得。
タイミング良く晴天に当たる、例年になく1月の晴れ率が高い。

2月から「例年通り」の天候になるようですが?

片貝に登ろうかと前日ボンヤリ考えるも軽く寝坊。なので下界から。

IMGP2372_2014012423470010d.jpg
二本木各停は青新潟色6連。
青空と妙高~火打の連山に意外と映えるぞ、この塗装。
と気付いた今朝。

IMGP2444_20140124235026159.jpg
妙高1号はN102。

IMGP2447_20140124234659118.jpg
リスカーブで除雪車が積み上げた雪山に登りお迎え。
一昨日だかにDE15が雪を飛ばしていった跡がありますが、
それから積った形跡なし。穏やかな1月。

IMGP2460.jpg
豚汁裏でくびき野3号。
今日はカミヌターリ色のT16編成。
朝方は放射冷却でガッツリ冷え込んだのですが、
その後気温もグングン上がりこの時点ですでに5℃。そりゃ霞みますわ。

一気に信濃町へ。
IMGP2493.jpg
妙高4号。
ニワトリ裏は年始に撮った、じゃあ公民館裏かここか悩む。
今日は長靴を忘れたのでこの場に落ち着く。
昨シーズンはN102で晴れが当たったこの場所ですが、
幕が壊れ普通幕だったので正調な姿で焼き直し。

IMGP2505.jpg
しばしボンヤリしていると115系C7編成の試運転が。
完全ノーマーク。山線で貫通6連に遭遇したのも久しぶり。
3セクになれば貫通6連の115系が入る事は無くなるのかな。

赤い115系がここすっ飛んでいる風景、思い描けないのですが。

これにて一旦撤収、一気に上越に戻り医者へ。
昼時で空いていたので30分で終わり。3号に間に合う。
IMGP2517.jpg
二本木手前は間に合わず大毛無バック。
午後になっても安定した晴天、山もご機嫌。

IMGP2578_201401242346558b0.jpg
妙高6号。
スニーカーじゃあまり奥まで突っ込めず中途半端な所でお迎えw
片貝で脚回りがまだ半分近く見える積雪具合。
このまま雪が解けていきそうな感覚。もはや気分は3月初旬くらいの勢い。

IMGP2598_201401250006438ca.jpg
帰りがてらくびき野2号回収。
10分近く遅れてきましたが何とか太陽が沈む前に通過。
随分とお顔が荒れてますが、どうしたかね?

IMGP2597.jpg
DE15の軌跡。
ウイング広げた跡がうっすら。

明日もちょっと天気がいいみたい。ちょっととは言わず、盛大に晴れたら嬉しい。

| 183・189系 | 00:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

去りゆく1本

6連8本が2014年を迎えた183・9系。
48両。最盛期の1/10切った数しか残っていない現実。

それこそ

生存率10%切る!183・9系の今

とか大きい雑誌がどどーんとやりそうな頃合いではありますが。

今週頭に1本が長野へ片道の里帰り。
大宮でひたすら待機のままだったOM101編成。
いろいろ振り返ってみましょう。

83190022_201401222133341d7.jpg
松本時代、MM'-1042、1049はM1編成。
あさま余剰のMM'-25+Tc-514ぶら下げ、どの車両に乗っても
フリーストップリクライニングシートに当たるアタリ編成。

26070023_20140122213853c41.jpg
85730010.jpg
TcはM3、マリ6由来。
2006年の組換えでGUのTc183‐1001は廃車、マリ6由来のTc183-1529に差し替え。
Tc182-101はシマS1→OM101と続投になりましたが、
OM101引退で183系の先頭化改造Tcもこれにて形式消滅。
失礼、N104にまだ残っていました。183系の先頭改造Tc残1両。

18640031_20140122214518357.jpg
シマS1時代。
大学で上京し、真っ先に乗った183系がS1編成の快速一村一山。
幕がバグってマリンブルーくじらなみでしたが。

17520021.jpg
MM'-1042、1049はM1からマリ10へ。
183・9系の房総特急終焉まで活躍。
マリ10はじめ最後まで残ったGUモハはC編成やS編成に組込まれ、
まだ「GU車は残る!」の図式が当てはまった頃。
今では定員-4名、ハイデッカーが仇になったか転用も無く、
マリC編成とOM編成が終の棲家に。
妙高にぶち込んで大窓あさま色復活とか夢も見ましたが、ダメでした。笑

IMGP9706_2014012221510823a.jpg
IMGP2916_20140122215211fe4.jpg
OM101編成。
山線代走やらマリンブルー、シーハイル、足利藤祭り、水上等で
よく出会う編成でしたが、最後に見たのは昨夏の臨時あずさ。

OM103編成の陰に隠れ地味な存在だったかもしれませんが、
MM'-1042と1049はグレードアップあずさ改造の第一陣。
鉄道ファンの表紙をドーンと飾り、その後に出てきた車両に影響を
与えたであろうエポックメイキングな車両でした。

そんな車もひっそりと終焉。
もう少し華のある最後を飾っても良かったのかもしれない。
お疲れ様でした。

残り6連7本。183系に至っては残8両。

| 183・189系 | 22:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ショボーンと赤いの

日曜後半戦。

妙高4号は少し視界の抜けた妙高界隈へ。
一瞬雲が抜け陽が射したと思えば、猛吹雪になったり落ち着かない。
先着の知り合いと合流し待機、その前にDE15が1本。
IMGP2299.jpg
迫りくる赤い機関車。
豪快に左側へ雪をぶっ飛ばしていますねぇ。

IMGP2269.jpg
ぶっ飛ばしていますねぇ~・・・あっ。

この後どうなったかはご想像にお任せ。
色んな物が飛んできましたw

3324Mも複線区間で待つも、妙高高原M15。
うーん、こりゃ嫌な予感がするぞとソワソワしていると予感的中。
真横できれいに345Mと離合。
信越山線撮影していて初めての被り。貴重な体験をしました。笑

昼飯はミサ本店でがっつり味噌ラーメン大盛り!
ニンニクがよく効いた味噌ラーメン。
平日も食べたいけどちょっと遠慮がち、でも休日なら遠慮しない。
うまい。

腹を満たし妙高6号。
IMGP2368_20140121230147885.jpg
リスカーブ。日が射す。
雲の流れ方を見ていると高田~リスカーブ辺りまで日が当たったかな。
ここも雪が積もる度にハイアングルになっていく。
今年はまだ2m程?

続・赤い機関車。
IMGP2364.jpg
夕方にも出動。
雪はいったん落ち着くも一気に積もった雪を再び豪快に飛ばす。
豪快に飛んでいく雪、排気熱の陽炎、着雪した木々が良い。

ようやく冬本番を迎えたような気分。
2日間お会いした皆様、毎度どうもありがとうございました。

| 183・189系 | 23:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

視界不良

日曜日。

2日連続4時に家を出る。
さすがに前日20時に寝ただけあって3時起きも割と余裕。
IMGP2085_2014012122314006e.jpg
霜取り2日目。
車を降りた瞬間の感覚。「何だ、今日は暖かいなー。」
車載温度計の表示を見ればマイナス6℃。
充分寒いはずなのに、前日の凍てつく寒さからすれば暖かい。
結果、アーク無しでスーッと通過。今日は室内灯付き。

そして何とかしたい夜の流し撮り。要訓練。

@黒姫
IMGP2098_201401212231393ed.jpg
3322M入線。N103編成。
霜取りが飛んだ時間帯にゃ月も出て穏やかな早朝でしたが、
6時過ぎた頃から急に猛吹雪で視界不良。駅構内へ避難。

IMGP2106.jpg
早朝の黒姫駅であさま色の並び。
上りホームでは係員氏がホーム除雪中。

IMGP2141_201401212231375d1.jpg
これからやってくる列車に備え念入りに除雪作業。

IMGP2151.jpg
ホームでは「家庭用特雪」が大活躍。
これ我が家にも欲しいんだよなぁ。おうちで投雪作業。
それにしても雪の降り方が弱まる気配なし。こりゃ視界不良だと少し南下。

移動しようと車の中に入るとMP3プレーヤーが見当たらない。
もしかして霜取りの時に落したか?と寄り道。
案の定凍結した状態で発掘。でも動作確認でセーフ。
除雪車が入った後だったら粉々になっていたか、
どっか飛ばされ春まで行方不明だったか。

所変わって牟礼。
IMGP2192.jpg
ヒダルーマさんも揃い3321M待機。
南下してきたのに黒姫とあまり変わらない視界不良。

IMGP2215_20140121223135d00.jpg
The 視界不良。
何が何だかサッパリ。

IMGP2227.jpg
水気の少ないサラサラした雪を豪快に巻き上げてきているので、
背景に負けずお顔も真っ白。
さすがこの後トイレ休憩に寄った古間駅の委託駅員さんも
「今日2度目の雪かきよ~っ!」と嘆く大雪なだけある。

さぁコレで道中3324M撮って帰ろうと思い北上するも、夕方まで御好きにどうぞ指令。

では、続投。

| 183・189系 | 22:50 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

マイナス15℃の世界#2

土曜続き。

朝飯も食わずにすっ飛んできている事もあり、
妙高1号を見送った頃にはすっかり空腹なんですが、
それもスルーして黒姫でN102を眺める午前中。

IMGP1906.jpg
10時過ぎには霧も抜け黒姫と妙高山がうっすら姿を見せる位に。
妙高4号の頃には完全に雲も抜けるかと薄っすら期待を抱くも、
この時の抜け具合が最良。

ならば黒姫駅構内で待機続行。早朝6時から黒姫駅構内で過ごす。
出たり入ったりしていて既に入場券3枚目突入。
同一日、同一駅入場券購入数では過去最多記録。笑

IMGP1998.jpg
妙高山も隠れたので妙高4号と回送の並び。
上り本線6両停目と中線6両停目は3両程度のずれ。
さぁきれいに並べと心躍る瞬間。

IMGP2049_20140119211554170.jpg
あさま色並び再び。
長電2000系の時もそうですが、同一形式並びってのは惹かれる。
寒さも忘れる数分間。

長らく黒姫中線で待機していたN102も出発しそうな気配があり、
やっとこさ黒姫駅を離れて黒姫ど定番。
IMGP2043.jpg
妙高4号を追っかけ長野へと帰って行きました。
黒姫山はへそ曲げて山頂は店仕舞い。

やっとこの日初めて腹の中に食べ物を放り込む。
知り合い4名で自販機そば。1杯じゃ足らず2杯目にうどん食ってもなお余裕。
温かい天ぷらそば・うどんが1杯250円、至福の1杯。

これにて各々散らばり妙高3号は吹野の陸橋から。
IMGP2063_20140119211552fa2.jpgIMGP2062.jpg
やっと気温もマイナスを突破。でも1~2℃。
とても暖かく感じる、完全に感覚がマヒ。

6号は新潟に戻って・・・と18号を北上・・・するも、
人間側の充電切れで昼寝開始。
1時間ほど気持ちよく昼寝し。寝過しギリギリ6号キャッチ。
IMGP2073.jpg
雪が無い。
里に雪が少ないので今冬は生活するのがとても楽。
DE15がサーッと雪を軽快にすっ飛ばす程度の積りがちょうどいい。

IMGP2078_20140119213339a3e.jpg
石沢でくびき野を追加で拾って終わり。
T16と国鉄特急色の2本体制でグルグル回っている模様。
妙高もそうだけど1列車で2色楽しめるのは良いようで、大変。

これにて撤収。
20時辺りから記憶が無く、ふと気づけば日曜未明。時計の針は3時を指す。
日曜も時間貰いました、では出ましょう。

続く。

| 183・189系 | 21:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

マイナス15℃の世界#1

土曜日。

午前中の天気は長野側で晴れ、夜更けの気温がぐっと下がる。
これはもしかして3322Mで盛大にアーク?と4時に家を出て沿線へ。
3時起きの4時出発でも意外と目が冴えているもんです。

県境を越え信越山線沿線でもっとも標高の高い信濃町に突入、
車の温度計は上越時点でマイナス5℃程度、更に下がりマイナス15℃。
うひゃー。
よく見りゃ月明かりに照らされダイヤモンドダストっぽい光景まで。ここは北海道か?

トンネルの向こうの空がピカピカ光り出し、タイフォン一発。
ん?
IMGP1742.jpg
N102編成。
架線もガチガチに凍っているのでしょう、アークの引き方が盛大。
室内灯消灯。どうやら霜取り運用。

寒い冷たいを通り越して「痛い」気温の中、妙高2号まで暖を取りに黒姫駅へ。
IMGP1765_20140119190716c7e.jpg
先程のN102は黒姫中線で待機。
その横を3322MでN101編成が通過。
カッター車が通っていない上り本線上、こちらも青白い光を残し長野へ。

この土曜日は新潟側ではEF64-1000が霜取り運用。
そちらも一度見ておきたいが、不定期過ぎて一度も巡り会えず。

IMGP1771_201401191907169d4.jpg
徐々に空が明るむ黒姫駅。
待合室のストーブで暖を取りに来たのにホームに飛び出る。
シュプールの後、長野への回送を眺めているかのよう。
シュプール信越の後回送は黒姫中線待機では無かったと思いますが。
記憶があいまい。

IMGP1809_20140119190715f6f.jpg
340M
列車はその後も定刻通り飛んでいく。頼もしい。

IMGP1899_20140119190714724.jpg
出発する気配もなく結局妙高1号と離合。
日も差し始めた霧の中、N103編成が顔を出す。

IMGP1900_201401191907138e8.jpg
棚から牡丹餅、いやよもぎ餅、あさま色並び。
信越山線内で189系同士の並びが定期で見られなくなり久しい。

知り合いの面々と一言目には寒い、二言目にも三言目にも寒いと言いながら、
黒姫界隈で時間を潰ししばし様子見。

続く。

| 183・189系 | 19:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

雪山賛歌

もしものコーナー。

自分がレチでグリーン車繋げた189系に乗務していたら、
雪山賛歌1発流して
「進行方向左手に見えます山は、標高2,454mの妙高山で~…」
と山という山を片っ端から案内したくなる光景が目前に。

IMGP1660_20140115210658e0f.jpg
黒姫山
ちょっとだけよ。

IMGP1713_2014011521065555a.jpg
妙高山
外輪山がマフラー巻いちゃう程度に寒いんです。

IMGP1684.jpg
火打山
先週より雪もちょい増し。

IMGP1689.jpg
大毛無山
ARAIマウンテンスキー場の廃墟もこう見ると現役のよう。
今ならもれなく新雪パウダースノー。

山という山を案内していたら多分関山‐新井間喋りっぱなし、
新井到着案内を漏らす勢いと思われる。うるさいレチ。

IMGP1717_20140115210952382.jpg
くびき野3号は国鉄特急色。
4つ目ではないのでK編成のどっちか。やっぱり妙高だけマフラー巻き巻き。

妙高4号まで残りたい気持ちを押さえ病院へ。
総合病院に診察10時半予約、診察12時45分開始の快挙で午後の仕事遅刻。笑

| 183・189系 | 21:23 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

赤い機関車

横須賀から戻った月曜夜。

高速を妙高ICで降り、トイレ休憩と称し駅によるとDE15が中線で待機。
IMGP1604.jpg
夕方に上りその返し。
いつも巡回するブログ等見ていると良い時間帯に飛んだようで。

夜にもう一山もあるかな・・・?
と、夕飯の後に直江津駅をぐるっと回ってみるとDE15がライト点灯で待機。
IMGP1607_20140114224716274.jpg
そのまま嫁さんを家に戻して再び出庫。

脇野田。
IMGP1626-1.jpg
妙高と交換。
順当に流れていけばAM半休を取り、晴れ予報の水曜はN103。
いい流れ。
ここで引き返そうと思うも割と元気もあり追尾。

IMGP1632.jpg
光源を確保できそうな場所も限られ、現地に着くと地元の方1名。
除雪車が積み上げた雪山に登りお迎え。
昼に飛んでその後あまり積らなかったので雪の飛ばし具合は控えめ。
今シーズンの本格的な雪も始まったばかり。
DD14が飛ぶのはかなり先になりそうな積り具合。

IMGP1639_20140114224714614.jpg
二本木で待避。
古レールを組んだホーム上屋のつららとDE15を・・・
と思うも、今日の停止位置は6両停目合わせ。

IMGP1652.jpg
厚い雲が抜け星も所々のぞく空模様。
この先は追尾せずホームでのんびり赤い機関車を眺めて帰宅。

IMGP1643_201401142255325fe.jpg
115系と交換。しばらくしてDE15は黒姫へと一仕事。
昨シーズン日中作業に1回巡り合えましたが、猛烈吹雪でホワイトアウト。
今シーズンはもう少しクリアな環境下で巡り逢えるか?

| てつどう | 23:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

赤いだるまと電車

さて、3連休。
嫁さんの実家へ新年の挨拶へ。

土曜の午前中に上越を出発。その時点で大雪。
こりゃ月曜に帰ってきたら雪掻きか・・・と3日後を思うと気が重いまま高速を抜け、
辿り着いた神奈川は湾岸線から富士山がよく見える晴天。

大学4年間、神奈川に住んでいましたが冬の晴天は当たり前すぎて、
これといって何の感覚も無く過ごしていましたが、
日本海側に住むようになって青空を拝むことの有難味がひしひしと。

1日目は夕方着、夕飯後に日本酒クイっと飲んでそのままおやすみ。

2日目。
嫁一家引き連れ川崎大師へ初詣。

首都高横羽線は大師出口で当然の如く大渋滞。
恐らく渋滞の先頭は京急川崎大師駅の踏切。
可能な限り大増発の大師線で踏切間隔が短く、毎年大渋滞。
まして、産業道路の交通量も混ざりますから、大師ICから出るのに1時間コース。悲惨。

だめだこりゃと多摩川渡って羽田入口で降り、京急蒲田経由で大師へ。

鈴木町に車を置いて川崎大師まで1区間だけ京急に乗車。
IMGP1521.jpg
毎年恒例の大師線限定干支ヘッドマーク。
神奈川にいた頃はこのマークの撮影が恒例でしたが、
離れてからは撮れない方が多い。

IMGP1496.jpg
川崎大師。
表参道からぐるっと住宅地まで連なる大行列にはまり、
参拝まで30分待ち。行列のせいで近隣住民も大変だろうに。

玄関明けたら目の前大行列。
寝坊しうっかり取り忘れた新聞やら牛乳撮るのも躊躇う勢い。

IMGP1500_20140114222023984.jpg
IMGP1501_201401142220224d4.jpg
頑張る警備員。
「くださーい」に脱力。
何で伸ばした?w

IMGP1502.jpg
善光寺境内から山門を眺めた比じゃない混雑。

IMGP1504_20140114222020d0b.jpg
ものすごい勢いで並ぶ京急800形。
こう見るとホントに800形ってダルマ顔だよなぁ…と甘酒啜りながら。

これにて帰宅。

3日目
嫁の実家で大寝坊をかます。7時に起きるつもりが9時。
これにて撤収ですが、そのまま帰るだけじゃ淋しいと駄々こねて30分だけ京急沿線。

IMGP1565.jpg
2100形2101。
車端部の窓が開くようになり閉じ込められても安心。
助手席側にはキャラクターのステッカーも貼られて遠目に見ても2101と分かる姿。

IMGP1582.jpg
だるま。
徐々に減っているようですが、普通車待っていれば結構な頻度で
爆音立ててだるまが転がってきます。
4連組めれば大師線を走ってほしいのですがw

IMGP1580_20140114222840e8b.jpg
銀1000。
1発目のステンレス車1073が出てきた時にゃビックリこいた銀1000、
見慣れぬ銀の京急も今じゃ増えすぎあっという間に京急のスタンダード。

昼過ぎに一路上越へ。
妙高高原越えたら猛吹雪。
家に着いたら駐車場は除雪車が放り投げた氷の塊が積み上げられ涙目。
除雪を終えて上京終わり。そのまま再び出庫、向かうは直江津駅。

続く。

| 京浜急行 | 22:35 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

snow dust#3

IMGP0755_201401140123137b9.jpg
軌跡。

通過後、残るは巻き上げた雪と静寂。
走行音が雪に吸い込まれ他の季節では味わえないあの静寂、
何とも言い表しがたい無な瞬間。

| 183・189系 | 18:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

snow dust#2

IMGP0730_20140114012009893.jpg
光の粒が舞い上がる。

| 183・189系 | 18:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

snow dust#1


冬のお楽しみ、雪の巻き上げ。
背景を真っ白にしながら目の前に迫り来る姿、
ファインダー越しに伝わるその迫力に手に汗握る瞬間。


この後受ける粉雪の洗礼が冷たくも心地よい。

| 183・189系 | 18:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ピンポイント晴天

PM通院で半休。

この時期の病院。
とにかく混んでいて予約通り診察も受けられず待合室で小一時間待機。
おかげで置いてあるこち亀の消化が進む進むw
暫く通院が続くので年明け早々から有休消化が抜群に進みそうな予感。

で、その前に3号だけ撮れそうだったので沿線へ。

朝まで吹雪いたり曇ったりの上越。
昼過ぎから急激に回復して3号の時間だけ見事晴天。
妙高山は完全に顔を出さないものの、大毛無山はくっきりはっきり。
IMGP1457.jpg
今週頭までうっすらしか積雪の無かったこの界隈も、
昨日からの大雪で一気に白銀の世界。
積雪具合も膝下まで埋まる程度でしょうか。まだ少ない。

IMGP1455_2014011018540867b.jpg
昨シーズンほぼスカだったN101の雪晴れ。
たまにはこうして晴れてくれないとこの地区で住むのは滅入る。

これにて撤収。
6号の時間には厚い雲に覆われ、夕方帰る頃には霰が舞う荒天。
本当に天気予報なんて当てにならない場所だ。

| 183・189系 | 19:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

雪原を駆ける

土曜より信越国境界隈は比較的まとまった雪。
夕方には上信越道が事故通行止めになる程度に降り、
翌日曜はどっさり積ったかと午前中だけ時間をもらい沿線へ。

IMGP1315_201401060013379c7.jpg
3321M
台車側のスノープラウに届く位積ったかと思えば一歩及ばず。
それでもサラサラの雪で巻き上げ具合、沿線の木々の着雪具合は抜群。

IMGP1313_201401060019586da.jpg
115系。
このシーンで211系が飛んできたらカッコいいだろうなぁと思うも、
信越山線の方に入ってきそうな気配は無く。

IMGP1335-1.jpg
3324M
雪質良好。
この後、巻き上げた雪で視界はホワイトアウト。

これにて年末年始の9連休も終わり。
一気に現実に引き戻される感が辛い。笑

| 183・189系 | 00:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

橙カバーとショボーン

気付けば年末年始の休みも今日を入れてあと2日。
なんて事でしょう、休み程早く過ぎるもんで。
次のまとまった長期休暇は夏かと思うと気が重いのですが、朝から出かける。

今日はお知り合いの車に便乗させてもらう一日。

3321M
IMGP1096.jpg
昨日の晴天から引っくり返って朝から雪模様の信越沿線。
信濃町以南では巻き上げるほど積りはしないけど、
ようやく本格的な冬がやって来たかのような光景。

さて、このまま3324Mまで待つか、しな鉄とかいじ送り込みへ一旦転戦するか・・・
同行者と打ち合わせ、後者をチョイス。

IMGP1117.jpg
小諸への送り込みはN103。
年末にN101で撮ったシーンのあさま色で焼き直し。
それにしても寒い。

IMGP1150_201401042040387a9.jpg
かいじ188号送り込みのN104編成。
今回も篠ノ井線内でまとまった待避時間があり追えるだけ。

IMGP1179_20140104204037d3e.jpg
思いのほか道路事情が悪く姨捨到着は入線後。
ショボーン顔を踏切から正面どーん。
年末に破れた幕も補修したのか臨時幕を掲出。

この「臨時」表示ほど便利な2文字は無いと思う今日この頃。
N104が入る運用は快速だろうが特急だろうが臨時、この回送だって臨回。
臨時出しときゃ間違いは無い。割り切った潔さをも感じる2文字。

IMGP1178_20140104204930f63.jpg
姨捨発車を見送り次へ。
姨捨で交換ないし通過退避があるかと思えば空退避。

IMGP1212_20140104204036f5b.jpg
IMGP1215_2014010420403558f.jpg
坂北の先っちょ。
とにかく昨年末からこの連結器カバーに惹きつけられる。
あさま色も国鉄特急色もこんなカバーを付けていた20数年前。
グレーもあったかや。

ぜひN101・・・いや、あさま色2本もこの連結器カバーにしましょうw

とまぁ、この編成の冬装備を見てもうOM103ではなく、
長野の車になったんだと改めて実感。

これにて篠ノ井線からは撤収、山線は3323Mから復帰。
高速道路を走行中、右手に見えるは旧屋代線信濃川田駅。
IMGP1216.jpg
便乗のおまけ。長電初撮りがコレで良いのかは置いておき・・・

IMGP1249.jpg
国境はまとまった雪。
年末に歩道まで除雪車が入った大橋もその跡形なく未踏の地。
県境はそんな調子ですが二本木から下はほぼ積雪ゼロ。
住む者には助かる降り方ではある。

IMGP1273.jpg
351M
115系6連、お尻見えません。雪煙からパンタだけ顔出し。

IMGP1287.jpg
3326M
同行者は古海の踏切、こちらは雪原を長靴一丁でズボズボ進み。

ここ、道に沿って浅い側溝が走っているのです。
大体この辺りが側溝で・・・とイメージが湧くも、
結局白銀の世界じゃ感覚ブレて落ちる。いつも片足だけきれいに落ちる。

人間不思議なもので、片足落として焦るもカメラだけは雪に落とすまいと両手バンザイ。

まるでグリコのアレみたいなカッコ、
さぞ滑稽でしょうが、誰も見ていない雪原のど真ん中じゃツッこんですらもらえず。

更に少し先では草刈りあんちゃんが雪掻きあんちゃんになっていたようですが。笑

これにてお開き。
ホリデー横浜さん、zukkyさん、一日お付き合い頂きありがとうございました。
便乗の形で終始楽してしまいました。

| 183・189系 | 22:27 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

新春初撮り

改めまして。
2014年、あけましておめでとうございます。

元旦、2日は完全寝正月でした。

3日は初詣。
天気も良いのでいつもの善光寺から変更、
少し足を伸ばして戸隠中社まで行ってみる事に。

その前に2014年初撮りは3321M。
放射冷却でかなり冷え込んだ長野市。車の窓が中まで凍る事態w
中までガッチガチに凍るなんていつ以来だ・・・?
外はお湯かけ、中はデフロスタ全開で何とか視界を確保しスタート。

3321M
IMGP1022_201401032023560f7.jpg
189系初撮りはN102。
先着のお知り合いの横に失礼し2014年初カット。
晴れるも北アルプスの稜線は薄っすら。
どうも西山地区、犀川沿岸辺りの霧が抜けきりませんね。
山を越えた安曇野、篠ノ井線沿線まで抜けるときれいに稜線が見えた事でしょう。

一旦帰宅。
戸隠へ行く準備を整えいざ中社へ。

と、その前に。ニワトリ裏。
IMGP1030_20140103202355bc4.jpg
先行の345M。
本郷駅の先っちょに住んでる長野市民が、戸隠行くのになぜ信濃町に?
とツッコミ喰らいそうですが・・・

R18柏原小学校入口から県道36号に入れば、中社まで約20分ですから、
鉄板のバードライン経由とそう時間も変わらんのです。(+15minくらいか)
という事で早速間合い運用入りました。

IMGP1042-1.jpg
3324M
妙高側はスッキリと青空、颯爽とN102が通過。
この年末年始、雪が少なく清々とした生活を送っています。
が、降るべき所はしっかり降ったようで、望遠レンズ越しに山の中腹を見れば
ゲレンデには滑る人の姿も見える抜けの良さ。

IMGP1058.jpg
で、本来の目的。戸隠中社。
初詣客でごった返しているかと思いきや、すんなり参拝完了。
どちらかと言うと奥社の方が混んでいたか。パワースポット効果?
奥社は雪が融けて川になった頃に行こう。

参拝後は戸隠そばで昼飯。宝光社下のそば処 よつかど。
DSC_1013.jpg
数ある戸隠のそば屋では一押し。
喉越しと香り良いそば、濃い~そば湯が絶品、お試しあれ。

時間を見ると12時半過ぎ、同じルートたどれば・・・

IMGP1068-1.jpg
IMGP1071.jpg
3号に間に合う。笑

午後も3号の時間まではスッキリ晴れて過ごしやすい一日。
用事がありこれにて離脱。
毎年恒例、趣味仲間との新年のあいさつの場にもなりつつある
の8560レのEF64×4つは時間が合わず今年はパス、また来年?

今年も可能な限り信越線と長野電鉄を満喫できる1年にしたく。
どうぞよろしくお願いいたします。

| 183・189系 | 21:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

謹賀新年


あけましておめでとうございます。
今年一年もよろしくお願いいたします。

のんびり穏やかに日常を追える一年にしたく。

| 雑記 | 09:31 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

2013年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2014年02月