ずくなし

「ずく」が無いので庭を走る長野電鉄、183・9系以外あまり出てこないらしい。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

惜別 信越山線最期の2日間#4

最終13日。
いつものようにオフトゥンぬくぬく大寝坊するわけにもいかない。
先に書いた通り4時にしっかりと目覚めるも、少し出遅れて直江津駅は回れず。

5時26分、妙高2号が直江津駅を出るのと同時に家を出発。
18号線まで至近の所に住んでいるのでスタートダッシュは抜群。
昨晩追加で降った雪で関山を越えると綺麗な木々への着雪。
向かうは信越大橋。

s-IMGP9134.jpg
まだ夜が明けきらず人気のない早朝、静かに3322Mが通過。
大橋の下の集落を越え関所を抜けるとそこには祖父が眠っている。
昭和50年に信越本線戸倉駅の駅長を務めた祖父。
189系のデビューを見送り、そして生まれた妙高高原で
山線を行く189系の最後を見守っているはず。

s-IMGP9135.jpg
雪煙を巻き上げ長野へ向かう。

駅長であった祖父に憧れ、様々な鉄道員時代の話を聞き今の趣味に足を踏み入れた。
碓氷峠の最後を2人で見送り、それから10年後の07年に祖父は旅立ってしまった。
出来るなら山線の最後も2人で見送りたかった。
毎日山線を行き交う列車を、毎週末18号線を列車を追って爆走していく
おバカな孫をどう見ていたのだろうか。

早くも潤み始めた目をこすり南下。間に合うか。
古間停車中にうまく3322Mを追い越しご来光が期待できる浅野の築堤へ。
古間-豊野と速度の乗らない区間、僅かながら先行し3322Mを待つ。
s-IMGP9150.jpg
東の山の稜線からご来光。赤く染まる鉄路、そしてN103編成。

s-IMGP9159.jpg
N103編成は山線の晴れ編成。
ここ一発と言う晴天下を悠々と駆け回っていた。
最終日も期待を裏切らない。

豊野の築堤に向かい平日限定の2373M~2372Mを待つ。
平日限定の運試し幕大回転もこれにて終了。
s-IMGP9310.jpg
大当たり。
昨日に続きあさま幕を披露してくれたN103に拍手。
幕回転中の僅か一瞬の晴れ姿、歓喜のあまり知り合いとハイタッチしてしまった。

2372M
s-IMGP9209.jpg
この2372MをもってN103編成、そしてあさま色が山線から去って行った。

s-IMGP9219.jpg
忘れられぬ日により色濃く記憶に刻まれる姿を見せてくれた。
さらば、晴れ編成N103。
あさま色の最後を見届け山線朝の部終了。

あとは淡々と最期に向けて過ごすばかり。とりあえず3321Mを迎えに再び国境へ。
スポンサーサイト

| 183・189系 | 23:18 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

こんばんは
信越本線にはやはり「あさま」が似合いますね。
幕まわし中なら、ほんの一瞬なので、まさに大当たり。
おそらくは、去りゆくN103からの感謝の贈り物でしょうか。

| kore183 | 2015/03/19 22:36 | URL | ≫ EDIT

>koreさん
僅か一瞬で現役時より短い6連ではありますが、最終日に「あさま」を
掲げて駆け抜けるN103を見ることができありがたい限りです。

ここ2年ほどは晴れにも恵まれた編成ですし、最終日もそのあたりを
裏切らず無事に最終運用まで走り抜く事ができ良かったです。

廃車となるのは寂しいですが、感謝の気持ちをもって見送りたいと思います。

| まつ | 2015/03/22 23:19 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://mt2133.blog41.fc2.com/tb.php/3075-aace36ed

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT