ずくなし

「ずく」が無いので庭を走る長野電鉄、183・9系以外あまり出てこないらしい。

2015年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2015年10月

≫ EDIT

18回目の9月30日

毎年恒例。9月30日。
18年経った今でも各々思うところが詰まった一日かと思います。

特急あさまの最後を見送り、以降17年に渡り当時の面影を
色濃く残した信越山線の妙高号も3月に終わってしまい、
189系にとって大転換の年となった2015年ですが、
その歴史は途絶えることなく18年目の9月30日を迎えました。

s-FH000007.jpg
1997年9月29日、横川運転区裏にて。

文化むらになりこの辺の様子も随分と様変わりした。
上り本線を活用したEF63の体験運転線もレール摩耗著しく、
半年かけて交換作業を行うようだ。
一日に数回EF63が低速で転がるだけでも交換、それだけ年月が経ったのだ。

今年は例年のように乗車する事が出来ないのが惜しい所だけど、
おはようライナーで飛ぶ姿を見られるだけでも。
何より側面に■ASAMA■のロゴが付いているんだから、
例年よりも当時に近い雄姿で飛んでいるのが嬉しい。
s-IMGP9566.jpg
残った4編成24両の軌跡はどこまで続くか。

碓氷の新線は草生し自然に還りつつあり、最後まで残った末尾9の189系も先はそう長くない。
当時の面影も随分と消えてきたが、記憶だけは途絶えないものだ。
スポンサーサイト

| 183・189系 | 20:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ブルートレイン#6

s-IMGP9341_20150925215156a33.jpg
善光寺平に向けてラストスパート。

ただ64の後ろにぶら下がって電球1つすら付いていない24系、
真っ暗闇で見ているからなにながんだかわからないけど、
電車とは違う軽やかな音を立てて消えていった。

余程の事がない限り走る24系を見るのも自身これが最後だろう。

| てつどう | 00:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ブルートレイン#5

s-IMGP9330_20150925214411bfb.jpg
人でごった返す姨捨駅先端の踏切から。

人と人の隙間縫って特急牽引機の顔だけパシャり。

| てつどう | 00:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ブルートレイン#4

s-IMGP9322-1.jpg
善光寺平を背に。

4802レの寝台から眺める善光寺平とかきれいだったんだろうなー。
寝台に入る前に一本吹かしながら眺める・・・そんな人生を歩んでみたかった。

| てつどう | 00:24 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ブルートレイン#3

s-IMGP9302.jpg
聖高原。

長時間停車なのでゆっくり眺める。

| てつどう | 00:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ブルートレイン#2

s-IMGP9287.jpg
夜の帳が降りた頃、聖高原に滑り込むブルートレイン。

機関車はEF64-1000だし客車は24系なので、
こんな事言うと当時をよく知る皆々様に怒られるかもしれないけど、
急行ちくまが客車時代はこんな感じだったのかなと思いながら、
1番ホームのベンチで上1入線を見守る。

| てつどう | 00:24 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ブルートレイン#1

s-IMGP9253.jpg
こう見りゃ営業列車として走るブルートレイン。
本当に縁のないまま消えゆく24系。

ブルートレイン信州が唯一の24系乗車のにわかでございます。

| てつどう | 00:24 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

団臨とブルトレ

松本駅に先着。
ホームが鉄でえらくごった返している。
それもそのはず。
s-IMGP9192.jpg
M51が入線する少し前にEF64-1000が24系を引っ張って到着。
普通に営業運転できる組成なもんで、廃車回送には見えず。

s-IMGP9212.jpg
M51が入線。
狙うは24系と189系の並び。
疲れ切った24系の車体がヘッドライトに照らされ露わに。

s-IMGP9237.jpg
カニと189系綺麗に横並び。
上野界隈でよく見られたようなこの並び。
その上野も189系が去り24系も去り、列車も東京へスルーするようになり、
「北の玄関口」との呼び名も次第に薄れていくんだろう。

このまま24系と共に長野へリターン。

| 183・189系 | 18:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

武蔵小金井への団臨

復路。

どうも厚い雲は抜けそうになくだらだらと篠ノ井線沿線へ。
ソバ畑を取るか、田んぼを取るか。
s-IMGP9166.jpg
結局田んぼ。
雲の隙間から陽が射すけどあまりにもスポット過ぎて届くはずもなく。

s-IMGP9171_20150917215449ef1.jpg
9月目前、稲穂も立派に。
この後は松本駅へ。

| 183・189系 | 18:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

武蔵小金井からの団臨#4

曇天でも姨捨から善光寺平の眺めが抜け良ければ、
姨捨辺りでお迎えしようかと思っていたけれど、
6時に開通する姨捨スマートを当日1番乗りで抜けてみると下界は真っ白け。

霧雨と低い雲に覆われ視界もなくなんのこっちゃ分からん。

ので、稲荷山で停車する姿を眺める。
s-IMGP9066.jpg
今年も昭和末期~平成初期の少女漫画タッチな絵柄w
描いた人自分と同世代~+10歳くらいと見た。
そんなんどうでもいい事だろうけどw

s-IMGP9062_201509162054026c2.jpg
稲荷山で1002M退避。
終点篠ノ井駅を目の前にして13分の小休止。

s-IMGP9073.jpg
往路最後は山崎の直線で。
晴れていりゃいい朝日を浴びながらすっ飛んで行ったんだろうなぁ。
おはようライナーを挟んで復路まで実家でひと休憩・・・

と思ったら復路は何やらもう1本来るらしい。松本で良い並びが見られそうだ。

| 183・189系 | 18:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

武蔵小金井からの団臨#3

聖高原で貨物を先行させ一路篠ノ井へ。
s-IMGP9038.jpg
霧雨の聖高原を行く。

s-IMGP9051.jpg
車内は例年通り小中学生くらいの団体さん。
夜行で遥々長野までやってきているが、車内では元気そうにしている。
若いなー。
この時点で眠気に襲われている自分とは正反対。

| 183・189系 | 18:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

武蔵小金井からの団臨#2

朝っぱらの聖高原でえらく止まるなーと思ったら・・・
s-IMGP9085.jpg
おはようライナーの送り込みが接近。

s-IMGP9008.jpg


s-IMGP9033.jpg
一瞬の顔合わせ。
長野のN101が去りこの並びも久々に見た。

s-IMGP9081.jpg
3並び。
貨物がEF64-0だったらそれこそ新幹線開業前の信越線のようだった。

| 183・189系 | 18:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

武蔵小金井からの団臨#1

恒例の?ミステリートレインなのにDJに載ってしまう
東小金井からの団臨が今年も運転されたので、有休取得した8月27日。
s-IMGP8999-1.jpg
お盆前からの曇天、悪天候を引きずってどめっどめの朝。
聖高原からスタート。上1で退避する団臨はM51編成。

8月末になり5時過ぎで陽射しは期待できない時間帯、
でも少しずつ明るんでいく空と北アルプスの稜線を背にM51が
駅で待つ姿を描いえいたんだけど。

| 183・189系 | 18:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

魅惑の3並び#3

河口湖駅で眺めた3並びも14時半過ぎにはホリ快富士山でM51が出区。
s-IMGP9934.jpg
洗車機越しに出区を眺める。
旗をブンブン振って誘導。

s-IMGP9982.jpg
M51の続行で出ていくM52も出区点検中。

s-IMGP9980.jpg
国鉄特急形をこの角度から見るのが好き。
後ろにスカ色の115系とかいたら90年代初頭の松本に
戻ったかのような空気だったことだろう・・・
いやいや、新旧あずさ色が並んでいるだけで雰囲気は十分。

s-IMGP9985.jpg
ホリ快が河口湖発車する時にもう一度横並びで3本を
見られるかなーと思ったら発車2分ほど前に引き上げていって残念賞。

s-IMGP9995.jpg
ホリ快出発、M51とM50の2並び。
徐々に雲が抜けて来たけれど富士山は拝めず。

s-IMGP0042.jpg
M52の回送は下吉田で元RSEとの離合で見送る。
グレードアップあずさと小田急RSE。
共に80年代後半~90年代初頭のハイデッカーブームに乗って
華々しく世に送り出された車両たち。
当時の華やかさもかなり薄らいできてはいるが、
片や派手な塗装に、片や一世代前の塗装に逆戻りしたりしながらも、
第一線で走る姿には目を見張るものがある。

s-IMGP0061_20150911201000c77.jpg
33.3‰の勾配をゆっくり下り豊田へ帰宅。
M50まで見送りたいところだけど、忘れちゃいけない。N102も長野側で飛んでいる。
回送1発狙いにこれにて富士急線から離脱。

晴れにはならなかったけれど記憶に深く刻まれる一日。
当日お会いした方々には感謝申し上げます。

いい電さん、また富士急でお会いしましょう(笑)

| 183・189系 | 20:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

魅惑の3並び#2

山梨富士で到着したM50が入線し3並び完了。
s-IMGP9658.jpg
お見事!
歴代あずさ色が3つ勢揃い。
90年代初頭、アルパインブルーのあずさ色が出始めの頃は
国鉄特急色もまだ現役で飛んでいましたので、
20数年前の松本運転所にでもタイムスリップしたかのよう。

全部あずさ幕だったらなぁ…
s-IMGP9693-1.jpg
(笑)
3分やっつけ仕事。

昼飯を挟み午後は駅でM51が出区する瞬間まで待機。
今回M51が若干ずれての留置になったので、
顔が綺麗に横並びになるのは出区時の僅かな瞬間だけ。
s-IMGP9730.jpg
途中NEXが到着。
ここ最近は利用客もかなり定着したようで。
確かに結構な数の旅行客が降りてくる。
そしてそのほとんどが日本語しゃべっていないw

s-IMGP9901_201509062244069b3.jpg
s-IMGP9913.jpg
NEXが発車ししばらくしてM51編成が出区。
顔が横に一直線、その先のフジサンもびっくり。
びっくりしているフジサンの名は「フジビックリ」だとか。そのまんまじゃねーかw
フジサン特急の車も過去を辿っていけば中央東線を飛んでいた車。
その証としてパンタの所が低屋根構造になっているが、
もうこんな構造の車も絶滅危惧種だよね。もしかしてフジサン特急が最後?

s-IMGP9967.jpg
M51入換完了。
昼前後の数時間だけ見られた3並び。
遠い過去に消え去った1シーンが再び目の前で展開するなんて、
もう終わりが近いからこそ出来ているのかもしれないけれど、
今を楽しむのであればこの上ない至福の時だった。

欲を言えばN102もいれば!
・・・6連4本入れないから無理だけど。って、あ、4連に短縮してwww

3並びおしまい。あとは各編成の復路を見送るだけ。

| 183・189系 | 23:01 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

魅惑の3並び#1

お盆からずううううううううっと晴れなくてモヤモヤしっぱなしの8月後半、
それでもその日が早く来ないか楽しみだったのが8月30日。

河口湖で歴代あずさ色の189系が全て揃うと。

DJに掲載されるより前、ライブ専用団臨で189系が使われると
専用ページに出ているのを見つけてから待ち遠しくてね。
間挟んで鉄道雑誌が2誌一気に豊田車3並びなんぞを載せてくれるもんだから尚更。

そんなこんなで時折土砂降りに遭いながらも向かうは河口湖駅。

・・・とその前に下諏訪に寄り道。
豊田車が河口湖に集結する裏で長野車はフォーク夢列車に充当。
s-IMGP9546.jpg
s-IMGP9560.jpg
おなじみの絵柄のマークはサイドに掲出。
1本綱渡り運用の長野車、当日の21時過ぎに長野に戻り、
翌朝にはライナー運用も控えているので、専用幕のセットも難しかったのだろう。
下諏訪滞在時間約5分、軽く眺めて中央道を上る。

今までは大月まで中央道をひたすら走って富士急入りしていたが、
急ぐ旅でもないので一宮御坂で降りて御坂道経由で。
結構時間かかるルートかと思いきやインターから河口湖まで約30分、
こりゃ速い。高速代もだいぶ安くなるので次回からこのルート使わせていただくw

現地で福島からお越しのいい電さんと合流。
「富士急で会いましょう」と過去何度も話していてようやく実現。笑

s-IMGP9583.jpg
こんなところにも足を延ばす211系の長野車。
運用範囲が広くて189系追っていると見ない日はない。

1本目ホリデー快速富士山。
s-IMGP9574-1.jpg
土砂降りw
N101にしろM51にしろどうも国鉄特急色と天気の相性が悪い。
ここは晴れ編成N103にお出まし頂きたいところだが、惜しくも既に実車がいない。

s-IMGP9594.jpg
2本目、山梨富士。
少し雨脚は弱まったけれど相変わらずいい降り。
昼過ぎには雨もやむような予報なのでそれを期待して河口湖駅へ。

と、その前に毎度お馴染み富士急ハイランドバックに寄り道。
s-IMGP9610.jpg
FUJIYAMAのてっぺんが霞んで見えないくらい天気が悪かったが、
そのてっぺんも見えるくらいまでには回復。
こんな悪天候でも時折アトラクションから絶叫が聞こえるので、
世の中雨に濡れても味わいたい恐怖が好きなお方も多いようで。

s-IMGP9620.jpg
そして河口湖駅。
留置線には団臨のM52、先着のM51が既に入線。
それだけでも高ぶる心、落ち着いてM50の入線を待つ。
魅惑の3並びまであと少し。
それまで降り続いていた雨もやんで落ち着いてその姿を見られそうだ。

| 183・189系 | 22:50 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

あつい夏#37

s-IMGP8376-1_20150901202112266.jpg
またまた■ASAMA■、ひまわり。

s-IMGP8057.jpg
朝露に濡れた稲とあさま色。

梅雨明けから一気に夏らしくなり、晴天の続いた今年の夏。
189系と共に青い田んぼ、青空、ひまわり、夏山を眺める機会も多く、
久々にあつく「夏らしい日々」を過ごした気がする。

去年、一昨年とどうしてあんなに天気が悪かったんだろうねー、
なんて話の節々に出てくるくらい。

さて、これ以降しばらくは梅雨のような天気の画像しか上がらない。
どうしよう。笑

あつい夏はドメドメの晩夏へ・・・

| 183・189系 | 18:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2015年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2015年10月