ずくなし

「ずく」が無いので庭を走る長野電鉄、183・9系以外あまり出てこないらしい。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

あずさ80号?

意気揚々とあさま色あずさ80号を撮りに行った連休最終日。

いつまで経ってもぐずぐず雨模様の上越を抜け、
我が地元長野市に入った途端に天気予報外れの快晴に、
それはもう気持ちも昂り「これは良い連休最終日ですね。」とか言っちゃうわけですよ。

長野からの回送が姨捨を通過するのは16時過ぎ。
快晴が保っていれば善光寺平を背に行く■ASAMA■をようやく迎えることができる。
昨年は撃沈したので1年越しの課題クリアだ。

が、15時半を過ぎた頃から冷たい風が強く吹き始める。
涼しくて快適だが心は穏やかではない。
やはり姨捨山を立ち上がりる風でどんどん雲が湧き、
今年もまぁ下界の善光寺平は日が当たっているのに姨捨だけの撃沈。

s-_IMG5794-1.jpg
「ダメだこりゃ」と勢いだけで流したら顔だけが止まっていたのはせめてもの救い。

さ、次行ってみよー!

冠着山を越え聖高原に出るとそこは青空が広がり、爽やかな高原の様相。
夏の高原とはこんなに爽やかなのか。

青々とした田んぼに青空の下、N102編成が通過。
s-_IMG5772.jpg


s-_IMG5775.jpg
そうだよ、これこれーっ!

日の当たる聖、十数分の停車がある聖高原前後で抑えたい気持ちもあるが、
松本市内の渋滞を考えると余裕を持たせて行きたいところ。
聖で停車するN102を横目に麻績インターから高速へ。

明科に抜けても安定した晴れ模様。
もう言うことなしです。
昨年は南松本で捉えているので今年は一足伸ばして平田へ。
24分発の下りがあるのが気がかりだけど、松本→平田を3分半で突っ走る
189系ならクリアするだろうと楽観視。

が、上下共に微妙な位置関係。

・・・被るのを確信。

s-_IMG5785.jpg
/(^o^)\

189系を撮り始めて二十数年と長い年月が経つが、
ここまで綺麗に被られたのも08年3月の水上90号@東十条以来8年ぶり2度目。
211系の後ろでは南松からノッチ入れっぱで最高速度120km/hに
達しているであろう189系の音だけが聞こえる。

なんていい音なんだ、と余韻に浸る余裕なんかありゃしない。

s-_IMG5789.jpg
臨時(爆笑)
臨時幕なんだけど混乱してるんで何が何だか。

読みと詰めの甘さに泣いたが、臨時幕だったからいいかと思うしか術がない。

そして横にいらっしゃった方と肩を落としながら改札に向かえば今度は入場券がない。
胸ポケットに入れたよなぁ?

はて???

挨拶もそこそこになってしまい申し訳なかったが、
一人入場券を探しにホームに戻ると動画を撮っていた
少年が線路に落ちている入場券を指さす。
s-_IMG5791.jpg
落としたのは肩だけじゃなかった。

事の顛末を涙目で駅員に告げ出場した後、
駅の外で同じく撃沈した同行者とただただ笑うしかない。
タバコの味も分からんw

とまぁ久々に後々までネタとして消化できる一日になりました。

s-IMGP6997-1_201607190159390a4.jpg
また来年お目にかかりましょう。
スポンサーサイト

| 183・189系 | 01:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://mt2133.blog41.fc2.com/tb.php/3502-3bcc4c6d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT