ずくなし

「ずく」が無いので庭を走る長野電鉄、183・9系以外あまり出てこないらしい。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

長野色が山線を行く

有り余る有休を0.5日消化してみる。

信越山線最終日、下り最終の363Mに使われそのまま新潟へと転属した
115系C3編成改め、L99編成が信越山線を突っ走る。
乗務員訓練のようで久々にJR所属の115系長野が山線に戻ってきました。

試運転で山線を行き来するのに、新潟から長野へ来るのは
首都圏経由で超大回りしてくる不思議な列車。

s-IMGP8405.jpg
関山の防雪林から。
北風+雨と新潟の冬の始まりらしい天気の中、4連の長野色が通過。
乗り込んでいるのはJRの乗務員。

s-IMGP8331_20161129211134010.jpg
トキ鉄の妙高高原-新井間に115系が入るのも山線最終日以来。
あまりにも見慣れた光景すぎて、そんな月日が経っていた
という実感が全く湧かないのですが。

s-IMGP8361-1.jpg
戸草トンネル飛び出し。
期待していた妙高山は顔なんか出すわけなく。

s-IMGP8371.jpg
営業列車に入らない編成だからだろうか、塗装も褪せて水垢まみれ。
長野で最後まで残った波動用の169系N40、N41編成が脳裏を過る。

s-IMGP8376.jpg
日が届きそうで届かないw
「冬型の気圧配置」ですから雲優勢な天気。
善光寺平は陽がよく射しているんだけど、豊野を越えると天気急転。

今日追っかけてるのは115系長野色だったするけど、
189系を追い回していた頃と変わらない行動に苦笑いしつつ、
久々のこの感覚に楽しい気分になっていたり。

次は本気で山線を駆け巡る、そんな日がまた来たらいいなって。
スポンサーサイト

| 115系 | 21:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://mt2133.blog41.fc2.com/tb.php/3562-c17ad539

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT