ずくなし

「ずく」が無いので庭を走る長野電鉄、183・9系以外あまり出てこないらしい。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

さよならN101#4

坂北で軽く幕回しを眺めたら後は沿線で追える限り。
列車は冠着、桑ノ原信号所と2ヶ所で長時間停車を持っている。

s-IMGP3977-1.jpg
常念岳をはじめとする北アルプスの稜線も、
ぐんぐん上がる気温でその稜線も見えなくなるかと思いきや、
まだしっかりとその頂を見せてくれている。

s-IMGP3982-1.jpg
沿線は田植えの準備中。
水に入った田に僅かにN101編成の姿が写り込む。
この後は長野道を流し毎度おなじみ姨捨SAのスマートインターをスルー。

s-IMGP3998.jpg
着いたらちょうどN9編成の長野行が姨捨駅を出発するところ。
坂北でN101を追い越した先行列車に間に合う。
遅れている?と思ったが列車交換で姨捨で停車時間を持っている列車だった。

それから間もなくしてN101が姨捨駅を通過。
s-IMGP4015.jpg
姨捨の棚田にも水が入る。
びゅうのパンフレットにスイッチバック体験と記載されていたので、
てっきり姨捨駅だろう思いきや次の桑ノ原信号所だったというオチ。
特急車なら通過していく方が画になるかもしれないけれど?

桑ノ原で20分少々止まっているうちに先行し、最後を迎える場所へ。
同行者に我儘突き通し犀川橋梁へ。

s-IMGP4027.jpg
川中島方のガーター橋の脇でお迎え。
光線もあまりよくないし景色もパッとしないんだけど

s-IMGP4030_2015052423392855f.jpg
頭2両は183系だけど

s-IMGP4042.jpg
「信越本線」で最後を迎えたかった、それだけ。
スポンサーサイト

| 183・189系 | 00:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://mt2133.blog41.fc2.com/tb.php/3150-be314047

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT