ずくなし

「ずく」が無いので庭を走る長野電鉄、183・9系以外あまり出てこないらしい。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

横川駅と189系

土曜日続き。

玉屋ドライブインで力餅を食し旧線散策後は横川駅で復路見送り。
ハイキングを終えた団体客が続々と駅前に集まる中、
先に駅構内に入り189系を待機。
s-IMGP8204.jpg
1番ホームからざんげ岩を望む。
頂上にポッコリ飛び出た場所がそれ。落ちたら片道バンジージャンプである。

s-IMGP8231.jpg
本数は少なめだけど115系も毎日横川に。
同じ信越線でも峠の麓を走る115系は全部湘南色。

s-IMGP8396.jpg
しばらくしてM51編成が3番に入線。
あさま時代は滑り込むことがほぼ無かった番線ですが、
快速碓氷とかその辺の実績で馴染みの光景。

s-IMGP8289.jpg
ホームでは団体客向けのお弁当積込作業が始まる。
段ボールで中身がさっぱりわからないけど、釜めしのようです。
立ち売りではなく箱で積込というのに17年の時差を感じます。
どんな形であれ189系に揺られながら釜めしを食べるというのは至福の時だと思うのです。

s-IMGP8297.jpg
s-IMGP8323.jpg
3番・4番ホームは上屋を大部分撤去してしまったので空が広い。
上野方に生えている1本の木は昔のまま。
17年前より幹も枝の付き方も立派になっている。

s-IMGP8346_201411182143255bc.jpg
2個目の釜めしを食べたくなる衝動を抑えつつ。
改札の外が賑やか、間もなく団体御一行が乗車する模様。

s-IMGP8320.jpg
189系と「よこかわ」の組合せ。
窓枠に飲み物だけが残され車内に誰もいない様子、
皆ホームに釜めしを買いに出て行っちゃった様と被る。
実際そんなもんで、カメラ片手にロクサンとの連結を見に行くか、
財布片手に釜めし買いに行くかのどっちかで車内がガラガラになる。笑

s-IMGP8338.jpg
秋の碓氷峠ハイキングを楽しみ千葉へ帰るようです。

s-IMG_0005.jpg
s-IMGP8365.jpg
上 1997年3月
下 2014年11月
17年半の月日を経て。
到着番線が当時と逆になっているところに長い月日の経過を感じる。

s-IMGP8308.jpg
回送から発射までじっくり眺める。
とっくに太陽は裏妙義の奥へと沈んでいる。
いい天気だけど、秋の横川は日が落ちるのが特に早い。

s-IMGP8394.jpg
俯瞰のとこでも書いたけど、横川を出ていく姿は軽やかに感じる。
この日もあっという間に頭を下に振りスーッと下りこう配の先に消えていく。

これにて帰宅。
叶うならもう一度横川であさま色を見たい。
スポンサーサイト

| 183・189系 | 22:10 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

やっぱり189系は横川が似合いますね。
国鉄色になっているものの形式標記の前にあるべきものがないのも時を感じさせます…。

釜飯、今年はまだ食べていません!なかなか横川まで行けないので川中島のおぎのやまで行ってこようかと。。。

| とくぞー | 2014/11/18 22:34 | URL | ≫ EDIT

>とくぞーさん
横軽を越えるための車両ですから横川にいる姿はより映えますね。
お書きの通り「・」のGマークが消されているのが惜しいですが、
廃線から17年たった今も実車が残っているとは当時思いもしませんでした。
この光景もあと何回見られるでしょうか…

釜めしも今では長野市内で買えるようになりましたので、
ちょっと山線撮影の合間に時間があれば調達できますね!
妙高号に乗りながら食べるとより美味しく感じるかもしれません。笑

| まつ | 2014/11/19 22:19 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://mt2133.blog41.fc2.com/tb.php/3006-5ae20513

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT