ずくなし

「ずく」が無いので庭を走る長野電鉄、183・9系以外あまり出てこないらしい。

2014年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2015年01月

≫ EDIT

2014年撮り納め

早いもので2014年もあと二時間半で終わり。
色々ありすぎてあっという間に過ぎ去っていった1年でした。

今日は家族運用、買い物中にちょっと抜け出して撮り納め。

二時間程遅れてやって来たムーンライト信州後回送。
しな鉄回送前に南電留で待機するN103とあさま色並びで締める。
ちょうど買い物前後の子ども連れに見送られての長野到着。


さて、来年は新幹線延伸を控え97年以来の大激動の年となります。
慌ただしく過ぎ去りそうですが穏やかに過ごしたいものです。

最後になりましたが今年も多数の閲覧、コメントを頂きありがとうございました。
来年も引き続きよろしくお願いいたします。

皆様良いお年をお迎えください!
スポンサーサイト

| 雑記 | 21:37 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

あずさ色大糸線を駆ける#1

12月30日。
31日の午前中に篠ノ井線で撮り納めと思っていたところ、
家族運用の都合で行けなくなってしまったので実質30日が乗り撮り納め。

大糸線のスキー臨があずさ色のM50編成と聞き、
喜んで夜中の高速を飛ばして松本へ。
大糸線にあずさ色が入線するのもいつ以来だっけなぁ、結構久々だったかと。

s-IMGP2642.jpg
長野市内では星が見えていたのに冠着を越えたら濃霧に包まれ、
松本市内に入っても濃霧継続中。
住み慣れた松本区の一番端にはM50編成が。

s-IMGP2638.jpg
顔を並べる面々に211系が入っているところに時間の経過を感じる。
あずさが183系の頃、近郊型はもちろん115系ばかりで、
末期には豊田から松本へ転属してきたスカ色の0番台や300番台がごろごろしていた。

s-IMGP2655.jpg
s-IMGP2690.jpg
松本駅構内に入ってムーンライト信州とM50出庫を。
ムーンライト信州えらく混んでいるなと思ったらそうか18きっぷシーズンか。

M50は有明駅で4時間ほど二度寝するので有明駅へ。
s-IMGP2709.jpg
有明の側線で。
室内灯消して真っ暗だったので対向列車の光で浮かび上がらせる。

s-IMGP2710.jpg
s-IMGP2739.jpg
悪天候ベースながら次第に東の空が明るくなり、
肉眼でも視界が開けた頃にムーンライトの返しが有明を通過。
大糸線内で離合する2色。明るい時間帯に見られればと思うけど、
この雰囲気もまた良し。

s-IMGP2772.jpg
s-IMGP2805.jpg
とにかく時間があるのでホームに入ってじっくり眺めたり、
定期列車との交換を眺めてみたり。

s-IMGP2786.jpgs-IMGP2801.jpg
車体の至る所で愛嬌振りまいていた桃の痕跡。

途中一眠りを入れていざ大糸線信濃大町以北へ。
国道ですれ違う車が軒並み雪だるまになって走っている、
どうやら雪がかなりの勢いで降っているらしい。

続く。

| 183・189系 | 09:42 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Play back 2014

Play back2014。

2014年何があったかなーと振り返ると、189系、189系、長野電鉄、189系、189系、長野電t(ry…
そんな調子で終わった1年、例年と何も変わらない1年でした。
と言うことで無いネタ絞りつつ年末回顧。

IMGP2913_201412291758207e0.jpg
1月
特雪が1回。
例年になく雪が少なかった今年の冬。
DE15は頻繁に飛んでいたけど雪壁もあまり高くならぬまま、ちょろちょろ特雪。
その分普段降らない関東方面が大雪で騒ぎになったのはまだ記憶に新しい。

IMGP7506.jpg
2月
最近隠居生活の長電オー2編成。
冬になると効きすぎなくらいの暖房ガンガン焚いて活発に動いていました。
神出鬼没な割に結構遭遇率高かった2月。

IMGP8145_201412291758191a8.jpg
3月
新たな旅立ち。
クハ183が1両解体を逃れ群馬県伊勢崎市へ。
陸送~お披露目とその姿を見てきました。
地味なくせに保存車両多いよね、183・9系って。

IMGP1288_20141229175818df3.jpg
4月
115系N9編成が湘南色に。
N101編成の国鉄色復活に続き115系も湘南色が復活。
初代信州色復活の淡い希望は見ごと砕かれそうです。

s-IMGP3273-1.jpg
5月
帰ってきたあずさ色あずさ!
5月3日運転のあずさ71号で10数年ぶりに再会。
この組み合わせに歓喜。
同日にN101があずさ81号に入りこれまた騒ぎに。

s-IMGP5847.jpg
6月
5月中旬~6月頭に良性腫瘍摘出のため人生初の入院。
お蔭で今日現在で今年の年休取得率65%。2014年の取得率会社一番と自負したくw
梅雨入り前半は比較天気が良く退院後も穏やかに過ごしていましたが、
6月後半からの悪天候がだらだら続く嫌な流れ。

IMGP6700.jpg
7月
長野支社の夏臨が例年になく凄い。
115系スカ色+クモユニ、湘南色+クモヤ、そして松本での183系同時発車。
松本駅で機敏な動きを見せるアルクマとの共演が良かった。

IMGP0007_2014122918203957a.jpg
8月
毎年恒例の信越山線代走。
きっと最後であろう代走は昼前から降り始め雨に悩まされ、
並ぶべき列車が遅延で並ばず涙目な展開ばかりだった・・・

s-IMGP9062.jpg
9月
カミさんとブルートレインに乗車。
長野支社怒涛の夏臨の最後を締めくくったブルートレイン信州。
松本-長野間ながら人生初の24系客車に乗り、夜行列車気分を味わう。

IMGP0810_20141229182038b4f.jpg
10月
脇野田駅切り替え。
新幹線延伸を前に脇野田駅が新駅へ移管。
旧駅は既に駅舎やホームが取り壊され、国道18号とつながる道路の
整備が急ピッチで進んでいます。

s-IMGP9960.jpg
11月
年休入れておはようライナー撮りに行ったらN103がぶっ壊れてN104登板。
長野転属後N104としては初のライナー登板。
グレードアップ車で篠ノ井線走破、かつての2532M・2535Mっぽい雰囲気味わえるか。

s-IMGP1429.jpg
12月
帰ってきた初代グレードアップあずさ色。
あずさ色あずさ幕に続き、今度は豊田のM52編成が検査で塗装を変更。
記憶にしか残っていなかったこの塗装を撮れる日が来るとは。
2014年最大のサプライズ。

年間通じて大したネタになるような物は撮ってないのでこんなもんです。
来年も今年同様に日常+α位の緩い感じで行こうかと思います。

| Play back | 20:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

晴れ編成、信越を駆ける

年の瀬も迫った28日。

12月に入って初めての全沿線晴天を迎えた信越山線。
待っていたんだよ、この青い空。
がっつり冷え込んだこともあり明け方にはEF64のカッター車も飛び、
そこから行くぞーと意気込むも、カミさんが帰省して居ないのをいいことに、
コタツの真横に布団をひいたが最後。
上半身に布団、下半身をコタツに突っ込む至福の寝方を満喫し、皆さんの期待に応え寝坊。笑

のこのこと返しを脇野田でお迎え。往路から攻めていた知り合いに会い
「寝坊は想定内」と言われつつ待機。
とにかく空気が澄んでいて視覚的には気持ちよいのですが、寒い。
s-IMGP2498.jpg
カッター車、だけどこれじゃただの単回。
まだ日が当たらない。

s-IMGP2513.jpg
暫く待って冷凍ミカン先頭の341M。
ようやく上った朝日に照らされた115系混色6連が美しい。

s-IMGP2514.jpg
新潟は前日の晩からすっきり晴れていたけど、
長野側は新たに雪が積もったのだろうか、道中雪を巻き上げた模様。

ものの30分ほどで一気に体の体温奪われてしまい、
コンビニで少し暖を撮ってから今シーズン1発目の片貝アタックへ。
s-IMGP2524.jpg
s-IMGP2532.jpg
まだ締りの浅い新雪をカンジキ履いてズボズボと進んだ先には絶景。
年内にこの光景に巡り合えるとは思いもしなかった。
2014年の信越線撮り納めには最高の条件。
344Mは冷凍ミカン+長野色、3321Mは安定の晴れ率を誇るN103編成。

下山し黒姫定番の人の山にド肝抜かれつつ3324Mへ。
s-IMGP2564_2014122917200383c.jpg
昼前になってもまだ気温が低め。
移動時は暖房の効いた車の中、撮影時はカンジキ履いて雪中行軍で
体が火照っているもんだから、そんなに低いとは思わなかったんだけど。

毎度おなじみそば屋で昼飯を採り、おしゃべりに夢中になっていて移動する時間を失い近場で3323M。
s-IMGP2592.jpg
午後になってもご機嫌妙高山。
さすがにこの時間になると木々に着いた雪も解けるか。

その後、そりを買うとか買わないとかで大騒ぎ、ホームセンターに寄りつつ
ラスト6号は道なき道を進み被り付いて〆。

昼飯をしっかり食ったはずなのにすぐに腹が減る。
5時前だけど知り合いとニューミサに駆けこんで早めの夕飯。
いつもよりラーメンが美味く感じる一日。
年内最後と思われる快晴に心躍った信越山線撮り納め。また来年。

| 183・189系 | 17:35 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

二本木心中

s-IMGP1769.jpg
だけど心なんて~お天気で変わるのさ~
開いたタイフォンヒワイねあなた~
s-IMGP2106.jpg
錆びた目つきをしてさ~妙高飛びますなんて~
ちょっと末期の疲労出てるね~

元ネタおっさん向け訳の分からぬ替え歌交じりで直近のショボーンを振り返る。
確かに最近Tc-1525の助手席側、タイフォンぱっかーん再び。
「あーっ!またかーっ!」と笑って流すのも慣れたもんで。

| 183・189系 | 23:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

束の間の晴天

23日。

相変わらず上越はびしゃびしゃな雪のような雨のようなものがボタボタ降る天気。
12月になってずーーーーーっとどんよりした天気か大雪ばかりで、
地元長野市まで出て久々にまともな太陽光線を浴びる。

山線をかじりつつ向かうは長野電鉄。
長野盆地はすっきりと晴れ高社山も綺麗に望める晴天。
まずは「とりあえず」朝陽。
3324M~3323Mの間1時間をつぶすにはちょうどいいんです。

s-IMGP2199.jpg
7Aお猿特急。
当日はお猿2号。長野市も12月としては随分な大雪に見舞われましたが、
こう太陽が顔を出すと雪が消えるのも早いもんで、
なんだか3月初旬のような陽気。
青空と雪解けの田んぼに白いお猿2号のボディが映える。

s-IMGP2204.jpg
飯綱山は雲の中でご機嫌ななめ。
すすきボーボーだったインカーブ、綺麗にススキが刈られすっきり。

s-IMGP2261.jpg
13時を過ぎても高社山が綺麗に顔を出している。
このまま夕方まで晴天が持ちそうだったので飛んで山ノ内。
山鯨N6を大関で捕鯨。
積雪量も多く線路っぱたの様子を見ると一度MCRが飛んだか。
長電のMCR、木島線の末期に一度遭遇して以来姿を見ず、
信越のDD14より難易度高し。

s-IMGP2267-1.jpg
そのまま残って7Aゆけむりは高社山バック。
2000系が現役の頃。
なかなか晴れに恵まれず主にD編成で狙うも撮れなかったカット多々、
その分ゆけむりでじっくりと確実に押さえたく。

s-IMGP2281-1.jpg
折り返し12Aゆけむり。
西日を受け高社山バックになるのは冬のお楽しみ、
と言うことで毎度お馴染夜間瀬の橋梁で。
どの立ち位置が一番しっくりくるのか未だに定められずにいますが。
堤防で撮るか、河原まで出るか、写真のゲートボール場脇で撮るか…

s-IMGP2290.jpg
最後に鯨をハハ~ンと流して帰宅。
こうして今年も信越線と長野電鉄だけで1年が終わろうとしています。

来年?信越線、そして長野電鉄が主たる息抜きポイントになるんでしょうけど、
富士急に「あさぎり」が集結するそうで。
参ったな~とか言いつつ、富士山麓で佇んでいる回数が増える…かもね!

| 長野電鉄 | 21:49 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

彩秋#24

s-IMGP0940.jpg
冬入りした頸城平野を189系が行く。
間もなく後ろの高架を試運転が何本も行き交うと聞き、
時の流れの速さに気付く。

季節は冬へ。感傷に浸る隙も無く最後の季節が流れていく。

| 183・189系 | 18:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

厳冬に挑む

12月14日

土曜は朝から白銀の世界となった信越山線を駆け回り、
その足で夜は長野市内で会食。
翌日曜には選挙やら買い物やら予定が入っていたので飲まずに上越へ帰宅・・・
ついでに酔っ払い2名を車に乗せ各々家まで送り届けるはず。

が、

「この雪の降り方だと明日の妙高2号が熱い!」
「DE15も出ている!」
「このまま沿線行っちゃう!?」

と騒ぐ。
車内でビール飲んでつまみまで食い始めるウルサイ酔っ払いだが、
何とも中毒性の高い声である。

気付けば酔っ払いにエナジー系ドリンクを2本も飲まされ、
斜め先行くおかしなテンションで豊野以北で猛吹雪が続く国道18号線を北上。
県境を越えると一層降り方が強くなり視界不良になるほど。
既に5~60cmは軽く積り当然ながら除雪が追い付いていない。

道中、国道から1本脇道に逸れた所、新雪にはまり込んでマイカーがスタック。
車高の低い車ゆえ、シャシーで雪をしこたま抱え込んでしまった。
これはFFだろうが四駆だろうが太刀打ちできない。
1時間かけスコップ一本で脱出、酔っ払い2名も真顔。
酔っ払いの酔いを一気に醒ます「仕掛け」と言うことにしておく。
(スヤスヤ寝てるとこ失礼しました)

そんな難関を越え、沿線で待っているとDE15のラッセル前にMCRが出動。
妙高2号の通過1時間ほど前の除雪だったので、
こりゃ雪の飛ばし方もそれほど激しくないか・・・と吹雪の中その時を待つ。
が、どうやら新井で3322Mが抑止を食らっているらしい。
関山で転換不良、牟礼-黒姫間の除雪作業など大雪の影響が重なり、
新井、関山、妙高高原と1駅ずつ進んでは抑止の模様。

時は既に7時半過ぎ。
妙高高原での3322M抑止は続き定刻より1時間半ほど遅れを持っている。
MCRの除雪から2時間半を経過し、降り続く大雪で既にレールは雪の下に隠れ、
スカート側スノープラウで引っ掻き回す高さは余裕でクリア。
が、列車を出せるかどうかは分からない。もしかするとラッセルを先に通しそうな積雪。

7時42分頃。踏切動作。
下ったDE15は直江津にすら着いていない・・・と言うことは・・・!
遠くからゴゴゴゴッと雪が飛ぶ音だけが聞こえてくる。
s-IMGP1903.jpg
ホワイトアウトしたカーブから顔を出したのはN101のショボーン顔。
紛れもなく妙高高原を定刻+95分ほどで発車した3322M。
今まで見たことない光景が目の前で展開している。

s-IMGP1922-1.jpg
盛大にスカート側のスノープラウで行く手を阻む雪を跳ね除ける。
台車側プラウとは違う飛ばし方。
とにかくすごい角度で雪を蹴散らしていく・・・!
背景はおろか列車のモーター音もブロア音をもかき消し、
真っ白な世界と雪を飛ばす音だけが迫り来る。

s-IMGP1916-1.jpg
目の前でV字に雪を蹴散らし長野へ向かって力行。
単線ヘッドのDE15にも劣らぬ迫力。
言葉に言い表せない衝撃を残し、ほぼ徹夜の眠気は雪と共に吹っ飛んだ。

上越国境の雪に挑むために生まれてきた183系1000番台。
そしてそれを継ぐ189系。
内に秘めたポテンシャルを信越最後の冬に見せつけてくれた。

冬は始まったばかり。
その性能を遺憾なく発揮しこの冬も乗り切る事でしょう。

| 183・189系 | 20:48 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

彩秋#23

s-IMGP9901.jpg
日の出前。
妙高2号に乗って「夜行列車」の気分が味わえる時期。

| 183・189系 | 18:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

彩秋#22

IMGP1250_20141209222807df4.jpg
太陽が妙高山の裏に沈み、残光で輝くススキの穂。
写真は10月末。

s-IMGP0087.jpg
1ヵ月後、すっかり水分も抜けきって立ち枯れするススキ。
雪も降れば雪に潰され一気に視界から急に消え去りますが、
また来年モサモサに生えてくることでしょう。

| 115系 | 01:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

彩秋#21

s-IMGP9862.jpg
青白い閃光。

s-IMGP0161.jpg
青白い閃光がまだ日が昇らぬ里を一瞬照らす。
モーター音もブロア音もかき消すほどの音を立ててアークが飛ぶ。

| 183・189系 | 18:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

彩秋#20

s-IMGP0136.jpg
西日に照らされるアイビーグリーンの憎い奴。

IMGP7545.jpg
師走の便りを聞く頃、毎日鉛色した重い雲に覆われ西日を受けるのも次はいつの日か。
長いと思っていた秋も思った以上に足早に過ぎ去り、季節は最後の冬へ。

| 183・189系 | 18:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

彩秋#19

s-IMGP9993.jpg
山が枯れた頃、鉄路に赤いのがやってくる。
試運転こそ穏やかな天候下で飛んだけど、本番が飛ぶ頃は過酷な環境。

IMGP7790.jpg
今年は出番があるだろうか。

| 雑記 | 14:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

彩秋#18

s-IMGP0307.jpg
空高くブルーグラデーション。

| 183・189系 | 18:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

彩秋#17

s-IMGP0272.jpg
黒姫定番を往く怖いお顔。
既に沿線の紅葉は終わり褐色の世界。

s-IMGP0274.jpg
まだ戸隠連峰の雪は少ない。
褐色の世界で青空と派手な列車だけが鮮やかに目立つ。

| てつどう | 00:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

彩秋#16

s-IMGP0223_2014120200053207d.jpg
秋晴れ万歳。

s-IMGP0251.jpg
雲一つない晴天の下、色付く雑木林とあさま色。
色とりどりの沿線も間もなく見納め。

| 183・189系 | 18:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

彩秋#15

s-IMGP0081.jpgs-IMGP0337.jpg
西日を浴びた2列車を落葉松バックに正面ドーン。

落葉松とN9、N101も記録しておきたかったけど、巡り会えず。
来てほしいなと思うとなかなか来ないしその反対も。

| 115系 | 01:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

彩秋#14

s-IMGP0051_20141209214159447.jpg
信越国境、長野側の紅葉が例年より足早に終わった今年、
残すは海側の紅葉。

s-IMGP0098.jpg
時は既に11月末近辺。
すっきり青空が広がる日も貴重に。

| 183・189系 | 18:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

彩秋#13

s-IMGP7616.jpg
田切の鉄橋。
少し紅葉のピークを外してしまったけど。

最近妙高山の南地獄谷から噴煙を上げる姿がよく見える。
この日もモクモク。妙高山も活火山である証。

| 183・189系 | 18:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

彩秋#12

IMGP7518_20141201233023789.jpg
落葉松と妙高山。
ここで11連のあさまを撮りたい人生だった。
「あと10年、いや5年でも早く・・・」はいつも頭に浮かぶ叶わぬ夢。

| 183・189系 | 18:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

彩秋#11

IMGP7534.jpg
晩秋の水鏡。
稲刈り後に再び水を入れる田んぼが沿線にチラホラ。

昔うちでも田んぼをやっていた頃、祖父に良い土壌を作るためだと聞いた記憶がある。

| 115系 | 01:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

冬の始まり

日曜日。

昨晩は白あずさの画像を取り込んでそのままコタツで寝て朝を迎える。
大方の予想通り大寝坊してしまい午前中は家族運用。

午後は「灯油を買いに行く」ついでに妙高3号から沿線へ。
s-IMGP1543-1.jpg
金曜午後から断続的に降り続いた雪。
紅葉が終わってしばし殺風景な時期が続くなとか思っていたら、
思っていたより早く本格的な冬が来ました。

s-IMGP1604.jpg
115系に189系それぞれが持つ耐寒耐雪構造を
フルに活かすのもこの冬が最後になるのかもしれません。

s-IMGP1621.jpg
雪のピークも越えたようで時折陽が射す。
湿った雪なので巻き上げもまだ少な目。
189系のスカート側プラウで豪快に雪をかき分ける姿を見たい。

s-IMGP1632.jpg
いつもは楽々車で来て撮ったらはい次ー!と行ける場所も、
雪で道路が閉ざされ徒歩で突入。
除雪はおろか人が入り込まない場所なので、
長靴も意味をなさない腰辺りまで埋まる新雪を人間ラッセルでグイグイ進む。
柔らかい新雪かつ湿った重い雪なのでこれまた数十m進むのも難儀。
人間側の冬装備が追い付いていなかった。

人間ラッセルがヒィヒィ言っている傍ら、赤いラッセルが軽快に通過。
s-IMGP1667.jpg
ウイング全開で迫ってくる。
まだ雪の絶対量は少ないけど、今シーズン初撮影にしてはいい飛ばし具合。

s-IMGP1666.jpg
線路上の雪が放物線を描いて外へ放り投げられていく。
もう一山飛びたい所ですが、本来の目的でもある灯油を
買いに行かなきゃならんのでこれにて撤収。
家からスタンドまでの往復約50㎞、随分と遠回りなおつかいである。

人間ラッセルのせいで明日筋肉痛になりそうな予感。笑

| 183・189系 | 00:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

彩秋#10

IMGP7426.jpg
収穫目前。
朝の柔らかい陽がりんごの赤さを強調。

| 183・189系 | 18:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

帰ってきたグレードアップあずさ

大宮に検査入場していた豊田の189系M52編成。
まさかまさかの初代グレードアップあずさ色になっての出場。
12月6日の立川発松本行の団臨から運用復帰とあり、
いつものぐだぐだメンバーで朝っぱらの中央東線へ。

20141207084742576.jpg
ウイングあずさの側面カット幕、さっそく嫁に「捨ててこい」とのお告げが。

さて、白あずさと言えば小学生の頃長野発着のあずさにも充当され、
一部列車が成田空港行のウイングあずさとして走っていました。
当時から誰が使うんじゃい?と疑問な列車ですが、
運用上の都合たまたま長野回転の運用がウイングに当たっただけのような?w

さて、この目で確かに見ているけど撮影まではできなかった白あずさ。
こうして撮れる機会がやってくるとは予想外の展開に心躍る。

と、その前にM50使用の団臨がありそこからスタート。
s-IMGP1127.jpgs-IMGP1174.jpg
甲斐駒ケ岳は残念ながら雲の中。山梨県側は晴天。
霜が降り刺さるような寒さの中、朝陽を浴びて上る新旧あずさ。

で、当日は大寒波に見舞われ長野県内は諏訪まで真っ白け。
今シーズン初雪がここまで強烈だとこの先参りますが・・・

お次はお待ちかね白あずさ。
s-IMGP1240.jpg
初狩駅で。
既に紅葉も終わり褐色ばかりが目立つ中央東線、
遠くから真っ白な車体が山間を縫うS字カーブをトレースする姿に、
シャッターを切るのを忘れそうになる衝撃に駆られる。
6連だけど小窓車の比率高いけど紛れもなく初代GUあずさ。
20数年ぶりの再会に目頭が熱くなる。最近そんなんばっかですが。

s-IMGP1246.jpg
どうやら裏で白あずさと離合した115系豊田車。
183・9系と共に中央東線を支えてきた115系ですが、
こちらは間もなく終焉を迎えるとのこと。
山スカ派の同行者が抜け殻のような姿で立ち尽くし、しばし山から下りてこない。
その気持ち、間もなく自分も・・・

白あずさを追う。
ネットの呟きを見ていると甲斐大和で長時間停車、幕をぐーるぐるしている模様。
s-IMGP1261-1.jpg
塩川で再び。再塗装して間もない艶々な車体がまぶしい。
こちらも山の紅葉は終わり冬の装いなのに、雲の感じが夏っぽい。
ここんとこずっと雨か雪続きの上越に住んでいるせいもあり、
久々に陽を浴びている生活が何よりも嬉しくなってくる。

さらに先へ。
s-IMGP1299.jpg
長野県に入る頃には天気も一変、雪を巻き上げての走行。
岡谷からは辰野経由、ゆっくりと長野県内を北上していく。

s-IMGP1456.jpg
流す。
床下も再塗装が施され上から下まで艶々。

s-IMGP1434.jpg
折り返しまで田沢で昼寝。
国鉄民営化後、JR東初の国鉄型リニューアルの先陣を切ったGUあずさ。
当時の衝撃は相当だったかと思いますが、その衝撃再び。

s-IMGP1428.jpg
大窓。
戸袋部分の「azusa」のロゴは入っていません。
小一時間ほど駅で眺めて15時過ぎにようやく昼飯w
バタバタしていて腹減っているのも忘れていましたが、
一か所でゆっくりしていると体も欲求に素直になる。

最後はみどり湖の上りこう配を力行していく姿を流す。
s-IMGP1491.jpg
s-IMGP1497.jpg
大窓車1両を切り抜く形で。
2色のあずさ色を満喫する一日もこれにて終了。
次回はホリデー快速や臨時あずさでの活躍でお目にかかりましょう。

同行の皆様、ありがとうございました。

| 183・189系 | 09:53 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

彩秋#9

IMGP7460_2014120123182652f.jpg
標高の高い火打山から冠雪、毎年のパターン。
今年は昨シーズンより妙高山の冠雪が少な目ですが、
どんな冬になるのだろうか。

暖冬と言われているけど…?

| 183・189系 | 18:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

彩秋#8

IMGP7446_20141130103634765.jpg
山頂に雪をかぶる頃、紅葉は山を下りて里へ。

| 183・189系 | 18:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

彩秋#7

IMGP1442.jpg
トンネルを抜けると大銀杏と落葉松がお出迎え。

IMGP7340.jpg
より色彩豊かに。
曇っていても山の色付きで鮮やか。

| 115系 | 01:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

彩秋#6

IMGP6978.jpg
紅葉。
今年の信越国境の紅葉は例年より早いスタート。
昨年は初雪と試雪と紅葉が重なって季節感バラバラでしたがw

| 183・189系 | 18:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

彩秋#5

IMGP0338_20141129231057526.jpg
日の出時刻が日に日に遅くなる時期。既に黒姫も日が当たらない。
この日はまだ10月なのに相当冷え込んだため、
早くもパンタからアークを飛ばしながら妙高2号が通過。

| 183・189系 | 18:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

彩秋#4

IMGP0309.jpg
妙高山、黒姫山、手前にちっちゃな黒姫山?

脱穀で出た籾殻を燃やす籾殻焼き。
籾殻焼きを行う田圃自体が減っていたり、行っても平べったいのが多いけど、
ここまで立派に積み上げたのも久々に見た。

| 183・189系 | 18:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

彩秋#3

IMGP1065_20141129230518d97.jpg
朝霧。
寒暖差で早朝に霧が立ち込める時期。

IMGP1058_20141129230517b0e.jpg
この時期になると朝晩の冷え込みが身に染みる。

| 115系 | 01:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2014年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2015年01月