ずくなし

「ずく」が無いので庭を走る長野電鉄、183・9系以外あまり出てこないらしい。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

Play back~飯山線~

ダラダラと過去の写真を適当に貼り付けて終わらせるコーナー。

飯山線。
今は新幹線開業と同時にキハ110系列に統一された飯山線。
それまでは飯山線カラーのキハ52やキハ58系列が黒煙ブチ撒いていました。
記憶にあるところではキハ48系列もいましたが、
平成初期に烏山線だかどこかへ転属していったか?

キハ58
090d.jpg
晩年の飯山線キハ58系列は冷房を搭載したのがほとんどでしたが、
写真のキハ58 1040は非冷房の車両でした。

何年か前。Nゲージで飯山線のキハ58が限定品として出て、
懐かしさのあまりに発売後すぐに飛びついたのですが、
その後何年か放って今では動力が死んでいます。

0f27_20120531002147.jpg
傾いててごめんなさい。キハ52。
2エンジンが幸いしてか飯山線から撤退した後も大多数が
他線区へ流れて行ったキハ52も今では全廃。残すはいすみ鉄道のみ。

cc32.jpg
秋田から流れてきたキハ110‐300番台。
秋田リレー号の特急使用から一般仕様の200番台に戻して、
飯山線で使うことになっていたのですが、一部車両は
300番台のまま営業運転で使ったり面白い時期でした。

まだ小諸で信越線と小海線の直通が可能だったころ。
300番台を使用した信州循環列車は乗りたかったのですが、
全く指定席が取れず、3セク化で列車そのものも無くなり乗れずじまい。
飯山線のキハ58やエレガンスアッキー、キハ110‐300番台など
使用する車両も多彩で面白い列車でした。

それにしても毎度ひどい写真ばかり。
今みたいにデジカメがあれば何枚でも同じコマ撮って、
良いのだけ抜き取ればいいのですがね。
今の機材を持って時代を遡りたいと思う人、少なくないかもね?
スポンサーサイト

| Play back | 00:33 | comments:6 | trackbacks:1 | TOP↑

COMMENT

「VOITURE AMITIE」のロゴ入りでしたね>飯山色
そして言葉の意味はよく分からんかったですけど(笑)。
エンジン音とは裏腹に出足の弱いニッパゴッパも懐かしい。

飯山線は、厳しい雪を堪えて咲く風景に素晴らしさがありますね。
昔から北信~越後妻有の辺りにゃよく出掛けてましたが、
栄村~津南町、旧松代と松之山、浦川原と安塚あたりの春の芽吹きから新緑の時期は実にいいと思うんですよ。
東頸城丘陵の緩やかな連なりの向こうに八海山が見えて、棚田に水が入ってねえ…
やたらと地震がなきゃ老後に住みたいくらい。

| lonely-bluesky | 2012/06/01 07:19 | URL | ≫ EDIT

小海線直通の列車があったんですか、知りませでした。

15年前に長野に行っていたら189系、489系のあさまやボンネットの白山、キハ58が見れたんですね…

自分は国鉄の特急車や気動車のいない地域で育ったのでうらやましいかぎりです。

| いぶき | 2012/06/01 19:26 | URL | ≫ EDIT

こんにちは!

飯山線はいとこの家に行くときにいつも使うのですが
こんな深い歴史があったとは知りませんでした。

| ちょこっと電車好き | 2012/06/01 20:04 | URL | ≫ EDIT

>loney-blueskyさん
塗り替えられた初期はありましたね、おフランス語のロゴ。
確か「友情の列車」とかそんな意味のようです。
エンジン換装後のキハ28・58は随分といい加速をしていたので、
同じ車両には思えない仕上がりでしたが、それを軽く上回るキハ110に
びっくらこいたのもこの飯山線世代交代の時でした。

飯山線沿線風景、春先の残雪風景なんかは素晴らしいですよね。
あの景色であればキハ110でも十分絵になります。
飯山から先はほとんど未開の地になっているので、
ゆっくりと沿線をめぐってみるのもいいかなと思っています。
お次は飯山線でお会いしましょう…?

>いぶきさん
コメントありがとうございます。
しなの鉄道開業前は長野‐松本‐小淵沢‐小諸‐長野とぐるっと1周する
臨時の信州循環列車というのが走っていました。
新幹線開業前の長野はほとんどが国鉄形で、この15年ほどで
随分と走り回る列車も変わってしまいました。

国鉄特急形や気動車のいない地域…東海道方面でしょうか?

>ちょこっと電車好きさん
コメントありがとうございます。
飯山線も今ではきれいな車両を使っていますが、
15年ほど前は随分と使い込んだ車両が走り回っていました。
悪く言えばボロ、良く言えば(?)味のある車両たちでした。

| まつ | 2012/06/01 23:48 | URL | ≫ EDIT

こんにちは。
国鉄時代の気動車、飯山線の風景には実に似合いそうですね。四季折々、風土にマッチして魅力的な姿を見せてくれていたのではないでしょうか。
お写真のカラーは、古い気動車には随分と派手に映りますが、国鉄時代の車両をカラーだけ明るく変えた車両、多々ありましたね。
これらも既に過去の車両となり、新しい世代の気動車のスマートなデザインと性能が一般的な存在になり、時代も変わったと実感します。さらには蓄電池車の登場など新しい潮流も出て来ています。
飯山線の美しい風景はいつまでも変わらずに、新しい車両も沿線に溶け込んで、魅力的であって欲しいと思っています。
風旅記: http://kazetabiki.blog41.fc2.com/

| 風旅記 | 2017/03/08 13:09 | URL | ≫ EDIT

>風旅記さん
コメントありがとうございます。
四季折々の風景が広がる飯山線ですが国鉄形が走っていた頃も、
新型の車が走る今も景色だけは変わらないなと思います。
厳冬から穏やかな春、盛夏、実りの秋と素晴らしい景色ですね。

JR初期に各地で出てきた地域独自のカラーリングも今となっては懐かしく感じる昨今、
ちょうど本日付けの公式プレスで飯山線の青と白のカラーリングが
復活するとの発表がありました。
飯山線もしばらくは賑やかになりそうです!

| まつ | 2017/03/09 21:23 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://mt2133.blog41.fc2.com/tb.php/2332-e9502ab7

TRACKBACK

まとめtyaiました【Play back~飯山線~】

ダラダラと過去の写真を適当に貼り付けて終わらせるコーナー。飯山線。今は新幹線開業と同時にキハ110系列に統一された飯山線。それまでは飯山線カラーのキハ52やキハ58系列が黒煙ブチ撒いていました。記憶にあるところではキハ48系列もいましたが、平成初期に烏山線だか?...

| まとめwoネタ速neo | 2012/05/31 00:50 |

PREV | PAGE-SELECT | NEXT