ずくなし

「ずく」が無いので庭を走る長野電鉄、183・9系以外あまり出てこないらしい。

2014年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2014年04月

≫ EDIT

お陰さまで10周年

気付けばこのブログも今日で開始から丸10年。

大学生活の暇つぶしとして適当に「普通」の日記から始めたので、
ここまで長期に渡り続くとは当時思いもせず。

ひとえに日々ここをご覧頂いている方々、
沿線でお会いする方々がいるからこその結果です。
ありがとうございます。

「10年ひと昔」
思い返せばこの10年で色々ありました。
IMGP8905_20140331192624f0c.jpg
IMGP0231.jpg
183系列は年を追うごとにその数を減らしていきましたが、今も6連7本が現役。

IMGP0067-1.jpg
長野電鉄は特急車の世代交代、屋代線廃線などなど。

地元の日常の記録こそ大切と気付かされた10年。
183・9系、長野電鉄の2本柱を中心に、もう少し続けられたらと思う次第。
(さすがに20周年は迎えないと思う…?笑)

引き続きどうぞよろしくお願いいたします。
スポンサーサイト

| 雑記 | 19:30 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Winter scenery#14

築堤定点観測。
IMGP2448-1_2014032113070800e.jpg
1月 N102編成

IMGP8177.jpg
2月 N103編成

IMGP9502_2014032113070783a.jpg
3月 N101編成

光線の角度、空の色の移ろいを月毎に追ってみるが、
やっぱりこの冬もここに限らずN101だけ雲と霞に包まれる。

冬、終わり。

| 183・189系 | 18:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ムーンライト信州

土曜日。

知り合いに便乗でムーンライト信州&河口湖3並びへ参戦。
土曜深夜2時過ぎに上越で拾ってくれるとかで、
2時間の仮眠を取った後に出発。

長野経由で下道だと2時間ちょっとで大町に到着。
時刻は4時過ぎ。徐々に明るむ東の空に映し出される雪山。
曇りベースではあるけど北アルプスはきれいに姿を出しそう。

IMGP0109_20140330220434b83.jpg
まだ陽の登らぬ大糸線を駆け抜けていくムーンライト信州。
雪解けの水が水田にたまりきれいに水鏡。
五竜の山々とN102がきれいに水田に描かれる。

IMGP0119_2014033022043304a.jpg
長野への回送。
まだ線路には陽が当たらないものの、白馬三山に朝日が当たる。

これからは高速で河口湖に向かいますので、
インターのある豊科までは下道を南下。
神城停車中に追い越せたようなので青木湖バックでもう1枚。
IMGP0125_20140330220433faa.jpg
3月末で徐々に雪解けが進む沿線。
とはいえ朝方の白馬の気温は氷点下。
雪が解け久々に顔を出した地面にはうっすら霜が。

豊科まで南下の道中、数回N102の回送の姿を車中よりキャッチ。
信越山線だと道路と並行して走る部分が少ない事もあり、
189系と自身が乗った車が並走するシーンはなかなか面白い。
大糸線だとなめてかかっていましたが(失礼)、当然ながら列車の方が速く、
安曇沓掛を最後に置いて行かれるw

穂高を過ぎると曇り気味だった空も雲が抜け青空。
山もきれいに眺められるので、高速に乗る前に篠ノ井線内でもう1発。

山肌にチラッと見えるガードレールを見つけ、
ダメ元で行ってみると辛うじて俯瞰可能。
IMGP0154_20140330220432ef3.jpg
右端に枝が伸びきって締まりの無い松の木があったり、
左手方向は木々に阻まれ常念岳バックにはならず惜しい所ですが、
眼下に広がる安曇野の街並みと犀川、有明山を一望。
良い眺めだ~と喜んでいると189系が通過。

この調子なら篠ノ井線内ではアルプスバックに眺められたかな?
色々気にしつつ向かうは河口湖。
2時間ほどの睡眠で夜な夜な突っ走っていますので、
この辺で既に気分がハイな方向に向かっていて頭ぐらぐら。

さて、助手席を陣取り楽々便乗体制ではありますが、
無事河口湖に辿り着けるか心配しつつ長野道を南下開始。

続く。

| 183・189系 | 22:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Winter scenery#13

IMGP8228.jpg
信越国境を行く。
妙高1号の通過時、深く刻まれた谷に日が射し始めると、間もなく春。

| 183・189系 | 18:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Winter scenery#12

IMGP2554.jpg
毎年高々積まれた雪でお立ち台ができる沿線。

1~2月でこの調子。
そら特雪も出る訳ない。

| 183・189系 | 18:39 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Winter scenery#11

IMGP2394_201403211253554aa.jpg
115系長野色。

青空と雪山によく映える塗装。スカ色より湘南色より長野色。

| 115系 | 01:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Winter scenery#10

IMGP1777.jpg
黒姫高原

IMGP8660.jpg
妙高高原

両高原とも一年を通じて訪れる観光客が多く、
特急も全列車が止っていた山線の主要駅。
スキー場も近く冬が一番活気づくシーズンだろうか。

列車でスキーに来る人も随分と減った印象があるけど、
近年は海外勢が列車で降り立つシーンをよく目にするようになった気がする。

| 雑記 | 18:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Winetr scenery#9

IMGP7593.jpg
上越で雪が少なくて楽ね~なんてぬるい日々を送っていたら、
いつも降らない所が2週連続で大雪に見舞われ、大騒ぎだったこの冬。
長野新幹線が完全運休は97年の開業以来初でしょうか。

新幹線が金沢まで延伸すれば、E7系と豪雪は何度か見られそう。

| てつどう | 17:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Winter scenery#8

IMGP2298_201403211008422a1.jpg
豪雪らしい豪雪が無かったこの冬。
特雪も1回しか出動せず赤いザリガニファンには
少し物足りない冬だったかもしれない。

IMGP2196_20140321100841b52.jpg
視界不良は多々。笑

| 183・189系 | 18:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

エクストリームお彼岸

3連休最終日。エクストリームお彼岸。

何でもエクストリームつけりゃ良いってもんじゃないけど、
1回くらい使ってみたかった。
午後は長野でお彼岸の墓参りがあり午前中出来る限り沿線。

この日も4時起き5時スタート。
早朝から澄んだ空気で山々の稜線も良く見え、清々しい朝。
朝日を浴びそうな場所で妙高2号。
IMGP9862.jpg
先があるので古間の集落を北信五岳道路から。
朝日に照らされる妙高山、189系、集落。
今日は一日天気が良さそうだ。

その後長電にでも行こうか悩むもオー2は須坂に帰ってる流れ。
では山線残留と妙高高原で342M待機。
どうしようか駅界隈をうろついている間も山がきれい。
IMGP9886_20140326002737141.jpg
手前の廃墟、無ければなぁ~・・・

342Mは3連だったのを思い出し・・・
IMGP9892.jpg
結局白田切川の橋梁で落ち着く。
3連なら橋梁にぴったし収まるので。

さて、今日の妙高1号からの流れはN101。
一気に国鉄特急色で未撮影分を片付けて行きたい所ですが。
と、その前に二本木各停。
IMGP9898_20140326002736568.jpg
長野色+新潟色(青)
長野から新潟に転属した長野色をようやく目にする機会が。
どちらも青ベースで雪+青空にはよく映える。

雪も少ないだろう片貝、10分もあれば登れるだろうと緩々向かい、
先着のヒダルーマ氏、shinさんと合流。
IMGP9906_201403260027355c6.jpg
うーん、良い天気。
が、火打上空から定期的に雲が湧いてきて、
ここに来てもN101は雲を連れてくるかと話題。
面白い位等間隔で雲が湧いてでかくなってく様子は動画で撮り、
倍速程度で見ると面白いかもしれない。

先行の344M
IMGP9945.jpg
晴れていればこの列車は大抵問題ないので心配していません。
ここから1号が下って来るまでの約8分間が長い長い。笑
その間にも火打は絶賛雲量産中。

IMGP9940_20140326003937635.jpg
お待ちかね妙高1号。
344M通過後から雲が急成長する様に一種の不安と安定感を抱きつつ、
この調子でN101が通過していき一同安心。良かったのではないでしょうか。

これにて一旦撤収。
直江津まで戻りカミサンを拾って再び沿線→お墓参りの流れ。

10時に直江津を出ればいいタイミングで4号来るんですよね。笑
IMGP9933-1.jpg
ニワトリ裏。
集まったのは先程片貝で集まった面々。
これまた長らくN101だけ晴れに恵まれず頭抱えていたポイント。
火打の雲製造も一時中断、稜線もクリア。

4号通過・・・撮影後ヒダルーマ氏と固い握手を交わす。笑

良い大人が雪山の上で握手しながらワーワーやっている姿、
さぞ滑稽な光景だったかもしれませんが。
どんなアングルであれ、撮っておきたいカットを得られた時は嬉しいもので。

これにて本運用復帰。エクストリームお彼岸。
墓参りを済ませ、集まった親戚一同に顔がどす黒い、真っ赤だと言われ、
さてどうした?と鏡を見れば顔が真っ黒。土日の2日間で一気に雪焼け。
嫁は呆れ、親戚はお前らしいと笑われ3連休終わり。

皆さま毎度どうもありがとうございました。

≫ Read More

| 183・189系 | 01:34 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

非冷房鯨と名残雪

土曜日。

早朝から沿線駆け巡り2号を大倉で見送ってからは山ノ内線へ。
長野盆地から晴れ間は広がっているんだけど、
まだ東の山々は厚い雲に覆われ陽が出たり陰ったり。
IMGP9621.jpg
1発目306レ
鯨N6が朝日を浴び妙高山を目の前に下って行く。
竹原で交換して来る305レはオー2!さぁこの調子で・・・!
と待つも、ちょっと雲行きは厳しいまま。

IMGP9661_2014032520275371a.jpg
305レ。
妙高バック晴天でオー2をと思いましたが残念賞。
305レでオー2が飛んできたので、日中の山鯨はオー2確定。


IMGP9652.jpg
308レ
陽も高くなり稜線に張り付いた雲もかわせたので夜間瀬川橋梁で。
妙高の方はお得意の雲隠れ寸前。
先にも書いたように曇り予報ベースの晴れなので安定せず。

これにて一旦信越へ転戦。4号の後再び山ノ内線参戦。

IMGP9742_20140325202751ffc.jpg
8Aゆけむり。
山線はほとんどの山が全滅、長電沿線は晴天。
高社山も良く見え、恐らく今シーズン最後のまとまった
降雪を飾るにはバッチリな条件。

IMGP9758_20140325202751f75.jpg
316レ
同じく沿線にいたヒダルーマ氏と合流し山鯨待機。
運用は順当に巡りオー2が通過。

昼飯は一部で大人気(?)夜間瀬駅前の食堂。
ヒダルーマ氏とのんびりし過ぎて食堂のおばちゃん達の
賄い飯タイムと被るまで雑談、慌てて店を後にして再び沿線。

IMGP9808_201403252027504b6.jpg
318レ
町浦で志賀高原をバックに。
道床の雪も昼過ぎにはきれいさっぱり融ける。
もう春ですね。

IMGP9817_20140325205025681.jpg
そのまま9Aゆけむり待機。
3連休中日。車内は観光客で良い乗車率。
皆さん温泉にでも行くんでしょうか。それともスキー?

IMGP9844.jpg
12Aゆけむりとオー2竹原並びで締め。

IMGP9790.jpg
今年は久々に大雪に包まれた山ノ内線ですが、
早いものですっかり春らしい陽気になってきました。
花が咲き乱れる山ノ内が楽しみな頃合いです。

| 長野電鉄 | 20:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Winter scenery#7

IMGP1756.jpg
初電を待つ。
今冬は189系長野車でのカッター車が3回。
初電の妙高2号が上ってくる前に黒姫へ滑り込み一休み。

標高600mオーバーの黒姫高原。
この日はマイカーの車載温度計読みでマイナス15℃。
猛烈なアークを引いて通過したN102、なかなか衝撃的でした。

| 183・189系 | 18:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Winter scenery#6

IMGP0541_20140321095922fc1.jpg
低速でも撒きあがる粉雪。
列車通過後に自身がもろ被ることになるんですが、
これが適度にひんやりしていて気持ち良い。笑

| 183・189系 | 01:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Winter scenery#5

IMGP1726.jpg
誰が言い出したか、着雪した木々をクリスマスツリーと。

IMGP1710.jpg
随分とクリスマスから日が経っても、確かにこれはクリスマスツリーっぽい。

| 183・189系 | 18:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

晴れ(雲多め)

土曜日。

お楽しみ3連休。
先週あたりから喉痛めてそれを引きずったまま不調続きで、
初日の金曜日は久々に非鉄の休日。嫁が首傾げる。
たまにはそんな休日があっても良いか。

で、土曜日は4時起きの5時出発。
だいぶ陽が昇るのが早くなり5時半も過ぎれば東の空から明るくなり、
18号線南下中に左を見ると妙高連山が顔を出し始める。

山が顔出したなら・・・と、公民館裏待機。
IMGP9607.jpg
まだ陽の届かぬ里のバックに浮かび上がる妙高山。
未明まで降り続いた新雪も相まって幻想的な朝のワンシーン。
これは早起きした甲斐があった。

この後は長電山ノ内線へしばし居座り、妙高1号から再び信越。
山は出ているも雲がかかったり抜けたり落ち着かないので、戸草でお手軽に。
IMGP9680_2014032322561590b.jpg
編成全体に陽が当たるようになり気分は春ですが、
目の前に広がる景色は真冬のよう。
昨年と比べると季節の移ろいが1週間ほど後にずれてます。

IMGP9703_201403232256141bf.jpg
344M。
妙高山はこの調子。雲抜けた!と嬉々として眺め続けるも、
急に雲が湧いては消えての繰り返し。
風と気温の微妙な加減で雲がわきやすい一日。

4号は久々にど定番下。
溝に足突っ込むような状態で4号待機。
残念ながら黒姫はおろか妙高も完全に雲隠れ。
IMGP9726.jpg
気温も10度近くまで一気に跳ね上がりゃ蒸発も多く、
こればかりは逆らえぬ自然の摂理。

IMGP9725_201403232256123d3.jpg
振り返り旧国道のトラスとN103。
なんとなーく黒姫山の稜線っぽい弧を描いたトラスですし、これで代用。笑

これにて信越線からは離脱。再び長電沿線へ。

| 183・189系 | 23:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Winter scenery#4

IMGP9918_2014032109460051f.jpg
クリスマスを越すと本格的な冬。
地面は真っ白、空は無鉛色、山は褐色。
こういう中でも沈まない国鉄色ってよくできた色だと実感する季節に。

| 183・189系 | 18:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Winter scenery#3

IMGP0855_201403210939196fc.jpg
濁りの無い青空。

長野市の冬空ってこんなに青かったか・・・?
実家から離れ6年海沿いにいると感覚がずれてくる。

| 長野電鉄 | 10:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Winter scenery#2

IMGP9805.jpg
去りゆく中央東線の主役と名脇役。
92年以降長らく続いた183系のあずさ色はこの冬で消滅。
115系はまだ残るもこの春の改正で大幅削減。

信州の四季に溶け込む爽やかなアルパインブルーの帯は、
後継の211系に引き継がれ何より。

| 雑記 | 18:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

183・9系保存車巡り#2

その2。

伊勢崎を後にして向かうは横川。
何だかんだで年に1~2回は行ってしまう。

IMGP9280_20140320230942850.jpg
やっと昼飯。
朝4時から何も食っていないのでいつも以上に美味い。
同行者が釜めしにかけそば頼むもんだから、店のおばちゃんに
「そばいらないのー?」とか聞かれる始末。
そんなに食えませんw

IMGP9282_201403202221378c3.jpg
入園し真っ先に向かうはクハ189-506。
車端部で何やら作業中。

IMGP9294_20140320222136260.jpg
ボランティアの方による清掃作業でした。
定期的に保存車両の整備を行っているそうで、
タイミング良くこの日はクハ189の日。
お陰で昨年(だったかな)に再塗装されて結構経ちますが、今もきれいな姿を保っています。
作業の合間で色々お話を伺いましたが、興味深い話を聞けいい機会。

IMGP9319_20140320222133fd4.jpg
189系保存車のネックはやはり元開閉可能な窓部分だとか。
余生(?)の過ごし方、ここで実車に触れながら…ってのも良いのかもしれない。

IMGP9314_20140320222132d32.jpg
EF63は25号機が修繕中。
近々きれいなロクサンを拝む事が出来そうです。

IMGP9291_201403202221357f0.jpg
表に出て本線突っ走ってほしい車両の一つ。
EF62に12系牽かせるだけでもれなく喜びます。

IMGP9386.jpg
帰り際に107系。
高崎と横川幕の間に軽井沢、中軽井沢、長野が挟まっているようで。
もし今もヨコカルが残っていたら、107系がロクサンと繋がって
峠を行き来していたのかもしれません。

終わり。

| 183・189系 | 23:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Winter scenery#1

IMGP0499.jpg
2013‐14冬。
初雪が試雪のシーズンに被るなど随分と足早な冬の訪れを感じるも、
蓋を開けてみると雪の少ない、沿線に住む分には穏やかな冬。

| 183・189系 | 18:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

183・9系保存車巡り#1

日曜日続き。

しな鉄でサンライズを見送り息も絶え絶えにセーブオンで栄養ドリンク購入。
グイッと一本飲み込み上信越道を南下。辿り着くは伊勢崎市の華蔵寺公園。
3月2日に長総を旅立ったクハ183-1529が16日よりお披露目とあり、
新たな活躍の地を得た幸運の1両を眺めてきました。

華蔵寺公園と言えば現役復帰したC61-20が保存されていた場所ですが、
これまで行ったことすらなく初めて行ってみる公園。
簡単にいえば城山動物園を2倍に広げ遊具たくさん置いた感じです。
(長野市民しか分からんかw)

IMGP9137_20140319220400768.jpg
公園に着くと既にお披露目イベントが開催されていて、
地元園児による太鼓披露の真っ最中。
その横には艶々に輝くクハ183の姿。
来賓挨拶など諸々の式典を終え、
無事華蔵寺公園の一員として新たなスタートを切る事が出来ました。

IMGP9194_20140319220358cc4.jpg
太鼓を披露した園児を一番客として車内へ招待し、
その後に全員でときをバックに記念撮影。
多くの車が去りゆく中、こうして多くの笑顔に囲まれ歓迎される車が
出てくるとは大変喜ばしい事。
C61のように本線復帰はまずあり得ない車ですが、
183系を後世へ継ぐ1両として末永い活躍を祈りたいものです。

さて、一連の記念式典を終えた後は一般公開開始。

IMGP9175.jpg
同行者とくまなく観察。笑
窓回りの帯はGU車仕様。
国鉄時代の姿に戻すかと思いきや、
JR末期仕様とはマニアックな形で仕上げてきましたね。

IMGP9213.jpg
運転台。
ATC対応車の運転台に入るのは初めて。

IMGP9229_201403192203550d7.jpg
車内は一部区画の座席を撤去して室内用エアコンを設置。
座席はボックス固定でテーブルを付けたので食事にも使えるそうな。
千葉を出て長く経ちますが相変わらず消毒臭は抜けきらず、
それこそ乗ってシートに腰かけりゃ現役車と遜色ない雰囲気と思われw

IMGP9200_20140319222419ced.jpg
長らく葛西臨海公園の観覧車を眺めてきた車、
新天地でも観覧車の目の前。
園内には直径65mの大観覧車もあり俯瞰もできるかもね。

IMGP9165.jpg
立派な案内看板も併設。
ATC追設で1029から1529に変更になった点も漏らさず記載。

IMGP9197_20140319220357e19.jpg
で、右上ご注目。
ときの脇を何だか良いモノが走っているんですね。
140円でいい年こいた大人が乗ってもお咎め無いらしい・・・

IMGP9254_20140319221836a96.jpg
乗った。笑
サイクルモノレールで空中散歩。
遊具の一つとしてすっかり馴染んでいます。

IMGP9249_20140319221837a7d.jpg
屋根上から脚回りまでばっちり再塗装が施されているので、
それこそ全検上がりか新製直後のような雰囲気。
年1回位はここにも顔を出したいもので。

午前中で伊勢崎からは離脱。
腹も減ったし釜めしでも食いましょうか!
と言う事で春霞でモヤモヤした上州路を一路碓氷へ。

保存車巡りは続く。

| 183・189系 | 22:28 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

朝の快速2本

日曜朝。
当日は183系列保存車巡りってことで一路伊勢崎市へ。
とその前に朝の快速で肩慣らし。

IMGP9089_201403182310065d5.jpg
快速妙高2号。
ようやく朝日を浴びる時期になりました。
当日の2号はN101。赤く染まるショボーンを眺めたお次はしな鉄沿線。

快速しなのサンライズ。
IMGP9116_201403182310051f7.jpg
俯瞰でお迎え。
眼下でEH200牽引の石油貨物と離合。背後には坂城の岩鼻。
いつ見ても不思議な地形です。

IMGP9125.jpg
振り返れば戸倉上山田温泉を背景に戸倉の街を抜ける。
まだ未乗の189系仕様の快速列車ではあるのですが、
朝7時台に小諸にいるって事が無いまま今に至る。
足はそんなに速くなさそうだけど、上田‐長野ノンストップは魅力あり。

さて、ここまで登るのに著しい体力低下を実感。
後ろからガチな同行者に走れ走れ!と煽られ、
急いで登るも脚元は落ち葉と霜で空転、最終的には無酸素運動状態。笑
ちょっと運動した方が良さそうです。

下山後もゼェゼェ息切れたまま高速に乗り伊勢崎市へ。

| 183・189系 | 23:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ダイヤ改正初日

土曜日。

ダイヤ改正初日で先に記事に出しましたように、E7系が運行を開始したり、
211系が大幅に増えたりと長野より南の方で変化がある改正。
ですが、信越線長野以北はこれと言った変化が無く、
ざっとポケット時刻表を眺めた限りで見つけた変化も、
妙高1号の長野発車が1分繰り下げの8:13発になったくらい。笑

IMGP8770.jpg
嫁が土日出かけたので直江津駅まで送り1号からスタート。
前日の晩に雪が降り木々に良い具合に着雪。
3月も中旬、今年は春が早いと思っていたのですが、
ただ雪が少ないだけでダラダラ冬の天気が続いています。
朝方、スポットで雲が抜け妙高山も顔を出すものの、
1号通過時刻には厚い雲の中。うーん・・・

IMGP8847_2014031819034686b.jpg
4号。
長野側はスッキリとした晴れ模様。
こちらは積った雪も徐々に溶け始めてきたので、
所々でふきのとうが顔出していたり春らしさがチラホラ。

IMGP8877_20140318190345cdf.jpg
3号。
根子岳~四阿山とこちらもクリアに顔を出す。

IMGP8876_20140318191129ef1.jpg
高社山もくっきり。
夜間瀬の橋梁で鯨やゆけむりを待ち構えてもよさげな雰囲気。
また近々長電沿線に行きましょう。

IMGP8922.jpg
ひょこっと顔を出す高妻山をバックにしなのサンライズ送り込み。
これまで午前中に小諸へ飛び翌朝まで昼寝運用でしたが、
送り込みの時間が午後に変更。
午前の方が撮る分には色々都合が良かったりしますが・・・

再び山線。
IMGP8936_2014031819034456e.jpg
夕方近くになっても嫌な雲一つ湧かない晴天。
ここまで抜けの良い夕方の青空を眺めたのも久々。
さすが晴れ編成N103。

IMGP9012_20140318190343878.jpg
5号は長野駅。
183・9系、E2系、分かりにくいけどE7系と歴代あさま3並び。

IMGP9005_2014031819184928f.jpg
当日は満月一歩手前。
月明かりのきれいな一夜。翌日晴れそうな気配がありますが・・・

IMGP9026.jpg
211系が増えました。
信越山線には入らぬまま来年を迎える事でしょう。

日曜に続く。
当日お会いした皆様、毎度どうもありがとうございました。

| 183・189系 | 19:30 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ニュー新幹線

って言うと100系とか200系のシャークノーズ辺りが思い浮かびますが。

さて、15日土曜日にダイヤ改正を迎えた長野地区ですが、
今回の目玉は長野新幹線のE7系デビューですかね。
にわか全開で初日にちょいちょい眺めてきましたので簡単に。

毎度ながら妙高号をメインで動いていた土曜日。
3号の後6号まで随分と時間が空きますので珍しく新幹線沿線へ。
長野界隈で撮れそうなのも長野駅や篠ノ井駅近辺の陸橋か、
五里ヶ峯トンネルあたりしか思い浮かばずトンネルへ。

IMGP8883.jpg
定期列車の無い時間帯にすっ飛んで行ったE2系N21編成。
レンズの長さ足りず林の中にもぐりこみ、木々の隙間から。
バックに飯綱山がきれいに入りますんでこれも良いか。
が、山が枯れている今の時期限定でしょう、夏は蚊に刺されそう。
そんな場所、上に枝が入りこんでます。笑

IMGP8896_201403171833046e4.jpg
あさま508号。
ニュー新幹線。運転開始初日、つやつやです。
トップスピード近くまで達しているこの地点はとにかく速い。
妙高号のように望遠で1発、広角でもう1発とか1度で2度おいしい、
そんなこと出来る余裕も与えない超特急。

IMGP8907_20140317183303f2a.jpg
後撃ちで高妻山をバックに。

夜は妙高5号ついでに新幹線ホームへ。
IMGP8940_201403171833026fc.jpg
新旧並び。
新幹線っていつの時代も新型は人気者です。
老若男女鉄非鉄、誰もがカメラを向ける様子もしばらく続きそう。

IMGP8981_20140317183301e72.jpg
E2系は8連、E7系は12連。
あさまが8連から12連へ成長。
時代は繰り返す。感慨深い組合せです。

IMGP8995.jpg
とはいえまだまだ主役はE2系。4並び。
ホームが喫煙所より先に延長されたので、
長野駅では撮りにくかったE2系の編成全体図も楽々。

IMGP8951_20140317185658138.jpg
E7系とN104。
しばらくあさまが3世代が集う長野駅。

IMGP9058.jpg
キャッチコピーは「長野が動き出す」
TVCMの内容はじめ「東京は長野だ」のコピーのインパクトには
勝てないかもしれない。笑

IMGP9037_2014031718565658d.jpg
4月以降も徐々にE7系充当列車が増えるようです。

E2系もあっという間に世代交代。189系とどちらが長生きするか・・・?

| てつどう | 19:06 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

1/150ショボーン

さて、数年前に189系あさま色を出してから徐々に製品化が進む
トミックスの183系列でございますが、今年8月に長野車6連が出るそうで。

本体の金型そのままでモハ188の渡り板を後期形にすれば
完成するN102あたりで出すかと思えば、なんとN101。
新規で金型起こしてクハ183の1500番台、低眉を出すとは。

変形車出すのは蕨のお仕事かと思っていたのですが。笑

N101 (28)
N101 (254)
ご丁寧に一気にあさま色と国鉄特急色の2色出すそうで。
定価2.2万!高い!

トミックスから189系あさま色GUとリフレッシュ車出た際、
5万近く叩いて11連、9連各1本揃えた大暴走やって以降すっかり
模型熱は冷めて一安心(?)

とはいえ、N103とか出されたら買っちゃうんだろうなぁ~・・・w

| 183・189系 | 23:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

束の間の晴天

日曜日。

前日突如として晴れ予報に昇格した日曜日。
風も吹きそうだし午前中だけスポットで晴れるも山は雲びっしりくらいか…
とあまり期待せずに就寝。

6時半に目覚めるとやや霞むも妙高連山がきれい。

おおお!

と一人盛り上がるとヒダルーマ氏、草刈りあんちゃんと沿線に「いるであろう」
面々から続々と山スゲー!とメールが。皆さん朝もはよからお元気ですね。
負けじと8時前に家を飛び出て片貝へ。

なお、夕飯を作るという条件で出撃許可を得ました。笑

かんじき履いて丘の方へ。
先週追加で積もった雪でかんじき履いていても沈むような調子。
IMGP8532.jpg
振り向けば素晴らしい光景。
雪が無ければ車で1~2分のコースも、新雪上を歩けば20分コース。

IMGP8572_20140309233620400.jpg
約20分で丘の上へ。
呼吸を整え妙高1号を迎え撃ちます。
遠く飯綱、黒姫を背にN103編成が快走。

IMGP8544-1.jpg
あさま色、妙高連山、青空、雪原。
絶景。
今冬を締めくくる1枚にしたいが、また明日から雪だって?

今年は比較的晴天の日が多い冬だったので、
下界ではある程度撮りたいポイント押さえるも片貝俯瞰だけは消化不良。
このままラストシーズン迎えてしまうかと思っていましたが、これでスッキリ。
安心して春を迎えられそうです。

N101はどう転んでも晴れないので撮れたらラッキー程度で構えますw

下山は楽々10分でマイカーへ到達。
休む間もなく新井以北へ。
IMGP8543.jpg
ルート選択ミスで目指す豚汁裏には行けず教習所裏。
くびき野は国鉄特急色。

再び南下し長野県内へ。
IMGP8571-1.jpg
4号の時間になっても晴天継続。
毎度のことながらN103編成は安定した晴れと当たりますね。
背後にそびえ立つ妙高と土蔵のある集落で。

IMGP8575.jpg
昼過ぎても新潟側は青空。
先に長野側から崩れ始めてきたので北上。

IMGP8594_20140309233618c23.jpg
1発目で場所選定失敗、結局捨ての1本に。
と、ご覧の通り午後になっても安定した穏やかな天気。
ここは本当に新潟か?w

IMGP8612.jpg
またも後部が「直江津」
最近駅名出す機会が増えていますねぇ。

同じ場所で6号
IMGP8652_20140309235742ca1.jpg
青空の下、西日を受けて築堤を駆け抜けるN103を見送り帰宅。

ここまで天気が良かったのですが、この後急速に雲が広がる。
妙高山はあっという間に雲の中。
里の方も風が強くなり、夕飯を食べ終わる頃には結構な勢いで雪が降り積る。

またしばらく雪や曇りが続く1週間。
あぁ、束の間の晴天。

| 183・189系 | 23:29 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

長電沿線晴れ

土曜日、山線と合わせ長電へ。

信越線沿線が雲に泣かされっぱなしで頭抱え、
天気の良い長野電鉄沿線で一休憩。

小布施駅へ。
IMGP8334.jpg
りんご。
小布施駅そのものに来るのが久々なもんで、2000系とは2014年初対面。
随分と時間を空けてしまいましたが、2000系自体は少し色褪せたかな?
程度で引退時と変わらぬ姿で過ごしています。

IMGP8317_2014030921555273d.jpg
りんご、ゆけむり、東急。
この何でもありな感じがいつ来ても心地よい。

夕方再び沿線。
困った時はまずここ、とりあえずアサヒ。
IMGP8369.jpg
西に傾く陽を浴び変なお顔が通過。
それにしてもきれいな夕陽です。
上越にいて夕陽を見たのって何か月前だろうか・・・

IMGP8385_201403092155503f7.jpg
T1。
側面の反射がまぶしい。ステンレス車の特権みたいなもん。

IMGP8392.jpg
T5
陽が当たったのはこの544レまで。
次の16Bゆけむりまで陽が持ちそうかと思えば一歩及ばず。

IMGP8413_20140309215548a71.jpg
IMGP8424_20140309220942583.jpg
惜しくも太陽は店仕舞い。
8500系にお猿1号はモンハン仕様継続中。
そのような中、何の装飾もなく淡々と走るゆけむりの良さが際立つ。

今日は鯨に出会えない時間帯に行ったので腕振りは無し。
夕陽を浴び赤く染まったL2でも飛んでくりゃ良かったのに…w

| 長野電鉄 | 23:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

雲に振り回される土曜日

毎週のお楽しみ土曜日。

今週末も週間予報ではあまり宜しくない予報が出ているも、
長野方面ちょっと回復傾向らしい。

上越は猛烈に雪降って路面がシャーベット状ですが・・・?

午前中天気が良さそうなので4時起き妙高2号スタート。
長野も信濃町までは本格的な降雪があり、牟礼以南もうっすら雪化粧。
北信五岳道路も6時を回った頃では通る車も少なく、
新雪を巻きあげて突っ走るマイカー。雪びっしり。

IMGP8215.jpg
大倉俯瞰。
現地の温度はマイナス7℃。風も吹き付け寒いと言うか痛い。
太陽はだいぶ登るもまだ天気は回復せず厚い雲の中。
N103はいい具合に雪だるま。これなら地上戦で迎えりゃよかった。

軽く休憩を挟んで沿線の様子を伺いつつ、辿り着くは信越国境。
IMGP8263_20140309213002203.jpg
3月も間もなく中旬なのに真冬の光景の中をN102が通過。
妙高は全く見えないものの、飯綱と黒姫は顔を出す。
うーん、やはり新潟側の天気がまだ冬です。

黒姫は10時台前半まで顔を出すも隠れてしまったので、
4号は少し南下。
IMGP8268_20140309213001c29.jpg
辛うじて飯綱は顔を出すも、線路上はすっぽり雲の中。
晴れるか曇るかどっちかにしておくれ。笑
ここも随分と雪に覆われていましたが、それも解けて土壌が見え隠れ。
オオイヌノフグリがチラホラ咲き始め徐々に春の気配。

線路っ端だけ雲に覆われるのは何故だとプリプリ文句言いつつ、
長野盆地まで出てくりゃいい天気。
IMGP8347.jpg
3号。
風が強く山沿いは軒並み雲発生。
四阿山も根子岳も志賀の山々も全く見えず。うーん。

じゃあ地上で車両メインだと構えりゃ・・・
IMGP8387.jpg
この調子。
数百メートル離れている新幹線の高架辺りは陽が射している・・・
前もこんなパターンあったような?w

IMGP8446.jpg
IMGP8469.jpg
夕飯に長野駅のそばを食べ、妙高5号を見送り。
N101がML信州運用を終えそのまま妙高運用へ。

IMGP8476.jpg
非常に解り辛いですが、N101とE2系4本並び。
来週土曜のダイヤ改正からE7系が運転開始となりますので、
4線全てE2系が占拠ってことも徐々に無くなるのでしょうね。

これにて帰宅。
直江津に着いたら21時15分頃。
下道を流れに任せ走ったら妙高5号より先に着いてしまった・・・

| 183・189系 | 23:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

クハ183、新天地へ

日曜の深夜。

夕飯を食ってちょっと出かけてくると車に飛び乗り、
3325Mを関山で眺めて流れに流れ気付けば長野市内。
IMGP8085.jpg
ぼんやり長野駅南電留で翌朝のおはようライナー充当のN101を眺め、
長野総合車両センター前へ。

現役を退いた後、幸運にも解体を逃れ新天地へ旅立つ1両を見送りに。

クハ183-1529。
幕張時代はマリ6、その後大宮に転属しOM101編成で活躍していた1両。
IMGP8100_201403042311015ad.jpg
22時半過ぎに先導車がスタンバイ。
車種は今鉄ヲタから熱い視線を受ける(?)三菱デリカD5!
CMで宗谷のDE15と並走したお次は183系の先導。


IMGP8123.jpgIMGP8126_20140304231059d9e.jpg
23時に長野総合車両センターを発車。
大型トレーラーに積まれたクハ183はブルーシート包み。
北陸の475系も真っ青になる青さです、えぇ。
ブルーシート無しの素ッピンで出てくるかと思いましたが、甘かった。

IMGP8130_20140304231058b5c.jpg
こう見りゃ確かにシートの中身は183系。

長総の正門を右折、平林街道を経て18号に抜ける模様。
帰りを考えて更埴で見送り。
IMGP8143.jpg
IMGP8145_2014030423105623f.jpg
信越本線に沿ったルートで遥々伊勢崎へと旅立って行きました。
あとで話を聞けばそのまま国道18号経由で群馬へ入った模様。

碓氷峠の鉄路が断たれ16年が経過した今。
183系列がまた国道18号経由、トレーラー牽引ながら碓氷峠を
越えて行く車が出たと思うと感慨深い旅立ちである。

群馬の地で末永く活躍できる事を期待し帰路へ。

帰ったら既に時刻は2時。
月曜じゃなきゃ碓氷峠越える所まで見に行ったんだけど。

華蔵寺公園での公開は今月中旬頃からだそうで、
また時間を作ってゆっくりと眺めに行こうと思う。

| 183・189系 | 23:30 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ショボーンと四つ目

日曜日。

今日は昨日の時点で非鉄と決め込み目覚ましも掛けず就寝。
お陰で自然と目が覚めたのは9時過ぎ。
午前中はダラダラ、昼からは買物に出掛け時間が出来たので少しだけ沿線に。

IMGP8023_20140302181333563.jpg
直江津カーブで妙高6号。
今日はN101。雨も降り出してどうしようもない天気。
来週までずっと雨に雪予報。
天気が安定して来るのも3月中旬頃からだろうか。

雨ですが北越6号が四つ目との知らせを受け北陸本線へ。
IMGP8012.jpg
お手軽に谷浜。
475系っていつまで走るんでしょう?
521系の増備が進んでいるようですが、直江津口には来ないのかな。

IMGP8024_201403021813314f3.jpg
北越5号。
知らせの通り四つ目T18編成。
聞けば今日の直江津界隈は国鉄色が一斉に揃ったとか。
3097レがオリジナル塗装の81+81更新機、海線で115系湘南色等々。

これにて撤収。

| 183・189系 | 18:21 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

季節の変わり目

土曜日。

先週末の週間予報で雪だるまマークがついていた山線沿線、
それもいつの間にか雨マークに変わり木曜から雨続き。
冬から春への天気の分かり目、しばらくぐずついた天気が続きそう。

天気は良くないですが沿線へ。
妙高1号。
IMGP7882.jpg
天気が悪い時だから・・・と直江津の妙高1号&北越2号特急形離合へ。
今日は魔改造同士。離合は構えた真横でどうしようもない。笑

4号は俯瞰。
IMGP7916.jpg
まだ雪も残り枯れ木ばかりのモノトーンなこの場所も、
もう少しすれば芽吹きの季節。

3号は知り合いとかんじき履いて田切。
かんじき履くのも今シーズンあと何回かるかな?
IMGP7946.jpg
複線規格で掛けられた白田切の橋梁が目立つ。
雨続きで軌道の雪も随分と消えてきました。
昨年より半月近く早い季節の移ろい。

IMGP7956.jpg
6号は久々に推進停目脇。

IMGP7966.jpg
6連同士の交換。二本木交換のハイライト。

IMGP7982.jpg
特急形を待たせ115系が先発。
ダイヤ改正後の時刻表をパラパラと眺めてみましたが、
山線はほとんど現状維持でラストスパート。

IMGP7997.jpg
クネクネ~。

ではまた来週。

| 183・189系 | 10:57 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

出張前に

木曜日。

当日は埼玉へ出張。
東武動物公園なんて場所に10時待ち合わせ。
時間を調べると直江津から出るにゃ6時のほくほく線初電の快速か、
信越線初電の妙高2号に乗らないと間に合わない。

以前ほくほく線快速で湯沢に向かった際、
魚沼丘陵とかどうしようもない所で腹痛発生。
車内にトイレもなく、途中下車し後続乗ると遅刻と死に掛けたので、
30分早起きしてでもトイレ付きの妙高2号をチョイス。他意が見え見えでもありますがw

5時過ぎに直江津駅へ。
IMGP7829_20140301224542d50.jpg
当日の妙高2号はN102。
お隣はおはよう信越の485系。
189系1本、485系3本と特急形4本停泊の直江津駅。
一つの駅に国鉄特急形が4本停泊とか数少ない存在だろうか。

モハ189-32に身を委ねまだ夜が明けきらぬ山線を南下。
妙高高原辺りから空が明るみ始めるも、当日はどん曇りで日の出は拝めず。

長野着。
IMGP7832.jpg
仕事早い。既に折り返し2373Mとして豊野幕に回転済み。

IMGP7837.jpg
6番にはE257系の快速。
183系松本車受け持ち時はよく世話になった快速。
2532Mって列番でお馴染みかと思えば、今は2530Mになってるんですね。

508Eまで時間があるので駅そばで朝食。
IMGP7857.jpg
ねぎ抜き忘れでショボーン。
同じ事考える人多いようで、朝からそば屋は大繁盛。

食べ終わり貨物があったなと適当に1枚。
IMGP7854_201403012234532fa.jpg
青いEF64‐1041でした。

IMGP7874_20140301223452364.jpg
508EはN11編成。
今月中旬のダイヤ改正よりE7系が走り始めるので、
長らく長野新幹線の顔だったE2系も世代交代。
E7系投入であさまも一気に8両編成から12両編成へ。

8連から12連への編成増強…時代は繰り返す。
181系から189系への変遷と重なる。

帰りも長野経由で妙高5号で帰ろうと目論んでいましたが、
上司にとっつかまり大宮で一杯。越後湯沢経由で帰宅。

| 183・189系 | 23:07 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

2014年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2014年04月