ずくなし

「ずく」が無いので庭を走る長野電鉄、183・9系以外あまり出てこないらしい。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

有終の美

日曜日。
上越地方は安定の暴風雨。
松本へ買い物&マリ32を見送りに嫁さんと10時に家を出る。

高速代ケチるのに18号を妙高高原までひたすら南下。
二本木を過ぎると雨は雪に変わり、関山以南はかなりまとまった雪。
18号の流れも悪く通常で40分程度の上越→妙高高原が約1時間。

毛祝坂手前で10:55。

( ・∀・)bグッドタイミングw

IMGP9718_20131215235000b4c.jpg
3324M
時間も時間なのでど定番へ滑り込み。
昨日は気持ち程度の積雪でしたが一晩で20~30cm位の積雪。
スカート下部のスノープラウに届いていればもうちょい良かったか。

ここから高速に乗り松本に着けば晴天。
直線距離にして上越から約120km、天と地のような差。
ちくしょうめ。
買物を済ませダラダラ渋滞の松本市街地を抜けて南松本へ。

待つは本日でラストとなるマリ32のあずさ。
他に行く場所あるでしょとか言いたくもなりますが、
定期あずさで馴染みの場所で見送りたいものでして。
IMGP9740_20131215235718f2c.jpg
IMGP9736_2013121523495837b.jpg
日没まで30分くらいアドバンテージあったのですが、
山に張り付いた厚い雲に太陽が沈み暗い!
長野方はあずさイラストマーク、新宿方は文字マークベースの特製。

マリ32も過去を辿れば松本区のM13編成。
オール非アコモ改善車の乗るには大ハズレ編成でした。
GU車と非アコモ編成の運用が共通だった末期、
あずさ指定取ってM13orM14が来た時の絶望感と言ったらもう・・・w

嫁にプンスカ文句言われつつも承諾貰っていた姨捨の前に聖高原へ。
IMGP9763.jpg
乗車各位さぞラストランを満喫した事でしょう。

姨捨で〆
IMGP9788-1.jpg
IMGP9798_20131215234955d7a.jpg
あずさ時代に残るマリ31と共に運用を外れていた車両たち。
ライナー増発で見事息を吹き返し、あずさ撤退後も幕張に転属し、
今に至る運の良い編成の1本もこれにて引退。

87450074.jpg
Play back2002。
長総で転属待ち、側面に「azusa」ロゴの無い姿に抱いた違和感も
今では一日常の光景へと。

IMGP9814_20131216000451ea8.jpg
幾度となく見てきたであろう善光寺平をバックに。
姨捨駅の駅名板がさり気なくスイッチバック対応の新型に。
さすが長野支社推しの駅なだけあり芸が細かい。

IMGP9800_201312160004500b6.jpg
姨捨は雪。
夜の時間帯で下り列車と言うとあずさ崩れの2535Mが思い浮かびますが、
あちらは姨捨通過でした。

バタバタと巡り帰宅。
23日のマリ31は定期あずさで最後に乗った編成。
もう少し追ってみたく。
スポンサーサイト

| 183・189系 | 00:13 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://mt2133.blog41.fc2.com/tb.php/2728-42d472f3

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT