ずくなし

「ずく」が無いので庭を走る長野電鉄、183・9系以外あまり出てこないらしい。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

晴れた。

日曜日。

前日の忘年会の帰り。
本郷駅から実家まで歩きながら空を見上げればきれいな星空。

「これは日曜晴れるか?」

と淡い期待を抱き解散。
で、朝7時前に目覚めるとスッキリとした青空。
天気予報が良い方へ外れてくれました。軽く寝坊しているので長野市内からスタート。

IMGP0628_201312292256247a6.jpg
刺さる様なキーンとした空気の朝。
これは遠景の抜けも良くアルプスまで見渡せるか・・・
と期待するも、稜線をすっぽり覆う雲に負け。
それでも到着した時点で鹿島槍など見えていたのになぁ。

妙高4号まで時間が空くのと天気も良いので1号の後は長電へ転戦、
村山橋の須坂方からも黒姫や飯綱が見渡せる好天。
そのまま安定した天気を期待し信越山線方面へ。
今日の妙高は薄雲が掛りうっすらなので黒姫山を選択。
黒姫も小間切れの雲がポコポコ流れてきて不安要素は拭えぬが・・・

IMGP0687_201312292256245b1.jpg
妙高4号。
結局山頂に雲が掛るもフカフカの新雪、抜けの良い青空、あさま色と
久々に気持ちの良い1シーンを眺められる結果。
この後の昼飯の黒姫駅そばが美味いのなんのってw

IMGP0699.jpg
午後になって少し雲が増えるも陽は射しているので、
妙高3号はどうするか沿線を右往左往。
115系長野色が最も映えるのは冬の晴れと思う。

で、右往左往するも雲の流れが怪しく結局編成でどーんと。
IMGP0714_20131229225621c94.jpg
気温が上がりやや雪も締まりはじめるも、僅かに雪を巻き上げ通過。
移動中、県境にいらっしゃる知り合いを発見、寄り道してと小一時間ほど雑談し妙高6号へ。

IMGP0745_20131229225620c5d.jpg
雪を巻きあげ25‰勾配を力行していくN102編成。
高速域での「伸び」が心地よい加速音、いつぞや動画に記録しておこうか。
前機のK-7もおまけ程度ながら動画撮れますし。

妙高山へ沈んでいく太陽も雲に遮られその姿は見えぬも、
空は夕方になっても澄んでいて気持ちの良い一日。
貴重な晴れの一日、予報を見る限り年内最後だろうか。
スポンサーサイト

| 183・189系 | 23:13 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://mt2133.blog41.fc2.com/tb.php/2743-617aab0e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT