ずくなし

「ずく」が無いので庭を走る長野電鉄、183・9系以外あまり出てこないらしい。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

花火大会…らしいよ?

土曜日。

知り合い便乗で中央東線の臨時あずさを一通り抑え、
夜は夜でお楽しみの豊野の花火大会。
毎年恒例の祭りではありますが、例年花火は20時スタート。
が、今年は何を思ったか19時45分スタートとなり、3325Mと撮ってください
と言わんばかりの時間じゃーないですか。

ヒダルーマさんと合流し駅に行けば「大体いつもいる」顔ぶれ。4名で待機。

開始時間が過ぎても上がらず、首をかしげているとちょうど3325Mが停車してから打ち上げ開始。
IMGP9461_20140811205203c0f.jpg
6連停止位置の真後ろ、絶妙なポジショニング。

IMGP9462_20140811205202212.jpg
対向列車が4分ほど遅れているようで撮影時間はたっぷり。
2発目の花火が上がりシャッター開けつつ空を見上げますが、
どうも様子がおかしいぞ…?

IMGP9467.jpg
3発目以降、花火が消えた。
音だけ景気よく響いているんですけど。

IMGP9477_20140811205201628.jpg
花火インザ雲(´Д`)

IMGP9469.jpg
もはやひっくり返したコスモ星丸(古いよ)

台風から伸びる湿った空気が溜まりに溜まり、
とうとう夕方から降り出した雨で低い雲に覆われ花火が見えず。
沿線の花火大会ひっくり返してもここまで好条件の花火大会は皆無。
4人そろってポカーンと空を見上げ、もう苦笑いですよw

IMGP9473_20140811205159ce8.jpg
角度変えてもだめぽ⊂⌒~⊃。Д。)⊃

完全に音だけで楽しむ花火大会。

結局対向列車が踏切支障で増延、5号は豊野に10分近く止まってくれたのに、
肝心の花火はほぼ見えず。
花火の音をも打ち消す勢いでタイフォン鳴らしながら直江津へ…

その後も雲の中からいい音だけが響いてくる。誰ももう空なんか見ていない。
何よりも花火師、楽しみにしていた豊野町民が報われない。


先一週間の天気を見てもとても盛夏とは思えない残念お天気。

ただ湿気だけ高く蒸し暑い熱帯地方のような気候。
太平洋高気圧にぐーんと覆われた夏らしい夏の日は
遠い過去の幻影になってしまったのかもしれません。

日本が熱帯地方入りするのもそう遠い日のことじゃないのかも。

天気図見ては溜息のお盆前。そっと明日の有休届を破棄。
スポンサーサイト

| 183・189系 | 21:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://mt2133.blog41.fc2.com/tb.php/2925-800d5a4f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT