ずくなし

「ずく」が無いので庭を走る長野電鉄、183・9系以外あまり出てこないらしい。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

鯨電車で行くのんびり電車旅 その2#1

遡ればもう3年前の2012年5月。
屋代線廃線で活躍の場を失っていた3500系オー2編成を貸切し、
車内でやりたい放題やり意外と盛況に終わった鯨団臨。

「その2」としてまた開催する運びとなりました。

前回は非冷房車で長野に乗り入れ、
ついでに権堂を通過するを主にしましたが、
今回は鯨4連で須坂以北に乗り入れ、
さらに権堂も通過してしまおう!
というのを主に約半年かけて準備。

5月30日夕刻。
翌日の準備で須坂に詰め、終わった頃にちょうど鯨4連を組成するところ。
s-IMGP4547.jpg
第三車庫で特急車と並んで待機する鯨N3。
早々団体幕を掲出なんかしていまして、既に撮影会の様相w

暫くして検修庫側にいた鯨N8の入換開始。
s-IMGP4558.jpg
3500系ならどの編成でもいいか・・・いいえ、ちょっと拘りN8を指定。

s-IMGP4565.jpg
N3の前でまで持ってきて連結開始。
ジャンパ線やエアホースを手際よく取付。

s-IMGP4569.jpg
はい、連結開始~!

s-IMGP4574.jpg

s-IMGP4579.jpg
連結完了!

連結作業はどんな車両で見ても楽しい。

s-IMGP4590.jpg
一旦パンタを下げその後通電試験?辺りをこなし、第三車庫の奥に引っ込ませ終わり。
天気予報も週半ばまでは「日曜」だけ雨と、
「信越の晴れ編成N103の祟りだ!」とか「雨男誰だ出てこいゴルァ!」
と吼える準備万全までいっていましたが、かなり上方修正がかかり雨は避けられそうな予報。

この後は遥々神奈川からお越しの大先輩とテンホウでラーメン食って帰宅。

小ネタの準備も万端、後は当日に備える早く寝るだけ。
実家へ潜伏。
開催日前半へ続く。
スポンサーサイト

| 長野電鉄 | 20:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://mt2133.blog41.fc2.com/tb.php/3156-99e3e364

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT