ずくなし

「ずく」が無いので庭を走る長野電鉄、183・9系以外あまり出てこないらしい。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

あれから1年#2

3/31続き。

綿内を出る頃からぽつぽつと当たっていた雨が強くなり、
信濃川田についた頃には結構いい降りになり、風も強く荒れた天気。

あれ、こんな天気どこかで・・・?

そう、昨年の3月31日も雨、しかも強風で荒れていました。

信濃川田。
IMGP7768_20130401233146.jpg
駅車自体はバスの待合室として開放されていますので、
列車運行時とほとんど変わらぬ姿で佇んでいます。
変わったのはトイレが仮設になったり、点かなくなった電灯がある位か。

IMGP7766.jpg
ブルーシートも劣化が進み徐々に顔を出すA編成。
摩耗して線維化したブルーシートがワイパーアームに引っ掛かり、
運転台側はあらぬ方向を向いてしまいへし折れそう。
川田電車の墓場から広場になるのはいつの日か。

IMGP7771.jpg
金井山。
架線は撤去されましたがやはり軌道上は除草され、
パッと見現役時のまま…と言ったら失礼か。
トイレ脇の「オハー」も今のところ健在。

この先松代方面へ向かうのですが、本格的な雨降りになってしまい、
ずくなし本領発揮。写真ございませんw

なお、松代街道踏切を先頭に清野第51号線踏切近辺まで
一気にレールの撤去が行われています。
松代構内なんてホームや一部の電柱ははまだ残るも、
レールが無いだけで広々し過ぎて唖然。

屋代。
IMGP7777.jpg
ここはどこ?part2
屋代駅前で待機する上電バスと巣に帰るJRバス。

ちょうど旧屋代線の5番ホームが物販で開放されているので、
入場券を買い突撃1年ぶりの5番線ホーム。
IMGP7791.jpg
ほぼ現役時のまま。
しかし点灯しない出発信号機が虚しい。

IMGP7812.jpg
さりげなく復活掲示。

IMGP7800.jpg
あら、ホーロー板も。
長電ブースの裏にさり気なく掲げられていました。
屋代線が去ったかと思えば後ろに写り込む169系も間もなくさよなら。

IMGP7818_20130401234447.jpg
屋代線ホームから眺める115系2M。
日中多くの列車が2連ワンマン運転となったしなの鉄道線。
1年前、こうなるなんて思いもしませんでした。
それにしても115系2Mの加速は速い速いw
物販で軽く買物をし振る舞いの味噌汁で体を温めつつ、
あの日から1年目の2000系と屋代線巡りは終わり。

廃線からあまり動きの無かった1年。
今の所、その面影の多さに「寂しさ」が薄らなのは正直な所で、
ここから一気に消え、ようやく実感が湧くのだろうか。

線路跡の活用、川田の整備などどうなるか右往左往していますが、
沿線の記憶から消え去る前に何らかの形になればと思います。

須坂。
IMGP7820.jpg
点くべき物が点き、光ったレールに安堵。
スポンサーサイト

| 長野電鉄 | 23:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://mt2133.blog41.fc2.com/tb.php/2535-17736d4f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT