ずくなし

「ずく」が無いので庭を走る長野電鉄、183・9系以外あまり出てこないらしい。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

帰って来た長野あずさ

さて、土曜日。

今年乱発気味の「帰って来たシリーズ」
今回は183系H81編成を用いた長野行きあずさ。

そんなこんなで知り合いY氏を半ば拉致する形で出かけ、
スタート位置どこにするか悩みつつ、気づけば南松本にいた訳で。

南松で撮影するのもいつ以来か。
と過去を遡れば2009年夏のC2編成臨時あずさでした。
183系あずさ定期時代よりちょいちょい通っていた場所でもあり、
今回のあずさを狙うには無難かつちょうどいい場所からのスタート。

IMGP0552_20130622235009.jpg
H81編成。
最初は大宮の6連でも使うかと思っていましたが、H81編成の登板。
グリーン車抜きの8連ですので、1両短いのですが
イメージはモト区のM5編成や幕張C編成初期。

新宿を9時過ぎに出て14時過ぎにようやく松本とかなり寝たスジですから、
車内の乗客もなんだかぐったりな様子。

松本、明科と更に長い停車時間がありますので先行して坂北-聖高原間。
IMGP0559_20130622235008.jpg
雲から若干稜線を見せる北アルプスをバックに。

今回のあずさ。
何が良いって篠ノ井線松本以北へ抜ける点。
かつて設定のあった長野行きあずさ再来と言ったところ。
長野あずさ、94年11月に東京への旅行の時に一度乗りました。
えぇ、その日西上田の石油タンク爆発炎上して信越線が不通になり、
急遽長野あずさに飛び乗ったという過去。

せっかく長野まで入線するのですから信越線区間でも・・・
と言う事で犀川橋梁の篠ノ井方。
IMGP0594_20130622235007.jpg

通り雨もやんだ所で通過。
雲の影に入ってしまいましたがまぁいいでしょう。

IMGP0591_20130622231541.jpg
犀川橋梁を抜けるあずさ。
今回は前後ともにシール付けしたL付きのあずさ絵幕。
今でも長野車があずさに入れば絵幕は見られるのですが、
L無しの絵幕ですからこの姿も久々。

そのまま返却回送で東大宮まで飛びますので、篠ノ井線内に移動して〆。
IMGP0617-1.jpg
回送が一番条件が良い。
暑い雲が抜け見事な晴天下を通過して行きました。
長野でシールを剥がさなかったようでちょっとしたおまけ。
回送でもこう言う事があるのはシールタイプのお陰。

長野行きあずさなんて存在すら忘れ去られているであろうモノが、
こうしてまた目にすることができ良き一日。

さ、また明日が楽しみです。
スポンサーサイト

| 183・189系 | 23:34 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

こんばんは、いつも楽しく拝見しております。

長野発着のあずさ。
実家の目の前が信越線でして、
「成田空港」の方向幕を掲げて走っていく姿を眺めながら、
子供心に、随分遠くまで行く列車だなーと思っていました。
オイルターミナルの炎上ともども、懐かしいです。

初歩的な質問ですみませんが、
長野あずさは現役中ずっと成田発着だったでしょうか?
「かつて乗り入れていた列車」の記録となると、
web上でも極端に少なくなってしまう気がしますね。

| nari | 2013/06/24 21:19 | URL | ≫ EDIT

>nariさん
こんばんは、いつもありがとうございます。
ご実家は確か安茂里でしたかね。こちらも成田空港行きあずさを
当時住んでいた犀北団地より眺めた記憶があります。
まだ初代グレードアップあずさの色の時代です。

長野発着のあずさですが、東京発もあれば、成田空港、千葉、新宿だったりと
年代によってバラバラだったかと思います。
その中でも成田空港行きだけ「ウイングあずさ」と別名称付けてましたが、
時間的にもあさま+京成、NEXの方が速く、知名度は低く乗り通す人はほとんどいなかったでしょう…
今でもあずさの車両を用いた快速が朝晩ありますので、
長野あずさの面影が垣間見れますね。

実家に当時のポケット時刻表を残してあるはずなので、
また今度内容を見てみようと思います。

| まつ | 2013/06/24 23:28 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://mt2133.blog41.fc2.com/tb.php/2581-a4262946

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT