ずくなし

「ずく」が無いので庭を走る長野電鉄、183・9系以外あまり出てこないらしい。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ムーンライト・サンライズ・妙高#1

冗談半分で2時半に目覚ましをセットしたら、割とスッと起床出来てしまいましたので、
夜も明けぬ3時に家を出て糸魚川経由で大糸線へ。

北陸道+R148号で上越から白馬まで約100km。
約1時間半で行けるんだから起きさえすれば近いもんだ。

DSC_0175.jpg
白馬4時半の気温15度w
予想以上に寒く7月ももう後半だって言うのにホットコーヒー買ったわw
白馬岩岳で東の空が明るみ、山も顔を出していたのでこりゃいいぞ!と
更に南下し白馬駅近くまでいたら濃霧w

山の天気は変わりやすいの典型。

濃霧やら山が見えないわでいろいろ思い描いていた場所が目論見外れとなったので、
お手軽に海ノ口で木崎湖バックにムーンライト信州81号をお迎え。
IMGP1759.jpg
この土日のムーンライト信州担当はN102編成。
車内を見ればなかなかの乗車率。
さて、ムーンライト信州は帰省時等に乗る方が多かったので、
こうして大糸線でまともに撮るのはいつ以来だと遡れば2004年5月。笑
10年近くに渡りサボりすぎました。

返しの回送は月並みですが北大町‐信濃木崎のストレート。
木崎辺りがちょうど雲の切れ間のようで、現地に着いたらこんな調子。
IMGP1762.jpg
明暗。
こんな調子ながら爺ヶ岳~鹿島槍ヶ岳と山が見えているのがせめてもの救い。

さて、しばし待機してN102の回送。
IMGP1790.jpg
何だかんだで薄雲が湧いてコントラスト安定w
今晩もMLの運転がありますので豊田までのんびり回送で上京。
いっそ白馬発新宿行き臨時あずさとかで戻れば・・・
とは思うも、需要やら車内整備を考えると難しいか。

さすがに2時間半睡眠で車転がしてきましたので、
この辺りからちょいちょい眠気に襲われる訳ですが、
ブラックコーヒーでカフェイン投入しつつ長野市方面へ。

IMGP1798.jpg
しなのサンライズとマルコメ。
幕は早々妙高にセット済み。

長野着後3321Mとして信越山線に流れてい行きますので、
こちらもそのまま信越山線沿線へ。
道中、天気は非常に安定して青空が広がり気持ちの良い朝。
IMGP1826_20130720220541.jpg
飯綱、黒姫、妙高と各山々もクッキリ。雲の湧きやすいこの時期にしては珍しい。
と言うか秋の空みたい。

IMGP1824-1.jpg
先週ずっこけた火打バック。
ここ最近気温が高かったのでそろそろ融けてしまうか…と思った残雪も、
まだ深い尾根に残っていて滑り込みセーフ。

そしてどんどん膨らむわ伸びるわでボサボサの雑草。
このままでは雑草の成長記録になっちまう。

3324Mまでしばし休息。#2に続け。
スポンサーサイト

| 183・189系 | 22:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://mt2133.blog41.fc2.com/tb.php/2593-78476f66

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT