ずくなし

「ずく」が無いので庭を走る長野電鉄、183・9系以外あまり出てこないらしい。

2014年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2014年11月

≫ EDIT

189系とロクヨンセン

昨日は年休消化日。

せっかくの休みなんで朝の妙高2号から出かけようと思うも、
いつも通りの寝坊です。
目覚まし止めた記憶もないので綺麗に爆睡。のこのこと344Mから。

IMGP1364_20141031000850587.jpg
朝から快晴、標高が高いところでは既に紅葉が終わった妙高連山、
妙高に火打共に既に冠雪して晩秋の装い。
妙高のほうはまだ薄っすらなのですぐ溶けてしまいましたが。

IMGP1414.jpg
土蔵のある集落で4号。
妙高山はこちら側も中腹までが紅葉の見ごろ。
赤倉温泉まで暇つぶしに行ってみましたが、紅葉が見ごろでした。
こんな日にゴンドラ乗って宙ぶらりんすれば綺麗だったか。

その後は長岡の64が211系6連をぶら下げて南下。
IMGP1430_20141031000849d7e.jpg
踏切鳴動と同時に盛大な煙幕攻撃。笑
この時期はそこらじゅうで籾殻やら枯草に火をつけますんで、
よくある話ですが。
クリアに見えていた妙高山も霞んでしまいました。

IMGP1431_20141031000848af9.jpg
一気に増殖211系。
3セク移管になる沿線に住んでいるので今のところ縁のない車。

IMGP1437_2014103100084710a.jpg
その後は前日にホキ1両だけぶら下げて長野に来た1051号機が単機で。
戸草の上りこう配をいい音たてて疾走。
背景は紅葉、手前は枯れすすきボーボーw

IMGP1457_201410310008460bd.jpg
落葉松が色づく。
カーブの内側の田んぼにまだ稲が残っているけど、
忘れられてしまったのだろうか。
黄金色通り越して薄茶や真っ白に。

IMGP1494_201410310021035f6.jpg
休日はとても立ち入る隙の無い片貝のインカーブで終わり。
日がかなり短くなってきましたので、そろそろここもゲームセット。

IMGP1497_20141031002512859.jpg
もうくびき野2号も脇野田で日が当たらなくなる。
5時となればもう真っ暗、冬が近い。

IMGP1518.jpg
妙高と火打の間に沈んでいく太陽を脇野田駅より眺め帰宅。
新幹線の高架に阻まれ妙高山が見えなかった旧脇野田駅ですが、
新駅移管で再び駅から妙高~飯綱まで見渡せるようになりました(今のところ)
そのうちタワーマンションとか建ってまた景色阻まれそうですが。
スポンサーサイト

| 183・189系 | 00:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

わきのだ#10

IMGP1040_20141028224250f07.jpg
新脇野田駅。
わきのだと名乗るのも約5ヵ月ほどの僅かな期間。
そのためか駅舎に「脇野田」の名は見当たらず。
道路の案内表示も脇野田の文字を引っぺがせばすぐ上越妙高の
文字が出てくるようになっている。

IMGP0908_20141028224248e8b.jpg
IMGP0956_20141028224514387.jpg
直江津方は南高田から少し進んだ地点から分岐。
真新しい道床を進む妙高号。

IMGP1020.jpg
新幹線と並行する形で脇野田駅。
1面2線の構造は変わらず。新駅は西側の線路が表1となるようで、
退避が無い下り列車は右側通行。
新駅の何がいいってトイレがきれい。ウォシュレット完備ときたもんだ。笑
旧駅の泡がぼっこぼこ湧いて出てくる簡易水洗もそれはそれで面白かったんですが。

IMGP1355_201410282242486c2.jpg
長野方。
地固めのためか駅前後はしばらく制限35。ゆっくりと進む。

新生脇野田駅、まだ周囲は区画整理が終わったばかりでほぼ更地。
新幹線がビュンビュン飛ぶようになるころには周囲の雰囲気も大きく変わり、
上越地区の玄関口として大きく飛躍していることでしょう。

| 183・189系 | 18:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

わきのだ#9

IMGP0299_201410281146382aa.jpg
またまた構内踏切。
夜は485系の回送と最終新井行きが脇野田で交換。

IMGP0301.jpg
大変身を遂げるまであと数日、時折カメラを持った人が
記念撮影に来ていた以外はいつもと変わらず、
淡々と時間だけが過ぎていく。

IMGP0290_20141028114914990.jpg
開業から93年目にして大きく生まれ変わる脇野田駅。

| てつどう | 12:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

189系と583系

土曜日。

朝から晴天の信越線新潟側。
朝4時に起きて妙高2号から沿線駆け回ってたんですけど、
長野側は濃霧に包まれ国境を境に両極端なお天気。
さて、そんな日ですが日中583系の団臨が山線を疾走。

妙高山はよく見えていますし、空も青いし・・・
結局妙高4号と交換を。

IMGP1118_20141027214123373.jpg
推進停目脇で待つこと数十分。583系がゆっくり進入。
「きずな」と書かれた特製ヘッドマーク付。

IMGP1124.jpg
団臨で長野まで来る時は通過となる二本木駅で妙高4号退避。
過去583系が二本木でスイッチバックしたことあるんだろうか。
シュプール妙高・志賀や団臨で幾度となく入線している信越山線ですが、
自分が分かっている範囲ではこれが初?

IMGP1149.jpg
脇野田駅前後の速度制限で連日各列車3分程度遅れを
引きずっているのですが、この日の妙高4号も例外ではなく。
583系が二本木に入り待つこと数分後、ひょっこりN102が顔を出す。

583系の到着時間を見ていると4号が定時ならほぼ同着。
二本木同時進入とか見られたかもしれない。
けど、583系を待たせ本線に顔を出すシーンはスイッチバックの
駅らしさが出ていて結果オーライ。

IMGP1158_20141027214723624.jpg
恒例の団臨では朝の黒姫で189系と肩を並べる583系ですが、
二本木駅で189系と583系が並ぶ光景にはただただ驚くばかり。
最初で最後の光景だろうか。

その後も終日晴天。暑くもなく寒くもない秋晴れの気持ちよい一日。

| 183・189系 | 21:58 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

わきのだ#8


電車に乗って少し遠くの公園まで遠足。
2駅先の公園まで行くのだとか。
たかが2駅、されど2駅。園児にとっては大遠征、間近に迫る妙高号に興奮気味。


先生に付いて整列乗車。
ホームとデッキの段差が園児には大きく、ジャンプしながら乗る姿が愛くるしい。

秋晴れの下、きっと楽しい遠足だったことでしょう。


189系に乗って遠足だなんて、自分だったら前日の晩なんかワクワクが過ぎて寝られないんだろうなー…
で、後の絵日記は遠足そのものより電車に乗ったことがメイン(笑)

| 183・189系 | 18:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

わきのだ#7 

IMGP0269.jpg
駅舎。
主要道路から1歩奥に入ったところにある脇野田駅。
昼飯食ってちょっと昼寝するにはちょうどいい場所だった。笑
自販機もトイレも灰皿もある。

IMGP0273_201410242124392b5.jpg
駅前の交差点名は「脇野田駅前」
そのうち上越妙高駅前に名称変更?
奥に続く道は国道18号への最短ルート、拡幅作業の真っ最中。

| てつどう | 12:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

わきのだ#6

IMGP0259.jpg
出発信号開通。
通過列車も基本的には朝の3322Mと回1380Mの2本。
おそらくこの時間帯にホームに突っ立っている人はいないでしょう。

IMGP0260.jpg
1358M入線。

IMGP0263_2014102421201163f.jpg
新幹線が開業すると乗降客が一気に増えるかな。
一日200人程度の乗客がどこまで増えるか。

| 115系 | 01:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

わきのだ#5

IMGP0252_2014102421170311e.jpg
雨上がり、しっとり濡れた構内に滑り込むあさま色。

IMGP0255_20141024211703c44.jpg
誰か降りてくるかなと思ったら乗降客0だったこの日。

| 183・189系 | 18:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

わきのだ#4

IMGP0119_20141022214915a6b.jpgIMGP0121_20141022215031a14.jpg
ホーム上では妙高4号の横で記念撮影をする夫婦、
「みょーこーごーだ!」と構内踏切を飛んできた子ども。
車掌さんは見習いと指導の2丁箱乗り。

三者三様、この駅の記憶はどう刻まれるんだろう。

IMGP0127_20141022214914aad.jpg
上越妙高。
脇野田駅の名は引き継がれなかった。
知名度では敵うわけもないし、駅そのものがあまりにも立派すぎて、
脇野田の駅名が引き継がれたとしてもしっくりこない・・・よね?

| 183・189系 | 18:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

わきのだ#3

IMGP0116.jpg
特急あさまの通過退避・・・ではなく普通妙高4号退避。ここで追い越される。
妙高に国鉄特急色のN101登板と偶然か狙ったか分かりませんが、
駅の雰囲気も相まって国鉄時代の1シーンのような展開。

| 183・189系 | 18:39 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

わきのだ#2

IMGP0098_201410222135310a8.jpg
構内踏切より。
待合室では脇野田駅周辺に住む方が繰り出していて、缶コーヒーの振る舞い。

団体客向けかな?と思いきや、ホームにいる人全員への大サービス。
「甘いのと苦いのどっちがいいですか?」
「あまいの!」

最終18日の夜、あまり地元の方が見受けられなかったけど、
日中に駅にやってきて最後の1週間を盛り上げていたようだ。
最終日もそうだったのかもしれない。

IMGP0091_2014102221352927b.jpg
3324Mに追い越され、343Mと交換して二本木に向かう模様。
単線区間をゆく「鈍行列車」を再現したかのような列車。
団体客は秋晴れの脇野田駅ホームを散策。

上屋のないホーム、秋晴れの空がより広く感じる。

| 115系 | 01:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

わきのだ#1

脇野田駅の移管を翌週に控えた土曜日。

湘南色の115系を用いた団臨が1本。
IMGP0087_20141022213025967.jpg
構内踏切を突っ切って表1進入。
脇野田駅で30分ほど止まり最終的には二本木まで上る列車。

IMGP0102_20141022213023313.jpg
さよなら脇野田駅の横断幕を持った駅員さん登場。
普段は静かな駅が一気に沸き立つ。

| 115系 | 21:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

脇野田駅移設

河口湖インターから約280kmの道のりをノンストップですっとび、

向かうは18日21時半にて新駅へ移管となる脇野田駅へ。

新幹線開業まであと5ヵ月を切った信越線。
それに向けた第一弾は脇野田駅の切替、開業から93年目の大転換。

IMGP0722.jpg
駅に着くと設備関連のお引越しとラストを見送る人でごった返す。
脇野田駅にここまで人が集う様は初めて見た。

IMGP0735_201410212225330da.jpg
最終列車は上りが1358M、下りが3325M。
と思いきや、3325Mの前に表1に115系新潟車が入線。
信越山線に残っていた最後の構内踏切もこれが最後の仕事。

IMGP0751_20141021222532aec.jpg
3325MはN102
あさま色が脇野田旧駅の下り営業列車の最後を飾る。

IMGP0766.jpg
IMGP0780_20141021222530ca9.jpg
新潟車はまた直江津方面へ下る模様。
遠く南高田駅からは上り最終列車の1358Mが接近。

IMGP0783_2014102122252907e.jpg
こちらは長野車のN9。
地元住民が集まり見送りでもあるかなと思っていたのだけど、
9割方鉄、残りは報道関係かわずかな地元住民の姿。

IMGP0788_20141021223329573.jpg
新潟車も同時発車。
最後は表1のレピーターが見えるところで上下列車を見送る。

IMGP0794_20141021223328f0f.jpg
これにて列車の行き来が途絶える。
上越妙高駅とR18を結ぶ道路の拡幅、延長工事が進んでいるので、
足早にこの構内設備は消えていくのかも知れません。

IMGP0817_201410212233284d8.jpg
本格的に移管工事が始まり、駅名板などが徐々に外される。
明日からは裏に聳え立つ立派な新駅へ移管。脇野田らしくない立派な駅。

IMGP0828.jpg
IMGP0833.jpg
券売機撤去。
この辺りの機器はそのまま新駅へお引越しか。

IMGP0810_201410212240017b4.jpg
トミックス製の田舎の駅のような佇まいのこの駅舎も93年の歴史に幕。
泡がぼこぼこ出てくる簡易水洗のトイレやら、広い待合室も見納め。

IMGP0845_20141021223325a00.jpg
切替地点では明朝の3322Mから通常運行に向けて急ピッチで
工事がおこなわれていた。

上越に住むようになり6年半。
来たばかりに頃は新幹線の橋脚1本すら姿が見えず、
この脇野田が上越地区の玄関口になるなんて信じられない光景でした。
が、その後あっという間に新幹線の設備が建ち、周囲の区画整理も進み、
地味な中間駅が玄関口として大昇格するまであと僅かという段階まで時が進みました。
本当にあっという間の変化。

信越線として残された日々なんてもっとあっという間に過ぎ去っていくのでしょう。

新駅の様子はまた別途。
とても脇野田駅とは思えない雰囲気でびっくり。

| 183・189系 | 22:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

富士急へ

18日土曜日。

急遽N103が富士急へ豊田車の代走で飛ぶとかいうもんで、
思いつきと勢いだけで河口湖へ。
当日は朝からいい天気で山線に後ろ髪引かれつつも、
河口湖で長野車込みで3並び、うまくいけば念願の3色並びと来れば・・・

気づけば知り合い便乗で長野道をかっ飛んでるのでした。

IMGP0374.jpg
まずは山梨富士1号。
フジサン特急と交換かと行ってみるも平日ダイヤとごっちゃになり、
単独スルーしていくM51編成w

IMGP0382_2014102022135790f.jpg
M50登板期待のホリデー快速富士山1号はM52。
M50が飛んでくりゃ念願の河口湖3色並びですが、
やってきたのはM52。どうやらM50が何らかの理由で出せず、
長野車1本抜擢となったようです。

IMGP0469.jpg
下吉田を出たところでN103。
徐々に姿を消していく木製電柱が残っていてよかった。

IMGP0470_20141020221356900.jpg
富士山駅でのスイッチバック中に先行、富士急ハイランドをバックにもう1枚。
普段遠めに妙高サンシャインランドを眺めながら走る長野車、
今日は真横に眺めながらの運用。
列車の音をも掻き消す絶叫系からの悲鳴を聞きながら眺め河口湖駅へ。

IMGP0481_20141020221355bf5.jpg
IMGP0489.jpg
今日の主役(?)、堂々真ん中の留置線に収まる。
ここであさま色を見る機会はもうないかと思っていたので、
3色並びにはならなくとも行ってよかったか。

河口湖駅構内へ。
IMGP0507.jpg
RSE改めフジサン特急。
富士急に嫁いでから始めてその姿を目にしましたが、
あまりのインパクトに立ち尽くす。
慣れりゃPEAのようになんでもない姿なんでしょうけど。笑

IMGP0533_20141020222522e6e.jpg
駅に止まるのは全部新宿に関係する車。
小田急20000形、京王5000系、189系、山手線205系。
地上だったり地下だったりデパートの下だったり、
同じ新宿駅に顔を出しながら顔を揃える事がなかった車が横一直線。

IMGP0595.jpg
末尾9で4並び。
今も碓氷峠が残りEF63と協調運転を続けていたとすると、
189系の後継車はE259系って名乗っていたのかもしれない。
E259系のあさま色とか走っていたりねw

河口湖NEXの乗車率の高さに驚きつつ沿線に戻り各189系の復路を。

IMGP0659.jpg
信越線沿線ではほぼ終わった稲刈りも富士急沿線はちょうど真っ盛り。
日中ほぼ顔を隠していた富士山が徐々に出てくる。
沿線のおばあちゃんに「昨日か明日来れば富士山きれいなのにー。」
と言われるも、当日18日しかあさま色が入らんもんで。

IMGP0695.jpg
N103が戻るころには日没。
赤さを残す西の空とイルミネーションで彩られた富士急ハイランドをバックに見送り。
次あさま色が富士急線に入るような機会があれば、
あさま色、あずさ色、国鉄特急色の3並びで迎えたく。

これにて撤収。
切り替え前の脇野田駅最終便に間に合うよう中央道を北上。
ノンストップで300km突っ走って何とか間に合いそう。

続くw

| 183・189系 | 22:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

更けゆく秋色#30

IMGP8182-1.jpg
9月21日。
5時半頃から妙高山の山頂に日が当たり始め徐々に光が高原に降り注ぐ。
高原にようやく陽が届いた僅か1~2分後、踏切鳴動。
入射角の浅い光線に照らされ赤く染まるあさま色、妙高山、蕎麦の花。

人生節目の日、よき思い出。

実りの秋も終盤戦、季節は移ろい最後の彩り晩秋へ。

| 183・189系 | 18:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

更けゆく秋色#29

IMGP7272-1.jpg

IMGP8452.jpg

IMGP0029-1.jpg

稲刈りもはぜ掛けも終わり沿線の空気は晩秋へ。

| 183・189系 | 18:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

更けゆく秋色#28

IMGP9570_20141009224551d2a.jpg
毎度毎度の附中の田んぼ。

IMGP9578.jpg
黄金色の稲はいつの間にか刈られはぜ掛けで乾燥中。
小田急沿線でも秦野とか西湘地区で似たような光景が見られたような?

| 長野電鉄 | 10:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

更けゆく秋色#27

IMGP8668_20141009223631478.jpg
りんごじゃないよ、梨だよ。(陽が落ちて陰ったけど)
りんごのイメージが強い豊野界隈、実際のところりんご畑に混ざって
モモや梨を栽培しているところが多い。

某信濃町の食堂で豊野で採れた梨を買ってみた。
数ある梨の中でも南水は甘味が強くおススメ。

IMGP8670_2014100922363047b.jpg
陽が落ちるのが早くなってきた。
はぜ掛けの手前まで山裾の影が落ちてきている。

| 183・189系 | 18:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

更けゆく秋色#26

コスモス。
IMGP7220.jpg
季節ごとに何かしら咲いている天然の(?)お花畑。
今年も9月初旬頃からコスモスが徐々に咲き始めた。

IMGP8298.jpg
日に日にボリュームを増していく。
まだ株各々が抱えた蕾はたくさん。
花自体が長いので長期間楽しめるのが良いところ。

IMGP7663.jpg
夏と秋の狭間。

s-IMGP8896.jpg
もはや「バカの一つ覚え2014秋その2」。
今年は例年になくここのコスモスが豊作。つい張り付く。

IMGP8501.jpg
9月も後半に差し掛かった辺りでピークを迎える。

IMGP9465_20141008230857ffb.jpgIMGP9143_201410080008272f3.jpg
「薄紅色の秋桜が秋の日の何気ない陽だまりに揺れている・・・」
詩そのままの光景。
この自生っぷりですから来年はもっと花のツキが良さそう。

コスモス街道、また来年。

| 183・189系 | 18:39 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

更けゆく秋色#25

IMGP8533.jpg
りんご畑に挟まれた一角の田んぼ。
ちょうど稲を掛けていたので遠目に眺め列車を待つ。
駅を出たかなって頃に休憩~♪とりんごの木の下へ。

時刻は12時前、ちょうど休みたくなる時間ですね。

| 183・189系 | 18:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

長野総合車両センター公開'14

毎年恒例行事。

知り合いと昼一番から参戦。
今年は地元紙で事前に小特集組んでいたこともあったのか、
去年より混んでいたような印象。

IMGP9848.jpg
長総の前に長野駅でアルクマ一日駅長を。
松本のシャキッとした動きに対し長野は少しゆるゆる。
ゆるキャラはこうあるべきなのか?w

では入っていきましょう。
IMGP9884_20141013171601aea.jpg
クモユニ143の床下潜り込みも毎年恒例。

IMGP9892_20141013171559100.jpg
クモユニの前でにはエヌQ。

IMGP9888_2014101317160026b.jpg
全面幕には高崎の表示。
横軽を越えなくなって17年、行先表示を前面に出さなくなり
20数年経っていますから随分と久々な姿。

IMGP9895_20141013171558aa1.jpg
横も高崎。群馬に行けば毎日見られる姿。笑

IMGP9901.jpg
N9の前にはクモヤを繋げて展示。
上り方にくっつく正規の姿。
その横にはM40の山スカ残党。

IMGP9995_20141013171556d1f.jpg
終わり間際、人の波が引くのを少し待って並びを。

IMGP9913.jpg
C5のクハは落書き列車に。
今年あった信州バス祭りでは長電バスの1台が落書きバスになり、
そのまま長野市内を平気な顔してすっ飛んでいますが、
さすがに電車はそういきませんね、これが最後のお仕事。

IMGP9932_201410131726169f1.jpg
訓練センター。
訓練車、しな鉄譲渡前のN21編成、スイッチャーの3並び。
N21は前面幕に長野を掲示。
今年の展示は115系が主役なのだろうか。
189系に主役を飾って欲しいところではありますが、
4本すべてが運用に入りそこらじゅう走り回っていて叶わず。
走り回っているのは嬉しい事ですが、たまにはゆ~っくり眺めたい。

IMGP9911_201410131726175d4.jpgIMGP9953_20141013172336739.jpg
最近仲間内で話題(?)の自販機系。
長総にはカップ麺の自販機が今も現役。
いつか買おうかなと思っているんですが、毎年食堂に行っちゃうんです。
そして構内を足釣りながらも走り回る話題のハイブリッ子ちゃんw
大サービス、2連を組んで大撮影会。

IMGP9921_20141013172954143.jpg
保存機関車と現役DD16の11号機。
ED60とEF63は表に放り出されて長く経ったので、
色も褪せてきてしまったけどまだ他のEF62やEF6315に比べると良い方か・・・
そのEF62も見えないところに隠されもう無かった事になっているのか。

食堂でのお喋りにだいぶ時間を割いたので今年は軽く。
恒例行事、ではまた来年。

| 長野総合車両センター | 17:32 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

更けゆく秋色#24

s-IMGP8838.jpg
稲刈り大詰。

s-IMGP8841.jpg
刈り取った稲はコンバインで脱穀し、軽トラに積んで貯蔵庫へ。
見ていてスピーディで無駄が無い。
ここの田もものの1時間足らずで刈り取り~脱穀が終わっていた。
早い。

| 115系 | 01:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

更けゆく秋色#23

s-IMGP8895_20141007233511c1e.jpg
穂先を垂らすのは稲だけでなくススキも。
逆光で捉え輝く様を。

| 183・189系 | 18:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

更けゆく秋色#22

IMGP9588_20141007232746032.jpg
赤みを増し収穫を待つばかりのりんご。

s-IMGP8902.jpg
アップルライン。

信越線は3月からしなの鉄道北しなの線となる。
愛称募集がかかった時にふと、しなの鉄道アップルラインとか
国道18号とだだ被りかつ安直な線名が浮かんでしまった。
お隣がぶっ飛んじゃってる名称なだけに、
北しなの線っていう直球勝負な線名がついて良かったような気がする。

| 183・189系 | 18:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

更けゆく秋色#21

珍客登場。
IMGP9206_20141007231853f20.jpg
24系のブルートレイン信州回送。
ヘッドマークなしのすっきりした姿もまたよし。
EF64-0がすっぴんで12系とか引っ張ってきたら卒倒する。

IMGP9244.jpg
風っこ回送。
臨時運用を終えた珍客が続々と秋模様の山線を越えて住処へ戻る。

IMGP9227_20141007231851895.jpg
毎度お馴染み。
もう少し稲をたっぷりと入れたかった。沿線の自由も効かなくなってきた。

| てつどう | 10:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

更けゆく秋色#20

IMGP8337.jpg
今秋なかなか山頂を見せてくれない妙高山。

IMGP9154_2014100723142197f.jpg
黒姫と妙高を一気に拝もうとすりゃたくさん雲を抱える妙高山。

| 115系 | 01:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

更けゆく秋色#19

IMGP8599.jpg
夜間瀬川が築いた扇状地。
等高線のゆるい場所をトレースしても40‰の急こう配を抱える山ノ内線区間。
横一直線に並んだはぜ掛けの上辺とゆけむりの傾き具合の角度差で
その急こう配さが明確。

IMGP8606.jpg
2000系が去り2回目の秋。
沿線風景だけはいつも変わらず。

番外編。
IMGP3665.jpg
信越山線25‰
初秋の頃、水平な稲の穂先から徐々に顔を出すあさま色。

| 長野電鉄 | 10:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

特急型が集う駅#3

直江津。
IMGP0923.jpg
信越本線と北陸本線の接続駅。
遠く妙高、火打、焼山、権現岳、鉾ヶ岳を望む。
直江津駅から望める山は多い。
空気が澄んでいると豊野の築堤でお馴染み根子岳や四阿山も。

IMGP0933.jpg
早朝は3並び。
全部国鉄特急色で揃う日を狙うもおはよう信越になかなか入らない。
IMGP0681.jpg
IMGP0692.jpg
上越市の玄関口として賑わう直江津駅。
古レールを骨組みにした青いホーム上屋。
空撮写真を見るととても鮮やかできれい。

IMGP9715_20141006003202fce.jpgIMGP9729_201410060032038b1.jpg
稀にくびき野6号が遅れると3325Mの折り返しで長野車が
直江津→新井を代走することも。
既にパンタを下げ一休みする485系の脇を189系がもう一仕事。

ボーっと駅のベンチに座って行きかう面々を眺めるのも一興。

| 183・189系 | 00:30 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

更けゆく秋色#18

IMGP8058.jpg
はぜ掛け開始。

IMGP8374.jpg
はぜ掛け完了。
IMGP8546_20141005110533c74.jpg
はぜ掛け開始1週間後。

バカの一つ覚え2014秋w
長野車3本各々で迎える。
昼飯を信濃町界隈で食べ、ぼーっとしていると移動するの億劫になる。
で、行き付いた先には日本の秋らしい風景。

| 183・189系 | 18:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

更けゆく秋色#17

IMGP7953.jpg
はぜ掛け。
鉄パイプを組んで2段重ね位のはぜ掛けはよく見ますが、
所によってはご覧のとおり豪華6段掛け。
この高い形は勝手ながら上越線沿線のイメージ。
181系ときとかの写真を見るとよく沿線に映り込んでいる。
信越沿線も数か所、ちょうどおっちゃんと遭遇。
一休憩のタイミング、2人で居酒屋キハを眺める。

「年々稲を掛けるのが苦労になってやめたいんだけどねぇ・・・」

確かに楽な作業ではない。
今やコンバイン1つで刈り取りから脱穀まで一気に行い、
乾燥機で短時間で乾燥できる時代。

IMGP7766_20141005103509dc5.jpg
市場の商品価値が上がるってのもあるんだけど、
毎年期待して待っている人がいるからやめられないそうで。

丹精込めて育てられた新米が出回る頃。

| 183・189系 | 04:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

特急型が集う駅#2

新井。
IMGP0652_20141006003204047.jpg
くびき野と妙高。

IMGP0673_20141006003043913.jpg
長野から新潟方面に抜けるにはここ新井でくびき野に乗り換えると
らくらく席が確保できて良さそう。
直江津では長蛇の列ができるくびき野。
特急格上げでどうなるか?

| 183・189系 | 00:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

更けゆく秋色#16 

IMGP8240_20141003202545569.jpg
片貝が忙しなくなる時期。
圃場整備できれいに整えられた田んぼが一気に刈り取られる時期。
どの田も家族総出で田んぼに集合。

IMGP8242.jpg
妙高連山?
8時頃までは綺麗に顔だしているんだけどね。

s-IMGP8241.jpg
ケツ山をバックに稲刈り一家とN101。
ああああ、子どもが手を振っている・・・もっと寄せたかった。

この2日前、主力の望遠レンズをぶっ壊し失意の秋後半を迎えるw

| 183・189系 | 18:39 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

更けゆく秋色#15

IMGP8387_20141003190815815.jpg
懲りずに公式アングルw
だけど、年々りんごの木々が成長していてもう公式ドンピシャの
アングルでは撮れないのですがw

さて、長電沿線も山ノ内は収穫祭間際。
りんごも大玉が数多く実り、収穫を待つばかり。
2000系が定期で飛んでいたころ。
荒屋10号踏切とかりんご畑で囲まれた所で待っている合間、
農家の人に「持って行きな」とりんごのおすそ分けをよく受け、その場で丸かじり。

シャキッ!

採りたてはうまい。
秋の果物はスーパーより直売所調達をおススメ。

IMGP8567.jpg
巨峰を探せ。
ゆけむりも果物王国長野に嫁いで早8年。
ちょうど今年に検査周期が当たり綺麗なS1編成が眩しい。

| 長野電鉄 | 10:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

特急型が集う駅#1

長野。
IMGP1012_201410060033495ac.jpg
臨時運用が無いと南電留で暇そうにしているN104、
その脇を平日3本、休日2本の189系が行き交う。

IMGP1045_20141006003303841.jpg
90年代初頭の光景が2014年になってカムバック。

| 183・189系 | 00:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

更けゆく秋色#14

IMGP8511_2014100319044884a.jpg
IMGP8515.jpg
ご機嫌黒姫山。
なかなか山頂を見せないご機嫌斜めの妙高連山。
山の容姿は妙高連山の方が好き。

長野側もそろそろ稲刈りかな。

| 183・189系 | 18:39 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

更けゆく秋色#13

IMGP7983_20141003184649f9a.jpg
黄金色の絨毯を行く。

IMGP7224.jpg
次の週には稲刈りも終わり、今この界隈は一足先に晩秋の装い。
ここにいるとよく田んぼの持ち主の爺さんに話しかけられる。
爺さんも列車が好きらしい。良いところに田んぼ構えたね。

IMGP8292_20141003184650c41.jpg

| 183・189系 | 18:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

更けゆく秋色#12

IMGP7493.jpg
抜けの良い秋の青空。でも所々に見える雲は夏模様。
9月中旬、モクモク雲を見たのも今シーズンはこれが最後。
さよなら夏。

IMGP7514.jpg
高原の天気は変わりやすい。

当日カミさんと黒姫高原のコスモス畑に行ってみたが、
終始どす黒い雲に覆われ気温も15度くらい。
寒い寒い言いながらトウモロコシソフトクリームなんぞ食い、
鳥肌立ててるおバカっぷり。

そんな日も少し高原から下りただけでこの日当たり。
黒姫駅を境に大きく天気が変わったこの日。

| 115系 | 01:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

更けゆく秋色#11

IMGP7711_2014093023111471f.jpg
9月初旬から徐々に始まる稲刈り。
とにかく最近のコンバインは速い。
列車通過前に現地について「おー、稲刈りやってる~」と作業を眺めつつ列車待機。
が、待っている間にガンガン刈り続け、肝心な時に終わっているなんてよくある話。

IMGP7975_2014093023111370b.jpg
家族総出で稲刈り。
祖母宅で稲作をやっていたころは確かに家族総出でした。
こんないいコンバイン持っていなかったので丸一日仕事。
今じゃ半日あれば全部刈れちゃうんじゃ…?

| 183・189系 | 18:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

更けゆく秋色#10

IMGP8103_201409302303235ea.jpg
「とりあえず朝陽」でお馴染み附中の田んぼ。
稲刈り間近なんだけど、今年は少し稲の色づきが悪い?
綺麗な黄金色に混ざって少し緑が残る感じ。

IMGP8125_20140930230322b0b.jpg
山へ向かう鯨2連。
畦道には餌をじっと待つ鷺の姿。
首から上だけひょこっと稲から見える様子が可愛らしくもあり、滑稽でもあり。

| 長野電鉄 | 10:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

更けゆく秋色#9

s-IMGP8849.jpg
続・そばの花。
畑にびっしり咲く可憐な白い花。

IMGP9248_201409302257214a5.jpg
信越線沿線だと蕎麦特産の長野より新潟の方が蕎麦畑が多い印象。
米どころ新潟の米離れ?を感じる今日この頃。

| 183・189系 | 18:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

更けゆく秋色#8

IMGP7142_20140927003514a66.jpg
霜下蕎麦。
高原の冷涼な気候で育った蕎麦は質が良いと聞く。
戸隠、信濃町、妙高のちょっといいお蕎麦屋さんに入ると確かにうまい。
地元蕎麦粉をふんだんに使った蕎麦・・・想像しただけで腹が鳴りそう。

IMGP7352.jpg
中郷界隈もここ数年で随分と田んぼが蕎麦畑に変わり、
数年後には黄金色ではなく、真っ白な光景が広がっているのかもしれない。

IMGP8007_20140927004040a38.jpg
が、結局行き着く蕎麦屋は「安い、早い、美味い」が揃った駅そば。
結局は無類の蕎麦好きなんです。
自販機そば、駅そば、ちょっと良い値のおそば・・・蕎麦であれば拒まない。笑

| 183・189系 | 01:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2014年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2014年11月