ずくなし

「ずく」が無いので庭を走る長野電鉄、183・9系以外あまり出てこないらしい。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

去りゆく1本

6連8本が2014年を迎えた183・9系。
48両。最盛期の1/10切った数しか残っていない現実。

それこそ

生存率10%切る!183・9系の今

とか大きい雑誌がどどーんとやりそうな頃合いではありますが。

今週頭に1本が長野へ片道の里帰り。
大宮でひたすら待機のままだったOM101編成。
いろいろ振り返ってみましょう。

83190022_201401222133341d7.jpg
松本時代、MM'-1042、1049はM1編成。
あさま余剰のMM'-25+Tc-514ぶら下げ、どの車両に乗っても
フリーストップリクライニングシートに当たるアタリ編成。

26070023_20140122213853c41.jpg
85730010.jpg
TcはM3、マリ6由来。
2006年の組換えでGUのTc183‐1001は廃車、マリ6由来のTc183-1529に差し替え。
Tc182-101はシマS1→OM101と続投になりましたが、
OM101引退で183系の先頭化改造Tcもこれにて形式消滅。
失礼、N104にまだ残っていました。183系の先頭改造Tc残1両。

18640031_20140122214518357.jpg
シマS1時代。
大学で上京し、真っ先に乗った183系がS1編成の快速一村一山。
幕がバグってマリンブルーくじらなみでしたが。

17520021.jpg
MM'-1042、1049はM1からマリ10へ。
183・9系の房総特急終焉まで活躍。
マリ10はじめ最後まで残ったGUモハはC編成やS編成に組込まれ、
まだ「GU車は残る!」の図式が当てはまった頃。
今では定員-4名、ハイデッカーが仇になったか転用も無く、
マリC編成とOM編成が終の棲家に。
妙高にぶち込んで大窓あさま色復活とか夢も見ましたが、ダメでした。笑

IMGP9706_2014012221510823a.jpg
IMGP2916_20140122215211fe4.jpg
OM101編成。
山線代走やらマリンブルー、シーハイル、足利藤祭り、水上等で
よく出会う編成でしたが、最後に見たのは昨夏の臨時あずさ。

OM103編成の陰に隠れ地味な存在だったかもしれませんが、
MM'-1042と1049はグレードアップあずさ改造の第一陣。
鉄道ファンの表紙をドーンと飾り、その後に出てきた車両に影響を
与えたであろうエポックメイキングな車両でした。

そんな車もひっそりと終焉。
もう少し華のある最後を飾っても良かったのかもしれない。
お疲れ様でした。

残り6連7本。183系に至っては残8両。
スポンサーサイト

| 183・189系 | 22:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://mt2133.blog41.fc2.com/tb.php/2763-f1ee1588

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT