ずくなし

「ずく」が無いので庭を走る長野電鉄、183・9系以外あまり出てこないらしい。

2015年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2015年03月

≫ EDIT

雄姿再び

車体修繕で長総に入場していたN102が綺麗なあさま色で出場。
それだけでも大層喜ばしいのに運転台の下に■ASAMA■のロゴまで
貼り付けての出場。

それを知った時、コンビニでプカプカと一服していたのですが、
思わず目頭が熱く涙腺崩壊してしまう。慌てて火を消し車に戻った。
最近涙腺が弱くてよろしくない。

2月24日から運用に復帰。
順序通り23日の夜に長総を出庫してきたので、翌日の夜に直江津で見れるな・・・
と緩く考えていたのですが、我慢が効かなくなる。
22時半を過ぎた頃、嫁に「ちょっと今から長野駅に行ってくる!」と叫び家を飛び出る。

バカの始まり。嫁はポカーンと口を開け手だけ振っている。

車内のBGMはGLAYのグロリアス。やけに歌詞が沁みる。
夜な夜な18号線をかっ飛んで55分後に長野駅到着。
s-IMGP6758-1.jpg
一通り入庫が済み夜の帳が降りた構内。
水銀灯に照らされた先にはN102の凛々しき姿。
もう見ることはないと思っていた正調なあさま色が目の前にいる。

「おかえりなさい。」

滞在時間20分ほど。大層無駄な往復130kmとは思わない。
翌日またじっくり眺めようと直江津まで戻る。

翌24日。
夕方頃からソワソワしだすw
長野にいる知り合いと状況確認をしつつスクランブル発進するか審議。
居てもたってもいられず定時に会社を飛び出て向かうは長野。
嫁も物分かりがいい(諦められた)もんで、「じゃ今晩御飯いらないね」で済む。

定時で飛び出た会社から18号線に出るまでに30分もかかり、
時は既に18時前、どう頑張ってもこの時間じゃ速度も乗らず長野入線には間に合わない・・・

19時20分、ようやく長野駅へ突撃。
少し息切らし気味に7番線への階段を下り、途中で立ち尽くす。
s-IMGP6769.jpg
Play back 1997
長野駅7番線、9両停目に頭をそろえたあさま色。
上野おばさんの声で
「まもなく、7番線から、上野行き特急あさま38号が発車します」
と聞こえてきそうな光景。

s-IMGP6770.jpg
ロゴ。
当時と比べるとフォントの色がちょっと淡い?
いや、細かいことは気にしない。雰囲気はバッチリだ。

s-IMGP6774.jpg
この光景を見るなんて誰も想像しなかったでしょう。
当時最先端だったE2系も既に主役から退き、新幹線はすでに世代交代。
よくぞここまで189系が生き残ったものだ。

s-IMGP6787.jpgs-IMGP6859-1.jpg
長野で発車を見送り直江津で到着を迎える。

雄姿再び。
いつかまた見たいと願った姿がいつまでも見ていたい姿に。
スポンサーサイト

| 183・189系 | 21:01 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

春間近

この週末。
土曜日は朝から快晴、日曜日も予報に反して晴れ。

土曜はカッター車が出たのに寝坊、日中は散々信越沿線を駆け回り、
夕方から写真展の準備やその後に飲み会にノンアルコールで参加で直江津帰宅が3時半と、
寝坊しない方がおかしい一日を過ごし、もちろん寝坊。
寝ぼけ眼でカーテン開けて奇声を発する近所迷惑な。

8時過ぎに目覚め家を飛び出るも脇野田が精一杯。
s-IMGP6685.jpg
普通に起きていればもっと南下してしまうので、
なかなか足を運ばない場所で撮れたので結果オーライとしましょうか。
後ろに新幹線の試運転でも飛んでくりゃ良かったのですけど、
そこまで運を持っている人間でもないので3321M単体。

日曜も写真展の準備の続きがあり、そのまま長野に向かい黒姫で3324M。
s-IMGP6707.jpg
黒姫のド定番。すみません、地元有力紙アングル。
妙高山はばっちり抜けているのに対し、頭に被り物した黒姫山。
さぁどっちを撮るか!と悩むも、様子見の段階で空いているのをいいことに滑り込んでみる。

いろんな人の話をまとめると前日はN101で快晴と来たもんで100人近く集結したとか?
100人撮っても大丈夫!イナバの物置か。

それに反し当日は多く見積もっても30人程度の人出。
今までこの数でも辟易していたのに「少ないね」と知人と話す。
感覚の鈍化。

3号。
s-IMGP6717.jpg
だからそんなに運はよくないって言っているのに、
凝りもせず新幹線との共演狙いで豊野。もちろん3323M単体です。
アイビーグリーンの後ろに青い矢が突っ走っていくみたいな画だったら・・・

雪の融け方、気温、空の感じが春の始まり。

写真展は何とか飾り付けが終わり、あとはプロフィール文章を仕上げるだけ。

先に告知の通り今週金曜日から開始。
会場は須坂、ぜひ長野電鉄に揺られながらお越しください。

| 183・189系 | 22:01 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

続々・つやつやショボーン

きれいになって帰ってきたN101。
s-IMGP5946.jpg
出場から半月も経ち、続いてN102が入場しましたので
自然と目にする機会も増えてきたわけですが。
とにかく艶々な車体が眩しい。


間もなく真打登場。
18年間待っていた甲斐がありました。

| 183・189系 | 20:42 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

悲喜交交、残1ヵ月。

久々に更新。とりあえず息はしています。

さて、バタバタしているうちに最終妙高号の指定席発売から2日、
北陸新幹線延伸区間の指定券発売から1日が経過。

13日の指定争奪戦には早々白旗を振りかざしコタツでぬくぬくしている脇で、
テレビは新幹線一番列車の時報打ち勝利者インタビューを流し、
外に出れば駅の喫煙所で一服している脇で地元テレビ局が
窓口で北陸新幹線のきっぷを買う旅客を取材している。

みんな笑顔。
時間距離の短縮がもたらす恩恵が絶大だってのは長野新幹線開業で
よーく分かったし、自身も十分享受している。

その反対に沸き立つのは「いよいよか」の念。
カウントダウンはあまり意識しないでいたのだけれど、
さすがに周囲の喧騒には勝てず。
s-IMGP6186.jpg
生まれて此の方「いつも手の届くところ」にあったものが遠く離れていく。
「遠い存在」になる日常が想像つかない。

18年前の秋とは全く異なる心境で迎えるであろう3月13日。
悲喜交交。

| 183・189系 | 00:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

毎度毎度のとりあえず朝陽

妙高3号と6号の間で長電に行くととても効率の良い時期。

先週も長野市内は陽が射し、マイカーの点検を終える頃には
ちょうど12Aゆけむりが上ってくる時間。
15時過ぎに光線良く妙高6号に向けて道すがらダラ鉄出来るのは朝陽。
毎度毎度の毎度でございますが。

s-IMGP5184.jpg
高社山からの稜線が軒並み雲の中に隠れてしまったので、
インカーブで被り付いてみる。
2000系末期の頃から線路に沿ってびっしり生えていたすすきが刈られ、
視界が開けたド定番、このアングルで撮るのもえらい久々。
床下に巻き上げた雪が付着。
あれ、山ノ内行けば雪を巻き上げるゆけむりが見れたかな。

539レ
s-IMGP5192.jpg
のんびり犬の散歩をする爺さんの横を鯨3号が抜けていく。
2000系末期の喧騒も遠い過去の事。

s-IMGP5204.jpg
538レはT1
もしかしたらHゴムが変わってから順光で編成をどーんと
押さえるのこれが初かもしれない。
いつも変なところで構えていると来るか、後撃ちだったり曇ったり。

3月の新幹線延伸に合わせて長野電鉄もダイヤ改正を実施。
特急関係が結構変わっていて、ダイヤ修正で5A6A鐘鋳川離合チャレンジが消滅。
残念ながら鐘鋳川4点セットで離合はもう無理だ・・・

個人的には・・・
ゆけむりの湯田中乗り入れが増加。
現行の臨特が廃止からのゆけむりで観光特急設定。
が嬉しい所。
観光特急は乗るのも楽しそうです。
で、何よりも観光特急のみながら信濃竹原と桜沢が特急停車駅に格上げが凄いw

ゆけむりの運用増で3月改正以降も土曜日の暇つぶしには不自由しなくて済みそう。

| 長野電鉄 | 21:13 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

トワイライトと189

31日。
つい最近まで正月だったような感覚でいたけどもう1月も終わり。
そんな中、福島よりいい電さんが山線へ来るということで早朝の直江津駅へ。

久々に会い一日行動を共にする。
s-IMGP4804.jpg
3322Mの時間に直江津駅に行きさぁ撮るかとカメラを出せば、
SDカード未挿入に気づく。一旦家に帰り再び直江津駅に行けば
55分遅れのトワイライトエクスプレスが直江津駅に到着。
朝から冷たい強風が吹き付ける一日。風規制で遅れているそう。

s-IMGP4805.jpg
分厚い雲の切れ間からわずか一瞬太陽が顔を出し、
トワイライトエクスプレスを照らす。
スシ24。元を辿っていくと489系の食堂車。
白山やあさまで信越を駆けまわった残党も3月で引退。

その後は山線をぐるぐる巡り、夜な夜な高速を飛んできたいい電さんを
雪原に連れ込んだり黒姫駅で駅そばを堪能したり。
それにしても天気が悪い。どこに行っても吹雪。
ってことで寒さと視界不良に心折れ3326Mからは乗車に回る。

s-IMGP4924.jpg
北長野-三才間の道路工事に伴い豊野折り返し。
3326Mも指定席なしの豊野行として運転。幕もこの界隈じゃまずお目に掛かれない「豊野」

豊野到着。
3326Mからそのまま355Mで直江津へ折り返し。
幕のドンケツ付近にある豊野幕から直江津幕へ回す…出るぞ、出るぞ、あさまが出るぞ!
と喜んでホームに降り立てば・・・
s-IMGP4943.jpg
(笑)
豊野3番に6連だとホームカツカツなのを忘れていて頭抱える。
ヒダルーマさんの見送りを受け355Mで再び下る。
黒姫を過ぎ高速クロスでDE15と離合、その先は豪快に雪を飛ばしながら下る355M。
窓の外は自車が飛ばした雪でホワイトアウト、
閉まっているはずのベンチレータから雪が降り注ぐなど、
過酷な冬を車内に居ながらにして実感。
下りこう配なのにノッチ入りっぱなし。だいぶ雪を押しながらの運転か。

それでも直江津には定刻通り到着。
直江津着後に大回転2回目。
s-IMGP5018.jpg
幕に張り付いた雪で残念賞w
絵柄の山頂はしっかり出ているのにその下がモヤモヤ。

程なくして5番線にトワイライト到着、本日2回目。
s-IMGP5043.jpg
189系とトワイライトエイクスプレスの共演。
5往復時代も僅かな差で3330Mが直江津を出てしまっていたので、
ダイヤ乱れでも生じないとそう並ばなかったこの2列車。
この様子もこれが最後でしょう。

s-IMGP5036.jpg
ディナータイム。
ホームにいい匂いが漂う。腹が減る。

s-IMGP5054.jpg
惜しくも札幌行のスシは485系改造の車。
最後に末尾9共演・・・となるのを期待していたけど。

s-IMGP5059.jpg
N103は360Mで再び豊野へ向かい、3325Mで下って直江津入区の変行路。
いい電さんはこのまま福島へとんぼ返りとのことで、
直江津駅で別れ一日終わり。
とんだ悪天候になりましたが朝からお付き合いいただきありがとうございました。
次は長電か富士急、もしくはお膝元の福島でお会いしましょう。

| 183・189系 | 22:42 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

2015年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2015年03月