ずくなし

「ずく」が無いので庭を走る長野電鉄、183・9系以外あまり出てこないらしい。

2016年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2016年08月

≫ EDIT

梅雨明け

ようやく甲信も明けたようですが。

それよりも先に梅雨明けした新潟は宣言以降どんよりした雲に覆われて、
しまいにゃ観測史上最大降水量記録したりしていますがそっとしておく。
そんな環境での生活もあと僅かだ。

s-_IMG5334-1.jpgs-_IMG5340-1.jpg

s-IMGP0408.jpg
今年の梅雨は長かった。
スポンサーサイト

| 183・189系 | 21:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

小布施見にマラソン

毎年恒例の行事となった小布施見にマラソン。

今年は早起きして朝一の臨時から眺めに行くぞとか思っていたけど、
いつも通り起床事故を起こして最後の方から参戦。
s-_IMG5516.jpg
山ノ内一発目の臨時はL2かあああああああっ!
小布施でランナーを降ろし須坂に戻ってきた回送を見て悔やむ。

s-_IMG5541.jpgs-_IMG5537.jpg
最後の臨時。LEDの表示はしっかり「小布施」

その後小布施駅まで行くも駅前はすでに規制やランナーでカオス。
こら車で近づけないと101レに乗って小布施駅へ。
s-_IMG5576.jpg
おぶせくりちゃん、まろんちゃん参上。
ツイッター上での過敏なまでのレスポンスの良さに定評があるキャラだが、
実際のところ本物は動きもゆっくり穏やかなゆるキャラ。

s-_IMG5591.jpg
6時スタート。
続々とランナーが走りだしそのペースが結構早い。
こりゃ6:03小布施発の503レまでにランナーが残るかちょいと不安を抱いてみるも、
実際は8,000人近いランナーがいるわけで、8500系が悠々とランナーを追い越していく。

s-_IMG5607.jpg
桜沢交換の列車が来てもまだランナー続々w
先頭を切ってガチで走りこむ人もいれば、
スタート早々立ち止まっておぶせくりちゃんと記念撮影したり、
コスプレしたりして走る人もいるなど、小布施の街を楽しもう的なマラソン大会。
沿道ではランナーへのおもてなしもあるようですし、
走る方も見ている方も楽しめるってやつ。

これは来年も楽しみですぞ。(走らないけどね)

| 長野電鉄 | 20:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

上越線

7月頭に上越線水上まで豊田のM51が入線。

s-_IMG4837.jpg
撮れる場所がわからない未開の路線なんで有名どころ諏訪峡に立つ。
川下りのボートなんかが悲鳴とともに流れていくんだけど、
ちょうどM51が通過するころには画面の奥の方へ。

s-_IMG4854.jpg
返し。
数分で水上で折り返し豊田へと戻っていくもんだから慌ただしい。

その昔、ここをこの画角じゃ編成全てが入りきらん長さの
183系がすっ飛んでいたのか・・・

| 183・189系 | 23:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

離合

また変な賭け事を始める。

1102S、11A離合チャレンジ。

s-_IMG5716.jpg
空振り。
この日は旧第21号。

s-_IMG5718.jpg
後ろ展の無駄遣い。
電車の中で日傘をさす斬新さに負けた。

上りは村山橋上の停車加減、下りは酒屋裏からの徐行と
読めない要素たっぷりなもんでいつも離合ポイントが異なる難しさ。
そのうち当てたいなと思うんだけど難易度高し。

このカーブ、読売ランド前~百合ヶ丘のS字をギュッとしたような感じで好き。
s-IMGP7090.jpg
本家じゃ16時半頃にこのS字界隈でVSE離合があり、
よく撮りに行ったんだけど当てたのが全部振り返った百合ヶ丘方。
s-IMGP7179_2016072023451879b.jpg
こんな絵をゆけむりで。

| 長野電鉄 | 23:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

あずさ80号?

意気揚々とあさま色あずさ80号を撮りに行った連休最終日。

いつまで経ってもぐずぐず雨模様の上越を抜け、
我が地元長野市に入った途端に天気予報外れの快晴に、
それはもう気持ちも昂り「これは良い連休最終日ですね。」とか言っちゃうわけですよ。

長野からの回送が姨捨を通過するのは16時過ぎ。
快晴が保っていれば善光寺平を背に行く■ASAMA■をようやく迎えることができる。
昨年は撃沈したので1年越しの課題クリアだ。

が、15時半を過ぎた頃から冷たい風が強く吹き始める。
涼しくて快適だが心は穏やかではない。
やはり姨捨山を立ち上がりる風でどんどん雲が湧き、
今年もまぁ下界の善光寺平は日が当たっているのに姨捨だけの撃沈。

s-_IMG5794-1.jpg
「ダメだこりゃ」と勢いだけで流したら顔だけが止まっていたのはせめてもの救い。

さ、次行ってみよー!

冠着山を越え聖高原に出るとそこは青空が広がり、爽やかな高原の様相。
夏の高原とはこんなに爽やかなのか。

青々とした田んぼに青空の下、N102編成が通過。
s-_IMG5772.jpg


s-_IMG5775.jpg
そうだよ、これこれーっ!

日の当たる聖、十数分の停車がある聖高原前後で抑えたい気持ちもあるが、
松本市内の渋滞を考えると余裕を持たせて行きたいところ。
聖で停車するN102を横目に麻績インターから高速へ。

明科に抜けても安定した晴れ模様。
もう言うことなしです。
昨年は南松本で捉えているので今年は一足伸ばして平田へ。
24分発の下りがあるのが気がかりだけど、松本→平田を3分半で突っ走る
189系ならクリアするだろうと楽観視。

が、上下共に微妙な位置関係。

・・・被るのを確信。

s-_IMG5785.jpg
/(^o^)\

189系を撮り始めて二十数年と長い年月が経つが、
ここまで綺麗に被られたのも08年3月の水上90号@東十条以来8年ぶり2度目。
211系の後ろでは南松からノッチ入れっぱで最高速度120km/hに
達しているであろう189系の音だけが聞こえる。

なんていい音なんだ、と余韻に浸る余裕なんかありゃしない。

s-_IMG5789.jpg
臨時(爆笑)
臨時幕なんだけど混乱してるんで何が何だか。

読みと詰めの甘さに泣いたが、臨時幕だったからいいかと思うしか術がない。

そして横にいらっしゃった方と肩を落としながら改札に向かえば今度は入場券がない。
胸ポケットに入れたよなぁ?

はて???

挨拶もそこそこになってしまい申し訳なかったが、
一人入場券を探しにホームに戻ると動画を撮っていた
少年が線路に落ちている入場券を指さす。
s-_IMG5791.jpg
落としたのは肩だけじゃなかった。

事の顛末を涙目で駅員に告げ出場した後、
駅の外で同じく撃沈した同行者とただただ笑うしかない。
タバコの味も分からんw

とまぁ久々に後々までネタとして消化できる一日になりました。

s-IMGP6997-1_201607190159390a4.jpg
また来年お目にかかりましょう。

| 183・189系 | 01:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

3並び

今更GW前半戦の画像が上がるだらけっぷり。

この日、どっかで架線に何か引っかかったとか何とかで中央東線が遅延。
ダイヤの調整がつかないのか富士急線内に入れなくなってしまい、
ホリデー快速に山梨富士が大月打ち切り。
M50とM51が大月の側線で夕方までお昼寝することに。
s-IMGP0376.jpg
そりゃないぜ~、と快晴で新緑も芽吹き始めた富士急沿線で落胆するも、
当日は9071M運転で、昼過ぎにM52が回送で豊田に向けて帰ってくる。

ってことは・・・

s-IMGP0398.jpg
大月で豊田の189系勢ぞろい。

顔で笑い心で泣く、いやその逆か。
なんとも言い難い心境で眺めた3並び。

| 183・189系 | 22:45 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

行ってきたぜ東北#18

s-IMGP3523.jpg
東北循環ツアーの最後は北上線のキハ100。
遠めに見て長野でもお馴染みキハ110だろうと思ったら10少なかった。
ちょっと小さめの車体が可愛らしいけど、鉄パイプ組んだ厳ついスカートがいいじゃないの。

これにてツアーも終了。
2泊3日は十分に時間があるようで短かった。
というか、東北の広さが想像以上といいますか。

仙石線に弘南鉄道はもっと腰を据えてじっくり行きたかったし、
時間の都合上、帰りに東北道で通過しただけになった福島も
阿武隈やら福島交通が呼んでる気がするんだけど、寄れなかったのが惜しい。

でも、勢いで青森まで飛んだら長野から福島に仙台なんて近いじゃん、
とか若干感覚がマヒしている今のうちにまた行ければと。

そういや、今回の旅行。
元々は青森でおいしい黒ニンニク食って、東北の幸もいろいろつまんで
元気になろう的なのが主目的だったんだけど、
結局ニンニクのニの字もかすらんまま、
道中の食事もそこそこに鉄だけして帰ってきたのはご愛敬。

s-IMGP3388.jpg
大舘の鶏めしはうまかったよ。


行ってきたぜ東北 完

| てつどう | 23:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

行ってきたぜ東北#17

まさかの工臨。

s-IMGP3401.jpg
DE10が引くチキチキ。
普段こういう被写体に巡り合うスタイルでもないもんで、
遠く東北の地でこんなの撮れるなんて思わなかった。

s-IMGP3466.jpg
秋田新幹線区間の和田駅周辺で。
その昔、電車でGO!2のこまちでよく遊んだ沿線に立つ。
なお、ここで腹痛を起こし一人土地勘のない場所で青ざめながら
トイレを探していたので、肝心のこまちは撮れずに終わる。

s-IMGP3494.jpg
どこらだったか忘れたが標準軌と狭軌の単線並列区間で。
右側通行で飛んでくる姿が目新しい。
が、よく考えると豊野の飯山線と信越山線並走区間もそんなんだった。

s-IMGP3519.jpg
北上線の定番。
キハ110の秋田リレー号とか走っていた頃に来てみたかった。
秋田を出て塗装だけそのままで長野を突っ走る姿が懐かしい。

ここまで来たら東北ツアーも終盤。ちょっと名残惜しくなる。

| てつどう | 23:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

行ってきたぜ東北#16

やっとこさ続き。
東北循環ツアーも既に1ヵ月前の事となり、足早に終わっていった6月。

弘南のディスクブレーキの興奮から一夜明け、
疲れも知らず朝から奥羽本線沿いを突っ走り立つのは八郎潟。
小高い場所に降り立ち目の前の光景がなんか懐かしい。

「おー、これが八郎潟の干拓地か。」

だだっ広い埋め立てでできた田んぼに海のごとく広がる調整池、
その昔社会科の教科書や大学の講義で見た光景を目の前に嬉しくなる。

s-IMGP3410-1.jpg
リゾートしらかみ。

s-IMGP3416-1.jpg
たらこ3個パック。

s-IMGP3431.jpg
つがる。

| てつどう | 22:19 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2016年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2016年08月