ずくなし

「ずく」が無いので庭を走る長野電鉄、183・9系以外あまり出てこないらしい。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

古豪電機とりんご色電車#14

s-IMGP1783.jpg
OS。
Officemen&Studentsの略称ってのは有名な話。
その名の通り、高校生の頃は朝の通学の足でした。

長野-善光寺下の地下化の際、OS0系と2000系を除く旧型車を
新車で一斉に置き換えるとの構想はあった(鉄道ファン'81年2月号記載)が、
予算が付かず大多数を東急5000系の中古で賄い、
1編成だけ地下線用に、かつ長電で使うのに最適に作られたのがOS10系とのことで、
全部とは言わないけど、5編成、いや3編成でも製造
されていれば今も現役で生き残れたかもしれない。
・・・今更のたられば話ではあるけれど。

OS10が長野電鉄最後の自社新造車とは言わず、
またいつかOSのような意欲的な車が出てくる日が来れば、
と思わずにはいられない。

さようなら、ありがとう、りんご色の電車。
スポンサーサイト

| 長野電鉄 | 10:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

こんばんは
地下線対応で登場した10系ですが、1編成だけに終わったのは残念でした。
地方私鉄といえば、その車両は大手のお下がりというのが定番で、
現に今の長電はJR&小田急&営団&東急なわけですが
そんな中、貴重な自車発注車で注目され、RF誌の表紙も飾ってましたね。
デザインも個性的、塗装は長野らしく、
全国的に見れば地味かもしれませんが、名車でした。

いつの日か、OS20系?が登場する日を願っています。

| kore183 | 2017/03/19 23:23 | URL | ≫ EDIT

>koreさん
こんばんは。
全編成OS10で揃えるだけの勢いが残っている時代だったら良かったのですが、
輸送量が落ちてきたタイミングだったのも惜しい所です。
増え続ける道路の渋滞を緩和する為の地下化でしたからね・・・
それだけ車社会になりつつあるところで新車を製造したのは
地方私鉄としては大英断だったかと思います。

オリジナル車両はこれで消えてしまいましたが、
OS20系が出てきたら嬉しい出来事ですね。

| まつ | 2017/03/20 21:26 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://mt2133.blog41.fc2.com/tb.php/3639-e65cd332

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT