ずくなし

「ずく」が無いので庭を走る長野電鉄、183・9系以外あまり出てこないらしい。

2016年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2016年04月

≫ EDIT

魅惑の非冷房車

s-IMGP9364.jpg
戸隠連峰を背に村山場内へと滑り込むオー2。
魅惑の非冷房車、正面がちに見ると千鳥配置のベンチレーターがごつい。

スポンサーサイト

| 長野電鉄 | 10:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

彡E2Asama

たまには変化球、新幹線。
長野駅近辺に用があり改札前を通ると目に入った「8両編成」の文字。
時間もあるしロゴ付の編成が来るといいな、程度のニワカ全開で
ホームに入れば運よくロゴの付いたE2系N13編成が。

s-IMGP1515.jpg
定期列車がE7系になった今、細々と臨時便で生き残るE2系。
残り2~3本?

s-IMGP1513.jpg
運転台脇と車端部に張り付けられた「彡E2Asama」ロゴ。

s-IMGP1533.jpg
■ASAMA■と彡E2Asamaロゴの並びを見たくなりますね?w
そんな機会があればうれしい。

| てつどう | 12:13 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

前展望

s-IMGP1494.jpg
展望室が楽しそう。

早くに咲く関東の桜とLSEの画像を見てパソコンひっくり返しながら、
ゆけむりと桜を撮れる日を待つ3月末。

| 長野電鉄 | 10:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

お猿

s-IMGP1267.jpg
雲一つない青空とお猿特急。

s-IMGP1268_20160327230552e2a.jpg
雪が少なかったこの冬。
こんな雪をかぶりながら温泉に浸かる猿の姿はどれくらい見れたんだろう?

| 長野電鉄 | 10:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ぴかぴかL2

s-IMGP1276.jpg
1両お得な鯨でお馴染L2、脚回りのグレーが眩しい綺麗な姿。
ってことで重検通しちゃいました。

まだまだ終わらない鯨。調査捕鯨は続く。

| 長野電鉄 | 10:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

北信の山

s-IMGP1074.jpg
飯綱、高妻、黒姫、妙高と信越山線でお馴染の
面々を長電沿線から眺める。
欲張って全部入れようとするもんだから、
鯨の空調機器で噴煙プンスコ噴く焼山を隠してしまい減点。

s-IMGP1071.jpg
三田原の裏からこんにちは。

この時期に1~2日あるかないかの晴天。
青空と雪山、あれもこれも見えるとどれを撮るか悩むんだよ!

| 長野電鉄 | 10:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

松川橋梁

s-IMGP1051.jpg
北アルプスとゆけむり。
気温も2月と比べるとかなり高くなり霞む中、
それでも見事な稜線を見せてくれた鹿島槍ヶ岳と五竜岳。

松川橋梁はようやくこの機会に恵まれとりあえず課題クリア。
さて、もう一ヶ所夜間瀬から北アルプスとゆけむりを・・・
って言ってたが、来冬への持越し課題にしたくw

| 長野電鉄 | 10:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

横手山と笠岳

s-IMGP1253_20160323235802b94.jpg
山頂にアンテナが聳え立つ横手山、その左隣の三角頭は笠岳。
長野市から眺める美しの志賀高原。

今日も湯田中や志賀高原へ向かう旅客を乗せ走るゆけむり。
目指す先が車窓から見えて近そうなんだけど、
実はちょっと遠い距離感ってのが長電の魅力の一つだと感じる。

その間の魅せ所、全部上げろと言われたらキリがない。

| 183・189系 | 10:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

根子岳

s-IMGP1237.jpgs-IMGP1251.jpg
最近ねこばかり撮っていたけどたまには違うねこでも。

根子岳。
長野市から眺めると広くなだらかな斜面の裾野を持つ山。
菅平と言えばわかりやすい。

長電の車窓から良く見える山の一つだけど、
電車と撮るとなるとドンピシャな場所がないもんですが、
「とりあえず」逆に行けばゆけむりや変なお顔のT6の背にその穏やかな山容がどーんと。

3月も末に迫ったこの日だけどちょうど標高2000mを越えた辺りから雪化粧。
下界は春の様相でも高地の春はまだ先のようだ。

| 長野電鉄 | 23:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

GUあずさ@上越線#7

越後中里であれこれ眺め最後は橋梁で見送る。

発車直前位になって雪の降り方も強くなり視界不良寸前。
なんてったって来るのはベースが真っ白けなGUあずさ色ですから、
あまりにも吹雪かれても真っ白写真になるな…とか思いながら現地へ。

s-IMGP9778.jpg
もしかするとこの1枚が今冬で一番冬らしいカットかもしれない。
それくらい雪の少ない冬だった。

s-IMGP9770_20160316192746022.jpg
大窓を流して見送り終わり。
場所は上越線だったけど、90年代初頭の大糸線を彷彿とさせる
シーンが見られ面白い団臨だった。

じゃ、来年はM50のあずさ色で90年代後半の大糸線っぽいのお願いしますね!
なんて欲が出る。

| 183・189系 | 19:31 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

GUあずさ@上越線#6  

忘れた頃に2月21日の続き。

越後中里は駅裏にスキー場が直結の駅。
s-IMGP9736_20160315215828d93.jpgs-IMGP9730_201603152158281b3.jpg
ゲレンデを背にGUあずさ色が待機。
デッキにはそりが立てかけてあったりしてスキー列車っぽい雰囲気。
さて、デッキに立てかけなければならんように、
189系は最近の車両のようにスキー板置場なんてない。
かつて183系列でスキーに行っていた人はどこに板を収納していたんだろう?

s-IMGP9745_2016031521582746a.jpg
ゲレンデではスノーモービルがドリキン走りしてて楽しそう。
定常円旋回でぐーるぐる。

楽しそうだなぁ、と眺める自分はウインタースポーツをしなくなって早10数年。
大学で上京してからそれっきりパタリとやめてしまった。
じゃ、来シーズンは再開しようか・・・と思ったが、
道具一式揃えるのに気が遠くなり断念。

| 183・189系 | 22:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

1年

s-IMGP7304_20160313131012612.jpg

s-IMGP5683_20160313131011c5b.jpg
信越山線最終日から早いもので今日で丸1年。

信越山線に189系が来ない日々も慣れたとはいえ、
まだどこか受け入れられない節もあるけど、実家に戻ればまだ189系が現役。
ちょっと足を伸ばして現役の189系を追っかけまわしていたら
1年なんてあっという間に過ぎ去って言った印象。

また同じような1年の始まり。

| 183・189系 | 13:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

鯨の横顔

s-IMGP8977.jpgs-IMGP8976.jpg
柔らかい曲線を描く鯨の横顔。

ステンレス車体の無機質さを和らげる凝ったデザインと、
輝く車体が相まって外見だけは古さを感じさせない車の一つ。
何も知らなければ50年選手とは思わないかもしれない。

| 長野電鉄 | 22:13 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

甲信エクスプレス

冬臨で設定の無かった甲信エクスプレス。
春も引き続きねぇな、でもあれば花見のシーズンなんかいいよなー、
と思っていたらまさかのリターンズ。おかえりなさい。

・自由席の設定(1、2号車の2両。グレードアップ車乗れる!)
・下り 時刻繰り下げ 篠ノ井線内のバカ停連発が無くなり良いような悪いようなw
・上り 時刻繰り上げ 篠ノ井線内は足遅め。
と前回までとは少し内容が変わってます。

自由席の設定はありがたい。信特使えるしね。

s-IMGP0027.jpg
塩尻-松本、篠ノ井-長野間は往年の特急と遜色ない走りをするので、
その気分を味わいに信特片手に気軽に乗り込むのもいいかもしれない。

| 183・189系 | 22:26 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

高社山

s-IMGP8881.jpg
昨年5月に桃の花とゆけむりを撮った場所へ。

さすがに冬は除雪の入らない農道も雪に埋もれ、今冬初の雪中行軍。
とは言え、積雪も最大でひざ下程度。
カンジキいらないし長靴でずばずば進んでいけるんだから楽なもんである。

が、この後筋肉痛に。
この1年間でのなまり具合が半端ない事に落胆した。

| 長野電鉄 | 22:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

GUあずさ@上越線#5 

越後中里。
一日スキーを楽しんだ団体客が足利への帰路につく。

s-IMGP9695_20160302223213928.jpg
「おいいいいいいいいっす!」
みたいな手の上げ方する子どもに迎えられ越後中里に到着。

到着しドアが開くと続々と乗り込むスキー帰りの団体客。
s-IMGP9780.jpg

s-IMGP9701.jpg

s-IMGP9703.jpg
90年代初頭。
列車でスキーへ出かけるのが流行っていた頃。
冬の大糸線ではこんな光景が広がっていたのだろう。

その頃に戻ったかのような感覚。

| 183・189系 | 22:46 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

鯨4連

s-IMGP9310_201603012310597d6.jpg
みんな大好き鯨4連。
T6が臨時入場したりL2が検査入場しまとまった回数見られた鯨4連。
この日スッキリ晴れてりゃ日野でアルプスバックにと思ったけど、
ダメだったのでとりあえず朝陽。

先頭は旧幕掲げたN8でした。

| 長野電鉄 | 23:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

GUあずさ@上越線#4

長岡車両センター裏で少し陽射しを味わったと思えば、
時折冷たい風と機銃掃射の如くBB弾のような雪が叩き付けられる天気。
ちょうど昼飯時、近場でと言うことで宮内駅前の青島食堂へ。
悪天候下では青島食堂の生姜醤油は体が温まる。

体も温まったところでM52の出区点検を眺める。
s-IMGP9631.jpg

s-IMGP9657.jpgs-IMGP9611.jpg

s-IMGP9680_201603012227128ea.jpg

s-IMGP9684_20160301223009cf2.jpg
長野総合車両センターは一般道から留置線を簡単に見られる環境にない分、
豊田や長岡は「電車の車庫」って感じの光景を手軽に見られて楽しい。

M52は長岡から再び上越線を突っ走り中里から客扱い。
15分の停車を持っているのでじっくりその様子を。

| 183・189系 | 22:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2016年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2016年04月